2021/11/21
お仕事内容

倉庫の仕事内容は?メリット・デメリットや時給・服装も解説

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

倉庫
倉庫の仕事に興味があるけれど、「どのような仕事なのかは詳しく知らない」「思ったよりきつい仕事だったらどうしよう」といった不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、倉庫内作業の気になる内容や環境をご紹介します。倉庫の仕事のメリットやデメリットも詳しく解説するので、これから仕事を始める際も安心して応募できるようになるはずです。倉庫内業務の平均時給や適した服装、仕事の種類までご紹介するので、倉庫内で働く上での不安はなくなるでしょう。倉庫の仕事のコツをしっかりと押さえて、楽しく働きましょう!

倉庫の仕事内容

「倉庫の仕事」と聞くと勤務内容が幅広く、あまり具体的な想像がつきにくいですが、具体的にはAmazonをイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

倉庫内作業は軽作業とも言われますが「オーダーがあった商品を物流センター倉庫からピックアアップし、発送まで準備する」仕事を指します。

似た内容で製造業の工場からの出荷作業も倉庫作業に該当します。

また倉庫内作業の雇用形態は派遣やアルバイトなどの雇用形態が多く、学生から主婦まで幅広く勤務可能です。

本項目では「倉庫の仕事」の基本情報について解説しますので、仕事に対するイメージを膨らませていきましょう。

倉庫の仕事の雇用形態・待遇

倉庫作業の雇用形態は多くが派遣スタッフやパート・アルバイトで、作業員は女性や高齢者もよく見られます。

正社員の求人も稀に見られますが、正社員の場合は軽作業だけでなく人の管理や倉庫全体の在庫管理等レベルが高い仕事も付属します。

「軽作業だけしたい」と考えている方は派遣やアルバイトでの応募をおすすめします。

作業をする倉庫の環境

倉庫作業を行う現場は名前にある通り、会社の倉庫内部です。

休憩時は事務所に行くことがありますが、基本的には倉庫内でずっと仕事を進めると考えて良いでしょう。

倉庫内作業で気を付けたい点は「温度差」です。倉庫内は広く、またフォークリフトが出入りすることから冷暖房が利きにくい環境です。

したがって冬は寒く、夏は暑い現場が多いですから着衣のコントロールや体調管理が重要になります。

また取り扱い商品によっては大型の商品もありますので、条件によっては体力が必要となる場合もあります。

倉庫の仕事はどのような魅力がある?

温度差について自己管理が必要ではありますが、倉庫内作業には多くの魅力があります。

倉庫内作業には「仕分け」「ピッキング」「梱包」など様々な作業内容がありますが、どの作業も未経験者でも行える作業です。

さらに「男性が多いイメージ」の倉庫内作業ですが、子育てが一段落した主婦の方のように女性が多く活躍している現場です。

簡単かつ様々な年齢や性別の方が安心して働けることが倉庫の仕事の魅力です。

倉庫の仕事に大切なこと

魅力が満載の倉庫業務ですが、大切にしたいことが1つあります。

それは「丁寧に作業をすること」です。

倉庫業務の大半はお客様に向けて商品を準備することです。したがって「お客様が安心して受け取れる商品を準備する」ことが重要です。

商品を丁寧に扱うことは倉庫の仕事において、最も大切にしたいポイントです。

倉庫の仕事に向いている人の特徴

倉庫の仕事における魅力を踏まえて「倉庫業務に向いているタイプ」を考えると 以下の通りです。

・丁寧に作業ができる
・体力がある
・コツコツと作業を続けられる

上記の特徴が「自分にある」と言う方は倉庫の仕事に適していると言えるでしょう。

倉庫の仕事のメリットは?

