2023/08/14
イベントバイト

初めてでも安心!イベントスタッフバイトの服装・身だしなみの注意点

この記事を読むのに必要な時間は約 19 分です。

イベントスタッフのバイトは、楽しさとやりがいが満載の仕事です。

その一方で、適切な服装と身だしなみの重要性を理解することも欠かせません。初めてのバイトでも、服装や身だしなみに関する基本的な注意点を事前に把握しておくことで、スムーズに働くことができるでしょう。

この記事では、イベントスタッフバイトにおける服装と身だしなみに関する大切なポイントを詳しくご紹介いたします。

イベントスタッフのバイトに服装の指定はある?

イベントスタッフのバイトでは、服装が指定されている場合があります。

イベントの種類や主催によって、求められるものが変わるため、勤務する企業やイベント主催者から提供される情報に従うことが最も大切です。

主な指定は、スーツまたは軽装です。会社から衣服が支給される場合もあります。

指定された服装に従うことはイベントスタッフバイトの基本なので、留意しておきましょう。

イベントスタッフの服装選びのポイント

それでは、イベントスタッフのバイトにおける服装選びのポイントを、

  • スーツの場合
  • 軽装の場合

2パターンでご紹介いたします。

スーツの場合

イベントスタッフの服装としてスーツが指定されている場合は、ビジネスフォーマルな印象を演出することが重要です。コンサートやセミナー、展示会の時はスーツを指定されることが多いです。

男性の場合は、ネクタイやシャツ、スラックスなどを組み合わせてきちんとしたスーツを着用しましょう。女性の場合は、スカートまたはパンツスーツを選び、フォーマルな印象を与えるアクセサリーや靴を合わせます。スーツは、汚れやしわがないかを事前に確認しておきましょう。

スーツ上下黒のパンツスーツ(無地が好ましい)
ワイシャツ白のワイシャツ(無地が好ましい・フリルなどの飾りがあるものは避ける)
ネクタイ派手ではない色のもの
黒または茶色の革靴やパンプス(派手ではないもの)
靴下黒や白など派手ではない色のもの(原色は避ける)
ストッキング黒またはベージュ

軽装の場合

イベントのグッズ販売や設営などの時は、軽装が指定されることが多いです。軽装が指定されている場合は、カジュアルで動きやすい服装を選びましょう。また、軽装といっても普段着で良いというわけではなく、清潔感と、スタッフとして適切な印象を保つことが大切です。

無地のTシャツやポロシャツ、ジーンズ、カジュアルなシャツなどが最適です。バイト先の雰囲気やイベントの内容を第一に、服装を選びましょう。

イベントスタッフの服装選びに際しては、主催者やバイト先からの指示に従うと共に、清潔感と動きやすさ、スタッフらしさを重要視します。また、季節や天候も合わせて意識しましょう。

イベントスタッフとしての服装や身だしなみに関する注意点

ここからは、実際にイベントスタッフとしての服装を選ぶ上での注意点を紹介いたします。

ただし、イベントの内容や主催によって別途指定がある可能性もありますので、服装を選ぶ際には必ず規定に合わせるようにしましょう。

  • スカートや短パンは避ける
  • 茶髪はダメな場合も
  • アクセサリーは外す
  • 長い髪は結ぶ
  • ヒゲを剃る
  • 長い爪や派手なネイルは控える

一つずつ解説いたします。

スカートや短パンは避ける

イベントスタッフの服装は、動きやすく清潔感のあるものが最適です。そのため、スカートや短パンなどの丈が短いものは怪我の恐れがあるため避けるようにしましょう。

また、イベントスタッフは荷物の運搬などで激しく動くこともあるため、スカートは適切な服装とは言えません。暑い季節のバイトであっても、長いスラックスやジーンズなど足が隠れるパンツを着用しましょう。

茶髪はダメな場合も

一部のイベント会場や企業では、髪の色に関して厳格な規定があることがあります。茶髪や派手な髪色はイベント会場にそぐわないと判断された場合もあることを留意しておきましょう。

茶髪や明るい髪色の方は、必ず事前に髪型に関する規定を確認する必要があります。場合によっては、髪を染め直す、自然なウィッグを着用するといった対応が求められます。

アクセサリーは外す

大きなアクセサリーや派手な装飾品は、動きの妨げになる可能性があるため、控えるようにしましょう。また、スタッフらしい服装という観点からも、無駄なアクセサリーは避けるべきです。シンプルで控えめなアクセサリーを選ぶか、全く身につけないことが好ましいです。

