2021/10/20
短期・日払バイト

シングルマザーが働きやすい派遣の仕事おすすめランキングTOP5

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

シングルマザーで派遣の仕事をしたいと思っているけれど、
「子育てと両立できるのか不安」
「生活が困窮したらどうしよう」
といった大きな不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、シングルマザー向けの派遣の仕事をランキング形式で解説し、シングルマザーでも働きやすい派遣の仕事をご紹介します。

どのような仕事ならシングルマザーに優しいのか、仕事選びの前に知りたい注意点を述べるので、安心して派遣の仕事を選ぶことが可能です。派遣で働く際のメリット・デメリットや、よくある質問なども解説するので、派遣の仕事に就く際の不安も解消されるでしょう。

シングルマザーでも働きやすい派遣の仕事を見つけて、あまり気負わず働きましょう!

目次

シングルマザーにおすすめの派遣の仕事ランキングTOP5

シングルマザーは仕事はもちろんですが家事育児を全て一人でこなさなければならないため、仕事だけに集中することはできません。

ですから仕事は比較的業務内容が簡単で、ストレスを感じないものを選ぶことをおすすめします。
本項目では忙しいシングルマザーが安心して働くことができる仕事をランキング形式で5つご紹介します。

5位:コールセンター

コールセンター業務は主にかかってきた電話に対応する仕事ですから、マニュアルさえ把握していれば安心して働くことができる仕事です。

「マニュアルが覚えられるか心配」と不安を感じるかもしれませんが、大丈夫です。
入社前の研修が充実していますし、業務中に対応が難しい電話がかかってきた際も上司に指示を仰ぐことができます。

コールセンターは女性の割合が圧倒的に高く、主婦のバイトはもちろんフルタイムで勤務するシングルマザーの方も多くいる職場です。
母子家庭ならではの事情に理解してもらいやすい職場といえます。

4位:工場での製造業

製造業は機械部品や医薬品などジャンルは多岐にわたりますが、いずれもシングルマザーに優しい仕事です。

製造業は基本的に土日休みの会社がほとんどですから、休日は子供と一緒に過ごすことが可能です。

また、仕事内容も比較的単純作業で簡単な業務が多いですから、仕事でのストレスを溜め込まずに働くことができるでしょう。

3位:介護士

介護士は未経験でも働きながら資格取得を狙える、将来性がある仕事です。

昨今福祉ニーズが高まっていることから、介護士の求人はとても多く出ています。

「未経験から」「資格取得を目指しながら働こう」という文言で求人に出ているように、介護士は専門学校を出ていなくとも、実務経験を積めば試験を受けることができます。

「資格を取得をしてゆくゆくは正社員を目指したい」と考えている方にはピッタリの仕事です。

2位:事務職

事務職は主にパソコンを使ったデータ入力や伝票作成など、事務所でデスクワークを行う仕事です。

仕事内容はルーティン業務が多く、一度覚えてしまえば淡々と働くことができる仕事です。
また、比較的休みを取りやすい仕事ですから子供の急な体調不良や学校行事に合わせて働くことができます。

事務職を経験しながらExcelやWordなどの資格取得を目指すとスキルアップもできますよ。

1位:データ入力

事務職と仕事内容が若干重複しますが、データ入力はシングルマザーにとって一番人気の仕事です。

事務職の場合は会社によっては来客応対や電話応対をしなければなりませんが、求人が「データ入力」のみとなっている場合は、パソコンを使ってデータ入力の仕事だけをすればいいので難しいことはありません。

「育児と家事に集中したいから仕事ではあまりストレスを感じたくない」と考えているシングルマザーにとっては、ストレスフリーで働ける仕事でしょう。

軽作業について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

シングルマザーが派遣の仕事を選ぶ際に考慮すべきこと

シングルマザーが仕事探しをする際には、いくつか注意しなければならないポイントがあります。

注意する点としては、仕事だけでなく家事育児も自分でしなければならないため、あなたにとって無理なく働ける求人をチェックする必要があります。

本項目ではシングルマザーが派遣社員として就職する際に考慮すべきポイントを解説します。

職場と子供の預け先の距離は近いのか

働く職場と自宅、もしくは職場と子供の預け先の距離は仕事を選ぶ際に重要なポイントです。

幼い子供を持つシングルマザーの場合、子供の急病で迎えに行かなければならないことが頻繁にあります。
職場と預け先の距離が遠い場合は、時間のロスが大きく身体的負担も大きくなります。

