2022/05/03
短期・日払バイト

単発バイトの探し方やおすすめ求人サイトを解説|人気の職種も紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

単発バイトを探すことになったけれど、 「どうやってバイトを探せば良いのか分からない」 「どこの会社に登録するべきなのか」 このような不安や疑問をお持ちのかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、より良い単発バイトを探すことができる方法と、バイト選びの失敗がなくなるコツをご紹介します。 

単発・副業バイト初心者が悩みやすい派遣会社の選び方から、おすすめ求人サイトまで解説するので、これから単発バイトを始める方でも安心して応募できるはずです。

初めての単発バイトで人気のバイトもご紹介。副業は会社にバレるパターンが多いので、クビにはなりませんが、少し注意を受ける覚悟が必要になることも。 

条件の良い単発バイトで楽しく働きましょう!

目次

単発バイトの探し方は?

それでは、単発バイトの探し方を3つ紹介していきます。

これから紹介する単発バイトの探し方をすることで、早く職場を見つけることが可能です。

求人サイトや派遣会社を使って探す

最も早く単発バイトを探すことができるのは、求人サイトになります。求人サイトには多くの企業が単発バイトの求人を掲載しているので、自分に合う仕事内容や職場を見つけることが可能です。

また、求人サイトに掲載している企業は人材不足で少しでも早く人員が欲しい状態なので、採用される可能性は十分に考えられます。

単発バイトを探しているのであれば、まずは求人サイトを使って探すようにしましょう。

友達からの紹介で見つける

自分の知り合いが働いている環境が良いと感じるのであれば、友達の紹介で職場を見つけるのも選択肢の1つです。

友達が働いている職場であれば、事前に人間関係や仕事内容を聞くことができます。

それだけでなく、全く知らない人だらけの環境で1から人間関係を作るという作業が必要なくなるので、かなり働きやすいと言えるでしょう。
自分が働きやすい環境で仕事をしたいのであれば、友達の紹介で職場を見つけるのも選択肢の1つです。

求人誌を見て探す

求人誌にも多くの求人情報が掲載されているので、そこから職場を探すのも良いでしょう。

しかしながら、求人誌は求人サイトと違って更新することができません。その為、求人誌を見つけて応募した時には、待遇が変わっていたり、求人が終了しているなどの可能性があります。

求人誌で魅力的な求人情報を見つけたのであれば、事前にネットを使って調べておくようにして下さい。

また求人誌が古い場合もあるので、いつ作られたのかなども確認することも大切になります。

【単発バイト】派遣会社の選び方

それでは、単発バイトを探す方法の1つである「派遣会社を選ぶ」について解説していきます。

派遣会社を使って単発バイトを探そうと考えている人は、是非最後までチェックするようにしましょう。

信頼のおける派遣会社に登録する

派遣会社は日本に多くありますが、中には残業代が出ないブラック企業や、危ない仕事をさせる派遣会社も一定数は存在します。

その為、信頼できる派遣会社を使って単発バイトを探すことが非常に重要です。

信頼できる派遣会社の特徴ですが、簡単に下記に箇条書きしたのでご覧下さい。

・実績がある

・知名度がある

・口コミ/評判が良い

・大企業と連携している

派遣会社を使って単発バイトを探すのであれば、上記のような特徴を持っている派遣会社を利用しましょう。

自分が求める条件の仕事があるのか事前に確認

派遣会社には膨大な数の求人があるので、自分が希望する待遇の仕事を探すのは少し難しいです。

その為、自分が求める条件や待遇を提示して、担当者に探して頂くことをおすすめします。仕事内容や給料面、仕事する場所などの希望は事前に決めておくようにしましょう。

担当者からのサポートがしっかりした派遣会社を選ぶ

派遣会社を利用する最大の魅力は、担当者によるサポートです。
・面接の日程決め
・採用される為のアドバイス
・自分の希望に合う求人を紹介
担当者は上記のようなサポートをしてくれるので、自分で求人を探して面接するより簡単に職場を探すことができます。

しかしながら、派遣会社によっては担当者が適当で、上記のようなサポートをしてくれない場合もあるので注意が必要です。

派遣会社で仕事を探そうと考えているのであれば、しっかりと担当者がサポートしてくれる企業を選びましょう。

派遣会社の仕組みついてもっと知りたい方は、以下をチェックしてみてください。

【単発バイト】おすすめの求人サイト4選

それでは、単発バイトを探す方法の1つである「求人サイトを利用する」について解説していきます。

おすすめの求人サイトを4つご紹介するので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

求人サイトを使って単発バイトを探そうと考えている人は、是非最後までチェックしてみてくださいね。

はたらこねっと

 

