2022/05/02
短期・日払バイト

【夏休みだけ働きたい!】学生におすすめの短期バイト7選

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

「夏休み……休みはたくさんあるが、やることが決まっていない。」そんな悩みを抱えている学生の皆さん!バイトで思いっきり稼いで、夏を満喫するのはいかがですか?

主婦の方でも、社会人でも夏はとにかく働く場所が増える季節。魅力的な求人がたくさん募集されるので、ぜひチェックしてみてください。

今回は、そんな夏に働けるとっておきの短期バイトをご紹介します!

【高校生・大学生】夏休み限定の短期バイトで楽しく働こう

高校生は約1ヶ月、大学生は約1ヶ月半ほどの期間がある夏休みですが、そんな長期休みの時こそ、短期バイトがおすすめです!

休みの時までバイトするの……?と思う方もいるかもしれませんが、夏の短期バイトはリゾートバイトやイベントバイトなど、夏ならではの楽しいバイト求人が増えますし、友達と一緒に働いたりなど、普通のバイトとは異なる体験ができるのも魅力です。

仲のいい友達とリゾートバイトで働いて、後半はリゾート地で思いっきり遊ぶのも素敵ですね。

この記事では、夏の短期バイトにおすすめのバイト7選を詳しくご紹介するので、学生に限らず、フリーターの方もぜひ参考にしてみてくださいね。

時間を有効活用して、夏休みをより楽しく充実したものにしましょう!

夏に短期バイトをするメリット

夏の短期バイトは、海にプールに花火大会など、夏ならではの求人案件が多く、なおかつ働く日数が決まっています。

研修期間が設けられているので何度も職場に通う必要はありませんし、給料が日払い制になっていることが多いので、1ヶ月待たずにお金が入ってくることもメリットです。

ここでは、メリットを下記の3つに分けて詳しくご紹介します。

・短い期間で効率良く稼げる

仕事もプライベートも充実!

新しい出会いがある場合も!

それぞれ見ていきましょう。

短い期間で効率良く稼げる

普通のバイトだと、思っていたよりシフトに入れず稼げない……なんてこともありますよね。

短期バイトは予め決められた一定の期間で募集されるので、働きたい時期に集中して働くことができます。

夏休みの短期バイトと言うとリゾートバイト、プールの監視員を思い浮かべる人も多いと思いますが、土日のみや数日間のみのキャンペーンスタッフや事務仕事の求人も多く見られました。

夏休みにガッツリ働きたい学生はもちろん、子育て中だったり、用事が突発的に入るから長期のパート・バイトは難しい……という主婦の方にも人気の働き方です。

仕事もプライベートも充実!

短期バイトのいいところは、仕事とプライベートを両立しやすいという点です。

普通のバイトだと、業務の忙しい時期には出勤日を増やすようにお願いされたり、逆にシフトを減らされたり……。やむを得ず残業することもあるかもしれません。

プライベートの予定を立てづらいこともあるかと思いますが、短期バイトなら自分の都合を優先して働くことができます。

決まった期間のみの契約のため、大切な夏休みの時間も有効に活用できるでしょう。

新しい出会いがある場合も!

夏休みの短期バイトとして代表的なリゾートバイト、海の家でのバイトや夏フェスなどのイベントスタッフは、出会いを求める男女にも人気のあるバイトです。

海の家やイベントスタッフは趣味の合う人たちが集まりますし、リゾートバイトは住み込みのため仲が深まりやすいです。

学校だけじゃ出会いが足りない……なんて思っている学生の方は、出会いを求めてバイトしてみるのも良いかもしれません。

恋人に限らず、趣味の合う友達ができた!という声も多く見られました。

夏の短期バイトの選び方

夏に短期バイトをする上で、自分が何を重視するかで選ぶ職種は異なってきます。

せっかくの夏休み期間に働くのですから、目的を明確にして楽しく働きましょう。

・夏を満喫したい!

・友人と一緒に働きたい!

・高時給にこだわりたい!

上記の各目的ごとに、おすすめの短期バイトをご紹介していきます。

選び方①|夏を満喫したい!

せっかく夏に働くのだから雰囲気だけでも満喫したい!と考えている人には、リゾートバイトがおすすめです。

文字通りリゾート地で働くことができますから、働きながら休日は施設を利用することも可能!

