2022/12/22
派遣

単発派遣バイトの働き方とは?メリットやおすすめ派遣会社をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

「週末休みを使って効率的に稼ぎたい」「単発バイトでがっつり稼ぎたい」このような方にマッチしやすいのが単発の派遣バイトです。

単発の派遣バイトは、未経験でもOK、職種の幅が広い、高時給の案件が多いなど、さまざまな魅力があり人気を集めています。

本記事では、単発派遣バイトについての基本知識やメリット・デメリット、派遣会社の選び方、おすすめの派遣会社などを詳しく説明します。

派遣バイトを始めようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

そもそも派遣バイトとは?

派遣バイトとは、派遣会社の登録手続きを行い、単発の案件で働くアルバイトのことです。ここでは、派遣バイトの基本知識として、単発バイトとの違いや法律的観点などを説明します。

単発バイトとの違いとは

単発バイトと派遣バイトの違いについて、よくわからないという方もいるかもしれません。まず1つ異なるのは、「雇用主」です。

単発バイトの雇用主は、バイトを雇う事業者です。例えば、飲食店が単発バイトを雇うとすれば、雇用主はその飲食店になります。

派遣バイトの場合は、派遣会社が人材を雇用し、派遣先に送り出すという形です。

雇用主は派遣会社になります。飲食店で派遣バイトとして働くなら、雇用主はその飲食店ではなく自分を派遣している派遣会社です。

また、単発バイトと比較して派遣バイトは時給が高い傾向にあることも違いといえるでしょう。

単発派遣バイトと法律

単発派遣バイトは法律的に問題ないのか?と疑問に思う方もいるかもしれません。

派遣会社の登録者が、人手の足りない現場に1日から数日間のみ派遣され働くこと、いわゆる日雇い派遣は労働者派遣法において原則禁止されているからです。

結論をいえば、この原則禁止の規定は派遣は派遣でも、バイトに関しては例外条件があります。具体的には、

・応募時の年齢が60歳以上

・学生(定時制・通信制を除く)

・副業目的

・主たる生計者ではない(世帯年収500万円以上)

以上の点に当てはまる人であれば、単発派遣バイトで働いても法律違反になりません。

単発派遣バイトのメリット

単発派遣バイトには、一般的なアルバイトとはまた少し異なるメリットがあります。

メリットを知ることで、単発派遣バイトにチャレンジする意欲がアップするかもしれません。また、自分に合った働き方を考える上でも、単発派遣バイトのメリットは活用できるでしょう。

ここでは、単発派遣バイトの主なメリットを紹介します。

未経験でも始めやすい

単発派遣バイトにはさまざまな種類の案件が存在します。そしてその中には、同職種の経験・専門的スキルの有無などは、特に問われないものも数多くあるのです。

初めて行う仕事に対しては誰でも不安を覚えるもの。単発派遣バイトは未経験でも始めやすいため、安心してチャレンジできるでしょう。

また、同じタイミングで現場に入る派遣バイトなども未経験である可能性が高いので、自分と同じような状況の人と、助け合いながら働きやすい環境ともいえます。

高時給で稼ぎやすい

単発派遣バイトは一般的なアルバイトより時給が高い傾向にあります。その理由は、指定のタイミングでどうしてもバイトの人数を集めなくてはならないからです。

例えば、イベントにおけるスタッフ業務の派遣バイトを挙げましょう。イベントはその日もしくはその期間のみ行われるものであり、必要人数を必ず集めなくては業務が回りません。そのため、少し高時給を設定して人が集まりやすいようにするのです。

単発派遣バイトは稼ぎやすい仕事なので、ピンポイントで働きながらまとまった収入を得たい場合などに適しています。

空いた時間で自由に働ける

単発派遣バイトは、自分が働けるタイミングで働きやすい時間の案件を選んで応募することができます。空いた時間を有効活用しながら働けるのは大きなメリットといえるでしょう。本業の仕事が終わった後・始まる前の隙間時間を利用するのもありです。週末の休みだけ単発派遣バイトをするという人もいます。

働き方改革で副業が推奨され始めたことも影響し、昨今は副業に興味を持つ人が増えていますが、単発派遣バイトは副業にもぴったりでしょう。無理なく自分のスタイルで働けるところも単発派遣バイトの魅力のひとつです。

