2023/06/02
お仕事内容

コールセンターバイトが大学生におすすめの理由とは?メリットや口コミ評判をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

時給が高くて服装も自由!学生にとってはこれ以上にありがたいアルバイトはないんじゃないでしょうか。
しかし、時給が高いぶん仕事がハードなのかと不安に思う方もいるようです。そこで今回は、大学生におすすめのコールセンターバイトについて、おすすめである理由やメリット・デメリットなどをご紹介します。
バイト探し中の大学生の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コールセンターは大学生でも働ける?

難しいイメージもあるコールセンターですが、もちろん大学生でも働くことができます。

まずは、仕事内容や平均給与について見ていきましょう。

仕事内容

コールセンターの仕事内容は主に電話応対です。

コールセンターは受信が中心となる「インバウンド」と、発信が中心となる「アウトバウンド」の仕事に分かれます。

インバウンドの主な仕事内容は、通信販売の注文を電話で受けたり、購入済みの商品に関する問い合わせの受け答えを行ったりするものがあります。

注文を受ける仕事は住所、名前などの個人情報を正確に聞き取り、商品名その数をきちんとお客さんの元へ届ける「仲介役」のような役割です。

問い合わせは「故障」や「取扱い」に関するトラブルシューティングがメインになるでしょう。

どちらも商品に関する知識を求められ、場合によってはクレームに対応する必要があります。

アウトバウンドは、いわゆる「電話営業」です。

商品やサービスを電話を通じて売り込み、購入や契約につなげる仕事です。

敬語やマナーに関して熟知していなければいけないのはもちろん、高いコミュニケーション能力が求められます。

臨機応変な対応と、会話をしながらタイピングすることもありますから、パソコンスキルがあればスムーズに仕事ができるでしょう。

オペレーターよりも深い商品(サービス)への知識が必要になります。

大学生の平均給与と勤務時間

大学生の場合は、フルタイムで働くことができるのは土日などの休みの日のみになります。

そのため、稼働時間は夕方からで4時間程度が平均的な勤務時間でしょう。

さて、ではその給料はどのくらいなのでしょうか?

求人ボックス給料ナビによると、コールセンターの仕事の平均時給はアルバイト・パートで約1,161円、派遣社員では約1,395円という相場になっているようです。

勤務先や経験の有無、スキルによっても給料の金額には差が出てくるでしょう。

コールセンターバイトは大学生におすすめ!その理由とは

コールセンターのアルバイトは、さまざまな点から大学生におすすめのアルバイトといえます。

・髪型や服装の自由度が高い

・高時給である

・シフトの融通がきく

・未経験でも働きやすい

・快適な環境で働ける

・コミュニケーションスキルが身に付く

・ビジネススキルが身につき就活にも役立つ

ここからは、大学生におすすめである理由について詳しく見ていきましょう。

髪型や服装の自由度が高い

コールセンターは、お客さんと直接対面することがありませんから、服装や髪型に規定のある会社はほとんどありません。

髪色や長髪、ヒゲ、ピアスなどのアクセサリーに対して注意を受けることはないでしょう。

会社によってはオフィスカジュアルなどを求められる場合もありますが、身だしなみに関しては比較的ゆるめでしょう。

タイピングの仕事があるので、ネイルをしていると支障があるかもしれませんが、好きな髪色に染めたい、好きなネイルにしたい、スーツは持っていないし着たくない……そんな大学生におすすめのアルバイトです。

高時給

最初にも少し触れましたが、高時給という点もコールセンターのメリットの一つです。

繁忙期で人手不足であったり、電話対応以外の事務作業も行うことがあったりという点から、高時給であるようです。

時給が1,800円なんていう仕事も探せば少なくありませんが、時給が高い場合はそれなりの経験を求められることも。

派遣バイトは普通に出される求人よりも時給が高めに設定されていることが多いので、派遣会社に登録してバイトを探すのもおすすめですよ。

飲食店によくあるシフトキャンセルもありませんから、収入の計算も立てやすいでしょう。

シフトの融通がきく

コールセンターは、シフトの面で融通が利きやすいという特徴があります。

勉強やサークルなどに忙しい大学生は、学生生活と両立しやすいバイトでないと続けられないですよね。そんな忙しい大学生には、シフトの融通がきくという点は重要だと思います。