運営会社

ディップ株式会社

求人数

534,907件(2022年5月16日時点)

得意な職種

WEB・クリエイター系、医療系、販売・営業・飲食・サービス系、IT・エンジニア系、工場・軽作業系、事務・オフィス系

はたらこねっとは軽作業の単発バイトの求人を多く抱えているのが特徴になります。

日払い対応や大学生も利用できるのが魅力で、はたらこねっとを使って求人を探している人も非常に多いです。注意点としては、働き始めるまでに少し期間が必要になる点でしょう。

他の派遣会社は即日から働ける職場を紹介している場合も多いですが、はたらこねっとに掲載されている求人は事前の登録会に参加しなければいけない場合があります。

はたらこねっとで求人を見つけたのであれば、事前にいつから働けるのか確認しておきましょう。

おすすめポイント

  • 求人数の多さはダントツ!
  • 検索機能が簡単で求人を探しやすい!
  • 正社員、契約社員の求人も豊富!

 

はたらこねっとはこちら

 

リクナビ派遣

運営会社

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

求人数

49,408件(2022年5月16日時点)

得意な職種

WEB・クリエイター系、医療系、教育系、営業・販売・サービス系、IT・エンジニア系、工場・軽作業系、事務・オフィス系

文章の校閲や試験監督などオフィス系の単発バイトを始めたい人は、リクナビ派遣をおすすめします。

注意点としては、基本的にリクナビ派遣は派遣求人サイトなので、単発の求人は多くありません。また、後日振り込みの求人も多いので、オフィス系の単発バイトに拘らないのであれば、他の求人サイトを利用した方が良いと言えるでしょう。

 

おすすめポイント

  • 日本最大級の派遣社員紹介サイトのため求人数が多い!
  • 機能が充実しているので自分の希望にあった求人を見つけられる
  • 職種が豊富!
リクナビ派遣はこちら

バイトル

運営会社

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

求人数

2,119,224件(2022年5月16日時点)

得意な職種

WEB・クリエイター系、医療系、教育系、販売・サービス系、IT・エンジニア系、工場・軽作業系、事務・オフィス系、建築・土木、調査・モニター、イベント系、美容系、飲食系、専門職

バイトルやイベント系や引っ越しなどの重労働系、テレビやコマーシャルのエキストラなど非常に幅広い単発バイトが用意されています。その為、自分に興味・関心がある仕事を見つけやすいです。

大量募集している求人も多く、他の派遣会社に比べても求人は見つけやすいと言えるでしょう。

しかしながら、多くの人が利用しているので、定員が早く達してしまう可能性もあります。自分が興味のある仕事に出会えたら、まずは応募するようにしましょう。

 

おすすめポイント

  • 対応がしっかりしているので初めてのアルバイトでも安心
  • 10代~20代の比較的若い層がターゲット

ショットワークス

運営会社

株式会社ツナググループHC

求人数

6,251件(2022年5月16日時点)

得意な職種

軽作業・イベント系・販売員・キャンペーン、PR系・飲食・引っ越し

ショットワークスは完全に単発バイトの求人が掲載されているサイトで、「明日働ける職場」や「日払い対応可」の求人を簡単に見つけることができます。

「明日働ける職場」や「日払い対応可」の求人を探しているのであれば、「ショットワーク」は利用するべき求人サイトと言えるでしょう。

 

おすすめポイント

  • 職種が豊富!
  • 面接なし+日払いで働ける案件が多い
  • 気軽に求人応募できる
ショットワークスはこちら

【単発バイトの探し方ポイント】自分に合った求人を絞る

それでは、単発バイト・日雇いバイトを探す際の大きなポイントになる「自分に合った求人を絞る」について解説していきます。

単発バイト・日雇いバイトは、なんといっても気軽さと待遇の良さがメリットです。

しかし、選び方を間違えると逆に負担になってしまうことも……。いい環境でしっかり稼ぐためにも、以下の点に注意してバイトを選びましょう。

通勤時間が負担にならないバイトにする

通勤時間が長すぎると、拘束される時間に対して入ってくる収入が少なくなるので、あまりおすすめしません。

無理なく通える範囲の距離で職場を探して、拘束時間を短くできるように心掛けてください。

また、交通費が支給されない場合もあるので、その点も事前にしっかり確認しておきましょう。

即戦力として働けるバイトを選ぶ

単発バイトや日雇いバイトは人材育成する時間がないので、即戦力として働くことができなければ、全く役に立ちません。

単純な作業が多いので未経験者でも歓迎している職場は多いですが、既に経験したことのある仕事や自信のある仕事がある場合は、即戦力として活躍できる職場を探すと仕事もスムーズに進むでしょう。