人間関係のストレスがない

同じ職場に勤務していると、そこで構築される人間関係に疲れてしまいストレスを感じることもあるでしょう。気が合わない人といつも一緒に働かなければならない、上司・同僚との距離感がなかなか掴めないなど、人間関係の悩みは多岐に渡ります。

人間関係の悩みは解決策が見いだしづらいこともあり、離職の原因になり得ることも。快適に働き続けるためには、いかに人間関係のストレスを回避するかが重要といえるでしょう。

単発派遣バイトは基本的に、同じ現場で長期的に就業することはありません。そのため、一緒に仕事をする人もその日限り・その期間限りなので、人間関係のストレスが少ないです。

さまざまな仕事を経験できる

単発派遣バイトにはさまざまな種類の仕事が存在します。軽作業系であれば、倉庫の在庫チェック・配送荷物の整理・商品組み立てなど。

接客系であれば飲食店ホールスタッフ・コンビニスタッフ・販売スタッフ、事務系であればデータ入力・経理業務などが挙げられます。

幅広い仕事を行えば、それだけ経験も積み重ねられるでしょう。いろいろな仕事の経験を身に付けたい場合にも、単発派遣バイトは非常に有効です。

単発派遣バイトのデメリット

単発派遣バイトにはデメリットもあります。良い面だけを見て始めてしまうと、後からデメリットを痛感し後悔につながる可能性も。

始める前に、デメリットについてもしっかり理解しておくことが大切です。ここからは、主なデメリットについて紹介します。

交通費が支給されないことも

単発派遣バイトで交通費が支給されるかどうかは案件により異なります。

満額支給される案件もあれば、上限が設定されている場合があることも。また、全く支給されない案件も珍しくありません。

案件を選ぶ時には、まずは現場までの交通費を実際に計算してみることがポイントです。例えば時給が高くても、交通費が多くかかる遠方まで行かなければならないような案件の場合は。そこまで稼げないというパターンもあり得ます。

業務内容・給料・交通費の有無(金額)などをしっかりチェックし、トータルで自分にどれだけ利益があるか考えながら案件を選ぶと良いでしょう。

希望の日に必ず働けるとは限らない

単発派遣バイトは自分の希望の日に必ず働けるとは限りません。自分の希望に合いそうな案件が豊富な日もあれば、少ない日もあるでしょう。また、案件ごとに募集人数が設けられているため、定員に達すればもうその案件は締め切られてしまいます。募集しようとした時に、すでに募集完了状態だったということもあるかもしれません。

希望の日に案件が出ているか随時チェックする、希望の案件が見つかったらできる限り早めに応募するなど工夫が必要です。

専門的な知識は身に付きにくい

単発派遣バイトは、専門的なスキルや経験がなくても挑戦しやすいことがメリットと先に述べました。しかし、これは同時に専門的な知識が身に付きにくいというデメリットにもつながります。なぜなら、未経験者が働きやすいということは、業務に専門的な知識やスキルが必要ないということだからです。誰でもある程度失敗なくこなせる業務が多いため、自分の専門性を高めたいと考えている人にはマッチしにくいかもしれません。

【単発で働きたい】信頼できる派遣会社の選び方

単発の派遣バイトで働きたいなら、派遣会社に登録する必要があります。しかし、派遣会社選びは派遣バイトの質や働きやすさにも関わってくるため、非常に重要です。

ここからは、信頼できる派遣会社の選び方を紹介します。次に挙げる点をチェックしながら、相談しやすく頼れそうな派遣会社を探してみてください。

優良派遣事業者に認定されているかチェック

優良派遣事業者とは、厚生労働省が行っている認定制度です。法令の遵守・派遣社員の働きやすい環境整備などを徹底し、派遣先・派遣社員双方に良質なサービスを提供している派遣業者に対し、一定基準を満たしている場合に認定が行われます。この認定を受けている派遣会社かどうかチェックしてみましょう。大手派遣会社は認定を受けているところが多く安心できます。

どんな職種の求人が多いのかチェック

派遣会社によって力を入れている職種は異なります。

例えば、軽作業、物流、イベント派遣、ITなどさまざまです。自分が希望する職種の求人が多い派遣会社を選ぶと、気に入った案件を見つけやすく、実際に仕事を開始するまでスムーズに進む可能性が高いでしょう。

自分がどのような職種で働きたいのか考えた上で、各派遣会社の得意とする分野をチェックしてみてください。

単発の派遣バイトで効率よく稼ぐには?

