2021/11/01
お仕事内容

ニートでもできる仕事・バイト13選|在宅の仕事や職探しの方法も紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

閉じこもるニート生活をやめるために仕事を始めたいけれど、
「ニートの自分でもできるのか不安」
「このままずっとニートでいたらどうしよう」
このような不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、ニートでもできる仕事やバイト、それらの職のメリットもご紹介するので、様々な職業との適正を知ることができます。

ニートが仕事を探す方法や、職を探してくれるサービスなど、ニートの就職を助けるサービスもご紹介するので、これから仕事を探す方でも安心して取り組めるようになるはずです。社会復帰に向けたよくある質問も記述するので、仕事に応募する時や、実際に働く際の不安もなくなるでしょう。

ニートでもできる仕事を探し当てて、楽しくゆっくりと働きましょう!

ニートでもできる仕事8選

人それぞれの訳あって「今はニート」という方の中にも「本当は働きたいと思っている。でもどう動いていいかわからない」と悩んでいる方に向けて、今回はニートでもできる仕事を厳選して8つご紹介します。

ニートである人の多くは「人と関わることが苦手」という特徴を持っています。
ですから「人との関わりが少ない」ことが特徴の仕事を探していくと適した仕事が見つかります。

多様な職種、資格不要、また作業が簡単で楽な仕事等さまざまな仕事を解説していきます。
焦らずゆっくり仕事を探していきましょう。

倉庫作業

倉庫作業は軽作業とも呼ばれます。
代表的な仕事はピッキングや仕分け、商品の検品がありますがどれもスキル不要で未経験者でも安心して始められる仕事ばかりです。

また人とのかかわりが少ない仕事ですから、ニートから社会復帰を目指す際に「自分のペースで働きたい」と考えている方にはピッタリです。

清掃業

ホテルや商業施設の清掃を行うバイトは黙々と仕事をしたい方におすすめです。
特に大きな商業施設や病院の場合は担当面積が広いこともあり、1人で作業することがほとんどです。
特別な資格が不要な上、掃除は適度な運動にもなりますから社会復帰にはピッタリです。

ガソリンスタンド(セルフ)の店員

セルフ方式のガソリンスタンドの場合はお客さんと接する機会が少なく、主な仕事は給油機のメンテナンスや清掃業務です。

特にやることがない場合は事務所で座っているだけの時間も発生しますから、焦る必要もなく時間にゆとりを持って仕事ができますよ。

美術館のスタッフ

美術館のスタッフは入館手続きや展示品近くで見張りをする仕事です。

見張りと言ってもずっと立っているだけではなく、展示物の近くでパイプ椅子に座って監視をすることもありますから、体力的に楽な仕事です。

また美術館自体が静かな施設ですから、賑やかな場所が苦手な人でも安心して働ける仕事です。

ゲームテスター

聞きなれない職業に感じる人もいるかと思いますが、ゲームテスターは「発売前のゲームのバグをチェックする仕事」です。

企業から貰うマニュアルを元にコマンド入力やゲームを進めていき、バグがあれば報告をします。
ゲームに触ることが業務内容ですから、ゲームが好きな方にとってはとても嬉しい仕事です。

また、人と関わることが極端に少ない仕事ですから、人間関係に悩むニートの社会復帰にはおすすめです。

ネットカフェの店員

ネットカフェのバイトは接客業の中でもハードルが低い仕事です。
人とのかかわりを持ちながら社会復帰したい方にはおすすめ。

入店したお客さんの受付対応の他に、注文が入ればフードメニューの提供をしたり本棚の整頓やブースの清掃と一見仕事量が多く見えますが、どれも簡単な作業ばかりです。
清掃や本棚の片づけに関しては自分のペースで進めることができますから嬉しいですね。

ドライバー・流通

トラックのドライバーは社会復帰をめざすニートにとって意外におすすめの仕事です。
運転している間は1人の時間ですから、音楽を聴くもよし安全運転を心がけながら景色を楽しみながら運転するもよしと自分の時間を過ごせます。

長距離が難しいと感じるのであれば、宅配の仕事がおすすめ。
ルートさえ覚えてしまえば同じエリアをまわるだけですから、淡々と仕事がこなせます。
ネット通販需要が高まったことから求人も多く、採用確率も高めです。