倉庫作業の環境や魅力についてお伝えしてきましたが、本項目では倉庫の仕事にあるメリットについて解説します。

倉庫の仕事は多くが単純作業で、未経験者から安心して働ける職種です。

メリットを見て「自分にぴったり」と感想を持った方はぜひチャレンジしてみましょう。

未経験でも高い時給の求人がある

倉庫の仕事は未経験でもできる仕事内容ですが、時給は1,000円~1,200円の求人が多くしっかり稼ぐことが可能です。

また夜勤が発生する場合はさらに時給が高くなりますので、一般的に知られている飲食店やレジ業務等のバイトに比べると高時給で働くことが可能です。

フルタイムで月に20日働いた場合、月収20万円近く稼げる可能性もありますよ。

黙々と仕事を進めることができる

倉庫内作業の多くは人と深く関わる必要がなく、黙々と1人で作業を進めます。

したがってコミュニケーション能力に自信のない方や、あまり交友関係を広めたくない方は倉庫作業は楽に働けます。

シフトの融通を利かせやすい

倉庫内作業は多くの方が一斉に同じ作業をするため、シフトの融通が利きやすいです。

必ずしもフルタイムで働く必要はなく、自分の都合に合わせて「日払いの数日だけ」「夜勤だけ」と比較的自由に働くことが可能です。

シフトの融通が利きやすい点から、副業として倉庫の仕事をしている方もいますよ。

倉庫の仕事のデメリットは?

メリットが多い倉庫の仕事ですが、あらかじめ知っておきたいデメリットも存在します。

働き始めてから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないため、2つのデメリットをご紹介します。

職場によって仕事内容や環境が大きく異なる

倉庫の仕事と言っても取り扱う商品は様々で、倉庫によって特色が異なります。

注意した異例として食品を扱う倉庫の場合、冷凍庫や冷蔵庫に出入りする機会が多くあります。したがって冬場は寒い思いをしたり、体調不良になる可能性があります。

また職場によっては人間関係が面倒な職場もありますから、面接の際に勤務環境や人間関係について確認しておくと良いでしょう。

単調作業がほとんどなので飽きやすい

倉庫内作業のほとんどが「単調作業」であるため、初心者は安心して働けますが、慣れてくるとつまらなさを感じる方もいます。

「飽きた」と感じる場合は作業スピードを測定して「●分短縮に成功」とゲーム感覚で働くと、刺激を感じながら働くことができますよ。

倉庫の仕事の時給はどのぐらい?

倉庫の仕事のデメリットを確認したことで実際働くイメージができてきたかと思います。

本項目ではよりイメージを深めるため、倉庫の仕事の時給について解説します。

基本的に時給が高い上、夜勤も入ればさらにしっかりと稼ぐことが可能ですよ。

時給は平均1,000円くらい

求人を見ていると「仕分け」「ピッキング」「軽作業」と倉庫の仕事求人があります。

求人からおおよその平均時給を調べていくと、倉庫作業は平均して1,000円の時給設定が多いです。

さらに夜勤になると時給1,250円~とより時給が高くなります。

倉庫の仕事の服装は決まっている?

