2022/08/15
その他業種

ドライバーのバイトはどんな仕事?種類ごとに詳しく解説

この記事を読むのに必要な時間は約 23 分です。

「ドライバーのバイトをしたいけど、どんな種類があるのか分からない」「トラックやバスなどの運転する車の違いで仕事内容や時給はどう変わるのか知りたい」という方もいるのではないでしょうか。

この記事では、ドライバーの仕事を種類ごとに詳しく解説していきます。それぞれの仕事内容やメリットデメリット、求められるスキルなどを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

トラックドライバー

トラックドライバーは、所属している運送会社や集配所から、依頼に応じて指定の場所(会社のオフィスや個人宅など)に比較的軽い荷物(小包や封筒)などを届ける仕事です。

所属する会社によって取り扱う荷物は多様化しており、 主に下記のようなものが挙げられます。

  • コンビニへのルート配送
  • 大手デパートやスーパーのネットショッピング
  • 生鮮食品の即日配送サービス

また、トラックのサイズによって、運ぶ荷物のサイズが異なります。場合によっては荷物の上げ下ろしや長距離移動が伴うため、求人でしっかりとチェックしておきましょう。

勤務時間と時給

平均勤務時間 9時〜19時(休憩1時間計算)
平均時給 960円〜1,200円 
平均月給 240,000円〜320,000円

配送ドライバーとして働く場合、年間100日以上の休日を取ることはできますが、土日・祝日の勤務は当たり前です。また、長距離移動を行う中型〜大型のトラックは、1週間以上かけて荷物を配送する場合もあります。また、目的地などによっては深夜や早朝に出発しなければいけないということも珍しくありません。

しかし、バイトであれば、そこまで長距離の仕事を任せられることは少ないでしょう。基本的に、バイトは上記で解説した勤務時間内に完了する仕事を行うことになります。多少残業などはありますが、何日も運転し続けるといったことはありません。

メリット

トラックドライバーは基本的に一人で働けるため、一人で仕事に集中したいという方やお客さんを相手にする仕事は苦手という方におすすめです。車の運転が好き、大きな車を運転したいという人なども、楽しんで仕事ができます。

また、トラックドライバーの仕事は資格や経験が重要なので、経験を積めば将来的に食いっぱぐれることもないでしょう。

異業種では、大卒の初任給が手取りで20万円を下回るところも多い中、多くの運送会社では手取り20万円以上もらえます。異業種の新卒と比べても、トラック業界の給与水準は高いです。特に深夜帯のドライバーはさらなる高収入が見込めます。 

働きながら正社員を目指すこともできるため、将来のために経験を積んでおきたいという人にも向いているでしょう。

デメリット

デメリットとしては、時間厳守をしなければいけないプレッシャーがかかる、荷物を積んだり荷下ろしをしたりする際の肉体的負担がつらいということが挙げられます。天候や渋滞などのトラブルも想定しながらスケジュールを立てる必要があるでしょう。

トラックドライバーは、重い荷物を扱う場合は力仕事になるため、運転は好きだけど力仕事は苦手という方は、軽い荷物を扱う仕事を探してみると良いです。

また、将来的にトラックドライバーとして働く際には、昇給の機会は少なく昇給幅も狭いという点がデメリットになります。

若いうちは周りと比べても待遇が良いですが、現場に満足して資格の取得などを怠ると、徐々に追いつかれ、追い越されてしまうでしょう。

トラックドライバーの仕事に関する口コミ

私は中途採用組なので、当初はトラックの運転に慣れておらず、慎重に作業を行ったために勤務時間を大幅に超えてしまうことがありました。

 そのため毎日ヘロヘロで仕事を終えていましたが、徐々に慣れてはきました。

(慣れたら慣れたで油断すると危険な職業でもあります)

コンビニへの宅配や、工場間の荷物を移送する仕事を行い、宅配の場合は時間を気にしながら細かく走る、工場間は走行距離が長いといった感じです。

運転に不慣れな人が正直、怖いと感じてしまうかもしれませんが、免許を持っていれば誰でも就ける職種というのがこの仕事の最大のメリットだと思います。

煩わしい人間関係もないので、1人で黙々と仕事をしたい方に向いていると思います。

(30代男性)

 トラックドライバーの仕事はどんな人に向いてる…?

