2022/12/08
その他・バイト全般

派遣社員も出張を命じられる?出張できる条件や拒否する方法も紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

出張

派遣先企業から出張を命じられたけれど、出張があるなんて思わなかった」「派遣社員は出張の拒否はできる?」という不安や疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、派遣社員は出張できるのか否かという疑問を解決します。

なるべく出張は避けたい方に向けて、出張を拒否する方法も解説するので不安な方はぜひ記事をご覧ください。海外出張と海外派遣の違いまで詳しくご紹介するので、出張に対する不安を解消できるはずです。

派遣社員の出張システムをしっかりと押さえて、出張を受けるのか受けないのかを判断しましょう。

派遣のしくみについて詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

派遣社員は出張できる?

基本的に派遣社員の行う仕事は、「誰にでもできる仕事」「人手が足りずサポートとしてする仕事」がほとんどですから、出張してまで行う仕事は任せられません。

しかし、派遣先によっては「どうしても」と出張に行くことを依頼してくる可能性がわずかながら存在します。

ここでは、派遣社員が出張を求められた際に確認しておきたいポイントや注意すべき点を解説していくので、しっかりと認識しておきましょう。

出張が契約書で取り決められていればできる

「出張してほしい」と派遣先からお願いされた場合は、まず契約書を確認しましょう。ほとんどの人は、派遣先との顔合わせ面談の際に業務内容の確認をしたと思います。

派遣社員は、面談で話し合って決めた、契約書に記載のある業務しかできないという決まりがあるため、契約書に「出張業務」の記載がない場合は出張ができません。出張できるか否かは、契約書から確認するようにしてください。

契約内容を途中で変更すれば出張できるケースもある

契約書の中に「出張業務」が含まれていない場合でも、双方の合意によって契約内容を変更できれば、派遣社員でも出張は可能となります。契約内容を変更するには、派遣会社への報告が必須なので、くれぐれもあなたと派遣先企業間のみで変更をしないように注意しましょう。

出張の宿泊費や交通費は派遣先が出すルール

出張に欠かせない要素として、「出張旅費」がありますよね。出張旅費には宿泊費や交通費、場合によっては移動時間にかかる費用も含まれます。

基本的に出張旅費は派遣先が出す決まりなので、自分で負担する必要はありません。

ただし、派遣先企業が出張にかかる費用を先に払ってくれることは少ないため、自分で立て替えて後日領収書を提出するのを忘れないようにしましょう。

派遣先企業によっては、出張旅費を先に負担してくれて、自分で立て替えをする必要がない場合もありますから、出張が決まった際には費用面を事前に確認しておきましょう。

派遣社員は出張を拒否できる?

派遣先企業から出張をお願いされた時に、「行きたくない」と思うこともあるでしょう。

出張となれば普段の業務以上の責任がありますし、時給に見合わない働きをしなければいけません。また、トラブル遭遇時の不安もあります。

第一、派遣社員のメリットは「自由な働き方や負担が少ない働き方」なので、出張業務は荷が重いと感じてしまっても仕方がありません。

ですから、快適に働くためにも、出張を断るという選択肢も視野に入れておきましょう。ここからは、派遣社員が出張を断ることが可能なケースをご紹介します。

契約書に記載されていない出張は拒否できる

派遣社員は、契約書に基づいた業務を担当する決まりがあります。そのため、契約書にない出張の場合は断ることが可能です。契約書に記載がない出張を急に依頼された場合には、「契約にない業務のためできかねます」と断りましょう。無理に受けると、今後また依頼されてしまう可能性があるため、ハッキリと伝えることが大切です。

契約書の出張に関する条件をよく把握しておく

契約書に「出張業務」の記載があった場合は、条件が適切であるかを確認するようにしてください。「宿泊を伴わない主張業務」と記載があるにも関わらず、宿泊する必要がある遠方への出張業務を依頼された場合は契約違反とみなされます。契約条件は詳細まで確認しておきましょう。

割に合わない出張は拒否する

出張できる契約内容であったとしても、時給や身体的負担を考えて「割りに合わない」と感じた際は断りましょう。

派遣社員の業務に出張は無いことがほとんどのため、出張手当の制度が整っている派遣会社は少ないです。出張手当があったとしても、「万が一」を考えて派遣会社が断るケースは多いので、派遣社員も出張を無理に出張を引き受ける必要はありません。

派遣は出張前提で働く雇用ではない

先述しましたが、派遣社員は「誰にでもできる仕事」をすることが前提で雇用されます。出張は誰にでもできる仕事には当てはまりませんし、本来であれば正社員が担当する業務です。さらに言えば、派遣社員の時給には出張を想定した金額が設定されていませんから、出張をすると「働き損」となってしまいます。

「キャリアアップのために経験としてやってみたい」という気持ちがあれば構いませんが、

嫌だと感じるのであれば断りましょう。

派遣社員の海外出張は2種類ある

出張と聞くと国内での出張業務がメインになりますが、職種によっては海外出張の可能性もあります。なかなか遭遇しない派遣社員の海外出張ですが、もしもに備えて知識をつけておけばしっかりと対応できるでしょう。

「海外に出張」と一口に言っても内容は2種類あります。1つは派遣会社はそのままで海外に出張して仕事をする「海外出張」、もう1つは派遣先から海外の会社に所属する「海外派遣」です。

