2018/03/13
お仕事内容

大人気!コールセンターのアルバイトとお仕事内容についてご紹介!

コールセンターのアルバイトって働きやすいのかな?

 

と気になっているあなた。コールセンターの仕事は、

 

 お給料は悪くなさそう

 キレイな職場で働けそう

 スキルが身につきそう

 

など、いろいろなイメージがあると思います。

 

しかしイメージだけで応募してみて、

「自分に合わなかった〜」となる前に、

不安な部分はチェックしたいですよね。

 

そこで今回は、コールセンターについて、

・仕事内容
・平均勤務時間と時給
・メリット
・デメリット
・求められるスキル
・得られる資格
・体験談

をご紹介します。

 

コールセンターの魅力や注意点など、理解した上で応募してみましょう!

 

難しい説明はひとつもありません。簡単にサクッと最後まで読めますよ。

 

それではまずは仕事内容から見ていきましょう!

 

コールセンターの仕事内容

 

コールセンターの仕事は、その会社が扱う商品サービスについて、お客様と電話でやりとりすることが主な業務です。

そのやりとりにも種類があり、

 

 発信(アウトバウンド)

 受信(インバウンド)

 

の2パターンに分かれます。この2つは何が違うのでしょうか。

 

・発信(アウトバウンド)

 

発信(アウトバウンド)とは、

自分からお客様に電話をかける仕事です。

電話をかける目的は、

 

・商品購入やサービス利用のお礼

・新サービスやキャンペーンの案内

・アンケートや世論調査

 

などがあります。

商品やサービスに何も関係ないお客様へ、電話をかけることはほとんどありません。

 

自分から電話かけるのはハードルが高いかな…

 

と発信に抵抗のある方もいると思います。

しかし大変に感じるのは最初だけです。

 

事前研修で、トークマニュアル商品知識がしっかり勉強できます。

 

研修に慣れれば、戸惑いなく業務へ入っていけますよ。

 

また、いきなり電話がかかってくる受信とは異なり、発信は自分のペースで仕事ができる魅力もあります。

 

・受信(インバウンド)

 

受信とは、お客様からかかってきた電話に対応する仕事です。

電話の内容として、

 

・商品やサービスの問い合わせ

・注文の受付や変更

 

などがあります。

商品やサービスの知識が求められますが、

こちらも発信と同じように、事前研修でトークマニュアルや商品知識が勉強できますよ。

 

マニュアルを参照しながら問い合わせに答えていくので、

マニュアルをすべて覚える必要はありません。

 

「この問い合わせは、この辺のページに書いてあったな〜」

 

と大体のあたりが付けられれば大丈夫。

 

もしマニュアルだけでは答えられない、難しい質問が来た場合は、近くの社員に相談してみましょう。

 

コールセンターの平均勤務時間と時給

 

次に気になるのは、勤務時間時給だと思います。

 

都合よくシフトに入れたり、高時給で効率よく稼げれば、コールセンターに魅力を感じますよね。

ひとつずつ見ていきましょう。

 

・コールセンターの平均勤務時間

 

コールセンターの平均勤務時間は6〜8時間ほどです。

 

接客業とは異なり、短時間の案件は多くありません。

また、常に一定数のスタッフを確保する必要があるので、固定シフトの職場が多いです。

 

腰を落ち着けて、しっかり働きたい方にオススメですね。

 

発信業務の場合はお客様の生活に合わせる必要があるので、昼間(9〜18時など)の勤務が基本です。

 

受信業務の場合は、お客様がいつでも電話できるように、24時間体制の会社もあります。

 

夜型の方や、深夜時給で効率良く稼ぎたいという方には、働き方が選べる受信業務がオススメです。

 

・コールセンターの平均時給

 

リクルートの「2018年1月度 アルバイト・パート募集時平均時給調査」によると、

 

三大都市圏(首都圏・東海・関西)の時給は、

 

 発信…1,214円

 受信…1,059円

 

でした。地域によって価格の上下はありますが、やはり発信の方が電話をかけるというハードルの高さで、時給が高いようです。

 

コールセンターで働くメリット

 

コールセンターの仕事にはメリットがたくさんあります。

ひとつずつご紹介していましょう。

 

・未経験でもOK

 

コールセンターは、未経験の方でもはじめられるメリットがあります。

オフィスワークを体験してみたい学生さんにも人気の仕事です。

 

