2024/01/26
スキマバイト

高校生もスキマバイトができる!おすすめの業種や選び方をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

このコラムでは、スキマバイトを探している高校生へ向けておすすめの業種や求人の選び方をご紹介しています。単発でできる仕事の種類や、スキマバイト探しにおすすめの求人サイトもご紹介。高校生が空き時間を有効的に使って働けるバイトについて網羅的に紹介しています。

高校生におすすめなスキマバイト

お小遣い稼ぎがしたいけれど、受験勉強や部活でまとまった時間が取れない高校生におすすめしたいのが、スキマバイトです。スキマバイトとは、空き時間を使って働けるアルバイトで、「単発バイト」などとも呼ばれています。

スキマバイトができる職種は意外にも豊富で、初めてアルバイトをする高校生も気軽にチャレンジできるものが多くあります。

本項目では、高校生におすすめなスキマバイトの業種についてご紹介していきます。

軽作業

軽作業は、工場や倉庫などで行う軽めの作業のことで、指示されたマニュアルに沿って荷物の仕分けをしたり、梱包をする作業がメインです。

扱うものは文字通り軽めのもので、重い荷物を運ぶことはほとんどありません。体力に自信がない高校生も無理なくチャレンジすることができるでしょう。

また、作業中は会話をすることがほとんどありません。接客など誰かと対話することに抵抗がある方でも、働きやすい仕事です。

コールセンター

コールセンターのバイトは、主に通販事業やメーカーなどのコールセンター部門で電話応対をする仕事が多いです。

1日に何件ものお客様対応をすることが多いですが、責任のあるような仕事を任されることはなく、基本はマニュアルに合わせて話を進めていくだけなので、初心者でも気軽に始めることができます。

清掃

清掃のアルバイトは、清掃スタッフとしてオフィスやマンションの共有スペースなどに出向いて清掃をする仕事です。

清掃は一人で行うわけではなく、複数名の清掃スタッフと一緒に協力しながら行います。

仕事内容は一般的な家庭の掃除と同様の作業で、窓拭きやトイレ掃除、ゴミ捨てなどが中心です。また、勤務時間中はずっと清掃業務に取り掛かるため、体を動かしながらの作業になります。重労働ではありませんが、体を動かすことが好きな方の方が向いていると言えるでしょう。

デリバリー

ピザ屋やフードデリバリーサービスのスタッフも、高校生のスキマバイトとしておすすめの仕事です。

ピザ屋などのデリバリースタッフとして働く場合、店舗から指示された住所に商品を届けます。基本的には原付バイクなどで運ぶため、原付バイクの免許を持っていた方が良いでしょう。

また、Uberイーツなどのフードデリバリーサービスの場合は、働ける時間にアプリにログインをすれば仕事が可能です。

コンビニ

コンビニエンスストアのアルバイトも、実は単発でのスキマバイトの求人が豊富です。レジ打ちや品出し作業など、一般的なコンビニバイトの仕事内容を行います。

なお、スキマバイトの募集をしているコンビニエンスストアは、基本的には人手不足ゆえに単発バイトの求人を出しています。したがって、バイトに入ったらシフトは多めに組まれる傾向にあります。コンビニはほかのバイトと比べても、とても覚えることが多い仕事です。最初は大変かもしれませんが、経験を積むことができるでしょう。

ファストフード・ファミレス

ファストフードやファミレスのアルバイトも、スキマバイトの求人が豊富です。職種もさまざまで、ホールスタッフやキッチンスタッフなどから選べます。そのほかにも、店内清掃のみや仕込み作業のみなど、一つの業務に集中したバイトも存在します。

なお、ファストフードやファミレスのスキマバイトは、ある程度マニュアルが存在するので、慣れるまでに時間がかかるかもしれません。飲食店でのアルバイト経験があった方が難なくスタートできるでしょう。

居酒屋

居酒屋スタッフのスキマバイトは、時給が高い傾向にあることが魅力です。夕方〜夜の時間帯のみの仕事なので、部活帰りや塾がない日のスキマ時間を使って有効的に働きたい高校生に人気があります。

