2022/11/03
検品

検品作業をミスなく進めるやり方とは?コツを押さえて効率化しよう

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

検品作業を始めることになったけれど、「ミスなく行えるか不安」「時間内に終わらなかったらどうしよう」といった不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、検品作業を効率化するコツと、ミスを減らすためのコツをご紹介します。初心者が陥りやすいポイントを踏まえて丁寧に解説するので、ぜひご覧ください。これからの検品作業に安心して取り組めるようになるはずです。

検品作業の内容や向いている人の特徴も解説するので、働く上での不安を抱えている方は、記事を読んで検品作業のコツをしっかりと押さえて、楽しく働きましょう。

検品作業の仕事内容

「検品作業」と一言で言っても、その種類は大きく二つに分けられます。一つは「製造業」の検品作業、もう一つは「物流業」の検品作業です。これら二つの検品作業の仕事内容について詳しく解説していくので、見ていきましょう。

「製造業」の検品作業

検品作業とは、出荷される前の製品に何か問題がないか、確認する作業のことを指します。これは製造業の検品作業も、例外ではありません。

検品が必要な製造業のジャンルはさまざまで、食品メーカーや機械メーカー、衣料メーカーなど多岐に渡ります。

例えば、機械メーカーなら「部品に欠けている部分はないか」など、製品としてお客様の下に届けても問題ないかを確認するのが仕事です。万が一、不良品を出荷してしまうとお客様からクレームが入ってしまいます。

そうなるとメーカーの信用が低下してしまうので、作業を始める前に検品方法を確認し、集中して取り組む必要があるでしょう。

「物流業」の検品作業

「物流業」の検品作業は「製造業」の検品作業の内容と少し異なり、主に商品の入荷・出荷時に行います。

商品が入庫した際に、入庫された商品の種類と数が伝票に書かれている通りか確認するのが仕事です。出荷時は、出荷される商品の種類と数があっているのか、伝票と照らし合わせていきます。

ここで間違えるとお客様の下に間違った商品が届いてしまうので、物流業の検品作業も重要な作業となってくるのです。

検品作業についてもっと知りたい方は、以下をチェックしてみてください。

検品作業のやり方は?

検品作業の仕事は、まず最初にその日の担当が発表されるので、指示通りに配属された持ち場につきます。その後は、ひたすらベルトコンベアで流れてきた製品を検品していくというのが主な流れです。同じ作業を繰り返し行っていくため、途中で集中力を切らしてミスを増やしてしまわないように注意してください。

検品作業を効率化するコツ

検品作業を進めていくと、どんどん慣れてきてペースアップすることもあります。

早く慣れるように検品作業を効率化するコツを見ていきましょう。

チェック項目を正確に把握する

検品作業を効率化するコツとしては、チェック項目を正確に把握するということです。

検品作業の現場には検品作業のやり方が検品マニュアルとして用意されている場合が多くあります。

しかしずっと検品マニュアルでやり方をチェックしていると、時間が余計にかかってしまいます。チェック項目や検品マニュアルの内容は早めに把握しておきましょう!

チェックする流れ・順番を決める

チェックする流れ・順番を自分の中で決めておくといういうのも、作業を効率化する上では必要です。

毎回違う順番でチェックしていると、時間が余計にかかってしまう上に、不良品を見逃しやすくなります。

ある程度作業をこなしていったら、自分でチェックする順番などを決めてみると良いでしょう。

最初は丁寧さを意識する

作業の効率を上げていくことも重要ですが、適当に検品して正確さを欠いてしまっては本末転倒です。

最初のうちは作業の速さを気にするのではなく、なるべく丁寧に検品作業を行いましょう。

まずは丁寧に検品作業を行い、ある程度作業に慣れてきたら作業効率を上げていくことを意識していくことが重要です。

自分で目標を設定し、徐々に効率化する

作業に慣れてきたら、自分で小さな目標を設定し、徐々に効率化するという方法もオススメです。

例えば「10分で5個検品する」という目標を立ててれば、そこに向かって作業をすることができます。

そうすると自分の成長を感じることもできますし、集中力を長時間継続することにもつながります。是非やってみてください。

検品ミスをなくすコツ

検品作業を行う上で、ミスをしてしまうとその企業の信用を落とすことにつながってしまいます。

そのようなことにならないよう、検品ミスをなくすコツについて詳しく解説していきます。

チェックシートに必ずレ点を入れる

検品作業を行う現場によっては、自分でレ点を書き入れるチェックシートが用意されている場合もあります。

そのような場合は、確実にチェックシートにチェックを入れるようにしましょう。

いくら作業が効率的で早かったとしても、検品が雑だと何の意味もありません。
まだ検品に慣れていない場合は、チェックシートの内容を把握し、確実にチェックを入れるようにしましょう。

判断に悩んだら、現場の責任者に聞く

検品作業を長時間続けていると、判断に悩むような場面もきっと訪れることでしょう。そんな時は、現場の責任者に聞き、間違いのない判断を仰ぐことが重要です。

どんなに話しかけにくい人でも、自分で判断をしてしまって、後々ミスになってしまうとかえって面倒な事態になってしまいます。

検品している商品が不良品か正常な品か迷った場合は、必ず現場の責任者に質問するようにしましょう。

検品作業の魅力とは?

