2022/05/11
短期・日払バイト

【軽作業に強い】派遣会社おすすめランキング!職種や業務内容もご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 24 分です。

主婦や学生、ダブルワークをしたい社会人など、「できるだけ働いて稼ぎたいけど長時間は働けない」という方は意外と多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、軽作業の派遣バイトです。短期間から働けて、誰でもすぐにはじめられるため、無理なく働けます。軽作業のアルバイトは求人広告を見て応募するのもありですが、一番手っ取り早いのは派遣会社に登録することでしょう。

今回は、軽作業バイトをするときにおすすめの派遣会社を紹介します。軽作業の仕事内容やメリット・デメリット、時給相場なども紹介するので、今から軽作業の派遣バイトを始めたい方はぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること

  • 軽作業について
  • 軽作業を始める際におすすめの派遣会社
  • おすすめの軽作業バイト

軽作業バイトをするなら軽作業に特化した派遣会社を選ぼう

軽作業バイトをしたいと考えている方は、派遣会社に登録するのがおすすめです。しかし、派遣会社は数が多く、どこが良いのか迷ってしまう方も少なくありません。「名前を聞いたことがあるから」「たまたまネットで見かけたから」という理由で派遣会社を選んでしまうと、自分の希望に合った求人がなかなか見つからず、思うように働けない可能性もあります。

そのため、軽作業バイトをしたいのであれば、軽作業に関する求人に特化した派遣会社を選ぶのがおすすめです。さまざまな軽作業に関する求人の中から、自分の希望に近い仕事を見つけられるでしょう。

軽作業に強い派遣会社のおすすめ10選

ここからは、実際に軽作業に強いおすすめの派遣会社を紹介していきます。実際に利用した人の体験談とともに紹介していくので、派遣会社選びでお悩みの方は参考にしてみてください。

建設技術者求人ナビ

軽作業の中でも製造業や、工場勤務の案件が特に多い派遣会社です。登録には履歴書が必要で、ネット上で作成を行わなければいけません。条件を複数選択して求人検索が行えるので、自分の条件に合った求人を簡単に見つけられます。

スタッフが親身で色々な後押しをしてくれると評判ですが、スタッフによって対応の波が激しく、数日間連絡が取れないというクレームの声もあります。

テイケイワークス東京

募集案件が多く、昇給制度や資格取得制度が充実している軽作業バイトに強い派遣会社です。特にフォークリフトの資格に関しては、講習を受講できる上に資格取得にかかった費用を会社が全面負担してくれるなど、キャリアップにも積極的に取り組んでいます。

給与の支払い方法は日払い・週払い・翌日振り込みから選択できて、登録支店以外でも給与を受け取ることが可能です。

24時間体制でスタッフのサポートもあり、万が一のトラブルがあっても安心です。

軽作業バイトは1年中絶えず求人が掲載されており、仕事を選ばなければいつでも働けるというメリットがある一方で、決まった仕事を断る場合は電話で直接連絡を入れなければいけない、挨拶や身だしなみにきびしいといった声もあります。

アデコ

日本全国で人材派遣サービスを行っており、海外とのネットワークにも強い派遣会社です。

他の派遣会社と比べて時給が高く、キャリアアップが望める案件も多いと評判ですが、登録してから仕事を紹介されるまでハードルが高く、スキルチェックが非常に細かすぎるといった声もあります。

仕事を紹介された後でも、定期的にスタッフとの面談やフォローがあり、悩み相談にも乗ってもらえるとスタッフの評判は上々です。

一方で、派遣先の意見を取り入れて、派遣社員の負担を増やしてしまうなど、聞き分けの良すぎるところが納得いかないと感じる利用者もいるようです。

スタッフサービス

リクルートグループが運営する国内最大級の派遣会社です。単純に仕事を紹介してくれるだけではなく、社会人としての礼儀やルールといったスキルを身につける「ミラエール」という研修制度があります。

登録はネット上で行った後に、電話で本人確認を行うだけで終了です。

オペレーターが親身で言葉が丁寧だと利用者から高評価を得ています。案件紹介から面談まで非常にスピードが速いと好意的な意見がある一方、広告内容と違う条件や待遇で働かされたなどの不満を持っている人もいるようです。

ランスタッド

大手から中堅まで、幅広い軽作業現場に人材派遣を行っている、世界的な規模を誇る派遣会社です。働く期間も短期から長期までさまざまなタイプが用意されています。

職場改善の窓口がしっかりと設置されていて、現場トラブルの改善を訴えると対処してくれるなど、働く側の立場を考えてくれている印象です。

一方で、規模が大きい分全てのスタッフが、全ての現場をきっちり把握できていない様子も見られます。「希望条件で仕事を探すのは厳しい」といわれた翌日に、「希望通りの仕事が見つかりました」と連絡が来るなど、矛盾を感じる人もいるようです。