仕事内容はファストフード店やファミレス同様で、ホールスタッフやキッチンスタッフなどから選べます。

居酒屋が最も忙しい時間帯である金曜日や祝前日などは肉体的にかなり疲れる傾向にありますが、少しでも時給が高い方が良いという方は、居酒屋のスキマバイトを選ぶ方が良いでしょう。

ただし、お酒の場でもあるので、ファミレスやファストフードにはないトラブルも多いです。

高校生がスキマバイトを探すときのポイント

先述したとおり、高校生がスキマバイトとして働ける仕事はたくさんあります。しかし、自分の生活スタイルにぴったりハマったバイトを選びたいという気持ちは、誰もが持っていることでしょう。

本項目でご紹介するのは、高校生がスキマバイトを探すときに注意したいポイントです。効率的に良いバイトを見つけるために、ぜひ知っておいてください。

学校や家族にバイトをしても良いか確認をしよう

高校生がスキマバイトをするためには、大前提として学校や家族の許可を得ていることが条件です。

とくに、学校から許可を得ていない状態で働いてしまうと、発覚したときに停学など何らかの処分を下される可能性もゼロではありません。

家族の許可を得ていない場合も、あとあと発覚した場合にお叱りを受けることもあるでしょう。単発でサクッと働けるからといってもバレないという保証はないので、バイトを始める前は、学校と家族の許可を得てください。

自分の働ける条件をピックアップする

高校生は受験勉強や部活、塾などで大忙しの時期です。時間的に制限されることも多いため、働く条件にはさまざまな制約が出てくるでしょう。

しかし、「あれもダメ」「これもダメ」と絞り過ぎてしまうと、良い求人に出会うことはできません。自分が働ける条件はしっかり整理し、妥協できる部分と譲れない部分をピックアップしながら条件を決めて求人検索をしましょう。

高校生対象の求人だけを探す

当然ですが、高校生がスキマバイトをするといっても、高校生不可の求人には応募することができません。求人サイトを見ていると、「高校生歓迎」「高校生OK」などのワードを出しているバイト先も多いので、それらの求人を優先的に見つけて探しましょう。

なお、ほとんどの求人サイトは検索条件の絞り込みが可能です。高校生対象の求人だけに絞り込んで検索すると効率的に見つかります。

交通費が支給されるか確認をする

スキマバイトには交通費支給がない求人も少なくありません。交通費が支給されないと、現場に行く交通費は自費なので、せっかくアルバイトで稼いでもその分マイナスになってしまいます。

できるだけ交通費支給の求人を探した方が、効率的に稼ぐことができるでしょう。とくに電車でバイト先に行く予定の方は、往復の電車代分が交通費支給の範囲内でカバーできるか確認をしてください。

なお、交通費支給の求人も、求人サイトで絞り込み検索をすればヒットするので効率的です。

高校生がスキマバイトをするメリット

高校生がスキマバイトをすることで、以下のメリットが生まれます。

  • 自分のお小遣いを稼ぐことができる
  • 社会経験を積むことができる
  • プライベートも充実

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

自分のお小遣いを稼ぐことができる

高校生がスキマバイトをする上でのメリットは、自分のお小遣いを自分で稼げることです。

既に毎月のお小遣いをもらっている人でも、プラスでお金が入ることは魅力的なのではないでしょうか。

趣味にお金を使ったり、女子高生なら流行りのコスメやファッションにも何かとお金がかかります。

お小遣いだけでは足りないというストレスから解放されるので、効率的にお金が稼げるスキマバイトはやって損はないと言えるでしょう。

社会経験を積むことができる

お小遣いが稼げるだけではなく、社会経験を積むことで将来への投資ができることもメリットです。

アルバイトをすると、仕事を通してさまざまな体験ができます。接客ならコミュニケーションスキルが身につきますし、飲食店のキッチンスタッフなら料理技術も身につくでしょう。

スキマバイトといえど、働くという経験は将来社会に出たときに有利に働きます。自分が会社員になったとき、アルバイトを通して経験したことが活かせるシーンも多く「あのときバイトしておいてよかった」と思うこともあるはずです。

とくにスキマバイトは、決まった会社と契約をするわけではないので、さまざまな業種にチャレンジすることができます。お金を稼ぎながら社会勉強ができるので、将来に悩んでいる人にもおすすめです。