渡航費を負担してくれる会社があれば、思い切って沖縄あたりで働くのもアリですね。

美しいリゾート地で働けば、お金を稼ぐためだけでなく夏の素敵な思い出になりそうです。

夏はクーラー代などで電気代もかさみますが、リゾートバイトは住み込みで働くため、家の光熱費が浮くのも魅力的ですね。

選び方②|友人と一緒に働きたい!

1人で働くには少々不安…そう感じる人にはビアガーデンか、アミューズメントスタッフをおすすめします。

毎年夏には大量に求人が発生しますから、友人を誘って働くのもいいですよ!「友達との応募OK!」と表記されている求人も多くあるので、ぜひチェックしてみてください。

選び方③|高時給にこだわりたい!

短期のバイトなんだから、やっぱり短期間で稼げるものじゃないと嫌だ!

そう考えている人にはイベントスタッフ、キャンペーンスタッフがおすすめです。

いずれも体力的にはちょっとしんどいかもしれませんが、条件のいい会社だと時給2,000円を超えるところもあり!

たくさん稼いで自分に夏のご褒美をあげましょう。

未経験OK!夏の短期バイトおすすめ7選

それでは、実際におすすめの短期バイトを7つ見ていきましょう。

未経験者、バイト初心者でも歓迎しているものばかりなので、未経験だからといって不安に思う必要はありません。

働きたい!と思ったバイトがあったら、夏に向けて求人をチェックしておきましょう。

ビアガーデン

ビアガーデンでのバイトは、ホールとキッチンスタッフに分かれます。

ホールスタッフは、座席の案内とオーダーを受けるのがメイン。食事が終わった後の食器を下げたり、お会計も仕事に含まれます。

大規模なビアガーデンでは、テーブルごとに接客担当が決まっているので、「全方面からのオーダーを処理しなければいけない」という状態にはなりません。

一方で、キッチンスタッフはドリンク作りや調理がメイン。ドリンクはセルフでまかなうこともあり、調理と言っても居酒屋に比べると簡単なメニューが多く、さほど負担はありません。

海・プール監視員

利用者の安全を守るのが監視員の役目です。プールであれば水質調査も仕事に含まれ、海であれば遊泳者が沖に出ないよう見張ります。

遊泳時間が終わっても、ビーチで遊ぶお客さんはたくさんいますから、監視員の仕事は長丁場になることもしばしば。

水難事故発生時にも、応急的な対応をしなければいけませんから「心肺蘇生」の研修や「AED」の使い方をマスターしていなければ、採用されない現場もあるようです。

責任感があり、水泳が得意な人におすすめの短期バイトとなっています。

お中元の販売スタッフ

軽作業でいう「梱包」に近い仕事です。

お中元の季節には、デパートに贈り物の注文が殺到します。そのため、1つ1つギフトラッピングを施して発送までこなさなければいけません。

仕事内容は、包装紙で丁寧に商品をラッピングした後、熨斗をつけて発送地域ごとに仕分けを行うというもの。運送業者の手配や、送り主からの到着予定日などを確認することも仕事に含まれます。

手先の器用な人や女性の需要が高く、学生に限らず主婦の方にも人気の職種です。

キャンペーンスタッフ

新商品やその告知を行うのがキャンペーンスタッフです。

例えばコンビニの前に喫煙所を作り、新製品の電子タバコを吸ってもらいアンケートに答えてもらうなど。

他にも駅前でティッシュを配ったり、デパ地下で試食販売を行うのもキャンペーンスタッフの仕事です。

お客さんに商品の魅力を伝えること、質問に答えることが求められるため、事前に商品知識を詰め込まなければいけません。

屋外での仕事が多く、1日中声をあげたり立ちっぱなしのハードな業務ですが、その分時給が高めです!

リゾートバイト

夏の大本命の短期バイトといえばこれじゃないでしょうか!