長い髪は結ぶ

イベントスタッフとして、長い髪はきちんと結ぶことが重要です。髪が顔にかかると作業中の視界を妨げてしまうだけでなく、清潔感を損ねる可能性もあるでしょう。

髪をまとめることで、プロのスタッフらしい外見を保ちつつ、業務に集中しやすくなります。また、グッズや食品に髪の毛が落ちてしまうという衛生面でのトラブルも防げます。

ヒゲを剃る

イベントスタッフとしての服装と身だしなみには、ヒゲを剃ることも重要です。清潔感を保ち、良い印象を与えるために、適切なヒゲの手入れをしましょう。

ヒゲの長さや形状は個人の好みにより異なりますが、イベントバイトをする場合は自分自身の好みよりも清潔感と整った外見を優先することが重要です。

長い爪や派手なネイルは控える

長い爪や派手なネイルは作業中に不便を生じる可能性があり、安全性や効率に影響を及ぼすことがあるため、控えましょう。

長い爪は物を持ったり、作業道具を使用する際に手を傷つけるリスクが高まります。また、派手なネイルはフォーマルな場や一般的なプロフェッショナルな環境にはふさわしくない場合があります。清潔感や品位を保つためには、爪は短めに整え、控えめなネイルカラーやデザインを選びましょう。

イベントスタッフとしてバイトする際の当日の注意点

イベントスタッフとしてバイトをする上で気をつけるべき点は、服装だけではありません。

持ち物や健康面の管理など、バイト当日の注意点をまとめてご紹介します。

荷物は最小限に

イベントスタッフとしてバイトする際、当日持ち込む荷物は最小限にすることが大切です。なぜなら、イベント現場ではスペースが限られ、効率的な動きが求められるからです。

必要なものだけを持っていくことで、作業中の移動や操作がスムーズに行え、他のスタッフとの協力も円滑に進むでしょう。

通常、持参するべきアイテムは

  • 飲み物
  • 薬など、個人の必需品
  • バイトに必要な文書やツール
  • 軍手やタオル

などです。無駄な荷物を持ち歩くことは、作業の効率を下げる可能性があります。そのため、前もって必要なアイテムをリストアップし、必要最低限のものをコンパクトにまとめて持っていくことがおすすめです。

水分補給は忘れずに

バイト当日は、水分補給を忘れずに行いましょう。

イベントの運営や準備には長時間の立ち仕事や動き回る作業が含まれ、体力を消耗する可能性が高いです。水分は体温調節や体力維持に欠かせない要素であり、十分な水分補給を怠ると疲労や倦怠感が生じ、業務の効率が低下する恐れがあります。

水分補給を怠ることで集中力の低下や熱中症のリスクも高まります。特に野外や屋外でのイベントでは、気温の上昇や直射日光の影響を受けやすいため、こまめな水分補給が重要です。

水筒やボトルを持参し、定期的に水を摂ることで、体調を維持しながら仕事に取り組むことができます。

バイト内容によって当日の持ち物は異なる

イベントスタッフのバイト内容によって、必要な持ち物が異なることがあります。例えば、屋内での受付や案内の場合と、野外での設営や撤収の場合では、必要なアイテムや服装が異なるかもしれません。バイト前に企業や主催者から指示がある場合は、必ずそれに従って適切な準備をしておきましょう。

当日の持ち物や準備については、事前にバイト先から提供される情報や指示に従うことが重要です。また、快適にバイトをするためには、自身の体調や状況に合わせて適切な対策を取ることも大切です。

「スポーツ系のイベントや野外フェス」「室内のセミナーやコンサート」2パターンでよくある持ち物の例をご紹介します。

スポーツ系イベント・野外フェスなどの音楽イベント

スポーツ系イベントや、野外で行われる音楽イベントのバイトで必要な持ち物は以下の通りです。

  • 携帯電話と充電器: 運営や、スタッフ同士で連絡を取るために必要です。バッテリー切れにならないように充電器も持参しましょう。
  • タオル: 暑い季節のイベントでは汗を拭くために必要です。
  • 帽子やサングラス: 日差しを遮るために役立ちます。
  • 飲み物と軽食: 長時間のイベントでは水分補給やエネルギー補給が重要です。
  • 軍手やタオル: 物を運んだり、作業をする際に役立つ場合があります

セミナー、展示会、室内のコンサート

セミナーや展示会、室内のコンサートなどのバイトで必要な持ち物は以下の通りです。

  • 筆記用具: メモや記録を取るために必要です。
  • 名札や識別バッジ: イベントのスタッフとして識別されるために必要です。
  • 靴: 長時間立ち仕事が多い場合は、屋内であっても快適な靴が必要です。
  • 水分: 喉が渇く可能性があるため、水分補給をすることを忘れずに。
  • 指定された文書や資料: イベントの進行や案内に関する資料があれば、持参しておくことが重要です。

