2022/07/07
ピッキング

工場におけるピッキングバイトの仕事内容は?評判と合わせて解説

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

求人情報でよく「工場や倉庫内でのピッキング作業」が募集されていますが、具体的にはどんな仕事なのでしょうか。「ピッキングって何?」「仕事内容はきつい?」といった疑問を抱えている人のために、本記事では、ピッキングの作業内容やメリット・デメリット、向いている人の特徴などを解説していきます。

口コミの評判や時給についても触れているので、ピッキングの仕事に興味のある方は参考にしてみてください。

 

工場や倉庫内におけるピッキング作業とは?

ピッキングとは、工場・倉庫等に保管されている部品や品物の中から、ピッキングリストや注文書・伝票に記載されたものを集めてまとめる仕事です。

まとめたものを梱包・検品といった次の工程に受け渡すところまでがピッキングの主な流れとなります。

「軽作業」というカテゴリーに分類されることが多いですが、ピッキングの内容によっては重いものを運ぶ作業がある場合もあります。

工場と倉庫での違い

倉庫内では商品が種類や形状・色などによって分類され、棚やカゴに置かれています。

工場内でも倉庫内と同じように置かれたものの中からピッキングリストに載っている部品を集めていくのですが、機械類の工場などでは少し気をつける必要があります。

機械の部品は同じような形状・色をしているものが多く、素人目には紛らわしくてあまり見分けがつきません。

部品のピッキングでは型番や品番を間違えないように注意しながら行い、だんだんと慣れていきましょう。スムーズに作業をするためには早く慣れる必要がありますが、きちんと確認すれば難しくないので、落ち着いて丁寧に作業すると良いです。

ピッキング作業で扱われる商品

ピッキングで扱われる商品は、小さなものから大きなものまで実にさまざまで、食品・アパレル・機械・家具・雑貨・電化製品・各種部品など、分野も幅広いです。大手通販サイトの倉庫では扱う商品の種類は膨大なものになりますが、家電量販店の倉庫では電化製品を主に扱うというように、業種により扱う品物の種類の多さは全然違ってくるでしょう。

混同しやすい仕分け作業との違いは?

アルバイトの募集では「仕分け・ピッキング作業」などと記載されている求人をよく目にすると思います。そのため、仕分けとピッキングの二つは混同されがちですが、実際は別の作業内容です。

仕分けとピッキングの特徴について、大まかに見ていきましょう。

仕分け

仕分け作業の主な特徴は下記の通りです。

・倉庫や工場に送られてきた荷物を分類し棚やカゴに運ぶ

・段ボール箱などを運ぶことが多いため力仕事になりがち

・作業の量は多め

力仕事が多くなりがちなので、体力に自信のない人にはあまりおすすめできません。

 

ピッキング

ピッキングの主な特徴は下記の通りです。

・棚やカゴに置かれた荷物の中から指示されたものをピックアップする

・重いものもあるが、力に自信がなくてもできることが多い

・作業の速さと正確さが大切

仕分けされたものの中からピッキングをしていくので、作業としては仕分け→ピッキングの順になります。力仕事はあまりなく、女性でも働きやすい仕事です。

仕分けのバイトについてもっと知りたい方は、以下をチェックしてみてください。

 

工場での2種類のピッキング作業

工場でのピッキング作業は、大きく2つに分けられます。ここでは2つのピッキングの種類について具体的に解説していきます。

シングルピッキング(摘み取り方式)

シングルピッキングは、注文されたいくつかの商品を一つにまとめるイメージで考えると分かりやすいです。

ピッキングリストに書かれた品物を棚から一つ一つ集めてまとめていく作業になります。

例えば、ある人が「りんご2つ、チョコレート1つ、缶コーヒー3つ」という注文をしたとします。注文された商品を発送するためには、食品倉庫の中を回って、棚から注文された品物をカートに集めてまとめる作業が必要です。

この作業を行うのがシングルピッキングです。

トータルピッキング(種まき方式)

トータルピッキングは、まず決まった商品を集めてから、その後にそれぞれの発送先ごとに仕分けるというやり方です。

主にベルトコンベアで送られてくる、一定度分類された商品から、リストにある商品をピックアップしていくという作業を行います。

例えば、何種類ものパンが流れてくるベルトコンベアと、飲み物が流れてくるベルトコンベアがあるとします。

パンと飲み物の各ラインから、注文に合わせて「アンパンとコーヒー牛乳のセット」や「カレーパンとコーラのセット」というように、まとめてピックアップしていくのがトータルピッキングです。

