2023/10/09
短期・日払バイト

派遣会社の選び方のポイント|注意点を知って優良派遣会社を見極めよう

この記事を読むのに必要な時間は約 26 分です。

選ぶ

「派遣で働きたいけど、どの派遣会社を選べばいいの?」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。派遣会社の数はとても多く、初心者の方などはどの派遣会社を選べば良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

優良な企業と出会って安心して働くためには、派遣会社を選ぶポイントを把握しておくことがとても大切です。

そこでこの記事では、自分に合った派遣会社の選び方やメリットなどをご紹介したいと思います。派遣会社を選ぶ際の注意点や、選んではいけない悪質な派遣会社の特徴までご紹介するので、派遣会社を選ぶ上での不安を取り除いてくださいね。

派遣会社の選び方のコツをしっかりと押さえて、楽しく働きましょう。

目次
  1. そもそも派遣とは
  2. 派遣会社の選び方のポイント
    1. 職種や業界に特化した派遣会社を選ぶ
    2. 求人数の多さから選ぶ
    3. 長期的に安定して働ける会社を選ぶ
    4. 働く際の条件から選ぶ
    5. 研修が充実している会社を選ぶ
    6. 福利厚生の充実度を確認して選ぶ
    7. サポートやフォローの充実度から選ぶ
    8. 優良派遣事業者に認定された会社を選ぶ
    9. 口コミを見て参考にする
  3. 派遣会社の種類ごとのメリット
    1. 独立系派遣会社:フォローが手厚い
    2. 大手派遣会社:福利厚生や求人数が充実
    3. 職能特化型派遣会社:専門分野が学べる
    4. 資本系派遣会社:大手企業でも働ける
  4. 派遣会社を選ぶ際に気をつけたいポイントとは?
    1. 仕事内容の希望を具体的に伝える
    2. ◯◯専門派遣会社という名称に注意する
    3. 担当者と会話をして相性を確認する
    4. 自己分析やスキルアップを徹底する
    5. 派遣会社に全てを任せすぎない
    6. 派遣会社は複数の会社に登録しておく
  5. 登録してはいけない派遣会社の特徴とは
    1. 中小企業なのに案件が溢れるほどある
    2. 時給が高すぎる
    3. 求人要項に矛盾がある
    4. 対象者の欄に「歓迎」「尚可」が多用されている
    5. 派遣先が関連企業やグループ企業ばかりの派遣会社
    6. 口コミが悪い派遣会社
  6. 派遣で働くメリットとは                
    1. 普通のアルバイト・パートよりも時給が高い                           
    2. ライフスタイルに合わせた働き方ができる                
    3. いろいろな職種・職場を経験できる                          
  7. 派遣バイトならテイケイワークス東京 
  8. まとめ

そもそも派遣とは

派遣とは、派遣会社が働きたい方とスタッフを必要とする企業の間に入り、必要な場所に人材を手配することをいいます。

そのため、派遣で働きたい方は、まずは派遣会社に登録して雇用契約を結ぶ必要があるのです。そして、派遣会社がワーカーの希望の職種や条件を聞き、条件に合ったお仕事を紹介してくれるという流れになります。

派遣会社に登録して働く方法には、派遣バイトや派遣社員として働くという方法があります。派遣バイトの場合は面接なしでそのまま働き始められる場合や、面接や書類選考が行われる場合もあり、働き方によって異なります。

そして、お仕事が決定したら、就業先の企業へ出向いて勤務します。なお、給与は企業から派遣会社へ支払われ、派遣会社からそれぞれのワーカーへ支払われるという流れになります。雇用主は働く企業ではなく、派遣会社となることを覚えておきましょう。

また、就業契約には期間があり、期間終了とともに契約も終了となります。長く働きたいという場合は、無期雇用派遣制度や紹介予定派遣制度を使うという手もありますよ。これらの制度については、以下で詳しくご紹介していきます。