トラックドライバーに向いている人の特徴は、下記の通りです。 

・車の運転が好き

・一人で仕事をしたい 

・体力に自信がある

先ほども少し解説しましたが、トラックドライバーは車の運転が好きな方や一人で仕事に集中したい方に向いています。また、荷下ろしなどの作業があるため、体力があって困ることはありません。 

トラックドライバーの仕事で求められるスキル

トラックドライバーには、当然ながら運転スキルが求められます。トラックドライバーは、1日の大半を車中で過ごすため、車が好きな人でないと大変でしょう。また、ルート配送などは細かい地域を回らなければならず、長距離ドライバーの場合は日本全国を回らなければいけません。最適な走行ルートや時間に間に合うようなスケジュール設定ができることも大切です。

トラックドライバーは基本的に一人で働ける仕事ですが、現在ではトラックドライバーも接客業としてみなされていることも多く、配送先での挨拶やコミュニケーションが求められるので、常識的なマナーとモラルも必要とされます。

トラックドライバーに必要な資格

トラックドライバーとして働くためには、普通自動車運転免許の他に、中型自動車運転免許や大型自動車運転免許が必要です。けん引免許や玉掛作業者などの資格も持っていると、さらに採用されやすくなるでしょう。

また配送する荷物によっては、 「中型・大型自動車運転免許けん引免許危険物取扱者」などの資格が求められる場合があります。この資格を持っていることで、さらに仕事の幅が広がるため、給料を上げたい方などは検討してみてください。

バスドライバー

バスは、大きく分けると路線バスなどの乗合バスと、観光バスなどの貸切バスの2種類があります。どちらの運転手も同じように見えますが、乗合バスの場合は電車と同じように地域住民の足となるため、時間通りに決められたルートを、安全に走行することが求められます。

一方、貸切バスは観光ツアーや団体旅行、修学旅行などで利用されます。運転だけでなく、

乗車前の車両点検、車内の忘れ物チェック、貸切バスの場合は車内の盛り上げ役などを担うこともあるでしょう。

その他、バイトで募集されていることが多いバスドライバーの種類としては、スクールバスなどの送迎運転手が挙げられます。

勤務時間と時給

平均勤務時間 早朝〜18時(運転するバスによって変動あり)
平均時給 1,000円〜1,500円
平均月給 230,000円〜330,000円

路線バスであれば、早朝の始発から夜の終車まで細かくダイヤが決められているため、運転手はそれに合わせてシフト勤務を行います。

貸切バスの場合は1日の実働が、7〜8時間程度となります。道路状況によっては残業を強いられるようです。

送迎運転手は朝や夕方に仕事が集中しており、6:30〜8:30、16:00〜18:00などの短時間ごとの勤務で募集されていることもあります。自分の求めている働き方にあった種類を選ぶのも良いでしょう。

メリット

会社や地域、バスの種類によっては、

  • ダイヤが安定していて残業もほとんどない
  • シフトをあらかじめ組んでおくためプライベートの計画が立てやすい 

などのメリットがあります。

出社してアルコール検査やバスの整備点検などを行ったら、規則的なダイヤ通りの運行を行い、事務所に戻ったら報告書などを書いて終わりという、ルーチン化しやすい側面もあるようです。

デメリット

バスドライバーは時間通りに決められたルートを走るため、時間を厳守しなければいけないというプレッシャーがかかります。また、お客さんを相手にする仕事なので、お客さんからクレームや文句をいわれることも少なくないようです。

さらに、バスドライバーとして働いている人の中には、給料に不満を抱えている人もいます。あまり安い給料ではありませんが、人の命を預かる仕事という点からすると、安すぎるという考え方もあります。

特に、路線バスなどは、会社の収入源であるバス運賃は自由度があるとはいえ、国土交通省への申請が必要ですし、運行を続けていき、経営を保つためには住民からの理解も必要であるため、大幅な昇給が望めないのも事実です。

バスドライバーの仕事に関する口コミ

 高速バスの前に路線バスのドライバーをやっていました。降りるときに「ありがとう」など声をかけられるのはうれしいです。

高速バスは感謝されることが多く、すごくありがたいですね。一部サービスエリアで飲物やお菓子が食べられるなど、ちょっとした楽しみがあります(笑)

一方で、定時運行が当たり前のように思われているのが大変です。渋滞にはあんまり引っかからないように会社と連携していますが、どうしてもあるときはあるので。

そんな時、お客さんの中には不満を言う人もいます。日本では定刻通りに公共交通機関が運行するのが常識ですからね。

一般道でも高速でも同じなんですが、タクシーには注意して運転しています。あと、プリウスとアクア。車種は関係ないのでしょうが、変わった運転が多いんです(笑)

ドライバー同士の無線で交通状況を教えあったり、事故の発生を伝えあったりするので、意外と人間関係はしっかりしていると思います。

1人ぼっちのイメージが強いですが、そんな助け合いがあってのバスドライバーだと考えています。

(40代男性) 

バスドライバーの仕事はどんな人に向いてる…?

