2022/06/02
派遣

【初心者必見】派遣登録のメリットとは|派遣会社の選び方から登録手順まで

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

転職活動中の方の中で、派遣会社の利用を検討している方は多いですよね。

派遣会社は、登録することで効率的な職探しをすることができ、長期・短期バイトを始めたいと思っている方や転職したい方、どんな方でも目的にあった求人を探すことができます。

しかし、初めて登録する方は派遣会社の仕組みがよく分からないという方も多いでしょう。

本記事では、「派遣に登録するだけでも大丈夫?」「登録したらすぐに利用しなければならない?」「登録の手間はかかる?」などの疑問を解決します。

実際に複数の派遣会社に登録したことのある筆者が、派遣に登録だけするメリットとデメリット、派遣の登録手順などについて詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

良い派遣会社の選び方についても触れているので、派遣会社を選ぶ際の参考にもなるはずです。

働くか分からなくてもまずは派遣に登録し、経済的・心理的に余裕な状態で転職活動を進めましょう。

 

目次

派遣登録ってそもそも何?落ちることはあるの?

派遣会社ってよく聞くけど、そもそも何?どうやって使えばいいの?と思う方も多いでしょう。

派遣登録とは、派遣会社に登録して自分の希望を伝え、仕事を紹介してもらうというサービスです。転職活動の相談やアフターフォローまでしっかり整っているため、個人で転職活動するよりも視野が広くなり就業までのスピードが早いというのがメリットでしょう。

派遣の仕事は派遣会社の登録者のみが紹介してもらえるシステムになっているため、まずは派遣会社への登録会に参加し、本登録を完了させる必要があります。

現在ではウェブ登録のみで登録完了できたり、オンライン面談ができる派遣会社もありますが、登録会では担当者との面談があります。

面談というと「選考に落ちることはあるの?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、登録会で落ちるようなことはほぼありません。自分の希望や持っている資格・キャリアなどはしっかりと伝え、リラックスして面談に臨んでください。

派遣会社によって強みにしている業種は異なるので、自分の挑戦したい業種に特化した派遣会社を選ぶと良いでしょう。

 

まずは派遣会社に登録だけしてみよう!

派遣会社を登録する際には、「派遣に登録だけするのはあり?」「登録したらすぐに働かなければいけない?」と疑問に思う方が多いようですが、結論からいうと派遣に登録だけするのは「あり」で、登録したからといってすぐに働かなくてはいけないわけではありません。

実際に登録だけしている方は多くいますし、登録だけして放置していても派遣会社から文句を言われたり、ペナルティがあるということはありませんのでご安心ください。

ではなぜ「登録だけでもOKなのか」という理由について細かく解説していきます。

 

登録だけして働かない人も多い

派遣会社に登録する人には、大きく分けて以下の3パターンが存在します。

1.すぐに仕事を紹介してもらいたい人

2.必ずしも派遣で働くつもりではないが、求職中でとりあえず登録をした

3.いずれは派遣社員で働きたいから登録だけ済ませた

1の「すぐに仕事を紹介してもらいたい人」に関しては登録からすぐに勤務につながりますが、2と3の理由の方は登録だけして動かないという場合が多いです。

実際に2と3の理由の方の割合は多く、派遣会社も理解をしているので「登録だけする」「すぐに働くつもりではない」ということはあまり気にしなくても良いでしょう。

 

多くの派遣スタッフは複数の会社に登録している

一般社団法人日本派遣人材協会によると、約7割の方が2社以上の派遣会社に登録していることがデータとして判明しています。

実際に筆者も派遣会社は最大で3社登録していたことがあります。

派遣会社の選び方としては、求人数の多い大手派遣会社+特定の業種に特化した派遣会社の組み合わせの複数登録がおすすめです。就きたい業種が決まっている場合は、その業種に特化した派遣会社を登録しておくと希望の仕事が見つかりやすいですよ。

複数の派遣会社に登録することで、仕事を紹介してもらえる確率がグンと上がります。

仕事をするのは生活のためですから、複数登録で働く機会を増やせることは大きなメリットとなるでしょう。

 

派遣登録のメリット・デメリットをご紹介

それでは次に、派遣会社に登録だけしておく際のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリットとデメリットをよく理解し、効率的な転職活動につなげましょう。