派遣会社の選び方のポイント

それではさっそく派遣会社の選び方のポイントについて見ていきましょう。

近年は多くの大手派遣会社がありますので、それぞれの個性を比較して自分に合った企業を選ぶことが大切です。

まずはお仕事をするうえで自分が何を重視して働きたいのかをしっかり整理しておき、そのサポートをしてくれる企業を選んでみてください。

職種や業界に特化した派遣会社を選ぶ

派遣会社は、大きく言うと総合型特化型にわかれます。

総合型は幅広い業界や業種の求人を扱っているので、「まだ希望業種を特定していない人、これから新しいスキルを見つけたい人」などに向いています。

反対に、特化型は軽作業・介護医療・技術職・事務職・製造職など、特定の業種を専門に紹介する派遣会社です。特化型はやりたいお仕事の案件が多くそろっているため、働きたい職種や業界の希望がある場合は特化型の派遣会社を選択することをおすすめします。

求人数の多さから選ぶ

派遣会社が取り扱っている求人情報の数は、お仕事探しの重要な目安となります。数件しか求人がない企業よりは、何十件も求人がある派遣会社の方が自分に合った仕事を見つける確率が高くなりますよね。

案件数が多ければ時給や勤務時間、経験・未経験、テレワークなど、自分にあった条件のお仕事と出会うチャンスが広がり、社会保険や有給休暇など福利厚生の選択肢が増えるのもメリットです。

また、派遣会社によっては関東の求人数は多くても他の地域は極端に求人数少ないということもあり得ます。自分が働きたいエリアの求人数はどれくらいあるか事前によくチェックしておきましょう。

長期的に安定して働ける会社を選ぶ

派遣社員のデメリットは「雇用の期間に定めがある」ということです。

派遣先によっては数ヶ月で契約終了となり、不安に感じる方も多いかもしれません。

雇用に長期的な安心感を求める方は「無期雇用派遣制度」「紹介予定派遣制度」のある派遣会社がおすすめです。

また、未経験者やスキルアップを目指している方は、研修や資格取得支援制度、キャリアアップのフォロー体制が充実している派遣会社を選びましょう。親身になってくれる担当者にサポートをしてもらいながら、長く働くことができるはずです。

無期雇用派遣制度

無期雇用派遣制度とは、終了期限を決めずに紹介先の職場で勤務し続けることを言います。すでに「有期雇用派遣」は存在していましたが、こちらは労働基準法で3年までという期限があり、お給料も時給制でした。無期雇用派遣は年数の制限がなく月給制なので、より不安を感じずに長く働けるでしょう。

無期雇用派遣は期間を定めることなく派遣会社と雇用契約を結ぶことになるため、派遣先が決まっていない待機期間も給料が支払われるという仕組みになっています。

無期雇用派遣では採用選考がありますから、誰でも無期雇用派遣になれるわけではありませんが、安定して働きたいという方はぜひ挑戦してみてください。

正社員と似ていますが、正社員はあくまで派遣先企業の指示で勤務する雇用形態で、無期雇用派遣は派遣会社の指示で勤務するという違いがあります。

紹介予定派遣制度

安定して収入を得るためには「紹介予定派遣」の制度を設けている派遣会社を選ぶのもおすすめです。

紹介予定派遣制度とは、最初は派遣社員として企業でお仕事をスタートしますが、その後の働き方や企業とのやり取りによっては正社員や契約社員として採用される可能性のある雇用形態です。

期間終了後に直接雇用となる前提で働けるので安心感があり、通常では入社しにくい有名企業にも採用可能な、やりがいのある派遣制度です。試用期間は最長6ヵ月で、この間に「思っていた仕事と違った」などと感じた場合は、こちらからお断りすることもできます。

働く際の条件から選ぶ

あなたの働くスタイルに合った求人を多く扱っている派遣会社を選ぶことも大切です。

例えば「小さな子供がいるためあまり遅くまで働けない」という方の場合、「ママさん歓迎」「子供を育てながら活躍できる」といった文言で求人を出している派遣会社を選ぶと希望の条件を見つけやすくなります。

実際に子持ちの方に手厚いサービスがある派遣会社は多く存在しますから、チェックしてみてくださいね。

研修が充実している会社を選ぶ

スキルアップ講座や資格所得のための研修が充実している派遣会社を選択することは、あなたが将来できる仕事の幅を広げることに役立ちます。

本来は高額であるスクールの講座や研修も、所属する派遣会社の福利厚生の一環であれば無料や格安で受講できます。

お金をかけずスキルアップする絶好の機会ですから、派遣会社選びの基準に加えてみてはいかがでしょうか。

福利厚生の充実度を確認して選ぶ

研修や講座の他にも、派遣会社によってはさまざまな福利厚生があります。

社会保険や有給などの基本的な福利厚生はもちろん、会社によってはレジャー施設の案内や旅行の優遇などの嬉しい特典がある場合も。

せっかく派遣で働くのであれば、自分の気になる福利厚生がある派遣会社を選んでみましょう。

派遣会社によって福利厚生は異なるので、より充実した派遣会社を見つけてみてください。

サポートやフォローの充実度から選ぶ

派遣会社の担当者は派遣社員にとって非常に重要な人物です。
担当者のサポートを受けながら仕事を探すことになりますから、サポートが丁寧な会社を選択することも大切です。