バスドライバーに向いている人の特徴としては、主に下記の4つが挙げられます。

  • 健康管理をしっかりとできる
  • 真面目でコツコツ頑張れる
  • 気遣いができる
  • 車の運転が好き

バスの運転はシフト制で穴を開けると影響が出てしまう可能性があるため、体調管理ができることが重要です。また、走行中に体調を崩して事故を起こすわけにはいかないため、しっかりと体調を整えておく必要があります。

また、お客さんを相手にする仕事なので、気遣いができる人にも向いているでしょう。

バスドライバーの仕事で求められるスキル

先ほども少し解説しましたが、長時間運転することになるので、健康面が良好でなければなりません。万が一体調不良のまま運転して大事故を起こしてしまうようなことがあれば、運転手自身だけでなく、会社そして事故に巻き込まれた人達の将来を棒に振ることにもなってしまいます。

また、正確な運転技術と各地方の地理・知識なども必要です。

バスドライバーの仕事に必要な資格

バスドライバーは、採用時に大型二種自動車運転免許が必要です。 さらに、資格を取得する際には、片目で左右とも0.5以上、両目で0.8以上の視力や、深視力と呼ばれる奥行きの見え方、警音器(クラクション)が聞き取れる聴力なども必要です。

タクシードライバー

仕事内容タクシーには、大きく分けて法人タクシーと個人タクシーの2種類があります。 前者はタクシー会社が保有するタクシーで、運転手は会社の社員として働く仕事です。後者の場合は運転手個人が所有するタクシーで、身分は個人事業主となります。

タクシー会社に勤務する場合、1日あたり15~20時間働くことが一般的で、出勤日と休日を交互に繰り返します。1日の勤務時間は長いですが、もちろんずっと運転し続けるわけではありません。

お客さんありきの仕事ですから、タクシーに乗りたいと考えているお客さんを見つけることも仕事の一部です。

走りながらお客さんを探す、流し営業の他、駅・ホテルなどのタクシー乗り場に付けてお客さんを待ったり、会社から入る無線に従ってお客さんを迎えに行くこともあります。

勤務時間と時給

平均勤務時間 15〜20時間(シフト制)
平均時給 乗車1人当たりの単価1,500円
平均月給 190,000円〜330,000円

タクシードライバーは正社員が行っているイメージもありますが、バイトも募集されています。バイトの場合は正社員とは異なり、短時間のみ業務を行う定時制を採用しているところが多い傾向です。

給料も、正社員と同じように歩合で支給される場合もありますが、時給制・日給制の企業もあります。特に、定時制を採用している企業では、時給制・日給制を取り入れている企業が多いでしょう。

メリット

タクシードライバーの最大のメリットは、時間の融通が利きやすいという点です。タクシードライバーは、基本的に1日の最初と最後に営業所へ寄る以外は、シフトで決められた時間は自分のペースで働けます。

休憩時間の取り方も自分で決められるため、勤務時間が細かく決められているほかの仕事と比べると、自由度が高いのが特徴です。

加えて、上司や先輩に気を使ったり、後輩の面倒を見なければいけなかったりなど、人間関係を煩わしく感じることがないでしょう。

デメリット

企業によってはバイトは時給制・日給制の場合がありますが、タクシードライバーの給与形態は歩合制が一般的です。仕事の成果がそのまま給与に直結するため、人によっては歩合部分が稼げずに苦労してしまうというデメリットもあります。

また、不規則な勤務体系により生活のリズムが崩れ、体調を壊してしまう人も少なくないようです。

タクシードライバーの仕事に関する口コミ

面接に行って採用通知を貰った後に、二種免許の取得や地理試験のテストを受け、晴れてタクシードライバーという仕事につく事が出来ました。

薄給激務という印象が強いタクシー業界ではありますが、それは本当ですし、嘘でもあります。完全歩合制なので。タクシードライバーの歩合率は、売り上げの60%が自分の給与となります。