イベントスタッフのバイトにおすすめの派遣会社

イベントスタッフのバイトにおすすめの派遣会社として挙げられるいくつかの例を以下に示します。ただし、企業の詳細や提供するサービスは変動する可能性があるため、最新情報を確認することをおすすめします。

1. テイケイワークス東京

引用:テイケイワークス東京

運営会社テイケイワークス東京株式会社
得意な職種軽作業、物流関係

軽作業・事務を中心に関東近郊のお仕事を多数掲載している派遣会社です。

イベントスタッフのバイトも対応していますが、主に以下のような物流に関わる仕事内容がメインとなっています。

【ピッキング】倉庫内の指定された棚から指定された商品を集める仕事

【検品】商品に汚れや傷がないか、目で見てチェックするお仕事

【梱包】用意された商品を箱や袋に詰めるお仕事

【シール貼り・ラベル貼り】商品の箱や外観にシールやラベルを貼り付けるお仕事

初心者の方でも始めやすい軽作業が多いことが特徴です。最短で登録した翌日からの勤務が可能で、給与は当日手渡しも可能なので、すぐにお金が手に入るのも嬉しいポイントでしょう。

また、イベントスタッフのバイトも取り扱っています。イベントスタッフはイベントが開催されない時期は募集も少なくなるので、そんな時期は気軽に挑戦しやすい軽作業バイトに挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

2. シミズオクト

引用:シミズオクト

運営会社株式会社シミズオクト
求人数登録後、メールで求人が送られてくる
得意な職種イベント、コンサートスタッフ業、警備

イベントスタッフの派遣だけでなく、ホールスタッフやコンサートスタッフなど、エンターテインメント業界に特化した仕事を提供しています。コンサート、展示会、博覧会、野球・サッカーの公式試合やその他スポーツの国際大会などのバイトを探す際に一考する価値があります。

仕事は、イベント・警備、設営、撤去、運搬など様々な仕事があります。北海道シミズ、東北支店、埼玉シミズ、シミズオクト、シミズサービス千葉、横浜シミズ、名古屋支店、大阪支店、西日本支店、と全国に展開しています。

面接選考後にすぐに採用となれば、最短で2日後から勤務も可能です。給料日は月2回あり、すぐにお金を受け取れます。基本は前期分(1〜15日)は当月末日、後期分(16〜末日)は翌月15日です。

3. スタートポイント

引用:スタートポイント

運営会社株式会社スタートポイント
得意な職種イベント、コンサートスタッフ業、警備

スポーツイベントやコンサート、フェスなどのスタッフを派遣している会社です。幅広いイベントに対応しており、バラエティ豊かなバイトの機会を提供しています。

機材の搬入出や舞台の設営、ライブ・イベント会場での会場運営業務をトータルにサポートしています。主に首都圏で行われる多数の会場で業務を行っているので、首都圏にお住いの方は必見です。

お給料日は月に3回あり、口座への振込または会社受取のどちらかを選択できます。また、シフトのノルマは一切なく、自分の都合に合わせて日時・場所・お仕事内容を選べます。

イベントスタッフバイトの服装に関するよくある質問

イベントスタッフバイトの服装に関するよくある質問をまとめました。

  • イベントスタッフの面接はどんな服装で行けばいい?
  • 服装を間違えたらどうなる?
  • 無地Tシャツを指定された場合、ワンポイントがついたTシャツでも大丈夫?
  • 指定された服装を持っていない場合はどうすればいい?
  • 指定の服装の上に上着を羽織っても良い?
  • スーツ指定の場合は革靴じゃないとだめ?
  • スーツ指定の場合、女性はスカート?パンツ?
  • 現地で指定の服装に着替えてもいい?

以下にて、一つずつ回答いたします。

Q: イベントスタッフの面接はどんな服装で行けばいい?

A: 面接時は、清潔感があり、フォーマルな印象を与える服装が望ましいです。ビジネスカジュアルや、シンプルなスラックスとシャツ、またはブラウスなどが適切です。

Q: 服装を間違えたらどうなる?

A:働くことができず、 帰らされてしまうこともあります。イベントの性質や会場の雰囲気に合わない服装を選ぶと、周囲と不調和な印象を与え、統一感のない雰囲気を醸し出すことにもなりかねません。このような場合、作業の効率や協力が悪影響を受け、イベントの品質に影響を及ぼす可能性があります。イベント主催者や雇用主の要求に従って適切な服装を選ぶことが重要です。

Q: 無地Tシャツを指定された場合、ワンポイントがついたTシャツでも大丈夫?