マニュアルが揃っているので、商品やサービス、話の進め方などがイチから学べますよ。

 

・服装自由

 

お客様と接するのは電話越しなので、勤務先にもよりますが、服装の規定が厳しくない職場が多いです。

 

・学校やサークルの帰りにそのまま寄る

・仕事の後、そのまま遊びに行く

 

など、前後の予定で服装に気を遣わなくていい魅力があります。また、

 

「オフィスカジュアルの服装なんて持ってないよ〜」

 

という方も、新しい洋服の出費が必要ありません。

 

・働く時間帯が選べる

 

勤務時間は長時間勤務(6〜8時間)が多いですが、時間帯を自由に選べる職場が多いです。

 

・夜は予定がある方は9時から

・朝が弱い方は12時から

・効率よく稼ぎたい方は深夜帯

 

と、あなたの生活スタイルに合わせてシフトが選べます。

 

ただシフトは週や月単位で固定されていることが多いので、

「今日は朝から、明日は昼から」という働き方は難しいかもしれません。

 

・職場が快適

 

快適に働けるかどうかも重要なポイントですよね。

 

コールセンターの仕事は内勤業務なので、夏はクーラー、冬は暖房と、空調管理が完璧です。

派遣先が大手企業なら、オフィスはキレイでモチベーションも保ちやすいですよね。

 

コールセンターで働くデメリット

 

それではコールセンターのデメリットもご紹介しましょう。

 

・対応が大変

 

コールセンターのデメリットのひとつは、たまに対応が大変なことです。

 

発信の場合は、お客様が忙しかったり、興味がなかったりすると話をまともに聞いてもらえません。

 

強い口調で拒絶されたり、電話をガチャ切りされたりすると、気分が落ち込みやすいです。

 

受信でも、商品の不良サービスの不備で、クレームの電話がかかってくる場合があります。

 

お客様がヒートアップすると、なだめるのが大変です。

 

・ずっと座りっぱなし

 

座って仕事ができるのは内勤の魅力ですが、長時間勤務の場合は少し話が違います。

 

電話対応が業務のメインです。

トイレや休憩時間以外はほとんど座っているので、じっとしていられない方にはつらいかもしれません。

 

コールセンターで求められるスキル

 

コールセンターの仕事に求められるスキルはいくつかあります。

ひとつずつ見ていきましょう。

 

・相手の話を聞き出すスキル

 

コールセンターの仕事には、お客様の話を聞き出すスキルが必要です。

 

問い合わせや商品不良で電話をかけてくるお客様の中には、説明があいまいなケースがあります。

 

そんなときに、

 

「お話をまとめますと、こういったことでしょうか」

 

と、うまくくみ取ってあげるとどうでしょう。

 

お客様も満足して、次の話にもっていくことができます。

 

・明るくハキハキと話すスキル

 

コールセンターの仕事には、明るく滑舌よく話すスキルが必要です。

 

暗くボソボソと話すと、何を言っているかが聞き取ることができません。

 

はじめは冷静だったお客様を怒らせてしまう可能性もありますよね。

 

企業のイメージが下がってしまうかもしれません。

 

・うまく説明するスキル

 

コールセンターの仕事には、物事をうまく説明する能力が求められます。

 

対面ではイラストやジェスチャーでイメージを補えますが、

電話の場合は言葉だけでわかりやすく説明しなくてはいけません。

 

うまく体系立てて、商品やサービスを説明する必要があります。

 

・引きずらないスキル

 

コールセンターで働いていると、やはりお客様のクレーム対応をすることがあります。

 

そのときに引きずってしまうと、

すぐに次のお客様とやり取りしなくてはいけないので大変ですよね。

 

よって怒られても気にせずに、経験を次へつなげるフットワークの軽さが大切です。

 

コールセンターの仕事で得られるスキル

 

コールセンターの仕事をはじめることで、得られる資格は3つあります。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

・コミュニケーション能力

 

いろいろなお客様とやりとりをする上で、コミュニケーション能力が身に付きます。

 

お客様が疑問に感じていることや、要望をうまく聞き出す必要があるからです。

よって、そこにもっていくまでの話をつくることがうまくなります。

 

 

・ビジネスマナー

 

お客様に快く話してもらうためには、

ビジネスマナーを覚えることが必要です。

 