コールセンターは大人数であることが多いため、シフトの融通がききやすくなっています。人数が多ければ多いほどシフトの融通はききやすくなっていくでしょう。

未経験でも働きやすい

コールセンターは、マニュアルが完備されていることがほとんどなため、未経験者でも働きやすいというメリットがあります。

事前に研修がある企業も多く、初めて働く大学生でも安心して始めることができるでしょう。

快適な環境で働ける

野外で働くバイトや、室内であっても空調のききずらい倉庫バイトなど、バイトにはさまざまな種類がありますが、デスクワークの魅力はやはり座ったまま快適な環境で働くことができるという点です。

コールセンターは完全に室内での仕事なので、暑すぎる・寒すぎるという問題なく快適な環境で働くことができるでしょう。

クーラーが効きすぎている……という場合でも、自由に服装で調整できる点も魅力的です。

コミュニケーションスキルが身に付く

コールセンターは、人との会話が重要となるお仕事です。したがって、仕事を続けていくことで、おのずとコミュニケーション能力はアップでしょう。

コミュニケーション能力は、友達作りや就職活動にも活かすことができますし、無駄になることがないスキルのひとつです。

コミュニケーション能力は普段の生活でも重要になってくるスキルなので、身につけておいて損はないでしょう。

ビジネススキルが身につき就活にも役立つ

コールセンターでは、敬語などの言葉遣いや電話対応のマナーなど、社会人として必要なビジネスマナーが必要です。

ビジネスマナーがない人が電話にでてしまっては、会社の信用を落としかねません。そのため、企業は研修やマニュアルを徹底しています。

コースセンターで身に付けたビジネススキルは、就活にも役に立つでしょう。

電話対応は社会人になっても苦手!という人はたくさんいますから、一歩リードできるチャンスではないでしょうか。

大学生がコールセンターで働くのはきつい?デメリットとは

ここまでは大学生にコールセンターがおすすめである理由やメリットをご紹介しました。

しかし、仕事である以上、人によってはデメリットも存在します。

たとえば、職場によってはクレーム対応は避けて通ることはできませんし、座りっぱなしで身体が凝るという人もいるでしょう。

ここからは、デメリットについても詳しく見ていきましょう。

クレーム対応がある

コールセンターで働く上でデメリットとして多く見られるのが、「クレーム対応がある」という点です。

どんな商品やサービスであっても、必ず発生するのがクレーム。怒っている相手と会話をすると、慌てて上手く会話ができなくなり、精神的にきつく感じる方は多いでしょう。

どうしてもクレーム対応はやりたくない!という方は、通販の注文受付、電話対応もあるデータ入力の仕事などがおすすめです。

座りっぱなしで疲れる

コールセンターの業務は、基本的に座りっぱなしで行います。そのため、体のどこかが痛くなったり腰痛や肩こりなどに悩まされることが多い職場でもあるでしょう。

しかし、立ち仕事なら立ち仕事なりに足が痛くなりますし、どんな仕事をしてもこのような悩みは付き物です。

座りっぱなしで疲れるようなら、休憩時間にストレッチをするなどして工夫しましょう。

コールセンターで働く大学生の口コミ・評判をご紹介

コールセンターバイトが大学生におすすめである理由やデメリットについてわかったところで、次は実際にコールセンターで働く大学生の口コミをご紹介します。

良い口コミ

「コールセンターでのバイト経験はなかったので、働く前は不安だらけでした。でも実際に働いてみるとマニュアルを見ながら答えられるし、人前に出る仕事よりもやりやすいと思うようになりました。テスト期間の前はシフトを減らしてもらったりと融通もきくので、働きやすい良い職場だと思っています。」

「時給に釣られて応募してみたのですが、やはり最初は覚えることが多い!でも慣れてしまえば座りながらのコールセンターの仕事は楽でやりやすいです。社会で通用する正しい敬語の使い方を覚えることができたのも良かったです。」

悪い口コミ

「コールセンターで働いていましたが、ストレスで辞めることになりました。クレームできつい言葉を投げかけられるとバイトが終わってからも引きずってしまって……。ストレス耐性が無い人には向いていないと思います。対面じゃないしクレームくらい平気かなと思っていたのですが、実際に対応すると結構つらいものだと気づかされました。」

自分に合わないと思ったら、体を壊す前に無理しないで辞めるのもひとつの解決策でしょう。

コールセンターバイトはどんな大学生におすすめ?

コールセンターバイトはどんな大学生におすすめなのでしょうか?