派遣に登録する5つのメリット登録のメリットは全部で5つあります。

・派遣会社のスキルアップ講座を受講できる

・働きたいタイミングに働ける

・お得な特典を受けられる

・非公開求人をチェックできる

・失業手当をもらいながら仕事を探せる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.派遣会社のスキルアップ講座を受講できる

派遣会社によっては、仕事を始めた時にスムーズに勤務できるよう、スキルアップ講座や研修の機会を設けている会社が多くあります。

派遣会社に登録していることで、個人では受けられないような研修が無料または安価で受けられたり、研修を受けたことで派遣先での業務や他の就職活動の際に役立つスキルを身につけることができます。

資格取得のための支援を行っている派遣会社もあるので、キャリア支援が充実した派遣会社を選んでみるのも良いでしょう。

 

2.働きたいタイミングに働ける

先に登録を済ませておくことで、それまで勤務していた会社を辞めた後にすぐ、次の仕事を派遣会社から紹介してもらえる可能性が高まります。

生活を安定させるためには、会社を辞める前に派遣会社に登録しておくことは大きなメリットとなるでしょう。

派遣登録したままで就職活動をできるのは、後ろ盾があるので心の安定につながりますよね。

3.お得な特典を受けられる

派遣会社によっては福利厚生が充実しているところもあり、恩恵を受けることができます。

例えば、

・ショッピングやレジャーで利用できる割引サービス

・クオカードやギフト券の贈呈

など生活に役立つありがたい特典のある派遣会社もありますので、登録の際は是非チェックしてみてくださいね。

4.非公開求人をチェックできる

「非公開求人」とは良く聞く求人広告には掲載されていない求人のことで、人気があり比較的好待遇の求人が多いという特徴があります。

派遣会社に登録することで「非公開求人」をチェックできるので、好待遇の求人に出会うことができる確率が上がるでしょう。

5.失業手当をもらいながら仕事を探せる

派遣に登録しただけの状態は「失業中」と同じ扱いになりますから、失業手当をもらうことができます。

つまり、手当をもらいながら就職活動ができるのでとても効率的です。

 

派遣に登録する3つのデメリット

メリットがたくさんある派遣登録ですが、デメリットも勿論あります。

デメリットに関しては、対策も併せて解説していきます。

 

1.派遣会社からの連絡が多い

筆者自身も経験がありますが、登録だけしていると派遣会社からの連絡がとても多いです。

多い時は2週間に1回のペースで連絡がありました。

対策としては、

・「就職先が決まりましたのでまた機会がありましたらご連絡させていただきます」

・「体調を崩しておりますので、また回復しましたらこちらから連絡いたします」

といった連絡をいれることでしょう。

連絡が多いと「早く働きなさい」と言われているようで気持ちが沈んでしまいますので、やんわりと連絡をお断りすることも大切です。

2.なかなか仕事が紹介されない場合も

多くの方が抱える悩みが「仕事がなかなか紹介してもらえない」というものです。
実際に大手の派遣会社だと、登録者数が多く紹介してもらえるまで時間がかかるというケースが多いです。

この問題を防ぐためには「複数の派遣会社に登録する」ことをおすすめします。
筆者の場合は大手の派遣会社を1社と、地元に密着した派遣会社を同時に登録することで、うまく仕事を継続することができました。
大手の派遣会社で研修や講座等福利厚生の恩恵を受けつつ仕事の紹介を待ち、実際は地元密着の派遣会社で仕事を紹介してもらう、という方法もありでしょう。

3.登録だけではカードローンやキャッシングの利用ができない

新しくクレジットカードを作りたい、カードローンを組みたいと思った時に、失業中で派遣登録だけしている状態ではクレジットカードの審査に通りませんので注意が必要です。

審査に通るには、実際に就労して収入の有無を確認される必要がありますので派遣登録だけでは難しいでしょう。

しかしあなたに過去数か月の間に安定した収入があったのであれば、カードローンやキャッシングが可能となる場合がありますので、念のため確認してみて下さい。

派遣の登録の手順

では次に派遣登録の手順について見ていきましょう。

「派遣登録はめんどくさい、むずかしい」と思う方もいらっしゃいますよね。

しかし一度経験してしまえばどの派遣会社も同じ流れですから怖くありません。

派遣登録は大きく分けて以下の3ステップで進みます。

・派遣会社の登録会を予約

・派遣会社の登録会に行く

・スキルチェックがある場合はスキルチェックを受ける

以上の手順について詳しく解説していくので、予習して本番に備えましょう。

 