プライベートも充実

スキマバイトはシフト制で働く一般的なアルバイトではないため、プライベートを充実させながら有効的に働くことができます。

プライベートの時間をつぶすことは一切ないため、アルバイトをすることで勉強に支障をきたしたり遊びの時間が減ってしまう懸念も少ないでしょう。

高校生がスキマバイトをするデメリット

高校生にとってスキマバイトは、とても有効的な働き方です。しかし、その反面でデメリットも存在します。

具体的にどのようなデメリットがあるのか、見ていきましょう。

スケジュール管理が難しい

自己管理能力がないと、上手に空き時間を使ってスキマバイトをすることができません。なぜなら、スキマバイトをするには、あらかじめ空き時間を指定してバイト申請をする必要があるからです。

自分の空き時間がどの程度取れるのか、先々を見すえてしっかりとしたスケジュールを立てておかなければ、いざバイトに入る当日になって「やっぱりできそうにない」とキャンセルする羽目にもなります。

スケジュール管理に自信がない方は、予定が空いたタイミングですぐに働く申請ができるフードデリバリーなどのバイトを選ぶのが無難でしょう。

学校生活とのバランスが取れなくなることも

これはスキマバイトだけではなく、アルバイトをする高校生全般に言えることですが、学校生活とのバランスが取れなくなることも想定されます。

空き時間とはいえ、働くには自分の時間を削るわけです。あまりにも多くシフトを入れてしまえば、当然疲れが出て学業に支障をきたしてしまうことになります。

とくに初めてアルバイトの経験をする高校生は、学校生活とのバランスの取り方に慣れていないため、多少疲労を感じやすくなるでしょう。

高校生は学業中心ですから、優先すべきものを忘れずにスキマバイトにチャレンジしてください。

求人によっては高校生では働けない

世の中には数々のアルバイト求人が存在しますが、高校生NGとしている求人もあるので注意しましょう。

基本的に高校生が働ける求人には、「高校生歓迎」「高校生OK」などと何かしらの形で提示されています。しかし、それ以外の場合は高校生が働けないアルバイトも多く存在するため、確認が必要です。

とくに、時給の高い仕事は高校生NGであることが多い傾向にあります。

先述したとおり、高校生がスキマバイトを探すときは、求人サイトで絞り込み検索をしてヒットした案件だけに注力して選びましょう。

高校生でスキマバイトをするならアプリを活用しよう!

高校生が効率的にスキマバイトを探すときにおすすめなのが、アプリの活用です。最近ではさまざまな求人サイトがスマホアプリをリリースしており、会員登録から応募までを簡単にこなすことができます。

本項目でお伝えするのは、高校生におすすめしたい求人アプリです。使いやすい3つのアプリをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ショットワークス

引用:ショットワークス

ショットワークスは、単発や短期バイトに特化した求人検索アプリです。お給料は日払いで当日手渡しの案件も多いので、「来週のデートに備えて急にお金が必要になった」など、すぐにお金が欲しいときに活用できます。

また、学生歓迎のアルバイト案件も豊富で、コンビニエンスストアなどの接客業から軽作業など接客なしの求人までさまざまな案件から選べます。

好きな環境ですぐにお金がもらえるバイトを見つけることができれば、急な出費があっても安心して生活できるのではないでしょうか。

バイトル

引用:バイトル

バイトルは、CMでも有名なバイト探しアプリです。かなりメジャーな求人アプリということもあり、他社よりも求人数が豊富なことがメリットです。

職種もかなり豊富で、この記事でご紹介した職種以外にもさまざまな単発バイトを取り扱っています。

なお、バイトルは単発や短期バイトに特化しているわけではなく、レギュラーバイトも含めて全般的な求人を扱っています。検索する際は単発バイトのみ絞り込み検索をして探しましょう。

ワクラク

引用:ワクラク

ワクラクは、1日のみの単発バイトに特化した求人アプリです。メジャーなアプリではないものの、単発に特化しているという点を考慮すると、スキマバイトを探す高校生にとってはかなり利用しやすいのではないでしょうか。

また、ワクラクからのアルバイトをすれば、最短翌日には給与が振り込まれます。空いた時間に申請をすると、タイミングが合えばすぐにバイトに入ることができる手軽さも魅力です。

高校生でスキマバイトをするときのよくある質問

最後に、スキマバイトを検討している高校生からよくある質問についてお答えします。

高校生はさまざまな制約のもとでアルバイトをしなければなりませんから、注意事項も含めて細かな点を把握しておかなければなりません。

これらの質問と回答も参考に、バイト探しに取り組んでみてください。

タイミーは高校生でも利用できる?