営業職

「ニートに営業職?」と思いますよね。
しかし、ニートの中でも「人と関わることは好き。本当は人と話したい」と思っている方であれば思い切って営業職にトライしてみましょう。
営業職の中でもルート営業の場合は、新規開拓の必要がありませんからハードルは低めです。

さらに営業職はどのジャンルでも比較的求人数が多く、正社員登用も夢ではありません。
ゆくゆくは正社員として安定した働き方を目指す方は、ぜひ勇気を出して営業職に挑戦してみましょう。

ニートでもできる仕事5選~在宅編~

これまでは外に出て働く仕事を紹介しましたが、長年ニートでやってきた方に通勤して仕事をすることはなかなかハードですよね。

ですから次は「外に出るのが難しい」と感じる方に向けて、引きこもりでもできるおすすめの職業5つをご紹介します。

ブロガー

テレビを見ていると「ブロガーの●●さん」というワードをよく聞きます。
ブロガーも今や立派な職業として成り立っていますから、社会復帰の第一歩としてブロガーに挑戦してみるのはいかがでしょうか。

ブロガーと言ってもただ日記を書くのではなく自分のブログに読者を集め、企業から依頼された製品の広告をすることで自分に収入がある「アフィリエイト」がブロガーの醍醐味です。

著明になるためには努力や知識が必要ですが、家で悶々と悩んでいるよりも日記として自分のことを発信していくうちに人との関わりが発生したり収益につながったりする可能性がありますよ。

人と直接話すことが苦手だけど、人と関わりたいと思っている人にはおすすめです。

WEBライター

WEBライターはネット上で記事を書く人を言います。
ジャンルは多岐に渡り、恋愛やガジェット、人物や金融など自分の得意ジャンルで記事を書くことができます。

自分の趣味や知識をダイレクトに活かして仕事につながることがWEBライターの魅力です。
最初は文字単価が低くお小遣い稼ぎのような感覚ですが、経験を重ねていくうちに文字単価の高い仕事に挑戦できるようになり、WEBライターで生計を立てられる可能性もありますよ。

読書が好きだったり、趣味でこっそり文章を書いていたりする人におすすめです。

イラストレーター

あなたが絵を描くことが得意な場合は、在宅のイラストレーターに挑戦してみましょう。
在宅の場合は担当の方とのやり取りはほとんどがチャットかメールで済みますから、人間関係に対する不安はありません。

さらに自分の好きなことを仕事にできるのは生きがいを感じることができて嬉しいですね。

プログラマー

もしあなたにプログラミングスキルがある場合は、在宅でプログラマーの仕事をしてみませんか。

正社員でのプログラマーは勤務形態や福利厚生が悪いことが多いですが、クラウドソーシングを利用した業務委託であれば在宅ワークがメインですから、自分のペースで仕事に取り組むことができます。

また未経験者でもネット上では無料でプログラミング講習を行うツールがありますから、一度学習してみるのも良いでしょう。

翻訳家

英語や中国語など外国語のスキルを持っている方には在宅で翻訳の仕事がおすすめです。
英語が広く使われるようになったとはいえ、まだまだスペシャリストに頼る機会は多くあります。
貴重なあなたの能力を人のために役立てましょう。

クラウドソーシングでは翻訳の仕事や外国語でのライティングの仕事がたくさん掲載されていますから、スキルをお持ちの場合は一度確認してみましょう。

ニートでもできる仕事の特徴

ニートを経験した方の場合、就職に対して不安を感じます。
「ニートをやっていたからバイトでも正社員でも不利なんじゃないかな」と考え応募を躊躇ってしまうことも。

しかしニートだからと言って仕事をあきらめる必要はありません。
世の中には仕事がたくさんあり、必ずあなたを必要としてくれる企業があります。
ニートでも採用される仕事の特徴として「人手不足から採用率が高く就職しやすい」ことが挙げられます。
近年需要が高まったネット通販に関する仕事であれば、人手不足が深刻で常に企業は人を求めています。

では、採用されやすい仕事の特徴を確認し応募へ進めていきましょう。

自宅でマイペースに行う仕事

在宅で行う仕事は年々増加しており、クラウドソーシングを利用して見つけることができます。

従来であれば、シール貼りや封筒作成といった単価が低くなかなか稼げない在宅の仕事ばかりでしたが、ネットの普及によりプログラマーやライターなど在宅でしっかり稼げる仕事が増えています。