1.派遣会社の登録会を予約

まずは登録会への予約です。

電話で直接予約することの他に、派遣会社のサイトから予約をとることも可能となっています。登録会の時間帯は午前・昼・夕方と何回かに分けて毎日開催されていることが多いので、自分の都合の良い日程や時間を選ぶことができるでしょう。

事前にWEB登録をすることで、登録会で記入する書類を事前に済ませることもできるので、ウェブサイトをよくチェックしてみてください。

 

2.派遣会社の登録会に行く

予約が取れたら、次は約束の日に登録会に行きましょう。

最近では、web登録により来社不要のケースも多くあります。登録会に行く時間が取れない!という方は、来社不要でWEB面接を行っている派遣会社もあるので活用してください。

web登録をした後には派遣会社から送られてくるマニュアル等のビデオ視聴を済ませることが必要です。

3.スキルチェックがある場合はスキルチェックを受ける

派遣会社によっては「スキルチェック」と呼ばれるものを受ける必要があります。

スキルチェックとは、「あなたにどの仕事を紹介したらマッチするか」ということを派遣会社が知るための指標となるチェックです。

チェックの内容は

・パソコンスキル

・英語スキル

・ビジネススキル

・専門スキル(製造やIT等)

等、多岐にわたります。

スキルチェックの際には無理をせず、ありのままでチェックを受けることで、就業した際のミスマッチを防ぐことができます。

派遣の解除の方法

「派遣登録はしたけど、就職が決まったし解除したいな」という場合はすぐに解除できるのでしょうか。

答えは「イエス」です。
解除は簡単にできますが、解除の際に注意点がいくつかありますのでご紹介していきます。

まず、登録解除の方法としては

・派遣会社に電話連絡する
・派遣会社にメール連絡する
・そのまま放置

の3種類があります。
基本的には電話かメールで解除の連絡を行い、放置することは極力避けましょう。

解除をする際に気を付けたい点は下記の3点です。

・同じ派遣会社を再度利用する際には再登録が必要
・個人情報はすぐに消えない
・派遣会社によっては就業状況を報告する必要がある

登録解除をすると、一定期間を超えてしまえば個人情報が削除されますのでまた一から登録が必要になってしまうのです。
例えば「正社員での仕事が決まったけど続くか心配」という場合には、就業してからもしばらくは派遣登録を残しておくことをおすすめします。

良い派遣会社の選び方

良い派遣会社には共通していくつかの特徴があります。
一般的に大手の派遣会社は安全と言われますが、その中でもご自身に合った会社を見極める際に役立つ情報をご紹介します。

福利厚生サービスが充実している

給料体系の他にも、保険や各種サービスが充実していると働き甲斐があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうした方には、福利厚生を強くアピールしている派遣会社がおすすめです。

派遣会社によって福利厚生は条件が異なるので、より条件の良い派遣会社を選ぶようにしましょう。

口コミを見る

ネットで口コミを確認することで、リアルな会社の様子が伺えます。

派遣会社は、人によって合う・合わないがあるため、口コミを信用しすぎてしまうのは危険ですが、口コミの時点であまりにも評判の悪い派遣会社は避けてもよいでしょう。

派遣スタッフへの対応が丁寧

登録会や日頃連絡をとる中で、派遣スタッフへの連絡がマメであったり丁寧な派遣会社はおすすめです。

「大切にされている」と感じることができて、働くやる気に繋がるかもしれません。

【派遣登録】よくある質問

最後に、派遣登録をする上で良くある質問についてお答えしていきたいと思います。

それぞれ見ていきましょう。

派遣登録に年齢制限はあるの?高校生はOK?

派遣登録には、年齢制限の上限は設けられていないため、15歳以上なら何歳でも登録することができます。

しかし、高校生は注意が必要です。

派遣で働くには、「満15歳に達し、最初の3月31日を超えた日から可能」と法律で定められています。

労基法では、満20歳未満を「未成年」、満18歳未満を「年少者」とされ、労働することはできますが働ける時間帯がなど、さまざまな制限があるため派遣会社が紹介できる求人は少ないようです。

 

登録会の持ち物は?