単発の派遣バイトにはメリットもデメリットもあります。

派遣バイトを始める場合には、まずは上記で紹介した派遣会社選びが重要です。その上で、より効率良く稼ぐためには、次のような点を意識することもポイント。

・自分の希望を派遣会社にしっかり伝える

・常に求人情報をチェックする

・複数の派遣会社に登録する

派遣会社への登録時や求人探しの際に実行してみてください。

自分の希望を派遣会社にしっかり伝える

効率良く稼ぐためには、派遣会社に自分の希望や適正に合った仕事を紹介してもらうことが大切です。派遣会社に登録する際は、自分の詳細な情報・希望をウェブサイトから入力したり、直接派遣会社の担当者と面談を行ったりするステップがあります。この時、いつから働けるか、自分のスキルなど、派遣会社が仕事紹介をする際に役立つ情報を正直に話しておくと、実際の紹介につながりやすいでしょう。

常に求人情報をチェックする

派遣会社は担当者に仕事紹介を依頼するほか、自分でウェブサイトから求人を検索して、好きな案件を見つけ応募することも可能です。検索に慣れれば、よりスピーディーに自分の希望通りの求人を見つけられるかもしれません。

紹介を待っているだけでなく、働きたい求人があったら自分で積極的に応募してみましょう。

複数の派遣会社に登録する

派遣会社は1つしか登録してはいけないわけではありません。1人で複数登録しても大丈夫です。むしろ、いろいろな派遣会社を利用した方が各会社の特徴を良い所取りできる可能性があります。

また、複数の派遣会社に登録しておけば、自然と応募できる案件数が増えます。案件が少なくて応募できないという状況を回避できるので、希望のタイミングで派遣バイトに入れる可能性も高まるでしょう。

【単発の派遣バイト】おすすめの派遣会社

ここからは、単発の派遣バイトでおすすめの派遣会社を紹介します。

求人数が豊富・取扱う職種が幅広い・サービスが手厚いなど、さまざまな特徴を持つ派遣会社をピックアップしました。

派遣会社名得意な職種
テイケイワークス東京軽作業、物流関係
テンプスタッフ軽作業、事務、テレマーケティング
ウィルオブ軽作業、事務、介護、保育

ぜひ公式サイトなどを確認し、自分に合った派遣会社を探す参考にしてみてください。

テイケイワークス東京

運営会社テイケイワークス東京株式会社
求人数400件以上(2022年12月時点)
得意な職種軽作業、事務

テイケイワークス東京は、関東・東海エリアの派遣求人を取り扱う派遣会社です。

登録に必要な物は身分証や携帯電話、振込用の銀行口座が確認できるものなどで、非常に簡単です。自宅から1番行きやすい支店で登録説明会に参加すれば手続きが完了し、働き始められます。

丁寧な面接で登録者の希望などをしっかり聞き取り、マッチしそうな案件を紹介してくれますよ。また、シンプルな業務内容の案件が多く、未経験者でも安心してチャレンジできます。

テンプスタッフ

運営会社パーソルテンプスタッフ株式会社
求人数21,000件以上 ※東京都内の求人数(2022年12月時点)
得意な職種事務、作業・物流・整備、テレマーケティング

メディアCMでもお馴染みの総合人材サービスグループ、パーソル系列の派遣会社です。

業界有数の豊富な求人数を誇り、取り扱う職種も多岐に渡ります。知名度が高く、大手ならではの信頼感・安心感が得られるところが大きな魅力でしょう。

面談なしで手軽なオンライン登録のほか、希望条件などを伝えながら相談できる面談付き登録もあり、自分で好きな方を選べるのもポイントです。なお、登録スタッフはテンプスタッフの福利厚生・スキルアップ支援サービスなども利用できますよ。手厚いサポート体制が整っていることも強みといえるでしょう。

ウィルオブ

運営会社株式会社ウィルオブ・ワーク
求人数11,000件以上(2022年12月時点)
得意な職種事務、介護、保育、工場・倉庫内作業

全国各地の派遣求人を取り扱う派遣会社です。特にバックオフィス系の職種に強く、業務内容も一般事務から経理事務・営業事務・受付事務など幅広く揃っています。介護、保育などの案件も多数ラインナップされていますよ。

人気求人・未経験特集・高収入特集など、特徴ごとの求人特集などもあり、登録者が求人を探しやすいような細かな工夫がなされています。

【単発の派遣バイト】よくある質問

単発の派遣バイトに興味がある一方、「こんな時どうする?」「こんなことはできるの?」など、いろいろな疑問がありなかなか踏み出せない人もいるかもしれません。

そこで最後に、単発の派遣バイトに関してよくある質問を紹介します。

派遣会社に登録してから実際に働くまでどれくらいかかる?