それぞれについて具体的に見ていきましょう。

海外出張:日本の事業所に所属

海外出張は、期間が1ヶ月以内と設定されているケースが多い出張です。出張した際の就業場所が海外であっても、派遣会社や派遣先の手続きは変わりません。「海外出張」と言われた際は、「普通の出張」という感覚で良いでしょう。

海外派遣:海外の事業所に所属

注意したいのは、「海外派遣」という出張形式です。

長期に渡る出張が「海外派遣」に当てはまりますが、海外派遣の場合は手続きが複雑になります。管轄する労働局に「海外派遣届出書」を提出する必要があったり、派遣会社が派遣先企業に別途詳細の書類を提出する必要があったりなど、手間がかかります。「海外派遣」と言われた場合には、条件や手続き方法などをしっかりと理解した上で受けるかどうかを検討するようにしましょう。

派遣社員が出張を受け入れる際の注意点

出張を受け入れる際には、派遣先企業と出張におけるさまざまな条件を話し合った上で、書面に残してもらうようにしましょう。書面として残っていないと、後ほどトラブルになる可能性もあります。

・出張手当は出るのか

・移動時間は勤務時間に含まれるのか

・交通費の精算方法はどうなるのか

・事故やトラブルが起きたときは保証をしてくれるのか

こういった点を書面で残していくと安心です。さらに、派遣先企業だけでなく、派遣会社も含めた話し合いの場があると不安や疑問をまとめて解消できるので、可能であれば提案してみてください。

派遣社員の出張に関するよくある質問

「出張するのは良いけれど、分からないことが多くて不安」と考え積極的になれない方がいると思います。

本来であれば、派遣社員は出張する必要がありませんが、経験しておけばスキルアップにつながりますし、自信につながるというメリットも存在します。

ここでは出張の全貌が見えず不安を感じる方に向けて、よくある質問に回答していくので、ぜひ参考にしてみてください。

出張手当・宿泊日当は派遣会社を通さなくても良い?

出張手当や宿泊に関わる費用は業務上の必要経費ですから、派遣先企業が直接支払いを済ませても問題がありません。派遣先企業から直接支払いを受けても、不安に思う必要はないでしょう。

しかし、自分で出張費の費用の立て替えをした場合は注意してください。費用の立て替えを依頼された場合は、必ず領収書を保管して、派遣会社を通して精算してもらうことを忘れないようにしてください。

派遣社員の出張には派遣元会社の承認が必要?

派遣社員が出張をするためには所属する派遣会社の許可が必要になります。実際の業務における指揮命令は派遣先企業の担当者にありますが、あくまであなたの雇用主は派遣会社です。

ですから、本来派遣先企業は、「なぜ出張する必要があるのか」という明確な理由を派遣会社に提出する必要があります。

契約内容に出張が含まれない場合は、契約書を見直さなければいけません。出張を依頼されて自分が受け入れたいと思った際に、これらの工程が省かれているようであれば、派遣先企業に申し出るようにしましょう。

テイケイワークス東京で探す

まとめ

今回の記事では、派遣社員が派遣先企業から出張を依頼されたら出張はできるのか、断る際にはどうすれば良いのかをご紹介しました。

契約内容に「出張業務」が含まれていない場合は出張を断ることができますし、出張手当がつかなかったり、時給に見合っていない出張も断れます。

何度も申し上げましたが、派遣社員の仕事は「誰にでもできる仕事」がメインです。出張は本来であれば正社員が行う業務ですから、無理に引き受ける必要はありません。

もし出張を頼まれて断りたい場合は、本記事を参考にしてみてください。あなたが無理なく働くためにこの記事が役立てば幸いです。

派遣の雇用契約書について詳しく知りたい方は、こちらの記事も読んでみてください。

関連記事

ダブルワーク希望の履歴書の書き方は?職歴の例文や志望動機も紹介

ダブルワークで働き始めることを決めたけれど、「履歴書をどう書けば良いのか分からない」「そもそもダブルワークって履歴書に書くもの?」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、履歴書へのダブルワーク職歴の

副業とは?副業の種類や仕事内容をまとめて紹介

本業の年収だけでは貯金する余裕がない、将来のためにもっと稼いでおきたいと考えている人の中には、副業を考えている人も多いのではないでしょうか。 現在では5社に1社が副業を認める時代になっており、大手企業でも続々と副業解禁の動きが出てきて

一人で黙々と出来るバイトは?人間関係が楽な仕事13選

「人見知りでバイトでもコミュニケーションがうまく取れない」「接客業が苦手だから一人で黙々と出来るバイトをしたい」といった悩みを抱えている人もいますよね。 そんな方のために、この記事では人間関係が楽な仕事や一人で黙々と出来るバイトをまと

【大学生向け】楽しみながらできるおすすめのバイト12選

バイトを始める上で時給や勤務地などももちろん大事な要素ですが、どうせ働くなら楽しく働きたいと思う人も多いでしょう。 そこで、この記事では大学生を中心に人気を集めているおすすめバイトをまとめて紹介していきます。バイトの選び方なども合わせ

おすすめの単発バイト8選|仕事内容や選び方のポイントを紹介

「短期間でサクッと稼ぎたい」という人におすすめなのが、単発バイトです。空き時間に簡単に稼げるというメリットから、学生や主婦、ダブルワークをしたいサラリーマンまで、幅広く人気があります。 しかし、単発バイトは職種や勤務条件がさまざまで、