A: リスクがあるため、小さなワンポイントであっても指定以外の服装で出勤することは避けましょう。これは主催者が意図しているイメージや統一感を保つためです。

服装の指定に疑問がある場合は、事前に主催者に確認することをおすすめします。

Q: 指定された服装を持っていない場合はどうすればいい?

A: 指定された服装を持っていない場合は、以下の対処法が挙げられます。

事前に確認: イベント前に主催者や担当者に連絡し、服装の問題を伝えてみましょう。必要な服装を提供してくれるか、あるいは代替案を提案してくれるかもしれません。

購入: 必要な服装を購入することも選択肢です。イベントスタッフのバイトが長期間続く場合や、将来的な機会も考えると、服を新たに手に入れることは必要な投資となる場合もあるでしょう。

Q: 指定の服装の上に上着を羽織っても良い?

A: 天候や寒さによって上着を羽織ることは問題ありませんが、イベントの雰囲気や要求に合った上着を選ぶことが重要です。指示に従いつつ、上着の選択に注意しましょう。

Q: スーツ指定の場合は革靴じゃないとだめ?

A: スーツ指定の場合、一般的には革靴が望ましいですが、特定の指示がない限り、清潔でフォーマルな印象を与える他の適切な靴も使用できる場合があります。

靴の選択に不安がある場合は、事前に連絡をして確認しましょう。

Q: スーツ指定の場合、女性はスカート?パンツ?

A: スーツ指定の場合、女性はスカートまたはパンツスーツのいずれかを選ぶことが一般的です。どちらを選んでも問題ありませんが、主催側から指示がある場合は必ず従いましょう。

Q: 現地で指定の服装に着替えてもいい?

A: イベント現場で指定の服装に着替えることが許可されている場合もありますが、事前に確認しておくことが重要です。バイト先からの指示に従いましょう。

まとめ

この記事では、イベントスタッフバイトの服装・身だしなみの注意点についてご紹介しました。

イベントスタッフとしての服装は、運営の指定に合わせて選ぶことが基本です。バイト先となる会場の雰囲気を統一させたり、安全面での懸念があるためです。「たかが服くらい」と軽く考えずに、きちんと用意しましょう。

服装の指定について曖昧な点があったり、不安がある場合は、直接問い合わせをして確認しても問題ありません。

適切な服装や身だしなみに関する基本的な注意点を把握して、イベントスタッフバイトを成功させましょう。

執筆者

baito-note編集部

baito-noteでは、単発・短期バイトに関するお役立ち情報を幅広く発信します。
バイト探しのコツや職種・業務内容ごとの案件情報、おすすめの派遣会社まで、編集部が徹底的にリサーチ。お仕事探しに悩む皆さまに有益な情報をお届けしていきます。

関連記事

イベントスタッフの面接対策!よくある質問や自己PRなど徹底解説

コンサートや説明会などのイベントでスタッフとして働くバイトは、やりがいがあり短期間で稼げるバイトとして人気です。 ただし、イベントスタッフとしてアルバイトを始めるには面接を受けなくてはいけないケースが多いです。 本記事

大学生向け|イベントスタッフは出会いが多い?恋人や友達を作るチャンス!

バイトをしながら出会いを探したいという人におすすめなのが、イベントスタッフのバイトです。 イベントスタッフバイトはイベント運営をさまざまな業務で支えるバイトで、他のスタッフと関わる場面が多く、出会いにつながる可能性が多くあり

イベントスタッフバイトってどんな感じ?きつい?仕事内容や口コミを徹底解説

イベントスタッフとは、裏方としてイベント運営を支えるスタッフのことです。会場作りなどのイベントの前段階の準備から、イベントをスムーズに進行できるようにするためのさまざまな雑用、イベントが終了した後の撤去作業まで幅広くこなします。

人気のイベントバイトとは|仕事内容や時給、おすすめの派遣会社を紹介

コンサートや音楽フェス、スポーツの試合など、大規模なイベントで観客の誘導やチケットのもぎり、警備などを行う「イベントスタッフ」のバイトは人気が高く、一度はやってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか? 今回は、そんなイベントバ

イベントスタッフの志望動機|書き方のポイントや例文をご紹介

イベントスタッフは比較的時給が高く、短期から長期まで自分のライフスタイルに合わせて働くことができる魅力的なアルバイトの1つです。 しかし、いざイベントスタッフで働こうと考えても、志望動機をどういう風に書けば良いのか悩むという