18歳以上であれば応募可能です。タイミーを利用する規約として「18歳以上」とあるため、残念ながら16歳や17歳の場合は利用できません。

18歳以下の場合は、自分の年齢にあったアプリを使用するようにしましょう。

テイケイワークス東京は高校生でも利用できる?

テイケイワークス東京は、残念ながら高校生では利用できません。高校卒業後の利用がおすすめです。

テイケイワークス東京は物流倉庫への派遣が多いので、高校を卒業したあとのスキマ時間でも利用しやすいです。とくに軽作業を選ぶことで、身体への負担も少なく仕事ができます。学業との両立や副業としても働きやすいでしょう。

給料はいつもらえる?

雇用先の会社や利用するアプリによって異なりますが、最短で当日に給料がもらえる案件が多くあります。ショットワークスなら当日手渡しですし、ワクラクなら最短翌日支給です。バイトルでお探しなら雇用先の会社によって異なりますが、「日払い」「当日手渡し」などのワードが出ていればすぐにもらうことができます。

ただし、認識の違いなども多く発生するので、記載があっても事前に確認をするようにしてください。

まとめ

今回のコラムでは、高校生がスキマバイトを探すときにおすすめの職種や、バイト探しのコツをご紹介しました。高校生は学業や部活、受験勉強、友達との遊びの時間などで忙しい世代です。空き時間がほとんどないという方も少なくないでしょう。

しかし、忙しい高校生でも無理なく自分のペースで働けるのが、スキマバイトのメリットです。案件によっては1〜2時間だけのバイトもありますし、がっつり1日働いて稼げるバイトもあります。探し方次第で自分にぴったりのバイトに出会うことができるので、ぜひ今回ご紹介したことを参考にスキマバイト探しをしてみてください。

執筆者

baito-note編集部

baito-noteでは、単発・短期バイトに関するお役立ち情報を幅広く発信します。
バイト探しのコツや職種・業務内容ごとの案件情報、おすすめの派遣会社まで、編集部が徹底的にリサーチ。お仕事探しに悩む皆さまに有益な情報をお届けしていきます。

関連記事

スキマバイトアプリ「タイミー」の評判|やめとけと言われる原因は?

スキマバイトアプリ「タイミー」をご存じでしょうか? タイミーはスキマ時間に簡単にバイトができる、「もう少し稼ぎたいのに」という気持ちを形にしたバイトアプリです。 暇な休日やちょっとした空き時間を稼げる時間に変えることが

タイミーがやめとけといわれる理由は?リアルな口コミや評判も紹介

もはや職探しの基本はインターネットといっても良い時代ですが、その分サイトやアプリが乱立されて利用するサービスの選定が難しい状況にあります。色々検索していると、中にはネガティブな意見を見かけることもあるでしょう。 本記事では、

タイミーでバイトをキャンセルする方法は?ペナルティポイントも詳しく解説

多様な働き方が広まる中、スキマ時間を活用して働ける「タイミー」というサービスが注目されています。 空いた時間で気軽に働けるタイミーですが、応募していた仕事をキャンセルしたらどうなるのでしょうか。 この記事では、タイミー

スキマバイトが怪しい・やめとけと言われる原因は?経験者の口コミ紹介

最近よく聞くスキマバイト。時間を有効活用できて気軽に働けることから人気の働き方です。しかし、「ネットで調べると怪しい、詐欺といった書き込みがあるから不安」「本当に面接や履歴書もなしで働けるの?」など、不安に感じる方も多いようです。

タイミーで働くのに確定申告は必要?不要なケースや注意点を紹介

結論から言うと、タイミーはもちろん、タイミー以外でも働いて収入が発生した場合は基本的に確定申告が必要です。ただ、条件によっては不要の場合や、かえって申告をしないと損をしてしまう場合があります。実際にどんな場面でデメリットになってし