 

ピッキング作業のデメリット

ピッキング作業は難しい仕事ではありませんが、働く上でデメリットもあります。ここではピッキングの仕事のデメリットについて見ていきましょう。

単純作業が長時間続く

ピッキングは、作業に慣れるまでは効率化のコツなど考えるべきことが多いですが、いったん慣れてしまえば単純作業の連続であるといえます。

そのため、単調な作業に苦痛を感じやすい人や集中力が続かないという人にとっては、働くのが大変です。一人で黙々と作業したい人には向いていますが、そういった作業が苦手な人にとっては、単純作業が続くのはデメリットとして考えられるでしょう。

重い荷物を運ぶ場合がある

雑貨や小物のピッキングであればそれほど心配することはありませんが、電化製品や書籍のピッキングでは重い荷物を運ばなければならないこともあります。

基本的にはピッキングカートや台車を使って作業しますが、重い荷物を棚からカートに移すときなど、体力に自信のない人にとっては大変な場合もあるので、働く際は注意が必要です。

夏の暑さと冬の寒さが厳しい

工場によっては倉庫内にエアコンがない(エアコンが弱い)場合があり、夏場には汗だくになる場面もあります。加えて、倉庫内を移動して回ることになるので水分補給が必須です。

また、食品を扱う工場や倉庫の場合は、食品の保存のために庫内の気温を低く保つ必要があるので、夏でも室温が低く保たれていて寒いということがあり得ます。

働く予定の現場で扱う商品が分かっていれば、ある程度は庫内の環境を予想できると思うので、寒そうな現場の場合には事前に防寒対策をしてのぞむと良いでしょう。

品物を間違えてはいけないプレッシャーがある

ピッキングはリストにある商品を選んでピックアップしていくという比較的単純な作業ですが、速く正確に品物を選んでいく作業は意外にプレッシャーがかかるものです。

商品を販売する仕事ではピッキングミスが多いとクレームに直結するため、ミスをしてはいけないというプレッシャーは大きくなります。

しかし、体験した人の話を聞くと、最初はプレッシャーを感じていた人もだんだんと慣れて平気になっていくことが多いとのことでした。

また、最近ではミス防止のためにバーコードを使用した対策などをとっている会社も多いので、昔に比べるとデメリットと感じにくい環境になってきているといえます。

繫忙期は時間に追われる

配送という仕事の性質上、時期によっては物流が激しくなる「繁忙期」があります。

そのような時期は通常時よりも倉庫内の人員の数や商品の量も増えるため、常に時間に追われて作業しなければいけなくなるのです。

時間に追われると作業効率が落ちる人や精神的疲労を感じてしまう人にとっては、デメリットになるかもしれません。

 

ピッキング作業のメリット

次に、ピッキング作業のメリットについて見ていきましょう。ピッキングバイトはデメリットもありますがメリットも多いので、良い点と悪い点をしっかりと見極めて検討してみてください。

未経験でもすぐに働ける

ピッキングはある程度の注意力・集中力・持続力が必要ではあるものの、作業自体は単純です。特別な資格もほぼ必要ないので、これまでにピッキングのバイトをしたことがない人や、そもそもバイトをするのが初めてという人でも、すぐに働いて収入を得ることができます。家事や育児に追われて長い間働いていないという主婦の方にもおすすめです。

単純作業のため慣れると簡単

コツを覚えるまでは多少難しく感じるかもしれませんが、慣れると簡単な作業なので、一度慣れてしまえば比較的楽に働けるでしょう。

ピッキングは扱う商品や倉庫の環境が違っても大体の作業内容は共通しており、いくつかピッキング作業を経験すれば、他の倉庫に行ってもたいていすぐに作業を覚えられます。ミスをできないプレッシャーもありますが、それも慣れてしまえばあまり気にならなくなるでしょう。

髪型・服装が自由

ピッキングは倉庫内でする作業なので、基本的にお客様などと顔を合わせることがありません。

そのため、髪型や服装が比較的自由なところが多いです。

ただし、あまりに派手な格好をしていると悪目立ちしやすく、ミスをしたときに担当者に目をつけられるということも起こりうるので、常識の範囲に留めてください。あくまで職場なので、ある程度動きやすい格好で働くようにしましょう。