担当者があまりにも多くの担当を抱えている場合はあなたのサポートが手薄になったり、自分の思いを伝えることができず仕事選びに支障をきたす場合もあります。

担当者は途中で変更してもらうことも可能な派遣会社もありますが、事前に口コミなどをチェックしておくのがおすすめです。

優良派遣事業者に認定された会社を選ぶ

「優良派遣事業者」は厚生労働省によって以下のように定められています。

法令を遵守しているだけでなく、派遣社員のキャリア形成支援やより良い労働環境の確保、派遣先でのトラブル予防など、派遣社員と派遣先の双方に安心できるサービスを提供できているかどうかについて、一定の基準を満たした派遣事業者を「優良派遣事業者」として認定します。

優良派遣事業者に認定された派遣会社で働くことのメリットには、「働きやすさ」「待遇の良さ」等、仕事をする上で重視したいポイントが多く含まれています。

優良派遣事業者であるかどうかは派遣会社のウェブサイトを見ればわかりますから、事前にチェックしておきましょう。

口コミを見て参考にする

自分で派遣会社のウェブサイトなどを見て判断することはもちろん大切です。

しかし実際に働いている人の口コミを参考にすると、リアルな現場の状態を知ることができます。口コミサイトなどで簡単に調べることができますから、事前に確認しておきましょう。

ただし口コミには「誇張した悪口」の記載も多くありますから、全てを鵜呑みにせず参考程度にとどめておきましょう。

派遣会社の種類ごとのメリット

ここまでは派遣会社の選び方のポイントについてご紹介しました。

派遣会社の規模は日本のみならず、世界的に有名な外資系の派遣会社から地域に根ざした小規模な会社までさまざまです。

上記でも派遣会社には総合型と特化型の種類があることをご紹介しましたが、ここからはさらに詳しく派遣会社の種類と、種類ごとの特徴やメリットについて見ていきましょう。

  • 独立系派遣会社
  • 大手派遣会社
  • 職能特化型派遣会社
  • 資本系派遣会社

派遣会社選びの基準に役立ててくださいね。

独立系派遣会社:フォローが手厚い

独立系の派遣会社は歴史ある会社が多く、担当者からのフォローが手厚い特徴があります。
また、実績が多いことから派遣先企業との信頼関係が構築されており安心して働けるメリットがあります。

独立系の派遣会社は会社ごとに雰囲気がまったく異なりますから、自分にあった会社かどうかをリサーチすることが大切です。

大手派遣会社:福利厚生や求人数が充実

大手派遣会社の特徴は「求人数が多く福利厚生が整っている」ことです。

求人数が多いことや全国展開されていることから、全国各地にオフィスがあり安心して働くことができます。
また働くサポートが手厚く、初めて登録する方の場合は大手派遣会社を最初に登録することをおすすめします。

職能特化型派遣会社:専門分野が学べる

製造や販売など専門分野に特化した求人が多い派遣会社の種類です。

専門分野に特化していることから、派遣先企業との結び付きが強く長期で働くことが可能な求人が多くあります。

「〇〇のスキルを活かしたい」と強く希望する職種がある場合は職能特化型の派遣会社を選択すると良いでしょう。

資本系派遣会社:大手企業でも働ける

資本系派遣会社は、大手企業の関連会社であることから、本来正社員ではなかなか働けないような有名企業で働くことができるという特徴があります。

また、大手企業に派遣される機会が多いことから、しっかりとしたマニュアルやルールが徹底されており、安心して働くことができるというメリットもあるでしょう。

派遣会社を選ぶ際に気をつけたいポイントとは?