持ち物としては、主に以下のものが必要になることが多いです。

・身分証明書

・印鑑

・給料振込先の通帳・カード

・筆記用具

登録会の持ち物は派遣会社から指定されるため、事前の連絡をしっかり確認して忘れ物のないようにしましょう。

 

派遣の登録会はキャンセルできる?

前日に突然いけなくなってしまった、というトラブルが起こることもあるでしょう。

結論から言うと、もちろん登録会のキャンセルはすることができます。

数日前の場合はメール連絡でも大丈夫なことが多いですが、前日や当日にキャンセルする場合は電話連絡をして、直接キャンセルの旨を伝えましょう。

マナーとして、無断キャンセルは決してしないようにしてください。

 

登録会はどんな服装で行けばいい?

登録会では、特に服装は指定されていません。

担当者との面談もあるので、スーツやオフィスカジュアルで行くのが無難とされています。しかし、購入しないとスーツがないというような場合は無理して用意する必要はないでしょう。

登録会の際に派遣の会員証用の証明写真を撮影することもありますので、あまりにラフすぎる格好は避け、清潔感を意識し、身だしなみは整えて行きましょう。

 

面談と面接の違いは?

登録会では、担当者との面談があります。面談というと緊張してしまう方も多いと思いますが、面談と面接は異なります。

面接は選考の場であり、合否を決めるものです。しかし、面談は「対等な立場同士での話し合い」「情報交換の場」であるため、緊張する必要はありません。

むしろ、ありのままの自分を見てもらう方がこれからのスムーズな求職活動につながるでしょう。

主に、今までの職歴・スキルや所有資格・就業先に求める条件などを聞かれることが多いです。

 

派遣の面談ではどんなことに気を付ければいい?

派遣の面談では、自分の今までの職歴や就業先に求める条件など、ありのままのことを話すようにしましょう。

派遣会社のコーディネーターは人材派遣のプロなので、自分の今の状態や自分の希望する条件をしっかりと伝えることが大切です。

スムーズに面談ができるように、事前に考えをまとめておくと良いでしょう。

とりあえず登録だけしておきたいという方は、いつ頃から転職活動を始める予定かも伝えてください。

 

まとめ:実際に働くか分からなくても登録だけしておこう

今回は「派遣登録だけするのは大丈夫なのか」と不安に思う方向けに、派遣会社登録のメリットやデメリット、登録の手順や派遣会社の選び方をご紹介してきました。

あなたが現在働いていて、いずれ転職をしたいなと考えているのであれば、派遣会社に登録だけ済ませておくことをおすすめします。

派遣会社に登録し自分に合った仕事を探したり、次のステップに進むために動き出しましょう!

テイケイワークス東京での登録についてもっと知りたい方は、以下をチェックしてみてください。

関連記事

派遣の契約更新をしない場合は?理由や例文、引き止められた際の対処法も紹介

派遣は元々決められた期間で働くものなので、期間満了まで働くと契約の更新をすることになります。 しかし、中には派遣の雇用契約の更新が迫っているけれど、「更新したくないので断りたい」と考えている方もいるでしょう。その際に、「更新の断り方が

派遣社員は掛け持ち可能?確定申告や税金の注意点・メリットを解説

現在派遣社員として働いている方の中には、仕事を掛け持ちして収入を増やしたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、「そもそも派遣会社の掛け持ちはできるのだろうか?」と疑問に思う方もいると思います。仕事の掛け持ちに

派遣の顔合わせとは?内容や流れ、注意すべきポイントを徹底解説!

派遣の顔合わせを控えている方の中で、「顔合わせでは何をするの?」「上手く話せるか不安」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、派遣顔合わせの内容や流れ、よく聞かれる質問などを詳しくご紹介します。顔合わせのポイ

【徹底解説】派遣会社で働いた期間の履歴書の書き方

派遣会社に登録して、派遣のバイトや派遣社員として働いていた経験があるけど、履歴書にはその経歴をどうやって書いたらいいの?と疑問に思う方はいませんか? この記事では、履歴書の具体的な書き方はもちろん、書き方のポイントや注意点について徹

派遣でもサービス残業があるって本当?真実を解説【見なきゃ損】

派遣として働くことになったけれど、「派遣にも残業代は出るのか?」と気になっている方も多いのではないでしょうか? この記事では、そんな不安を解消するべく、残業代の支給条件や実際に残業をする際の注意点についてお伝えします。 残業の中には