2021/08/11
お仕事内容

ピッキング作業のコツ9選!作業を効率化しミスをなくす具体的な方法

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

ピッキング作業の仕事内容

 

ピッキングとはそもそも何なのかについてや、ピッキングの2つの方式である摘み取り方式(シングルピッキング)と種まき方式(トータルピッキング)について解説していきたいと思います。

ピッキングとは

ピッキングとは、分かりやすく言うと必要な部品や品物を特定の保管場所から集めてくる仕事のことを言います。

ピッキングを行う商品の種類は様々であり、食品や衣料品・電子部品など幅広く存在します。指示書に従って部品や品物を集めるので初めての方でも働きやすいお仕事と言えるでしょう。

しかし、ただ簡単と言うわけではなく、現場によって指示書や商品の置き場が異なるので初めたての頃は何がどこにあるか把握することが重要です。

それでも、仕事を進めているうちに慣れる方が大半で、コツを掴めば楽しく働くことができます。

またピッキングの作業の前後には、入荷・仕分け作業・梱包・検品業務が行われ、最終的に出荷によって商品が注文者の元に届くと言う流れになっています。

基本的にはピッキング担当はピッキングの作業だけを担当するのですが、企業によっては入荷・仕分け業務・梱包・検品業務が作業内容に含まれることがあります。

それでは次にピッキングの二つの方式について見ていきましょう。

摘み取り方式(シングルピッキング)

摘み取り方式とは、ピッキングの配送先が一箇所の時の場合に用いられる方式です。カートやカゴを用いて商品が置かれてある棚から必要な商品を集めていきます。

また、作業は基本的に一人で行います。摘み取り方式は急なオーダーがあった時でもすぐにピッキングにとりかかることができることが特徴です。

一方で、オーダーの数だけ動き回らなければいけないので時間がかかってしまいます。加えて、通路が狭かったり建物自体が小さいとカートで通行するときに衝突の危険があるので声を掛け合ったりと言った工夫が必要です。

種まき方式(トータルピッキング)

種まき方式とは、あらかじめまとめてピッキングされた複数の商品を、発送先ごとに分けていく方式です。。
摘み取り方式と違い作業は複数人で行います。

種まき方式は複数のオーダーがまとめて行われるので、摘み取り方式よりも動き回る必要がないことが特徴です。

一方で、発送先ごとの商品置き場が必要になってくるので十分なスペースが必要になってきます。

ピッキング作業のメリット・デメリット

 

ピッキング作業が何をすることか分かったところで、次はピッキング作業のメリットとデメリットを解説していきたいと思います。

ピッキング作業のメリット

人間関係が楽
ピッキング作業はほとんどの時間が個人作業になります。そのため人と話すことが苦手な人や煩わしい人間関係に悩まされたくない人にはもってこいの仕事と言えるでしょう。

とはいえ最低限の社会人としての常識やマナーは必要です。きちんと挨拶をしたりハキハキと受け答えをすることは意識しておきましょう。

普段着で働ける
倉庫内なのでお客さんと関わることがなく、動きやすい格好で作業を行います。
普段着と言っても何でも言いわけではなく、服装の規定がある会社がほとんどです。

例えば、サンダルやヒール・ダメージジーンズ・半袖などは禁止されているところが比較的多いです。

作業が楽しい
ピッキングの仕事は単純作業ですが、もっと効率よく作業するにはどうすればいいかなど考えながら仕事をすることでモチベーションが上がります。

また、ずっと同じ商品をピックアップするのではなく指示により商品が変わるので飽きずに働けるところも良い点ですね。

ピッキング作業のデメリット

繁忙期は時間に追われる
繁忙期には商品の注文が殺到するのでその分ピッキングの量も多くなります。

このように商品によっては時期により忙しさの波があるようです。

例えば、他には食品系ですとお歳暮の時期やバレンタインの時期になどが忙しくなります。商品が揃わないと次の工程に移れないので効率的な働き方が重要になってきます。

勤務時間やノルマについてもっと知りたい方は、以下をチェックしてみてください。

ピッキングの作業効率化の5つのコツ

 