ここまでは派遣会社選びの基準をご紹介してきましたが、本項目では派遣会社を選ぶ際に自分が心がけること、気をつけたいポイントについてお話します。

良い派遣会社を選ぶためには、自分も事前に準備やスキルアップをしておく必要があります。

良い派遣会社に巡り合うためにできる5つのポイントを確認しておきましょう。

仕事内容の希望を具体的に伝える

いくら良い派遣会社に所属しても、あなたが仕事の希望を具体的に伝えられなければ派遣会社の担当者は「あなたにぴったりの仕事」を紹介できません。

チャンスを逃さないために「私はこんな仕事をしたい」という具体的なビジョンを伝えることを忘れないでください。また、勤務場所や勤務時間などの希望がある場合もはっきりと伝えましょう。

◯◯専門派遣会社という名称に注意する

「〇〇専門」と記載がある派遣会社は専門的な仕事をしたい人にとっては効率的に仕事を探せるメリットがありますが、特別なスキルを持っていない人にとっては仕事が見つかりにくいです。

また、専門性の高さゆえに求人数が少ないことがありますから「いろいろな仕事を見たい」という方も避けた方が無難でしょう。

派遣会社の選び方がよくわからないからと適当に選んでしまうと、自分に合った仕事が見つけられずに転職活動も難航してしまいます。

担当者と会話をして相性を確認する

派遣会社の担当者はあなたの一番の味方である必要があります。
自分の担当者とはコミュニケーションを取り、良い関係性を築き上げることが大切です。

もし「どうしても合わない」と感じた場合は担当者を変えてもらうことも可能ですから、派遣会社に相談してみましょう。

自己分析やスキルアップを徹底する

「こんな仕事がしたい」と強く希望しても、希望する仕事があなたに適していなかったりスキル不足の場合は任せてもらうことができません。
「実力がなくて好きな仕事を選べない」ということは意外と多くの方がぶち当たる壁です。

好きな仕事をするためには「自己分析」「スキルアップ」が大切です。
「自分にはどんな仕事が向いているのか」「どんなスキルを身につける必要があるのか」を今一度確認し、自己研鑽に励みましょう。

派遣会社に全てを任せすぎない

派遣会社が仕事選びのサポートをしてくれることは絶対ですが、自分で派遣先企業のリサーチをしたり就業に必要な準備を進める気持ちは常に持ちましょう。

自主的に動くことで担当者からは「熱意があるから安心して仕事を任せられる」と信頼され、より条件のいい案件を案内してもらえる確率が高まります。

派遣会社は複数の会社に登録しておく

派遣会社は2社以上に登録しておくのがおすすめです。

1社だけの登録だと仕事がなかなか見つからず焦ったり、狭い世界で仕事を探すことになるため自分の可能性を狭めてしまうこともあるでしょう。

2社以上登録することで求人を比較したり、より良い条件の仕事に応募することができますから、派遣会社はぜひ複数登録をしておきましょう。

おすすめの登録の仕方は、「大手を1社」「地域に根ざした派遣会社を1社」それぞれ登録することです。

登録してはいけない派遣会社の特徴とは

派遣会社を選び間違えるとストレスを強く感じながら仕事をしなければなりません。
派遣会社がしっかりしていない場合、担当者のサポートがなく仕事が決まらなかったり、給料が支払われず生活に支障をきたしたりとトラブルは多く考えられます。

本項目では派遣会社選びで避けたい6つの注意点をご紹介します。

  • 中小企業なのに案件が溢れるほどある
  • 時給が高すぎる
  • 求人要項に矛盾がある
  • 対象者の欄に「歓迎」「尚可」が多用されている
  • 派遣先が関連企業やグループ企業ばかりの派遣会社
  • 口コミが悪い派遣会社

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

中小企業なのに案件が溢れるほどある

大手の派遣会社であれば求人が多いことは納得できます。
しかし決して大手とは言えない中小規模の派遣会社にもかかわらず、多すぎる求人を掲載している派遣会社は注意が必要です。

中小企業で求人が多い場合は「人気がない求人を多く掲載している」「難しい条件の求人がある」という理由が挙げられます。
また、管理が行き届いておらず「募集終了」した求人がそのまま掲載してあることも。