リゾートバイトは住み込みでホテルや旅館の従業員として働き、フロント、キッチン、ホール、仲居の仕事を行います。

基本的には接客業になりますが、キッチン補助として皿洗いやドリンク作りなど、実際にお客さんと対面しない形の業務もありますから、接客が苦手な人にもおすすめします。

寮費、水や光熱費などの生活費・食費が全て浮くので貯金したい人は見逃せません!そのため、一般的なアルバイトよりも短い期間で目標額を稼げるのもメリットです。

友人や恋人と一緒に働くこともできますし、非日常な環境で働くので普通のバイトは嫌だ!という方はぜひ応募してみてください。

リゾートバイトに特化した派遣会社に登録しておくと仕事探しもスムーズですよ。

アミューズメントスタッフ

遊園地・ゲームセンター・ボウリング場で働くのがアミューズメントスタッフ。

いずれも夏休み時期に需要が増えるため、短期で働く人に最適です。

遊園地ではチケット販売や駐車場整理、清掃が主な仕事。チケット販売は女性が多く、男性で一番多いのは駐車場整理でしょうか。

夏の繁忙期は駐車場専属のバイトを雇う企業が多く、車の案内や料金を回収します。

清掃は男女問わず行う仕事で、他の業務の付帯作業を考えていいでしょう。

ゲームセンターとボウリング場は機械のメンテナンスや、両替機の清算、清掃がメインの仕事になります。

夏フェススタッフ

夏は音楽フェスのスタッフバイトも多く募集されます。

仕事内容は主に、会場の設営や撤去、入場受付、物販・飲食店などの売り子、ステージ前の警備など、さまざまな仕事に分けられます。

夏の野外で行われるため体力的にはきついかもしれませんが、体力があれば初心者にもおすすめのバイトです。

長時間働く場合は食事やドリンクが支給されたり、宿泊を伴うような場所でのバイトの場合は宿泊手当や移動手当がつく事もあるようです。

フェスは会場が広いため、バイト人数も多く募集しており、こちらも友達と働きたいという方にもおすすめとなっています。

音楽が好きな方なら、仕事中も間接的にライブの音が聴けたり、休憩時間にライブを見ることができるのも大きなメリットと言えるでしょう。

夏休みバイトの募集はいつから?

学生の夏休みは主に7月中旬〜下旬から始まることが多いですが、夏休みに入ってから応募をし始めるのでは遅いです。

夏休みバイトとして人気の高いリゾートバイトや海の家、夏フェスなどのイベント日程が決定しているものは、6月中に募集を締め切るバイトも多くなっています。

7月には採用を決めておきたい企業が多いので、働きたい場所や職種が決まっている場合は、5月からは求人情報をチェックしておくと間違いないでしょう。

まとめ

今回は夏休みに短期バイトをするメリットやおすすめ職種をご紹介しました。

住み込みでのリゾートバイトや海の家に限らず、お中元の販売スタッフなど、「体力に自信がない」「接客は苦手……」といった方にもおすすめのバイトがたくさん募集されます。

働きたいバイトがあったのに募集が締め切られていた!なんてことのないように、求人チェックや応募は余裕を持って行いましょう。

夏休みを有効に活用したい、稼ぎたい、夏っぽい仕事をしてみたい!など、目的は人によってさまざまです。この記事を参考に、自分の目的に合った仕事を見つけてくださいね。

関連記事

【サイト選びで決まる!】日払いバイトのおすすめサイト7選!

バイトを探すのは一昔前までフリーペーパーが主流でしたが、現在はアプリやサイトで探す時代になってきました。 「まあどこのサイトで探しても一緒でしょ」と思っていませんか? 実が同じように見えても、それぞれの特徴があったり、検索内容にも大

セカンドワークとは?働き方やメリット・代表的な職種も徹底解説

セカンドワークに興味があるけれど、「そもそもセカンドワークの働き方とは?」「セカンドワークに多い仕事は?」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、セカンドワークの意味を始め、セカンドワークをするメリットなど

【軽作業バイト入門】軽作業の仕事内容や口コミ・よくあるQ&Aを徹底紹介!

アルバイトを始める時に気になることは何ですか。 一番目に来るのは時給?交通費のかからない勤務場所?それとも仕事内容?仕事先や派遣先など場所? おそらく上記3つを見て、アルバイトを始める人がほとんどだと思います。中でも時給は大切ですよ

派遣会社の9つの選び方を解説!派遣会社の種類や注意点も紹介

派遣会社を選びたいけれど、 「選び方が合っているのか分からない」 「悪い会社を選んでしまったらどうしよう」 といった不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、派遣会社の選び方を9つのポイントに分け、派遣会社を適切

派遣バイトにおすすめの派遣会社と仕事16選を解説

「おすすめの派遣バイトを知りたい!」 本記事をお読みのあなたは、こんな風にお考えかもしれません。 ・すぐに始められる ・即日でお金を受け取れる ・1日~働けるから空いた日に自由に働ける など、派遣バイトにはたくさんのメリットがありま