月に60万の売り上げがあれば一般的なサラリーマンよりも給与の高い、36万円を月収としてもらえることになります。(20代の私の場合)

営業は基本的に1人で行うので、客待ちを行っている間は暇です…

その間に何をするかといえば、仲間との情報交換や効率よくお客さんを拾える場所のリサーチです。

飲み屋街で常連客を捕まえるのも営業の手段と言えるでしょう。つまり、タクシードライバーを薄給激務にするのか、高給勤務にするかは自分次第なんです。

勤務時間が長いのですが、翌日は基本的に休みになるので、うまく働けば月半分の勤務で50万以上稼ぐことも無理な話じゃありません。

(20代男性)

タクシードライバーの仕事はどんな人に向いてる…?

タクシードライバーに向いている人は、下記の4つが挙げられます。

  •  コミュニケーション能力が高い
  •  洞察力が高い
  •  体調管理がしっかりとできる
  •  運転が好き

 タクシードライバーはお客さんを相手にする仕事なので、コミュニケーション能力や洞察力が高い人に向いています。また、長時間運転するため、体調管理がしっかりとできる、 運転が好きなことなども重要です。

タクシードライバーに求められるスキル

各都市の地理に詳しくなっておくことと、運転技術が必須です。特に安全に関しては何よりも気を付けるべきことであり、視界の悪い深夜や雨の日などは、注意深く運転する必要があります。

また、営業につながる接客技術が備わっていれば、自然とリピーターや口コミが広がります。歩合制であるため、お客さんへの心遣いが求められます。

タクシードライバーに必要な資格

タクシードライバーには、二種免許(第二種運転免許)が採用時に求められます。資格取得時の条件としては、満21歳以上であること、第一種運転免許を持っていて運転経歴が(停止期間を除いて)3年以上経過していることなどが挙げられます。

送迎ドライバー

介護の送迎ドライバーは介護ドライバーとも呼ばれ、その名の通り、介護施設の利用者の送迎を行います。

具体的な仕事の範囲は職場によってまちまちで、利用者の車椅子の乗り降りを手伝うなど、実質介護のような仕事をすることも珍しくありません。 

また、キャバクラなどの繁華街施設にも送迎ドライバーの需要があります。主な仕事内容としては、自宅から勤務先までの送り迎えです。

勤務時間と時給

平均勤務時間 朝夕3時間程度
平均時給 1,000円〜1,500円
平均月給 60,000円〜90,000円

送迎ドライバーは他のドライバーとは異なり、勤務時間が短いのが特徴です。ドライバーとして働きたいけど長時間拘束されるのは辛いという方は、送迎ドライバーを検討してみてはいかがでしょうか。また、歩合制でなく時給制なので安定した給料がもらえます。

メリット

送迎ドライバーは人を乗せて車の運転をしますが、タクシードライバーと違って、二種免許を所得する必要がありません。

利用者は送迎料を支払っているわけではないため、普通免許・AT限定でも問題なく働けます。ドライバーの仕事をしたいけど二種免許は持っていないという人は、送迎ドライバーがおすすめです。介護の場合でも未経験者でも働けるので、普通免許さえ持っていればすぐに仕事を始めることができます。

デメリット

送迎ドライバーは勤務時間が短く、稼ぎたい人からすると物足りないと思ってしまうかもしれません。また、介護系の送迎ドライバーは、利用者の乗り降りを手助けをするなどの運転以外の仕事をする場合もあるため、運転だけをしたいという方は、仕事内容などをしっかりと確認しましょう。

また、他のドライバーは働いていくうちに正社員雇用も見込めますが、送迎ドライバーの正社員雇用はほぼありません。送迎ドライバーのみだと勤務時間が短く、就業ハードルが低いので非正規社員として雇用する会社がほとんどです。将来的にドライバーになりたいという方は注意しましょう。

送迎ドライバーの仕事に関する口コミ

 勤務時間が短いから肉体的苦痛になる事は考えられない仕事だと思います。

ただ運転に慣れていないと道に迷ったり、女の子に不快感を与えてしまうこともあるので、運転には細心の注意を払う事です。

その他、ストーカー対処を行う場合があります。わざと遠回りでの運転を行ったり、こちらがストーカーになると勘違いする人もいるので、自宅まででなく人通りのある駅や人ごみで、女の子を降ろすこともあります。

精神的に辛いのは、酔っ払いを相手にする事ぐらいですね。結構寝落ちしちゃう子が多く、寝る前に家の場所を聞いておかないと後で起こすのが大変な子もいます。行き先がわからないなんて事もあるので、注意しましょう!