どのくらいの日給が良いかで絞る

単発バイトの大きな魅力は、長期バイトに比べて時給が良いという点です。

普通のアルバイトは時給1,000円程度(都道府県によって異なる)ですが、単発バイトであれば時給1200円の案件は数多くあります。また時給ではなく日給で収入が決まっている場合もあるので、自分が希望する待遇で仕事を絞りましょう。

そもそも単発バイトとは?メリットとデメリットを紹介

単発バイトをしたことがない人は、そもそも単発バイトってなんなの?メリットやデメリットはあるの?と疑問に思う方も多いかもしれません。

ここからは、単発バイトのメリットとデメリットについてそれぞれ見ていきましょう。

単発バイトのメリット

単発バイトにはメリットがたくさんあります。

 

  • 履歴書不要!面接の手間がかからない
  • 給料は即日払いが多い!すぐにお金が手に入る
  • スキマ時間を有効活用できる
  • 人間関係が楽!

以上4点のメリットについて詳しく見ていきましょう。

履歴書不要!面接の手間がかからない

単発バイトは履歴書・面接不要の場合が多いです。

求人サイトから応募する場合は、最初にサイト登録をすることで働くために必要な本名、住所、電話番号、給料の振込先などの自分の情報を何度も記入する必要なくスムーズに応募することができます。

単発バイトは、研修などが必要のない単純作業であることが多いです。重視する志望動機や資格などもないので、履歴者や面接不要の会社が多くなっています。

採用までのステップが少なく、すぐに働くことができるのがメリットです。

書類制作、面接が苦手な方にも嬉しい点ですね。

 

給料は即日払いが多い!すぐにお金が手に入る

単発バイトは給料が即日払いできることが多いです。

会社によって即日払い、日払い、週払いなど支払い方法が異なるので、応募する前に必ず確認しておきましょう。

バイト開始までの敷居が低いので初心者でも簡単に始めやすいですし、すぐにお金が必要という方には魅力的な働き方ですね。

 

スキマ時間を有効活用できる

単発バイトなら、突発的に用事が入るから長期のバイトは難しい、予定がなくなってしまったから今週の土日だけ働きたい……といった場合にも気軽に働くことができます。

忙しい主婦や、授業やサークルに忙しい学生、シフトが削られてしまったフリーターなど、さまざまな人が空いた時間を活用して働いています。

普通のバイトは応募、面接、採用まで時間がかかりますが、そういった点がなくサクッと働くことができるのも人気の理由のひとつでしょう。

人間関係が楽!

仕事仲間や上司との人間関係がうまくいかない、面倒臭い……思っている方は多いのではないでしょうか。

単発バイトは個人で黙々と作業する仕事が多いので、人間関係を気にする必要はありません。もちろん最低限の挨拶などは働く上で必要ですが、作業中の私語はないですし、人間関係に疲れている方は快適に働くことができるでしょう。

単発バイトのデメリット

気軽に働くことができる単発バイトですが、人によってはデメリットと感じる点もいくつかあります。

ここからは、デメリットを3つご紹介します。

 

  • スキルアップしたい人には不向き
  • バイト応募の手間が毎回かかる
  • 収入が安定しない

 

デメリットも理解して、自分にあった働き方をしましょう。

スキルアップしたい人には不向き

単発バイトは単純な作業であることが多く、未経験者でも気軽に始めることができます。それが1番のメリットでもありますが、単発バイトばかりを長く続けても身に付くスキルが少なく、仕事を通してスキルアップしたいという人には不向きでしょう。

単発で働く期間が決まっている場合、スキルアップというよりはひたすら業務をこなすことが大切です。

工場や製造業などの単発バイトでも、もちろん正社員を目指すこともできるので、単発バイトをしてみて、自分に合っていると感じたらその業種の正社員を目指すのもいいでしょう。

 

バイト応募の手間が毎回かかる

単発バイトは、1日から1~2週間だけというものが多いです。

1日働いてまた応募して……という生活を繰り返す場合は、毎回応募の手間がかかるのがデメリットでしょう。

スキマ時間の活用には最適な単発バイトですが、単発バイトでたくさん働きたいと思っている方は長期で募集しているバイトに応募する方が楽かもしれません。

 