パソナ

検品・仕分けといった代表的な軽作業バイトから、引っ越し・配送業といったスポットで働ける軽作業バイトまで幅広く仕事を紹介している派遣会社です。

登録にはカウンセリングがセットになっており、これをありがたいと感じる人と面倒だと感じる人がいるようです。他の派遣会社と比べると登録までのハードルは若干高めの印象があります。

福利厚生・研修が手厚く、働く前に技術が習得できると評判で、特に女性にからは非常に好評です。

ヒューマンソリシア

関東だけではなく、全国で軽作業バイトの現場に人材を送り込んでいる派遣会社です。

仕事紹介だけではなく、「人材の育成」も会社のテーマとして掲げており、パソコンスキルも学べます。

登録はスキルチェック→面談→仕事の紹介という流れで、初勤務までもスムーズに行ってくれるようです。スタッフの評判も上々で、軽作業を行いながらキャリアアップを目指している人には最適といえます。

同じ求人広告が目立ち、いつも社内選考で不採用になるため、本当に募集しているのか?と疑うの声も聞かれます。登録後は音沙汰が全然なかったという利用者もいるようです。

リクナビ派遣

軽作業バイトだけでなく、オフィスワークまで幅広く業種を探せる派遣会社です。

公開されている求人情報は登録しなくても検索できるので、登録前に得られる情報がかなり多いのが特徴的といえます。

サイトが見やすくて使いやすいと評判です。求人数が多すぎるとかえって検索がやりづらいといった声もありますが、「こだわり条件」で設定できる条件がかなり細かく、効率良く仕事を探すことが可能です。

しかし、募集する側にはあいまいな表現があり、”必須条件”として資格や年齢を記載している求人情報でも、派遣先によっては「絶対に必要」とするところと「歓迎」にとどまるところがあり、少々戸惑うようです。

はたらこねっと

軽作業だけでなく、IT、医療業界、販売業などのさまざまな仕事を紹介している派遣会社です。”働くママ”への支援事業が活発で、子供を持つ母親でも無理なく働ける案件を数多く抱えています。

ミドルシニアの派遣も活発なため、40代以上でも働きやすいと好評です。サイトが使いやすく、一度でも登録すると毎日おすすめ情報が配信されます。

やや地域によって募集される仕事の情報に差があり、競争率が高いという難点があるので、気になった仕事はすぐに応募しないと逃してしまう可能性があるという点に注意しましょう。

工場ワークス

名前の通り、工場ワークに特化した派遣会社です。軽作業のピッキング・仕分け・検品・梱包の求人をがっちりおさえています。

その他、製造業、板金・塗装といった経験や資格を活かせる仕事も多く、キャリアアップも目指せるのが特徴です。

ただし、工場ワークに特化しているため、検索できる求人情報は他に比べて少なく、地方の案件を紹介されるというケースも少なくないといわれています。

公式サイトをチェック

軽作業バイトに強い派遣会社の選び方

軽作業バイトに強い派遣会社を紹介しましたが、その中からどの会社を選べば良いのか分からないという方もいますよね。派遣会社を選ぶときは以下の3点をチェックしましょう。

・登録方法で選ぶ!

・給与の支払い方法で選ぶ!

・待遇・募集案件で選ぶ!

それぞれのポイントを解説していきます。

登録方法で選ぶ!

たくさんの派遣会社がありますが、登録方法は各会社によって大きく変わります。最近の主流は”履歴書なし”で、文字通り履歴書を会社に提出せず登録できる方法です。

しかし、会社としては身分の全く分からない人を雇うわけにはいかないため、住所・氏名といった個人情報や身分証明書のコピー提出は義務付けられているようです。

現在、派遣会社の登録方法は大きく分けて、「ネット完結型」と「来社型」があります。

ネット完結型は、派遣会社の応募フォームからプロフィールを入力するだけで、仕事が紹介してもらえる便利なシステムです。ただし、便利な分、派遣社員とのコミュニケーションがうまくいかないというデメリットもあります。

来社型は登録説明会などを派遣会社で受け、登録が完了し、仕事を紹介してもらえるシステムです。時間拘束があり、手続きが面倒ではあるものの、担当者と直接顔を合わせるのでコミュニケーションの問題は少ないでしょう。

給与の支払い方法で選ぶ!