運転がひどかったり、女の子にセクハラ、ストーカーなどをすると、NGドライバーとして仕事が来なくなる可能性もあります。

セクハラやストーカーはお店や所属しているところから制裁を受けるのでご注意!!

(20代男性:キャバクラ送迎ドライバー)

送迎ドライバーの仕事はどんな人に向いてる…?

送迎ドライバーに向いている人の特徴は、主に下記の4つです。

・長時間は働けない

・決まった時間に働きたい

・第二種免許を持っていない

・車の運転が好き

送迎ドライバーは、朝と夕方の短時間勤務ですし、送迎の時間が決まっていて不規則な勤務時間になることはありません。また、第二種免許を持っていなくても働けるので、気軽にバイトを始められます。車の運転は好きだけど第二種免許を取る時間やお金の余裕はないという方に向いているでしょう。

送迎ドライバーに求められるスキル

送迎ドライバーは、普通免許を持っていれば働くことができますが、運転歴が長いほど優遇される傾向にあります。第二種免許では人を乗せて運転できることが保証されていますが、普通免許だけでは運転のスキルが分かりません。そのため、運転歴の長さや過去3~5年間に事故や違反が無いことを条件としている企業もあります。その他、送迎をするエリアの地理に詳しいことも必須スキルといえるでしょう。

送迎ドライバーに必要な資格

送迎ドライバーは普通免許を持っていれば、特別必要な資格はありません。しかし、介護の送迎の場合は、車の乗り降りをサポートしたりすることもあるため、介護初任者研修を受けていると優遇されやすいでしょう。

まとめ

 一口にドライバーといっても、さまざまな職種があります。それぞれの職種で仕事内容や勤務時間、時給などがそれぞれ異なるため、自分に合った仕事を探してみてください。

また、同じ職種でも求人によって条件などは大きく異なります。働き始めてから後悔しないように、仕事内容や給与面などをしっかりと確認するようにしましょう。

ドライバー以外の仕事が気になる方は、
↓こちらの記事も要チェック!!

>>未経験でも大丈夫!軽作業のアルバイト7選!

>>ピッキングとは?アルバイトの作業内容とやり方についてご紹介!

>>フォークリフトとは?アルバイトのお仕事内容とやり方についてご紹介!

>>大人気!化粧品・医薬品の検品のアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

>>大人気!サンプル品の封入のアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

>>スマホアプリの動作チェックのアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

>>大人気!シール貼りのアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

>>大人気!コールセンターのアルバイトとお仕事内容についてご紹介!

>>大人気!イベントのアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

関連記事

イベントスタッフのバイトってきつい?仕事内容や口コミを紹介

派遣バイトの中でも稼ぎやすいバイトとして注目されているのが、イベントスタッフです。資格が要らず、未経験者でも1日に1,5000円、場合によっては20,000円以上もらえるとして、大学生などから高い人気を誇っています。 イベントと一言で

【リゾートバイト初心者向け】おすすめの場所や派遣会社を紹介

大学生などに人気の仕事のひとつとして、リゾートバイトがあります。「好きなことをしながら働ける」「仕事も楽しそう」というイメージから人気が高いですが、「働いてみたいけど、分からないことが多くて一歩を踏み出せない」という人もいるでしょう。

引っ越しバイトとは?仕事内容や時給、メリットデメリットを解説

時給が高い上に短期で働けて、経験が問われないことから人気のある引っ越しバイト。しかし、力仕事が多いイメージから、「重い荷物を持ち運んで腰を痛めそう」、「上司や先輩が厳しそう」などネガティブなイメージを持っている人もいるのではないでしょう

事務のアルバイトの仕事内容は?時給口コミについても解説

「バイトをしたいけど、肉体労働や屋外での仕事は苦手」「パソコンが得意だから事務の仕事に興味がある」といった人もいるでしょう。事務のアルバイトはオフィスワークですから天候や季節に左右されずに働けますし、未経験者や学生でも働けて、将来の就職