仕事の待遇や福利厚生ももちろん重要なポイントですが、通勤距離も仕事を選ぶ際にはチェックしておきましょう。

時短対応は可能なのか

幼い子供を持つシングルマザーにとってフルタイム勤務は厳しいものがあります。
ですから時短勤務が可能な仕事を選ぶと、心身ともに負担を軽減することができます。

派遣会社から仕事を紹介してもらう際に「○時~○時までの仕事」と具体的に勤務時間を伝えておくと、無理なく働ける仕事を紹介してもらえますよ。

育児サポートはあるのか

子供を一人で育てるシングルマザーにとって「育児サポートのある派遣会社」は働く上でとてもありがたい存在です。

ベビーシッターのサービスや保育園の併設された派遣会社、その他にも子供についての福利厚生が存在する派遣会社はたくさん存在します。

自分一人で仕事や育児を抱え込まずに済むように、派遣会社のサポートを受けることをおすすめします。

職場に似た境遇の人はいるのか

職場に自分と似た境遇の人がいると働きながら理解を得ることができ心強いです。

同じくシングルマザーとして働く立場の人がいれば、お互いに悩みを共有し合うことができますし困った時にはサポートしあうことができます。

職場において女性の割合が高い場合は特に、家庭環境について理解を得ながら働くことができます。

従業員の人数が多い職場や女性が多い職場、可能であれば同じような境遇の人がいる職場を選ぶようにしましょう。

シングルマザーが派遣社員で働くメリット

派遣社員という働き方はシングルマザーにとってメリットが豊富です。

近年どの派遣会社も「子育て中のママを応援」という福利厚生が充実してきています。
また仕事内容も働くママに適した業務を多く取り扱っています。

本項目ではシングルマザーが「働きやすい」と感じる派遣社員のメリットをご紹介します。

子育てに寛容な職種が多い

派遣会社が取り扱う仕事はコールセンターや軽作業、事務職などといった子育てしながら働くことが可能な仕事がとても多いです。

求人にも「ママ歓迎」「急な休みに対応します」といった、働く母親にとってありがたい条件が多く記載されています。

子育てに寛容な職種を選ぶことで、「子供の風邪で急に休まなければならない」「子供も急に迎えに行かなければいけなくなった」といった、母親独特の悩みを軽減して働くことができます。

時短勤務や週休3日などの相談もできる

シングルマザーに限らず、働く母親は時間の制限がとても多いです。
子供の状態や習い事の有無によっては週5日の勤務が難しい場合もあります。

派遣社員の場合は正社員とは違い、勤務日数や勤務時間の調整が比較的容易ですから自分の生活のスケジュールに合わせた勤務が可能となります。

高時給の仕事が比較的多い

派遣社員は「稼げる仕事」が多いと言われます。
理由としては比較的どの仕事も時給が高く、パートであれば時給900円の仕事が派遣社員の場合は時給1,300円と圧倒的に高時給である場合があります。

せっかく同じ仕事をするのであれば少しでも高時給で働きたいですよね。
派遣社員の場合は効率よく収入を得ることができますから、時間の制限がある中でしっかり稼ぎたいシングルマザーにとってはおすすめの働き方です。

資格取得制度のサポートが確立している

働く上で資格を持っていると待遇面で優遇されることがとても多いです。

「資格なし」の場合は選べる仕事も制限されてきますが、何かしらの資格を持っていると仕事の幅も広がり高待遇で就業することが可能となります。

派遣会社では資格取得のためのサポートが整っており、外部だと有料で受けなければならない講座が無料で受けられたり、試験の際は受験にかかる料金の負担をしてくれる会社もあります。