中小企業での仕事探しは特に求人選びに慎重になる必要があります。

時給が高すぎる

派遣の仕事は時給が高めに設定されていることが多いですが、平均よりも明らかに時給が高すぎたり、高いのに応募資格などの制限がなかったりする場合は注意が必要です。

派遣会社のアクセス数や登録数を増やすために、実態のない求人情報などを掲載する「おとり求人」「釣り求人」である可能性があります。

魅力的な求人に見えても、おとり求人の場合は実態がないため応募することはできません。このような求人に騙されないよう、明らかに条件が良すぎる求人には注意しましょう。

求人要項に矛盾がある

求人の冒頭には「未経験者募集」と記載されているにもかかわらず、読み進めていくと「〇〇経験者」「資格を持っていると望ましい」と記載が出てくる求人があります。

求人内で矛盾がある場合は、実際に勤務してからも業務内容に矛盾やトラブルが発生する確率が高いですから注意しましょう。

対象者の欄に「歓迎」「尚可」が多用されている

「歓迎」「尚可」は求人を多くの人に見てもらいたいがゆえに記載する言葉です。
「歓迎」という甘い言葉に釣られて応募しても、応募数が多く採用に至る確率が低いという問題は未経験者によくあるトラブルでしょう。

「歓迎」とは耳触りがいい言葉ではありますが、信用しすぎないほうが賢明です。

派遣先が関連企業やグループ企業ばかりの派遣会社

派遣先が子会社や関連企業ばかりだと仕事の幅が狭くなります。
さらに関連企業が「とりあえず今は人が足りていないから、いつでも切れるように派遣で人を囲っておこう」と考えて求人を出している可能性もあります。

グループ内での勤務は凝り固まった価値観の中で仕事をしなければならないパターンが多く、息苦しさを感じることも。
マニュアルが徹底されていて淡々と働きたい方には適した環境ですが、「いろいろな仕事を経験したい」という方にはつらい環境でしょう。

口コミが悪い派遣会社

口コミをチェックすることについては上記でもご紹介しました。

口コミには「誇張した悪口」の記載も多くあるため全てを鵜呑みにはしないようお話しましたが、明らかに悪い口コミが多いという場合はよくチェックしてみましょう。

特に、給与が未払いであったり、支払い日から遅れることが頻発している派遣会社は注意が必要です。

給与の支払いが遅れるということは、経営状態に不安があるか、会社の仕組みが確立されていないという問題があります。会社の経営が安定していない場合は派遣社員も安心して働くことができませんから、避けたい条件です。

派遣で働くメリットとは                

派遣会社に登録して働くと、基本的には時給制で契約期限がある不安定なお仕事のため、「アルバイトとはどこが違うの?」と感じる方も多いかもしれません。

しかし、派遣でのお仕事には、正社員やアルバイトとは違うさまざまなメリットがあります。「自分のライフスタイルに合っている」と感じる方もいると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 普通のアルバイト・パートよりも時給が高い
  • ライフスタイルに合わせた働き方ができる
  • いろいろな職種・職場を経験できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

普通のアルバイト・パートよりも時給が高い                           

一般のアルバイト・パートと、派遣バイト・派遣社員の大きな違いは時給です。近年は賃金の見直しがされており、パートアルバイトの時給は1,000円前後となりましたが、派遣社員の平均時給は1,500円前後、中でも関東ならば1,700円台と高額です。

これを1ヵ月や年間の収入に換算すれば、非常に大きな差になるでしょう。お金は仕事のやりがいにも関わりますので、大切なポイントです。

派遣バイト・派遣社員の時給が高く設定されているのは、人材募集のコストをカットできるということや、契約期間の制限がゆるいことなどが理由です。人材募集のコストがカットされる分、時給に反映されているのでしょう。

ライフスタイルに合わせた働き方ができる                

派遣のお仕事では、ライフスタイルに合わせた働き方を選べることが大きなメリットです。一般的な就職では、こちらが企業のスタイルに合わせるケースが多いでしょう。

しかし、派遣会社に登録すると勤務時間・勤務形態・地域など自分の希望の条件を事前に登録し、それに合った案件をコーディネーターが探してくれるので、ライフスタイルに無理のないお仕事と出会える確率が高くなります。