ピッキング作業は効率が大事だと言いましたが、作業を効率化するためのコツはあるのでしょうか。ここでは以下の5つのコツについてご紹介していきたいと思います。

・倉庫内のどこに何があるのかを把握する
・歩くスピードを早める
・最短経路を探し続ける
・商品の場所が分からないときは、即座に分かる人に聞く
・全体の進行状況を見て作業する

さっそく1つ目からいきましょう。

倉庫内のどこに何があるのかを把握する

特に摘み取り方式に言えるのですが、一人でカートやカゴを使い商品をピッキングしなければなりません。

その際に商品の位置が全く分からない状態だと商品がどこにあるのか探すことに時間を費やさなければいけなくなってしまいます。

そこで、倉庫内のどこに何があるのかを把握することが重要になってくるのです。かといって初めから全ての商品の位置を覚えることはとても難しいと思います。

対策としては、自分で棚の配置図を作りどこに何があるのかと言った情報をその都度書き足していく方法が良いでしょう。他には、休憩時間などを利用して建物内を歩いて回ったり先輩の方に聞いてみたりしても良いでしょう。

歩くスピードを早める

移動することが多いピッキング作業では歩くスピードはとても大事です。
その際に重要なのがどんな靴を選ぶかです。

現場によって自分で履く靴を選べるのですが、その時は運動靴やスニーカーなどの歩きやすい靴を選ぶようにしましょう。

また、自分の足にフィットした疲れにくい靴を選ぶのも大事です。もし自分の足に合わない靴を選んでしまうと靴擦れの原因にもなってしまい歩くスピードも遅くなってしまいます。

したがって歩きやすい靴を選ぶようにしましょう。

最短経路を探し続ける

作業場の広さにもよりますが、広いところになるといかに最短経路で移動するかが重要になります。

また、経路を決める上で商品をピッキングする順番も大事になってきます。
軽い荷物を先にピッキングし重い荷物を後からピッキングするなどの工夫をすることで疲れにくくなります。

こういった少しの工夫をするかしないかで1日の作業量にかなり影響してくるのです。

商品の場所が分からないときは、即座に分かる人に聞く

作業をしていて商品の場所がわからない時は即座に近くの分かる人に聞くようにしましょう。

見つからない商品を延々と探し回っているとそれだけで時間が無駄になってしまいます。

責任を感じて自分一人で解決しようとしても、却って仕事が進まなくなり迷惑をかけてしまいます。どの選択が最も最善の道なのだろうと考えて柔軟に行動をすることが大切です。

全体の進行状況を見て作業する

チームで作業することが多い種まき方式では特に、自分の作業だけでなく周りの状況を気にしながら作業をする必要があります。

全体が進んでいるのに自分だけ前の作業を行っていたり、逆に自分だけ先に進みすぎていると言ったことがないように気をつけなければいけません。

その都度遅れている人のサポートに回ったり、自分が遅れている時はサポートをしてもらうことで作業が円滑に回ります。
また、チームの人とうまく連携をとれるようにコミュニケーションをとりながら作業を進めていくことはとても重要です。

ピッキング作業のミスをなくす4つのコツ

 

ピッキング作業で一番重大なミスが出荷ミスです。出荷ミスはピッキングミスや配送先の間違いなどにより起こってしまいます。

ではミスをなくすにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは4つのコツをご紹介します。

・ダブルチェックを行う
・疑問点は、現場の社員・責任者に確認する
・体調管理を徹底する
・慣れてきた時こそ、ルールを再確認する

さっそくみていきましょう!

ダブルチェックを行う

商品がたくさん保管されている棚には似たような商品が隣同士で置かれていることも多々あります。

商品番号と伝票番号が一致しているかダブルチェックを行うことでミスを防ぐことができます。ここで大事なことは一度目の確認で大丈夫だと過信しないことです。

二度目の確認では一度目の確認を疑う気持ちでチェックすることを心がけるようにしましょう。

また、数量間違いもよく起こるミスの一つです。商品が重なってないか、数量があっているかダブルチェックするようにしましょう。

疑問点は、現場の社員・責任者に確認する

ピッキング作業中に少しでも疑問点や難しいと思うことがあったらすぐに確認をするようにしましょう。

分からないままうやむやに仕事を進めてしまうと、大変なミスにつながる恐れがあります。

また、ここで大事なのは仲間ではなく現場の社員・責任者に確認することです。
現場の社員・責任者の言うことがより正確な上に、もしそれでミスをしてもフォローしてくれるからです。