収入が安定しない

単発バイトは業務が忙しい時期に募集され、短期間で募集が終了することが多いです。そのため、同じ会社で働き続けたいと思っても長期的に働き続けることが難しいでしょう。

また、常に自分の条件に合う求人があるとは限らないため、次の仕事がスムーズに決まらず不安に感じる方もいるようです。

単発バイトの探し方:人気単発バイトランキングTOP3

最後に、単発バイトで人気のある仕事をランキング形式で3つ紹介します。

体力的に楽で業務が難しくなく、大学生や高校生などでも働くことができる短期バイトなので、是非チェックしておきましょう。

1位:イベントスタッフ

イベントスタッフは人員整理や受付など、基本的には立って単純作業をしているだけなので、業務が簡単で非常に人気があります。

日払いの求人も多いので、単発バイトを探しているのであればイベントスタッフは非常におすすめです。

注意点としては、真夏や真冬に外で行われるイベントだと、体力的に消耗することでしょう。外で行われるイベントのスタッフになる場合は、季節によって消耗する体力が大きく変わるので、注意が必要です。

2位:軽作業・ピッキング

季節に関係なく簡単な作業で給料を貰える単発バイトが、軽作業・ピッキングになります。

基本的に軽作業・ピッキングは室内で行うので、真夏でも真冬でも関係なく快適な環境で働くことが可能です。

また、基本的には個人単位での作業になるので、人間関係で悩むこともありません。人間関係が面倒で1人で作業をしたいと考えている人は、軽作業・ピッキングの単発バイトは非常におすすめです。

3位:サンプリング

サンプリングとは、ティッシュやチラシの配布、プラカードを持って通行人を案内するなどが主な業務内容です。

人に声を掛けるだけなので、仕事の内容が簡単で誰でも気軽に始めることができます。

しかしながら、イベントスタッフと同様に外での作業になるので、季節によっては重労働になると言えるでしょう。冬は防寒対策、夏は水分補給などを忘れないよう注意が必要です。

まとめ:単発バイトを探す際は良い条件の仕事を選ぼう

本記事では、単発バイトを探す方法やおすすめの単発バイトランキングを徹底解説しました。

単発バイトは長期バイトに比べて待遇が良く、さまざまな仕事を体験できるというメリットがあります。

求人サイトや派遣会社を利用することで、単発バイトは簡単に見つけることができるので、興味のある人は今すぐ探してみましょう。

求人誌で求人を探す場合は、発行された日やネットでも調べるときっとあなたに合ったバイトが見つかるはずです。

この記事を参考に、ぜひ短期バイトを始めてみてくださいね!

関連記事

派遣から正社員に引き抜きの話がきたら?必ず確認するべき3つのこと

派遣先から正社員に引き抜きの話がきた方のなかには、「引き抜きに応じるか迷っている」「引き抜きは違法じゃないの?」と不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、引き抜きは法律的に問題はないのか、引き抜きの話がきた際

派遣会社で派遣社員として働く4つのメリットと3つのデメリットをご紹介!

派遣会社で派遣社員として働いた場合にはどのようなメリットが得られるのでしょうか。本記事では派遣社員として働くメリットや向いている人の特徴などを紹介しています。この記事を読めば、派遣社員の待遇や正社員との違いが分かるはずです。さっそく

春休みバイトのおすすめ8選。稼げるお仕事をご紹介

春休み!大学生なら長期休暇に入る時期ですね。 新生活が始まりますから、いろんな職種で求人が増えるシーズンでもあります。 休暇を利用してバイトを始めようと考えている人や、人材の需要が高まっている春休みに稼ぎたいと考えている

フォークリフトの仕事は女性も働きやすい!仕事内容や資格も紹介

「フォークリフトの仕事に興味があるけれど、女性には難しいんじゃないか」「特別な資格は必要なのか」など、このような不安や疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、フォークリフトの仕事内容や必要な資格などを解説し

【未経験OK!】楽な単発・短期バイトおすすめランキング10選

仕事は楽、責任もそこそこ、それでいてちょっと時給の高いバイトがしたい……そんなわがままな考え方をしている人は多いのではないでしょうか。 「仕事はそもそもキツいもの」と言われてしまえばそれまでですが、世の中には楽で時給も高いバイトもある