ここまで、検品のやり方やコツをご紹介しました。検品作業は初めての方でもできるアルバイトで、特別な資格や技術なども必要ありません。検品作業の魅力について解説していくので、検品作業に興味があるという人はぜひご覧ください。

力仕事が苦手でもできる

検品作業の大きな魅力としては、力仕事が苦手でも問題なく作業できるという点です。

検品作業は、基本的に出来上がった製品の出来栄えや出荷時の商品の数などを確認する作業なので、「重い物を運ぶ」作業はほとんどありません。

しかし、検品する商品を自分で作業台まで運ぶ必要がある現場の場合は、重いものを運ばないといけなくなるので、注意してください。

コミュニケーションが苦手でもできる

検品作業は基本的に一人で黙々と行う作業なので、コミュニケーションが苦手な人でも働きやすいです。単純作業なので研修などもほとんどなく、ある程度仕事の内容を教えてもらった後は即戦力として働けます。

コミュニケーションを取る必要がないと言っても、上司に報告したり相談したりと業務を進めていく上での最低限のコミュニケーションは必要です。

検品作業の大変な点とは?

検品作業は簡単なので、初心者でも問題なく行えますが、大変なところもあります。この章では検品作業の大変な点を詳しく見ていきましょう

集中力を維持しないといけない

検品作業の大変な点としては、集中力を維持しないといけないという点です。検品作業は長時間同じ作業を繰り返すため、途中で集中力が切れてしまう人も少なくありません。

検品作業を行う現場では、集中力を保つために適度に休憩時間を取っているところも多いです。この休憩時間でリフレッシュして、集中力を保つようにしましょう。

長時間立ち続けないといけない

検品作業が大変な点の二つ目は、長時間立ち続けなくてはいけないという点です。検品作業はほとんどの場合立った状態で行うので、就業時間中は休憩時間を除いて、ずっと立っている状態になります。

そのため、立ち仕事に慣れるまでは、足や腰にかなりの負担がかかりますし、疲れてしまうでしょう。会社で制服が用意されていない場合、服装が自由だったとしても、体の負担を軽減するような服や靴を選ぶようにしてください。

検品作業に向いている人

検品作業は誰でも簡単にできる仕事ですが、人によっては仕事が向いていなくて苦痛ということもあります。向いている人にとっては働きやすい仕事なので、自分が検品作業に向いているかどうかチェックしてみてください。ここでは、検品作業に向いている人について解説していきます。

単純作業を楽しみながらこなせる人

検品作業に向いている人の特徴の一つ目は、単純作業を楽しみながらこなせる人です。

検品作業は長時間、単純な作業を繰り返す仕事になります。そのため、単純作業が苦手な人は途中で苦痛になってしまい、作業が雑になったりミスが増えたりする可能性があるのです。

自分で目標を立てて、単純作業を楽しんでできる人は検品作業のアルバイトを検討してみてはいかがでしょうか。

長時間集中力を維持できる人

検品作業に向いている人の特徴の二つ目は、長時間集中力を維持できる人です。

検品作業では製品のちょっとした不良品を見つけたり、伝票に書かれた数字に注目して確認したりする必要があるので、作業中は集中していなくてはなりません。そのため、集中力を長時間維持できない人は向いていないでしょう。

途中で集中力を欠いてしまうと、不良品の見逃しなどによるミスが起こりますので、検品作業は集中して取り組むようにしてください。

几帳面で細かいところに気がつく人

検品作業に向いている人の特徴の三つ目は、几帳面で細かいところに気がつく人です。

検品作業はちょっとした違いや異変を見逃さないことが大切です。そのため、少しの違いにも気がつけるような几帳面な人が向いています。細かいところに気がつける正確性の高い人は、現場でも重宝されるはずです。

まとめ

今回は、検品作業をミスなく効率的に行うコツなどについて解説してきました。

検品作業は大きく分けて、「製造業」「物流業」の二つに分かれ、それぞれで作業内容が少し異なってくるので、検品のバイトに応募する際は注意してください。

検品作業は基本的に長時間単純作業を繰り返す仕事です。そのため、長時間集中して単純作業を繰り返すことができる人に適性があると言えるでしょう。初めての検品作業は何かと緊張するかもしれませんが、真面目に取り組めば何も問題はありません。

これから何かバイトを始めたいという方は、是非検品作業のバイトを検討してみてはいかがでしょうか?

執筆者

baito-note編集部

baito-noteでは、単発・短期バイトに関するお役立ち情報を幅広く発信します。
バイト探しのコツや職種・業務内容ごとの案件情報、おすすめの派遣会社まで、編集部が徹底的にリサーチ。お仕事探しに悩む皆さまに有益な情報をお届けしていきます。

関連記事

検品バイトってなにするの?きついって本当?仕事内容や評判を解説

黙々と倉庫や工場で作業を行うイメージのある検品バイト。経験者の中には「人生で一番楽だった」と言う人もいれば、「人生で一番時間が過ぎるのが遅かった」とため息を漏らす人もいます。 そのため、興味はありつつも、自分に向いているかどうか不安を感じ

採用される検品バイトの志望動機の書き方は?例文と合わせて紹介

軽作業ワークの中でも人気の高い検品バイトは、さまざまな商品に不具合がないのかを調べ、出荷に備える業務です。少し難しく感じるかもしれませんが、マニュアル通りにこなせば未経験者でも働けます。 今回は、そんな検品バイトで働きたいという方のた

カタログ・パンフレットの検品・配達のバイトとは?体験談、向いている人の特徴

「短時間でできるアルバイトをしたい」「体力に自信がないので、力仕事はできない」「短時間で稼ぎたい!」と考えている方は、軽作業のバイトをしてみませんか? 軽作業というと、倉庫内でのピッキングや仕分けなどをイメージする方が多いか

検品バイトはきつい?経験談から見るメリット・デメリット

軽作業バイトの中には、仕分け、梱包、ピッキングなど、さまざまな種類があります。 検品バイトは軽作業の中でも人気が高いですが、中には「きつい」という声もあるようです。 この記事では、検品バイトはきついのか?という疑問から