「派遣の場合、雇用が不安定だから心配」と感じている人は資格取得のサポートを利用してスキルアップをすることで安定した雇用を目指すことができますよ。

充実した福利厚生を受けられる

資格取得のための講座以外にも派遣会社には様々な福利厚生があります。

社会保険や健康診断、有給取得の推奨など基本的な福利厚生はどこの派遣会社も整っています。

さらに派遣会社によってはレジャーランドや旅行の割引優待を受けることができたり、ベビーシッターサービスが受けられる会社もあります。

場合によっては正社員になれる可能性もある

今は派遣社員として勤務していても、場合によっては正社員を目指すことができる可能性があります。

通常であれば派遣社員は数ヶ月おきの契約更新が必要ですが、派遣先企業において働きぶりが認められた場合、正社員として登用してもらうことができます。

シングルマザーが派遣を選ぶデメリット

シングルマザーにとってメリットが多い派遣社員の仕事ですが、いくつかデメリットも存在します。

派遣社員は福利厚生や時給が高いというメリットの反面、年齢を重ねると仕事が決まらない・体力的に厳しいといった問題点が発生してきます。

年齢を重ねてから後悔しないためにあらかじめデメリットを確認し、対策をすることが大切です。

雇用形態が不安定で将来の不安が拭えない

派遣社員の場合は雇用形態が不安定という大きなデメリットがあります。
シングルマザーの場合は自分が大黒柱となって生活を支えていかなければならないですから、雇用の不安定さに不安を感じることは仕方がありません。

「ずっといつ切られるか不安を抱えていくのは嫌だ」「派遣切りによる貧困のリスクにさらされたくない」という不安を強く感じる人にとっては、派遣社員という雇用形態は適していないでしょう。

しかし派遣社員には「派遣会社からスキルアップの支援を受けられる」という強みがあります。
派遣会社の支援を受けながらスキルアップをし、ゆくゆくは正社員登用を目指すこともできます。あまり悲観的に考えず使えるサポートを使って将来に備えましょう。

住居費や子供の学費を稼ぐハードルが高い

派遣社員の場合、日々の生活費は問題なく稼ぐことができます。しかしボーナスや昇給がないことから、子供の高額な学費を捻出したり家のローンを組んだりとなると難しくなります。

少しずつでも貯金することはもちろんですが、給付型の奨学金や学資保険をかけておくことで学費の問題はクリアできます。

また、シングルマザーの公的支援は年々手厚くなっていますから使えるサービスをフル活用することをおすすめします。

年齢を重ねると派遣先が決まりにくい

派遣社員に定年はありませんが年齢を重ねると派遣先も限られてきます。

特に年齢を重ねた場合体力の低下から「仕事が辛い」と感じることがあります。

年齢とともに狭まる派遣先の選択肢ですが対処法があります。
資格を取ったりスキルアップして年齢の壁以上の力をつけておくと、高齢になっても職場で活躍することができますよ。

どんなに頑張ってもボーナスや昇給に繋がらない

派遣社員の時給が高時給であることの反面、ボーナスや昇給がない場合が多いことがデメリットとして挙げられます。

「仕事内容が大変で一生懸命頑張っているにもかかわらず、時給が上がらないのは悲惨」と考える人にとっては、正社員を目指すほうが懸命かもしれません。

しかし幼い子供を抱えながら仕事をするシングルマザーにとっては、時間の融通がきく派遣社員という仕事は、メリットのほうが際立っているでしょう。

シングルマザーが派遣で働く時によくある質問

シングルマザーが派遣社員で働く場合のメリットとデメリットをご紹介しましたが、まだまだ働くに際して疑問が多くあるのではないでしょうか。

本項目ではシングルマザーが悩みやすい派遣に関する疑問をについて細かく解説していきます。

「母子世帯」「ひとり親世帯」ならではの悩みを解消しておきましょう。

シングルマザーは派遣とパートのどちらが適している?

結論から言うと、シングルマザーには派遣社員として働くことをおすすめします。

パートの場合は比較的時給が低く、少しでも多く収入を得たいというシングルマザーにとっては非効率的な働き方です。

派遣社員の場合はどの仕事も基本的に高時給ですから、月々まとまった収入を得やすいです。
また派遣社員の場合は安定したシフトで勤務することが大多数ですから、生活リズムやスケジュールを計画しやすいというメリットがあります。

派遣の仕事を辞めたい時はどうする?