・とにかくすぐに働きたい人

・効率よく働きたいと思う人

・力仕事が苦手&オフィスワークがしたい人

以上に当てはまる方は、きっとコールセンターに向いているはずです。それぞれのポイントについて詳しく見てみましょう。

とにかくすぐに働きたい人

慢性的に人手不足のためか、コールセンターは募集が多く、応募から仕事開始までが早いです。

未経験者でも歓迎している職場も多いため、比較的採用率も高いのも特徴でしょう。

お金に困っていたり、授業やサークル活動に忙しく、採用結果を待っていられない!とにかくすぐに働きたい!と考えている大学生に最適ですよ。

効率よく働きたいと思う人

飲食業界や学習塾で働いた経験がある人はわかると思いますが、「準備時間」が長くて勤務時間に含まれないバイトは多々あります。

飲食店は開店前の準備や閉店後の掃除がまさかのサービス早出・残業になっていたり、学習塾に至っては授業前の準備に関しては、完全に講師任せである場合もあるでしょう。

その点、事前準備や後片付けのいらないコールセンターは効率のいいバイトだといえます。

仕事をした分だけお金がもらえますし、残業をすればそれも支払ってもらえるところがほとんどです。効率よく働きたいと思う人にも、コールセンターはおすすめです。

力仕事が苦手&オフィスワークがしたい人

力仕事が苦手&オフィスワークがしたい人もコールセンターに向いています。

コールセンターには一切力仕事がありません。座り仕事なので、体力は必要としないでしょう。

また、オフィスワークでもあるため、天候や季節に左右されず快適に働くことができます。

オフィスワークの中でも事務などは覚えることもたくさんあるので、事務仕事は難しいという方もコールセンターなら働きやすいかもしれません。

コールセンターの面接を受ける際の注意点

次に、コールセンターの面接を受ける際の注意点をご紹介します。 

基本的なことは、他の企業の面接を受ける際と大差ありません。守っていただきたいのは、ほんの数個です。

・身だしなみを整える

・志望動機を明確にする

・未経験の場合は意欲を伝える

・希望するシフトやバイトの経験は正直に伝える

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

身だしなみを整える

身だしなみを整えるのは、社会人としては必須事項です。もちろんアルバイトの面接だとしても、身だしなみは大切です。

といっても、スーツを着るほど気を付ける必要はありません。服装に悩んでしまう方ならスーツが安心ですが、オフィスカジュアルや清潔感のある白いシャツなどを着るのがおすすめです。

志望動機を明確にする

どんな仕事の面接にもいえることですが、コールセンターの面接では志望動機を明確にしましょう。

志望動機が簡単すぎるものや、どこにでもありがちなものだと、やる気が本当にあるのか疑われてしまうかもしれません。

志望動機は、嘘が無いように正直に自分がその会社を志望した理由を書きましょう。

例えば、なぜコールセンターで働きたいのか、なぜその会社を選んだのか、どういうことが自分にできるのか、どういうことを学びたいのかを書くといいでしょう。

未経験の場合は意欲を伝える

最初は誰もが未経験者ですから、未経験は決してマイナスになることではありません。しかし、意欲が無ければ採用につながらない可能性もあります。

未経験の場合は、正直に未経験であることを伝え、意欲をアピールすることが大切です。その時には、自分が何ができるのかをアピールするといいでしょう。

希望するシフトやバイトの経験は正直に伝える

希望するシフトやバイトの経験は正直に伝えることが大切です。

コールセンターはシフトの融通がききやすいとはいえ、最低限のことは事前に伝えておかないとお互いにとって良くありません。用事がある日や長く休みがほしい時などは事前に伝えておきましょう。