派遣会社に登録した後、最短なら即日の勤務も不可能ではありません。

派遣業者での登録手続きが完了し、そのタイミングで当日勤務の案件が募集中の状態であればすぐに働き始められます。登録が終わり次第、派遣会社の担当者に、即日勤務可能な案件がないか尋ねてみるのも良いでしょう。

非公開求人って何?

非公開求人とは、派遣会社がネット上に公開していない求人のことです。派遣会社に登録することで、非公開求人も紹介してもらえたり、専用サイトで検索できたりします。

非公開求人の中に自分の希望にマッチした求人が存在する可能性もあるので、登録後によくチェックしましょう。また、非公開求人は一般に公開している求人より、条件が良い場合も多いので狙い目です。

日払いで給料を受け取ることはできる?

給料がどれくらいの日数で受け取れるかは派遣会社や求人によって異なり、月の中で締日や振込日が決まっている場合もあります。しかし、派遣会社の中には当日現金払いに対応していることもあります。ただし、全ての案件が日払いというわけではないので注意が必要です。案件ごとに給料の支払い規定についてしっかり確認しましょう。

派遣会社に登録したらすぐ働き始めなきゃだめ?

派遣会社に登録したら、企業に入社した時のようにすぐ働き始めなくてはいけないのでは?と思う人もいるかもしれません。しかし、派遣会社に登録した後、どのタイミングで働くかは登録者の自由です。

例えば登録だけしても問題はなく、実際登録した後に働き始めるまで長く期間があく人や、最終的に派遣で働かない人などもいます。焦ることなく、自分のペースで仕事をスタートすれば大丈夫です。

まとめ

単発派遣バイトは自分の都合の良いタイミングで仕事ができる、自由度の高い働き方です。希望の日にち・時間にちょうどマッチする案件が見つからない可能性もあるなどデメリットも存在しますが、どちらもしっかり理解すれば、自分らしい働き方のためのツールとして活用することもできるでしょう。

良い案件に出会うためには、派遣会社選びも非常に大切です。この記事を参考に、信頼できる派遣会社を見つけて、単発派遣バイトを始めてみてくださいね。

関連記事

派遣会社に登録する際に志望動機は必要?例文を交えながら履歴の書き方を解説

「派遣会社に登録したいけど、履歴書の志望動機に何を書けばよいのか分からない」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、派遣会社の人事担当者監修の元、派遣会社に登録する際の志望動機の書き方や、紹介予定派遣の志望動機を

派遣社員は健康診断を受診できる?費用負担の有無や流れも解説

派遣社員で働いているけれど、「健康診断の受診はできる?」「費用は自己負担?」といった疑問や不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 派遣社員は正社員と異なり、雇用元が派遣会社になるのでどう手続きすれば良いのかよく分からない

【初心者必見】派遣登録のメリットとは|派遣会社の選び方から登録手順まで

転職活動中の方の中で、派遣会社の利用を検討している方は多いですよね。 派遣会社は、登録することで効率的な職探しをすることができ、長期・短期バイトを始めたいと思っている方や転職したい方、どんな方でも目的にあった求人を探すことができます

派遣社員でもクビになる?その理由や回避方法、クビ宣告後の対処法もご紹介

派遣社員として働き、自分なりに仕事を頑張っているけれど、 「もしクビになったらどうしよう」 「クビを宣告されてつらい」 といった不安や、つらい心境をお持ち方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、派遣でクビになってしまう理由や、

派遣の契約更新をしない場合は?理由や例文、引き止められた際の対処法も紹介

派遣は元々決められた期間で働くものなので、期間満了まで働くと契約の更新をすることになります。 しかし、中には派遣の雇用契約の更新が迫っているけれど、「更新したくないので断りたい」と考えている方もいるでしょう。その際に、「更新の断り方が