派遣会社には、明確な給料日を設けているところと、そうでないところがあります。

通常のアルバイトでは月に1回の給料日に給与を受け取りますが、軽作業バイトは短期が基本となるので、日払い・週払い・翌日振り込みといった「自分で給料日を決められる」システムを導入している会社がほとんどです。

しかし、会社によっては日払いだと手数料が必要となったり、振り込み手数料が自己負担となることもあります。

汗をかいて稼いだお金が、手数料で少なくなってしまうのは納得できませんよね。派遣会社に登録する前に、支払い方法をきちんと確認しておきましょう。

待遇・募集案件で選ぶ!

駅近の勤務地が多い派遣会社には自然と人が集まります。しかし、軽作業バイトの現場は倉庫・工場がほとんどなので、都市部の駅近案件はないと考えた方がいいでしょう。

求人によっては送迎バスが各駅から出ているなどの通いやすいものもあります。待遇面を見ると明記されていることがあるので、働く前に確認すると安心です。

交通費が支給される会社もあるので、遠方の仕事を紹介されたときは、交通費が出るのかどうかも登録前に確かめておきましょう。

また、派遣会社を選ぶ上では、募集案件の数も非常に重要な要素です。「登録はしたものの全く仕事を紹介されず、違う派遣会社に乗り換えた」という人も少なくないので、待遇面、募集案件の数は必ず確かめたいですね。

【派遣会社の利用方法】登録から仕事開始まで

派遣の登録方法については先ほど少し解説しましたが、ここでは登録から仕事の流れまでの一連の流れを解説していきます。

ウェブサイトから登録・派遣登録会の予約を取る

まずはウェブサイトから登録したい派遣会社のホームページを探します。ネット完結型の場合はそのままホームページから情報を登録して完了です。来社型の場合は派遣登録会の予約をします。登録会では、派遣についての説明や登録、スキルチェックなどをまとめて行ってもらえます。

担当者と希望条件などを相談

派遣登録会では、担当者との面談も行います。履歴書や登録情報では分からない情報を担当者と話しながら希望条件などを相談することで、より希望に合った求人を紹介してもらいやすくなります。派遣の仕事について気になる点があれば、この段階で確認しておくと良いでしょう。

求人に応募or派遣会社から求人紹介

面談が完了したら、希望条件に合った求人を紹介してもらえます。ネット完結型の場合はオンラインで面談をすることもあれば、そのまま求人紹介という流れになる場合もあります。面談がないほうが楽という意見もありますが、面談をしたほうが希望条件を伝えやすく、希望に合った求人を紹介してもらいやすいという点は頭に入れておきましょう。紹介してもらった求人に気に入ったものがあれば応募という形になります。

派遣会社内での選考

求人に応募をしたら、派遣会社内でその求人にふさわしいかどうかを判断する選考が行われます。これは派遣先企業により良い人材を紹介するためのもので、業務を行えるだけのスキルがあるかどうかなどを判断されるようです。

仕事開始!

選考に通過したら、いよいよ仕事開始です。登録してから仕事を開始するまでのフローが長くて面倒と思ってしまう方もいるかもしれませんが、一度登録してしまえばあとは「紹介→社内選考→仕事」を繰り返すだけなので、さまざまなバイトを短期間で経験することもできます。

【軽作業のアルバイト】派遣会社を利用するメリット

軽作業アルバイトは企業に直接応募することも可能ですが、派遣会社を利用するのがおすすめです。その理由としては、下記の3つが挙げられます。

・派遣会社のサポートを受けられるので仕事探しが楽

・単発でも働ける!

・アルバイト・パートよりも派遣スタッフの方が時給が高め

それぞれのメリットを見ていきましょう。

派遣会社のサポートを受けられるので仕事探しが楽

個人で軽作業のバイトをする場合、まずは自分で希望に合った求人を見つけなければいけません。しかし、軽作業バイトはさまざまな求人サイトに掲載されているため、その中から条件に合った求人を見つけるのはかなりの手間です。派遣会社に登録していれば、事前に希望条件を伝えておくだけで求人を紹介してもらえるので、仕事探しの手間が少なくなります。

単発でも働ける!