大学生がコールセンターで働くなら派遣会社がおすすめ

大学生がコールセンターで働くのなら、派遣会社を利用するのがおすすめです。

派遣会社を通して仕事を決めれば万が一トラブルがあった時も派遣会社が間に入ってくれるので安心ですし、時給が高めの求人も多いです。

コールセンターのバイトを紹介している派遣会社は多々あります。

派遣会社に登録し、希望職種を「コールセンター」に絞ればすぐに紹介してもらえるでしょう。

その際に、パソコンスキルをチェックされることもあり、オペレーターかアポインターの適性を見られることもあります。

最後に、大学生におすすめの派遣会社を3社ご紹介しましょう。

テイケイワークス東京

運営会社 テイケイワークス東京株式会社
得意な職種 軽作業、物流関係

「テイケイワークス東京」は、登録者数&お仕事案件業界トップクラスの派遣会社です。

物流倉庫への派遣・業務請負を中心とした物流系総合人材企業ですが、コールセンターなどの仕事も紹介してくれます。

オフィスワーク・事務関連の仕事も豊富に用意されており、未経験者でも働きやすい環境だといえるでしょう。

オフィスワークの中でも、コールセンターは人材が重宝される業界です。ウェブサイトから説明会の予約を取ることができるので、気になる方は登録してみましょう。

テンプスタッフ

運営会社 パーソルテンプスタッフ株式会社
得意な職種 オフィスワーク・事務系、軽作業、コールセンター、IT系、クリエイティブ系、営業・販売、保育・介護系

「テンプスタッフ」は求人数も多く、新しい仕事探しにおすすめの派遣会社です。

現在お友達紹介キャンペーンもやっており、お友達をテンプスタッフに紹介することで、最大5000円分の選べるe-giftがご紹介者と新規登録のお友達それぞれもらうことができます。

大学生ならば、友達と仕事を始めるのにぴったりな派遣会社でしょう。

テンプスタッフは、あなたの経験や希望のはたらき方に合った仕事探しから、キャリアアップやお悩み相談までをトータルサポートしてくれます。

アデコ

運営会社 アデコ株式会社
得意な職種 オフィスワーク・事務、軽作業、金融、営業・販売、医療・介護関連

「アデコ」は、LINEで仕事が探せる派遣会社です。こちらもお友達紹介キャンペーンで最大5000円分の電子マネーがもらえるので、お友達と一緒に仕事を始めてみてはいかがでしょうか。

コールセンターの仕事も豊富に取り扱っていて、日立やキリンなどの大手の仕事も豊富にあります。

経験のない方でもご紹介できる仕事も多数あるので、まずはお問い合わせしてみましょう。

まとめ

今回は、大学生におすすめのコールセンターバイトについて、メリット・デメリットや口コミなどをご紹介しました。

コールセンターは、オフィス内の快適な環境で働くことができ、大学生でも社会人と同じ環境で働くことができるので、キャリアアップにもつながります。

コールセンターで働くことで、コミュニケーションスキル、敬語・電話対応などのビジネスマナー、判断力、精神力なども身につくので、就活に活かすことも可能ですよ。

自分に合っていると感じたら、派遣会社に登録してバイト探しをしてみることをおすすめします。

コールセンターのバイトについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

コールセンターバイトの仕事内容とは?口コミやメリット・デメリットを解説

コールセンターバイトの「面接」について解説。押さえたいポイントをご紹介

コールセンターバイトがきついといわれる理由とは?つらい時の対処法も紹介

執筆者

baito-note編集部

baito-noteでは、単発・短期バイトに関するお役立ち情報を幅広く発信します。
バイト探しのコツや職種・業務内容ごとの案件情報、おすすめの派遣会社まで、編集部が徹底的にリサーチ。お仕事探しに悩む皆さまに有益な情報をお届けしていきます。

関連記事

交通量調査バイトはきついって本当?仕事内容を徹底解説

単発で稼げるバイトを探している方には、交通調査バイトがおすすめです。 座って交通量をチェックするだけの仕事なので、楽そうというイメージがあるかもしれません。今回は、そんな交通調査バイトの仕事内容から、メリット・デメリット

大人気!シール貼りのアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

今回は、学生や主婦に人気のアルバイト「シール貼り」について詳しく紹介します。シール貼りは表に出る仕事ではないのでその実態が分かりにくく、やってみたいと思っても不安な部分が多いですよね。 こちらの記事を参考にすれば、シール貼りのメリッ

大学生におすすめの土日バイト10選!空いた時間でしっかり稼ごう

授業やサークル活動が忙しくて、なかなかアルバイトができない……そんな悩みをお持ちの大学生は多いのではないでしょうか。 生活費にお小遣い、デート代など、学生生活には意外とお金が必要になりますよね。友達との旅行のために、休みの土日を使って

【失敗はつきもの?】派遣アルバイトの失敗談とみんなの解決方法は?

「派遣バイトで失敗してしまった…」という経験はありませんか? 「失敗して上司に怒られた」「お客さんに笑われて恥ずかしい思いをした」「周りに迷惑をかけてしまった…」 こんなとき、落ち込んで「もうバイトにいきたくない」と考えてしまうこともあ

コールセンターあるあるが面白い|シチュエーション別に紹介

コールセンターの仕事が気になるけれど、 「コールセンターの全貌を見たい」 「職場の詳しい情報が知りたい」 このような願望をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、コールセンターのリアルを映した「コールセンターあるある