また、ネイルパーツが商品に混入しないようにするために、ネイルが禁止されている職場もあります。ネイルを楽しみたい方は、事前に確認しておくと良いです。

人間関係のストレスが少ない

ピッキングは他の人と協力して作業する場合もありますが、基本的には一人で黙々と作業をする仕事なので、人間関係のストレスが少ない傾向です。

どうしても接客業は向いていないと感じる人にとっては、かなり大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

もちろん、職員同士で会話する際は、最低限の受け答えなどのコミュニケーションは必要になりますが、それさえクリアできれば問題なく働けます。

ダイエット効果が期待できる

ピッキングは室内作業ではあるものの、品物を上げ下ろししたり庫内を移動して回ったりと、割と体を動かす仕事ではあります。

かといって、引越しや工事現場などのような強度の高い肉体労働でもないため、適度な運動をしつつ稼ぎたいといった方にとってはメリットとなるでしょう。

仕事のあとに食べ過ぎなければダイエット効果も期待できるかもしれません。

 

ピッキング作業に向いている人

ピッキングにはメリットデメリットがありますが、それぞれの人によってその感じ方は異なります。仕事を決める際には、自分が重視しているのはどんな点なのか、自分の得意分野はなんなのかを意識して考えると良いでしょう。

ここではピッキング作業に向いている人について解説します。

集中力を長時間保てる人

注文書に書かれた細かい指示内容をミスなく実行するには、集中力が欠かせません。そのため、ピッキングの仕事では集中力がもっとも重要なスキルの1つとされています。

ある程度の集中力を長時間維持することが得意な方には、ピッキングは向いていると言えるでしょう。

黙々とした作業が好きな人

ピッキングは長時間にわたって同じ作業をミス無く手早く延々と繰り返す仕事です。

ミスを極力減らしつつ、繰り返す作業の中で効率化を考えて働くことに楽しみを覚えるタイプの人にはかなり向いている仕事といえます。

1つの作業を黙々と行うのが得意な人におすすめです。

体調管理が得意な人

ピッキングは長時間同じ作業を繰り返す仕事なので、体のあちこちに疲労を感じることがあります。

また、睡眠不足や二日酔いなどのバッドコンディションではピッキングに重要な集中力・注意力を発揮・維持することができません。

そのため、体のコンディションを常に一定に保っていける人は作業効率が安定しやすく、ミスなく作業を進められるでしょう。

 

ピッキングバイトはきつい?口コミや評判を紹介

ここでは、実際にピッキングバイトをしたことがある人の口コミを見ていきましょう。

 

自分なりの楽しみ方を見つけられる人は、ピッキングのバイトも楽しく働けるようです。女性が多い職場もあるようなので、主婦の方にもおすすめできるでしょう。

ピッキングに関する口コミについてもっと知りたい方は、以下をチェックしてみてください。

 

ピッキングバイトの平均時給

ここまでピッキングの仕事の内容やメリット・デメリットについて触れてきましたが、気になる収入面はどうなのでしょうか。

ここでは、ピッキングの平均的な給料を紹介していきます。

・派遣社員 平均時給約1,219円

・アルバイト・パート 平均時給約993円

・正社員 平均年収約352万円 

給料は地域差も大きいので、どこでも上記の通りの平均時給が稼げるというわけではありませんが、参考になる数字ではあるでしょう。

 

まとめ:ピッキングは未経験者でもすぐに始められる軽作業の1つ!まずは求人を探してみよう

工場におけるピッキングバイトは、工場・倉庫等に保管されている部品や品物の中から、ピッキングリストや注文書・伝票に記載されたものを集めてまとめるのが主な仕事です。重い荷物を運ぶことがある、品物を間違えてはいけないプレッシャーがあるなどのデメリットがありますが、単純作業で未経験でも始めやすい、髪型・服装が自由などのメリットも多い仕事となっています。

この記事を読んで「自分はピッキングに向いてそう」「未経験でも大丈夫なら働いてみたい」と思った方は、ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事

ピッキングバイトはきつい?楽?仕事内容や経験者の口コミをご紹介

ピッキング作業のバイトをしてみたいけれど、 「きつい仕事だったらどうしよう」 「働く際にメリットはある?」 このような不安や疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、ピッキング作業がきつい仕事なのか判断

ピッキングとは?アルバイトの作業内容とやり方についてご紹介!

「ピッキングというというバイトについて聞いたことはあるけれど、どんな仕事なのかいまいちイメージが掴めない」という人も多いのではないでしょうか。 今回は、「ピッキングのアルバイトに興味がある」「ピッキングのバイトをしてみたい」という人に