さらにブログであれば初心者でも簡単にスタートできる仕事ですから、敷居は低いです。

在宅での仕事は対人関係の悩みや通勤ストレスがなく、自分のペースで進められます。
社会復帰を目指すニートにとっては始めやすい仕事が多い特徴があります。

人と関わることがあまりない仕事

人との関わりが少ない仕事は、人間関係構築が苦手なタイプの方にとっておすすめの仕事です。

例えば軽作業の場合は黙々と仕事をするのであまり人と話す必要はありません。
軽作業の仕事を選ぶ方は元々コミュニケーション能力が高くないタイプが多いですから、あなたも安心して働くことができます。

さらに軽作業の場合は「初心者歓迎」を謳っている求人がとても多く、比較的簡単に就職できる仕事です。

在宅ワークについて詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

ニートでもできる仕事の探し方は?

「ニートを脱出して仕事をしたい」
仕事探しの意欲があればもう大丈夫。
あとは正しいやり方で職探しを進めるだけです。

あなたのやる気をサポートするために、本項目ではあなたの希望に合った職場で働くための考え方と取るべき行動をご紹介します。

ニートを辞める理由を明確にして自己分析をする

「なぜニートを辞めようと思ったのか」
まずは根本を追求しましょう。

「ずっとこのままではいけないと思ったから」
という考えでニートを卒業しようと決意したのであればその背景には

「親が高齢になってきたため、自立しなければいけないから」
「周りの人が悲しむから」
「何もできない自分が嫌になったから」
と様々な考えが浮かんでくると思います。

では次に親や周囲の人を悲しませないため、自立するためにはお金がいくら必要か考えましょう。

「実家だからお小遣いと家庭に入れる分を合わせて8万円くらい」
と考えるのであればバイトで良いでしょう。

「1人暮らしをしたいから20万円ほしい」
と考えるのであれば、派遣社員や正社員を目指す必要があります。

まずは自己分析をして働く目的や必要な金額をイメージしましょう。

就職後にやりたいことを確認して仕事を探す

具体的に働くイメージができたら次は「就職後の自分」を想像しましょう。

趣味にお小遣いを使うでも構いませんし、貯金して習い事を始めるでも構いません。
稼いだお金を使ってどう生きていきたいかをイメージすると働く意欲が湧いてきます。

「やりたいこと」のために働くことはとても素敵なことです。
目標に向けて働くと生き生きした自分に出会うことができます。

プロと転職先を探した後に応募先が求めることを理解する

欲しい収入となりたい自分をイメージ出来たら、次はプロに相談しながら就職先を探しましょう。

派遣会社や後述するハローワークは就職のプロです。
分からないことはどんどん質問して自分の条件に合った仕事を見つけましょう。

仕事を選ぶ際に気をつけたいことは「企業の求める人物に自分がマッチしているか」ということです。

企業が「スピーディーに仕事を遂行できる人」を求めているにも関わらず、あなたが「マイペースに仕事をしたいです」と言っていては採用してもらえません。

自分の求める条件と企業側の求める人材がマッチしているところに応募すると採用率が高まりますし、実際に入社してからのミスマッチに悩むこともありませんよ。

ニートでもできる仕事を探せるサービス

ニート期間が長いと仕事を探す方法から躓くことがあります。
社会復帰の第一歩である仕事探しをクリアするためには、人の力を借りることが大切です。

本項目ではニートの方の仕事探しを援助するサービスを紹介します。
バイトだけでなく正社員の仕事探しにも役立つ情報です。

ハローワーク

ハローワークは仕事探しには欠かせない機関です。
お住まいの管轄のハローワークを調べたら実際に訪問して登録手続きを済ませましょう。

あなたの経歴やスキル、希望する条件に合わせて専門の方がアドバイスをくれますから安心して就職活動ができます。

また、スキルがないから何か資格を身につけたい場合にもハローワークはおすすめです。
条件によってはパソコンスキルや各種資格を取得するための「教育訓練」を受けることができます。
資格取得から就職まで、ぜひハローワークを活用して社会復帰を目指しましょう。

クラウドソーシング

近年就職活動に便利なツールとして「クラウドソーシング」があります。
仕事を発注したい企業がインターネットを介して不特定多数の人に仕事の依頼を発信することができるツールで、在宅でできる仕事はクラウドソーシングを介して探すと効率的です。

求人の中には「完全在宅」「オフィス来訪不要」といった人と関わる必要がないものが多いですから、社会復帰するにはとても適した仕事探しの方法です。

ニートが社会復帰する時によくある質問

仕事が決まり、ニートを卒業して社会復帰が決まっても
「働きたいけど引きこもり期間があったせいで人とのかかわり方が分からなくなった」
という意見がしばしば見られます。

本項目では社会復帰に際して発生する問題についての対象法を解説します。
社会復帰に向けて一緒に不安を払拭しましょう。

ニートでも社会復帰はできる?