派遣社員としての仕事が「ストレスが少ない仕事が多い」とは言っても、仕事に悩みや苦しいことはつきものです。

中には「仕事を辞めたい」と悩むような大きな問題が起こることもあるでしょう。
しかし生活を支えるシングルマザーにとって、仕事を辞めることは容易いことではありません。
だからといって体を壊すまで働き続けることは避けたいものです。

仕事を辞めたいと悩んだ際には、まず派遣会社の担当者に相談しましょう。
あなたと一緒に悩みの原因を突き止めて、解決策を導き出してくれます。

派遣社員の良いところは「職場を変えられる」ということです。
合わない職場であれば担当者に話をして契約終了をし、次の職場を探しましょう。

社会保険に加入するメリットは?

働く条件によっては、派遣社員でも社会保険に加入する必要が出てきます。
社会保険には健康保険や年金、介護保険や雇用保険など様々な種類があります。
加入条件を満たしているのであれば、ぜひ加入しましょう。

派遣会社で社会保険に加入する際は、会社が保険料を一部負担してくれますから、自分で国民年金保険料や国民健康保険をかけるよりも遥かにお得です。
また、雇用保険をかけておくことで、仕事を辞めた際に失業保険を受給できる可能性もありますから、社会保険の加入はおすすめします。

住宅ローンを組んだ場合は児童扶養手当に影響が出る?

「家を購入するためにローンを組みたいが、児童扶養手当が止められるかもしれない」という疑問を持つ方が少なくありません。

結論として、シングルマザーが住宅ローンを組む際に児童手当に影響はでません。
しかし気をつけたいことは「一人で育てているかどうか」です。

家を購入して新たなパートナーや両親と住む場合は、同居者の収入が児童扶養手当の審査に影響しますから、最悪の場合は児童手当が打ち切られる可能性があります。

まとめ:シングルマザーだからこそ派遣のメリットを活用しよう!

今回はシングルマザーが派遣社員として働く際に知っておきたいメリットとデメリットをご紹介しました。
またシングルマザーに適した職種を豊富にご紹介しましたので、仕事選びの際に参考にしていただければ幸いです。

シングルマザーは時間の制限や家事育児の負担を考えると仕事だけに集中するということは難しいです。
ですから限りある時間の中で効率よく収入を得ることが必要となります。
派遣社員の場合は時給が高くシフトの融通が利くことからシングルマザーにとって効率よく働くことができる就業形態ではないでしょうか。

メリットだけでなくデメリットももちろん存在しますが、今回は対策法を合わせてご紹介しましたからぜひ参考にしてあなたにとってベストな働き方を見つけてくださいね。

主婦向けの仕事について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

関連記事

日払いバイトの面接に必ず受かる服装【男性】

  「日払いバイトの面接ってどんな格好したらいいのかな?」   そう気になる男性の方。 面接は交通費や履歴書、証明写真などの出費があります。 面接に落ちればその時間もムダになるので、

東京のおすすめ登録制バイト8選!定番から面白バイトまで一挙ご紹介

自分のスケジュールに合わせて働ける、短期だから人間関係に後腐れなく働ける!そう言った理由で登録制バイトは人気を集めています。 登録制バイトであっても、東京ではスタンダードな軽作業から、覆面調査にエキストラバイトなど変わった職種に出会う

一般派遣とは?特定派遣や紹介予定派遣との違いを徹底解説

派遣の仕事を始めてみたいけれど、「そもそも一般派遣とは?」「派遣は種類がありすぎて分からない」といった不安や疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、一般派遣を始めとして、他種の派遣も分かりやすくご紹介します。一般派

バイト先の人間関係の悩みを解消|嫌いな人と関わらない方法も紹介

バイト先の人間関係で悩んでいて、 「バイト先へ行くのが憂鬱」 「嫌な人とシフトが被るのが怖い」 このような不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、バイト先の人間関係でよくある悩みや、その悩みを解消に導くためのコ

ピッキングの志望動機の書き方3選!未経験でも受かるポイントや例文を徹底解説

巣ごもり需要や通販サイトの拡大により、ピッキングの需要が高まってきています。バイトや新たな仕事先にピッキングや倉庫作業を検討している人も多いのではないでしょうか。 しかし、未経験の場合「履歴書の志望動機の書き方や、何を書けば良いのか