体調管理を徹底する

ピッキング作業は正確性が求められるお仕事です。寝不足などで体調が万全でないと初歩的なミスを犯してしまうことがよくあります。

体調管理は社会人として当たり前のことなので、睡眠時間の確保や休憩時間に十分な休息をとるなどして万全の状態でお仕事に臨むようにしましょう。

慣れてきた時こそ、ルールを再確認する

ミスが一番起こりやすいのが慣れてきた時です。この時期に多いのが、効率を優先して自分のやり方で行うことです。

自己判断は大きなミスにつながる恐れがあります。慣れてきた時こそ初心に戻り今一度ルールを再確認するようにしましょう。

ピッキング作業に向いている人

 

ここまでピッキングについて説明してきましたが、どういった人がピッキング作業に向いているのでしょうか。以下でご紹介していきたいと思います。

・長い時間集中力を保てる人
・効率を考えて改善し続けられる人
・1人で黙々と作業をこなすのが好きな人

長い時間集中力を保てる人

ピッキング作業を行う上で大事なことは、数ある商品の中から商品の種類や数量を正確かつスピードを持ってピックアップしていくことです。
こういった作業は長い時間集中力を保てる人に向いていると言えます。

効率を考えて改善し続けられる人

ピッキング作業は時間との戦いなので効率を求めることはとても重要です。
何も考えずにただ単に同じことを繰り返すのではなく、今よりも早く作業を行うにはどうすればいいかなど効率を考えて改善し続けられる人に向いていると言えます。

1人で黙々と作業をこなすのが好きな人

ピッキング作業は人との対話よりも個人作業の時間がほとんどです。
倉庫内のお仕事なのでお客様のクレーム対応や接客を行う必要がなく1人で黙々と作業をこなすのが好きな人に向いていると言えます。

ピッキングバイトの口コミなどもっと知りたい方は、以下をチェックしてみてください。

まとめ:ピッキング作業のコツを押さえて、楽しく働こう

 

この記事ではピッキング作業について、仕事内容から向いている人までお伝えしました。

ピッキング作業は初心者でも始めやすいお仕事ではありますが、正確性や効率性が求められます。

今回ご紹介したピッキング作業のコツを押さえていれば楽しく働くことができるでしょう。少しでも興味を持った方はピッキング作業を始めてみることをおすすめします。

関連記事

箱詰めバイトってどんな仕事?評判や向いている人、注意点をご紹介

倉庫や工場などで働くのは男性のイメージが強いですが、女性でも活躍できるのが「箱詰めバイト」です。 他の軽作業に比べると体力的な負担が少なく、業務内容も簡単ですぐに覚えられます。 「詳しい仕事内容は?」「実際の口コミはどう?」という方

【大学生向け】試験監督のバイトとは?時給から仕事内容・口コミも

充実した大学生活を送るために、空き時間でバイトをやりたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 勉強に忙しく、十分なバイト時間を確保できない大学生におすすめなのが、試験監督のバイトです。 「やってみたいけど、どんなことをするの?」「

梱包作業とはどんな仕事?メリット・デメリットから雇用形態まで紹介

梱包作業がどんな仕事なのか興味はありませんか?楽・簡単なイメージがある梱包作業ですが、実際どのような作業をするのか、仕事のきつさなども気になる点です。 この記事では梱包の仕事に興味がある・就きたいと思っている人に向けて、梱包作業の仕

検品バイトの服装ってどんな感じ?服装って自由なの?

初心者や未経験者でも始められる検品バイト。 加えて、短期間でも働けるため制服の支給がない現場がほとんど…。 そんな検品バイトではどんな服装で働けばいいのでしょうか。 男女ともオフィスワークじゃあるまいし、もちろんス

不動の人気!!イベントのアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

今や定番となっていますが、 実は奥が深い、イベントアルバイト。   簡単に稼げる? 憧れの芸能人に会える?   さまざまな噂が飛び交っています。