ただ未経験の方でもマニュアル研修でしっかり勉強してから、

実務に入ることができるので安心ですよ。

 

学生や就職を考えているフリーターの方は、

このコールセンターの仕事経験がきっと役に立ちます。

 

・メンタル力

 

メンタル力が身につくことも、魅力のひとつです。

 

コールセンターという仕事上、苦情を受けることもありますので、

そういったときに気持ちの落ちつけ方をしっかり身につけられます。

 

職場には、相談に乗ってくれる上司や仲間もいるので、ひとりで働いているという感覚はありません。

 

チームで成長していくことができますよ。

 

コールセンターの体験談

 

コールセンターはおろか、オフィスワークの経験もありませんでした。

 

それでも経験してみたくて応募しましたが、

最初にたっぷり研修があったので助かりました。

 

不安の少なくなった状態で、業務に入れたのがよかったです。

 

お客様の話がわからなくなったときも、近くの上司に相談できちゃいます。

 

人と話すことが好きで、コールセンターいいなと思ってはじめました。

 

しっかり稼ぎたかったから、高時給長時間勤務もうれしいですね。

 

たしかに大変なときもありますけど、大変さだけが注目されるのはおかしいと思います。

 

優しく話してくれたり、最後にお礼を言ってくれたりする、感じのいいお客様もたくさんいますので。

 

コールセンター未経験の方には、発信をおすすめしたいです。

 

受信もいいですけど、電話がいつかかってくるかわからないプレッシャーがあると思うんです。

 

発信はこちらから仕掛けるので、お客様の対応によってトークフローがしっかり決まっています。

 

こう聞かれたら、こう返す

 

という内容が、受信よりは少ないかなと思いますね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

コールセンターの仕事について、

 

・仕事内容
・平均勤務時間と時給
・メリット
・デメリット
・求められるスキル
・得られる資格
・体験談

 

をご紹介しました。

ここまで読んで、コールセンターの魅力や注意点などがすべてお分かりいただけましたでしょうか。

 

テイケイワークスなら、コールセンターの仕事を多数ご用意しています。

気になった方は、ぜひテイケイに登録してみましょう!

コールセンター以外の仕事が気になる方は、
↓こちらの記事も要チェック!!

>>未経験でも大丈夫!軽作業のアルバイト7選!

 

>>ピッキングとは?アルバイトの作業内容とやり方についてご紹介!

 

>>フォークリフトとは?アルバイトのお仕事内容とやり方についてご紹介!

 

>>大人気!化粧品・医薬品の検品のアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

 

>>大人気!サンプル品の封入のアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

 

>>スマホアプリの動作チェックのアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

 

>>大人気!シール貼りのアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

 

>>大人気!イベントのアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

 

 

>>大人気!ドライバーのアルバイトとお仕事内容についてご紹介!

 

関連記事

軽作業の仕事はキツイ?それとも楽?口コミを元に調査

激短(1日)でも働けるから短期間でサクッと稼げると評判の軽作業。 学生なら長期の休暇期間に働き、社会人ならダブルワークとしても利用する人がいるようです。 派遣会社でも軽作業を紹介する会社が増えてきており、働く人にとっては

大人気!データ入力のアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

今回は「アルバイトのデータ入力の仕事内容が知りたい」「時給が高いからやってみたい」という方に向けて、データ入力のアルバイトについて解説していきます。   パソコンを使うため特別な技術が必要だったり、専門的な知識

デバックバイトとは?仕事内容や時給などを解説

「デバッグ」という言葉を聞いたことがありますか? 別名「テスター」とも呼ばれるこの職業は、ゲームをしてお金を稼ぐことができるんです! そんな夢のような職業って本当にあるのか?と疑うのは当然。でも実際にあるんです。

検品バイトの志望動機って?アピールポイントは?

軽作業ワークの中でも人気があるのが検品バイト。 様々な商品に不具合がないのかを調べ、出荷に備える業務です。 ちょっと難しく感じるかもしれませんが、マニュアル通りにこなせば初心者でも、未経験者でも働けるのがポイント。

引っ越しバイトとは?仕事内容や時給、服装などを解説します

時給が高い上に単発で働けて、経験が問われないことから人気のある引っ越しバイト。 ただ、イメージ的には相当キツそうですよね。 「重い荷物を持ち運んで腰を痛めそう」、「上司や先輩が厳しそう」などネガティブなイメージはわいてく