ニートでも社会復帰はできます。
まず「仕事をしよう」と思えただけでとても大きな進歩ですから、自分に自信を持ってくださいね。

「仕事ができるんだ」というポジティブな気持ちを持つことで、実際の行動もいい方向に向かっていきますから、ポジティブな気持ちを大切にしましょう。

ニートが社会復帰をする際に行うことは?

ニートだった人が社会復帰をする際に大切なことは

・健康的な生活リズム
・挨拶や返事をしっかりとする
・「自分は仕事をできる」という前向きな気持ちを持つ

上記の3点です。

働くためには健康である必要がありますから、夜更かしや朝寝坊は止めてきちんと決まった時間に寝起きしましょう。
また、食生活は栄養を考えて3食欠かさず食べましょう。

そして仕事をする際には「挨拶・返事」が大切ですから、仕事に行った際には元気よく挨拶を心がけましょう。
挨拶が良いだけで人の印象はとても良くなります。

そして忘れてならないのは「前向きな気持ち」です。
「どうせできないと」と思っていてはせっかくのチャンスが逃げてしまいます。

ニートから抜け出したあなたは必ず成功します。
ポジティブな気持ちを忘れないようにしましょう。

まとめ:ニートでもできる仕事・バイトに就くならプロに相談しよう

今回はニートを卒業して仕事を始めたい人におすすめの仕事をご紹介しました。
また、仕事を始めるにあたって大切な心構えもお話しましたからぜひ参考にして求人応募にトライしてみてくださいね。

ニート経験者であっても仕事はあります。
特に人付き合いが苦手なタイプが多いかと思いますが、人と関わらなくてもできる仕事はたくさんあります。

職業によってはある程度の努力が求められることもありますが、もしやってみたいという気持ちがあるのであれば、ぜひ挑戦してみましょう。

あなたの挑戦がきっと将来役に立つ時が来ます。
仕事探しの一歩を踏み出したあなたはもう大丈夫です、ピッタリの仕事に出会えるよう少しづつ頑張っていきましょう。

未経験でも安心なバイトについて詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

関連記事

【大学生向け】楽しいおすすめのバイト9選

時給や勤務地などももちろん、バイトを始める上では大事な要素ですが、どうせ働くなら楽しく働きたい!そう思う人も多いでしょう。 そこで!大学生を中心に人気を集めているバイトや、ダブルワークとして人気のバイト、さらに1度は憧れたことがあるバ

【ガッツリまとめて稼ごう!】日給1万円以上のおすすめバイト10選!

日給1万円以上のバイトをまとめました。 アルバイトを決める時に最も重要なものは何ですか? 仕事内容 環境 仕事量 人によって決め手は様々だと思いますが、一番重要なのは、賃金ではないでしょうか? 1日働いたのに日給が1万円に届かない…

ピッキングとは?工場で働く前に必ず知っておきたい6つのこと

求人情報でよく見る工場や倉庫内でのピッキング作業。 とはいえ、「ピッキングって何?」「具体的に何をするの?」「仕事内容はきつい?」のような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、ピッキングの作業内容やメリット・デメ

物流業界の仕事内容を解説!メリット・デメリットや向いてる人も紹介

物流業界で働きたいと思っているけれど、「仕事内容がよく分からない」「自分に向いているのか知りたい」といった不安や疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、物流業界で働く前に知っておきたい物流の仕事内容をご紹介しま

工場バイトって本当に辛いの?工場バイトのきついところを調査

日払いバイトを考えている人にとって、工場バイトは一番身近なのではないでしょうか。 覚える仕事はほとんどなく、単純作業の繰り返し。その上時給も高いんだから言うことないですね! しかし、工場バイトは体力的にキツいとか、辛い作