派遣バイトは長期間や短期間のバイトが多いイメージがありますが、実は単発で一日だけ働くといった仕事方法も可能です。そのため、一つの会社で働くのではなくさまざまな会社で働いて自分に合ったところを見つけたい、働きたいときに働ける会社で仕事ができれば良いといった場合にも気軽に利用できます。登録しているときは必ず働かなければいけないというわけでもないので、自分の都合に合わせて働けるのもメリットです。

アルバイト・パートよりも派遣スタッフの方が時給が高め

求人を掲載している企業からすると、派遣は派遣会社からスキルや人柄が保証されている人を紹介してもらえるため、アルバイトやパートよりも高い時給を提示していることが多いです。そのため、同じような仕事内容でも、アルバイトやパートよりも高時給が狙える可能性があり、効率的に稼ぎたいという人にもおすすめできます。

軽作業の派遣バイトとは?主な職種と業務内容を解説

ここまで派遣会社の軽作業アルバイトについて紹介しましたが、軽作業アルバイトには具体的にどのような仕事があるのでしょうか。軽作業の大きな特徴は、複雑な作業が少なく、資格や経験がなくても始められる仕事ということです。

仕事の内容や現場によって肉体労働の有無はありますが、比較的体力を必要としない仕事が多く、男女隔てなく働けます。

具体的には、以下のような仕事があります。

  • 検品作業
  • 梱包・仕分け
  • ピッキング
  • フォークリフト
  • シール貼り

それぞれの仕事内容を説明します。

検品作業

検品作業は工場などで作られている製品に欠陥がないかどうかをチェックする仕事です。検品作業は主に製造工場や物流倉庫などで募集されていて、それぞれで仕事内容や取り扱う製品の品目、チェック項目などが異なります。

製造工場は、出荷する製品の欠陥の有無を確認するのが主な業務内容です。チェックする製品は食品、機械、衣料品などさまざまで、異物混入がないか、指示通りに作られているかなどを確認します。

物流倉庫では、事前の注文通りに出荷する荷物が用意されているか、出荷する製品の梱包に異常はないかなどをチェックするのが仕事です。倉庫によっては、入荷した荷物の数が合っているかなどの検品も行います。

梱包・仕分け

梱包作業は、ピッキングされた商品を段ボールなどに詰めて梱包していく仕事のことを指します。主に製造工場や物流倉庫などで募集されており、梱包する商品は本、DVD、雑貨などさまざまです。

仕分け作業は、指定された製品や商品を決められた場所に分類していく仕事になります。働く場所によって仕分けするものが異なり、場合によっては大きな荷物を仕分けしなければいけないケースもあるでしょう。

仕分け→検品→梱包が一連の流れになっていることが多く、働く場所によってはそれぞれの業務を兼任することもあります。

ピッキング

ピッキングの仕事は、簡単にいってしまうと商品を集めるだけです。インターネット販売などでお客さんが購入した商品を、保管してある倉庫から出荷準備の第一段階としてピックアップします。

取り扱う商品はさまざまで、アパレル・ペット用品・日用雑貨・パソコンなどの電化製品と、現場によって大きく異なります。

ピックアップする商品は現場管理人によって指示されたり、バーコードリーダーなどを用いたりと、働く場所によって方法が違うため、働く前に確認しておきましょう。

大きく分けて「摘み取り式」と「種まき式」の2種類があり、摘み取り式は自分の足で倉庫内を歩き回り台車などを使って商品を集めていく方法、種まき式はベルトコンベアから流れてくる商品をカゴや箱に入れていく方法です。

現場の規模が大きくなるほどベルトコンベアから商品を運ぶ、種まき式になる傾向があります。

時間の融通が利きやすく、自分で働く時間が選べるのでダブルワークとしても人気が高いです。

フォークリフト

フォークリフトとは、重い荷物などを運ぶために使う工場での車です。材料や器具など重いものを扱う工場では、フォークリフトが欠かせません。フォークリフトの仕事では、フォークリフトを運転して荷物を運んだりするのが主な業務内容です。

そのため、フォークリフトを運転できる人はとても重宝されます。シフトの融通が利きやすく、通常よりも時給が高い求人もあるので、ダブルワークとしておすすめです。

フォークリフトの資格を持っていればさらに優遇されやすい傾向にあります。

シール貼り

シール貼りとは、商品にラベルや成分表を貼ったり、DMハガキの宛名を貼ったり、100円ショップの値札を貼ったりする仕事です。

いずれも座ったまま作業ができることから、女性を中心に学生から主婦まで幅広い年齢層に人気があります。

個人にではなくチームとして1日○枚という形でノルマを与えられる職場が多いですが、一般的にはそこまで厳しいノルマではありません。。

初心者だからといって身構える必要はないでしょう。

シールは一度貼るとやり直しが効かないので、正確性が何よりも重要です。

きちんと定位置にシールが貼られているのかチェックを行う指導員もいるので、スピードよりも正確性を重視する方が安心といえます。

現場は倉庫や工場、店舗のバックヤードなどで、勤務時間は日中がほとんどです。軽作業の中でもほぼ体力を必要としないことから人気がある反面、「時給がほとんど上がらない」「作業効率が良くても悪くても待遇の差がない」などの不満の声も挙げられています。人気の求人で人が集まりやすく、シフトが自分の希望通りにならないという人も多いようです。