倉庫の仕事を始める時に「制服はあるの?」と気になる方もいるでしょう。

本項目では倉庫の仕事の服装や装飾品について解説します。

服装は作業着または動きやすい服

参考までに、倉庫内作業における服装についてご紹介します。

倉庫内業務は基本的に動きやすくシンプルな服装の規定がほとんどです。汚れる現場の場合は作業着を支給されることがありますが、おおよそ私服での作業となります。

私服の場合、華美なものやアクセサリーは控え、動きやすく安全な服装を心がけましょう。

倉庫の仕事の種類をご紹介

一口に「倉庫の仕事」と言えども内容は様々です。

本項目では倉庫作業に当てはまる7つの作業内容をご紹介します。

作業系の仕事も細かく分けると様々な仕事があり、工場や倉庫での求人は多岐にわたりますので、内容を確認し自分にあった仕事内容で応募しましょう。

仕分け

仕分けは2種類あり「入荷仕分け」「出荷仕分け」に分類されます。

「入荷仕分け」は倉庫内や工場内に入荷した商品をジャンルごとに整理して収納する業務を指します。

一方で「出荷仕分け」は注文が入り、検品・梱包を済ませた商品を配送エリアごとに仕分ける業務を指します。

検品

入荷した商品や発送する商品に傷や汚れがないかを確認する作業です。
また電化製品の場合は不具合がないかを確認する役割もあります。

検品が適切に行われないとお客様に不快感を与えるため、繊細な仕事ぶりを求められる業務です。

梱包

検品が完了した商品はダンボールや梱包材を使い発送に備えた梱包を行います。

梱包が不適切な場合、運送中に商品の破損や紛失につながりますので、丁寧な作業を求められます。

管理業務

管理業務は正社員やリーダーが担当する現場が多いです。

倉庫内の在庫数の把握や入荷する商品の段取り、従業員の管理等をチェックして作業を円滑に行うサポートの役割を担います。

ピッキング

ピッキングは倉庫内作業の代表的な仕事です。

倉庫内にある商品をオーダー表を元に集め、検品梱包に回す役割です。
仕事中は立ちっぱなし・歩きっぱなしで体力の必要な仕事です。

しかしネット通販の人気から日中だけでなく夜勤業務もあるため、シフトに自由が利く利点があります。

運搬/積み下ろし/積み込み

倉庫内で梱包し発送準備が整った商品をトラックに積み込んだり、到着した商品を下ろす仕事が運搬業務です。

荷物は大規模なことが多く、フォークリフトを使うシーンが見られますのでフォークリフト免許を持っている方は重宝されますし、時給も高く設定してもらえます。

シール貼り

倉庫内で商品にバーコードシールを貼ったり、商品ごとに必要な製造補助作業を指します。

商品の種類は豊富ですが、仕事内容はパターン化されていますので慣れてしまえば体力も必要なく安心して働くことが可能です。

ピッキングについて詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

まとめ:倉庫の仕事が自分に合うと思ったら働いてみよう

今回の記事では倉庫の仕事について、仕事の魅力やメリット・デメリットを解説しました。

また倉庫内作業は未経験者でも安心して働ける仕事であるものの、時給は1,000円以上と高い設定という嬉しい事情もあわせてご紹介しました。

倉庫内作業は単純作業が多く未経験や自分に自信のない方でも安心してスタートできる仕事です。

「できるかも」と感じたのであれば、ぜひ倉庫の仕事にチャレンジしてみましょう。

倉庫作業について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

関連記事

ピッキングバイトはきつい?仕事内容や口コミ、おすすめな人をご紹介

「きつい」というイメージが強いピッキングバイト。 興味はあっても、本当にきついのか、自分にもできるのか不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。 ピッキングバイトはたしかにきついこともあるけれど、作業自体はシンプルで未経験でも始

【経験談あり】在宅のおすすめ副業3選!

ひと昔前までは副業絶対禁止!という会社が主流でした。 しかし現在は不景気で給料も上がらず、頼みのボーナスもスズメの涙ほど…と嘆く人も多いのではないでしょうか。 そんな事態に応じてか、副業を解禁する会社も出てきています。 ただ…外に

滅菌業務のバイトとは?仕事内容から時給など給与まとめ

アルバイトの求人情報を見ていると、滅菌業務という仕事の募集を目にすることもあると思います。 滅菌業務とは、どういったアルバイトなのかご存知でしょうか? 「そんな仕事があることも知らなかった」「どんなことをするのだろう」と、疑問を

注目の「シール貼りバイト」の体験談をご紹介!高時給で楽って本当?

人気の軽作業バイトにはどんなものがあるでしょうか。 働きたい時に働ける「倉庫内作業」時給がダントツに高い「イベントスタッフ」そして、今注目されているのが「シール貼り」です。 なぜそんなにシール貼りのバイトが注目されているのかと言うと

商品管理の仕事内容は?求人の応募条件や志望動機も解説

商品管理の仕事に興味があり、応募してみたいけれど、「詳しい仕事内容が分からない」「未経験でも応募できるのか」このような疑問をお持ちのかたもいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、商品管理の仕事内容や応募できる条件など、商品