学生さんや子育て中の方、女性などでも気を使いすぎずにお仕事探しができるでしょう。

いろいろな職種・職場を経験できる                          

派遣は契約期限があることに不安を感じる方もいるかもしれませんが、これはいろいろな職種・職場を経験できるというメリットにもつながります。

大学を卒業後正社員として就職してしまうと、なかなかやめることができずに1つのお仕事に限定されてしまいますよね。

派遣会社の仕事内容は豊富で、事務・軽作業・製造などを始めマスコミ・クリエイティブ関連・製薬会社など一般的には経験できない大企業のお仕事もあります。

「複数の中からお仕事を見つけたい。スキルアップをしたい。」と考えている方にはとてもおすすめです。

派遣バイトならテイケイワークス東京 

運営会社 テイケイワークス東京株式会社
得意な職種 軽作業、物流関係

関東エリアで気軽に派遣バイトを探すなら、「テイケイワークス東京」がおすすめです。

関東(東京、埼玉、神奈川、千葉、茨城)に22拠点を構え、主に物流軽作業案件に力を入れています。

人気のピッキングからフォークリフトや事務などの要スキル案件まで幅広く扱っていますよ。

登録会は身分証明書があればすぐに参加できます。まずはウェブサイトから応募して予約を取ります。会場を訪れて面談m写真撮影などをするだけで、すぐにメールでお仕事の案内が通知されます。

軽作業バイトなら未経験の方や学生・フリーターでも安心して働けるでしょう。ミドル世代の方も気軽に登録しやすい派遣会社です。

まとめ

今回は派遣社員を目指す方、派遣バイトを始めたい方に向けて、所属する派遣会社を選ぶ際に気をつけたいポイントについてご紹介しました。

不安定なイメージのある派遣社員や派遣バイトですが、近年は長く勤めたい方も気軽に働きたい方も、条件に合わせた働き方ができることがわかりましたね。

「派遣会社に登録」と聞くと、学生や未経験者、家庭のある方などは、少しハードルが高く感じてしまうかもしれません。しかし、登録自体はどの派遣会社もとても簡単です。

自分の希望する職種や職業に合わせて派遣会社を選ぶことや、受けたい福利厚生が整っている派遣会社を選んでみましょう。派遣会社にはそれぞれに特色があるため、自分が求める条件をしっかりと把握しておくことも大切です。

派遣会社は数多く存在しますから、あなたに合った派遣会社は必ず見つかります。

今回の「派遣会社の選び方」のポイントをチェックして優良な会社に登録し、安心して取り組めるお仕事と出会ってください。

各派遣会社の特徴について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

軽作業に強い派遣会社について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

執筆者

baito-note編集部

baito-noteでは、単発・短期バイトに関するお役立ち情報を幅広く発信します。
バイト探しのコツや職種・業務内容ごとの案件情報、おすすめの派遣会社まで、編集部が徹底的にリサーチ。お仕事探しに悩む皆さまに有益な情報をお届けしていきます。

関連記事

派遣バイトにおすすめの派遣会社と仕事16選を解説

「おすすめの派遣バイトを知りたい!」 本記事をお読みのあなたは、こんな風にお考えかもしれません。 ・すぐに始められる ・即日でお金を受け取れる ・1日~働けるから空いた日に自由に働ける など、派遣バイトにはたくさんのメリットがありま

千葉県で出来るおすすめ派遣バイト会社4選。ワークスタイルに合った派遣会社をご紹介。

千葉県で派遣バイト探すなら、どの派遣会社がいいのだろう。派遣バイトを探す時、あなたはどのように何を基準で探しますか? 派遣バイトを探すには求人数が多い派遣会社に登録することがおすすめです。また、派遣会社によって特定の業種に特化している場合

【夏休みだけ働きたい!】大学生・高校生におすすめの短期バイト8選

「夏休み……休みはたくさんあるが、やることが決まっていない。」 「夏休みの前半はガッツリ働いて、後半はたくさん遊びたい!」 なんて考えている学生さんはいませんか?特に予定がない、暇な時間があるのならば、バイトで思いっきり稼いで、夏を

一般派遣とは?特定派遣や紹介予定派遣との違いを徹底解説

派遣の仕事を始めてみたいけれど、「そもそも一般派遣とは?」「派遣は種類がありすぎて分からない」といった不安や疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、一般派遣を始めとして、他種の派遣も分かりやすくご紹介します

コールセンターは男性も働きやすい?男女比や男性が働くメリットも紹介

コールセンターの仕事をしてみたいけれど、 「男女比が偏っていそう」 「男性でも働ける?」 このような不安や疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、コールセンターの気になる男女比や、男性がコールセンターで働くメリ