軽作業バイトの時給相場

東京の軽作業バイトの時給は1,000円以上が基本で、場合によっては1,500円の現場もあります。

24時間稼働の倉庫や工場が現場となっていることも多く、その場合は深夜や早朝に勤務すれば時給25%アップなどの条件が記載されており、通常よりも高時給を狙いやすいです。

また、夏休みシーズンや年末年始などは特に軽作業バイトの募集が集中します。多忙ではありますが、時給をアップしている会社も出てきやすい傾向です。

軽作業の派遣バイトのメリット・デメリット

最後に、軽作業の派遣バイトのメリットデメリットについて詳しく見ていきましょう。

軽作業バイトのメリット

軽作業バイトのメリットは以下の通りです。

・未経験・資格なしでも始められる

・時給が高め

・人間関係を気にしなくて済む

・短期間でも効率良く稼げる

軽作業バイトは単純作業で覚えることが少ないため、未経験・資格なしでも気軽に始められるのが大きなメリットです。しかも時給が高めで、1,000円を超える案件が多いという特徴もあります。

単純作業なので上司からの指導を受けることも少なく、人間関係に悩まされずに済むでしょう。

短期間(1日~1か月)で効率良くサクッと稼げるため、学生の休暇期間やダブルワークにもおすすめです。シフトの融通が利きやすいので、子持ちの主婦の方や家事の合間に働きたいという女性にも向いています。力仕事がなく、女性でも働きやすいでしょう。

軽作業バイトのデメリット

軽作業バイトのデメリットは以下の通りです。

・単純作業の繰り返しで飽きてしまう

・次の仕事につながるスキルや経験を積めない

・長期的に安定して働けない

軽作業バイトは良くも悪くも単純作業の繰り返しなので、飽きてしまって「時間が過ぎるのが長く感じる」という声も多いようです。

また、特別なスキルは身につかず、短期間でのアルバイトが基本なので、キャリアアップも望めません。

もちろん会社によっては昇給や昇進もありますが、同じ現場で働くのは難しいのが現状です。

まとめ

今回は、軽作業に強いおすすめの派遣会社と、軽作業の派遣バイトの仕事内容やメリット・デメリット、時給相場などを詳しく解説しました。

未経験・資格なしでも始められて時給が高めと、さまざまなメリットのある軽作業の派遣バイト。

しかし、快適に働けるかどうかは登録する派遣会社によっても大きく異なります。

自分の条件に合った職場で働くために、今回の記事を参考にしながら派遣会社を選んでみてください。

テイケイワークス東京の公式サイトをチェック

関連記事

日払いバイトの面接に必ず受かるコツとは?当日の流れや持ち物・NG行動まで

日払いバイトとは、文字通り1日から(業法に基づく規定あり)バイトをして給料が貰える仕事を指します。 そんな短期のバイトに、面接って必要あるの? と思われるかもしれませんが、仕事は仕事、もちろん面接はあります! 最近では必要書類も身

握手会の剥がしバイトは大変?応募方法や仕事内容・魅力を徹底解説

  剥がしのバイトに応募してみたいけど、「どこで応募するのか分からない」「剥がしの仕事は大変なのだろうか」このような疑問や不安をお持ちのかたもいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、剥がしのバイトに応募する方法と、剥がしが

【知っておきたい】正社員雇用につながる日払いバイト5選!

  学生のアルバイトやダブルワークとしても人気な日払いバイト 日払いバイトが人気な理由は何でしょう?   皆さんも、以下のような理由を思いつくのではないでしょうか。  

【ゴールデンウィークバイト】おすすめ7選と選び方をご紹介!

ゴールデンウィークの予定は決まっていますか? 旅行に行ったり、帰省したり…世間はそんな話題で盛り上がるかもしれませんが…そんな時こそバイトをおすすめします! まとまった休日となる時こそ稼ぎどきなんです! 皆が遊んでいる間にお金を稼

大学生は派遣バイトで効率的に稼ごう!3つのメリットとおすすめ派遣会社5選

  福利厚生は? 大学生って意外と時間がないですよね。 授業やサークル活動、就職活動などの合間をぬって、アルバイトをしている人も多いでしょう。 しかし、通常のアルバイトを行っていると ・シフトを休みづらい、融通が効かない ・思っ