2021/11/20
短期・日払バイト

セカンドワークとは?働き方やメリット・代表的な職種も徹底解説

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

セカンドワークに興味があるけれど、「そもそもセカンドワークの働き方とは?」「セカンドワークに多い仕事は?」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、セカンドワークの意味を始め、セカンドワークをするメリットなどをご紹介します。セカンドワークに多い職種も多数ご紹介するので、是非参考にしてください。また、セカンドワークで働く際の注意点も解説するので、これからセカンドワークに挑戦する際も安心して取り組めるはずです。セカンドワークの情報をしっかりと押さえて、楽しく働きましょう!

セカンドワークと似た言葉の違いとは?

まず初めに、セカンドワークとは「本業以外に仕事をして収入を得ること」を指します。

2018年のモデル就業規則の改定により、政府は副業を推進し1つの働き方のみにこだわらないスタイルを推奨し始めています。実際に今までセカンドワークを禁止していた企業も、少しずつセカンドワークを許容する傾向になりつつあります。

広がりを見せているセカンドワークですが、実は様々な名称で呼ばれています。
中でも、皆さんが良く耳にするセカンドワークの呼び名には下記のものがあります。

・ダブルワーク(ダブルワーカー)
・副業
・パラレルキャリア

いずれも大まかな意味はセカンドワークと大きな違いはありませんが、使用されるケースやニュアンスは多少異なりますので、細かく見ていきましょう

副業との違い

セカンドワークは「副業」と呼ばれるケースが非常に多いです。

ネット検索の際もセカンドワークより副業の方が検索数としては多く、実際に耳にする機会も多いのではないでしょうか。

副業とセカンドワークは意味がほとんど同じで、違いはありません。

しかし細かなニュアンスで言うと、セカンドワークが本業と同じレベルに時間を割いている仕事と捉えられる反面、副業は「スキマ時間の活用」として収入を得るニュアンスで使用される機会が多い傾向にあります。

兼業との違い

「兼業」は「兼業主婦」「兼業農家」と比較的様々な場面で使用される機会のある言葉ですが、意味合いとしてはセカンドワークとさほど差異はありません。

しかし細かなニュアンスとしては「本業の他に2つ以上の仕事を持っている」場合に活用される言葉で、収入を増やす目的の仕事に使用されます。

一方で、先程ご紹介した「副業」の場合は、収入面よりも「将来的なキャリアや自己成長」を重視するニュアンスを含んだ使用ケースが多くなっています。

パラレルキャリアとの違い

「パラレルキャリア」のパラレルには「並行」の意味があり、本業と並行して別の仕事を行う意味合いがあります。

大まかな意味はセカンドワークと変わりませんが、パラレルキャリアは「キャリア」と付くだけあって、今の収入を増やす目的よりも「自己研鑽や将来性」を重視してキャリア形成の一環になる働きを指します。

例えば本業で建築業をしている方が休日やスキマ時間を活用し「家を建てる際のポイント」等、自分が得意とする分野の知識をSNSや講演で発信することは、現場作業だけでなく指導者や新しいコンテンツを築くために必要なキャリア形成の一環といえます。

セカンドワークをするメリット

セカンドワークや類義語について解説したことで、セカンドワークの必要性や内容について知ることができました。さらに本項目では本業以外にセカンドワークとして土日やスキマ時間を活用し、働くメリットをご紹介します。

「セカンドワークしてる人は何が良くて働くの?」と素朴な疑問を解決し、収入面以外にもあるセカンドワークの必要性を認識しましょう。

様々な経験が積める

セカンドワークでは今までに経験したことがない職種に就いたり、自分で事業をスタートしたりが可能です。

したがって、本業だけ続けていては経験できない体験を多く経験でき、スキルアップや新たな視点から物事を捉えられるようになり、人としての幅が広がります。

さらに様々な仕事を経験すると全般的な応用力が付き、新しい仕事でも自身を持って意欲的に挑戦できるようになります。

収入が上がる

セカンドワークをする方の中で最も多い目的は「月収アップ」ではないでしょうか。

本業だけでは収入が足りない場合や、習い事を始めたい時にセカンドワークでお金を貯めたり、生活費の足しにするケースはよく見られます。

また「来月は出費がかさむから本業以外で日払いバイトをしようかな」と考え、単発派遣でイベントスタッフや在宅のデータ入力等をスポットで行う方もいらっしゃいます。

さらにアルバイトでも「週2回出勤でOK」と少ない勤務日数で本業の傍ら、セカンドワーク勤務する方もいます。

いずれにせよ、本業のみで収入アップが見込めない昨今、セカンドワークで収入を増やせるのはありがたいですね。

キャリアアップの夢が叶う

セカンドワークには現在の収入アップ効果はもちろんですが、長期でキャリア成長を目指す際にも役立ちます。

例えば本業が製造業の方が、自身の経験を元に土日のスキマ時間を活用して「工場勤務のハウツーサイト」を立ち上げた場合、広告収入を得られたりゆくゆくはメディアに取り上げられて、ヘッドハンティングに繋がる可能性もあります。

他にも自分の趣味や得意分野を活用して、将来的なキャリアップの可能性がセカンドワークには秘められています。

終身雇用制度が崩壊した今、自分の将来は自分で作っていく必要があります。

1つの働き方に執着するのではなく、リスク分散のためにセカンドワークの検討をおすすめします。

セカンドワークの代表的な職業

一口にセカンドワークと言っても、仕事の種類は様々です。

本項目ではおすすめしたいセカンドワークの職種や、アルバイトやパートの雇用形態で掛け持ちとして夜に働いたり、休日だけ働ける仕事をご紹介します。

またセカンドワークで疲労がたまっては本業に支障が出てしまい本末転倒です。

求人を確認する際は「 楽なバイト」「初心者歓迎」の文言がある、精神的にも肉体的にも負担が少ない仕事を選ぶと良いでしょう。

飲食店

セカンドワークの中で最も代表的な業種は、飲食店ではないでしょうか。

飲食店の場合は、皆さんが休日の土日や夜間に人手が必要なため「本業終わりに夜に数時間飲食店で働く」との働き方が可能です。

また夜間や休日は時給が良く、効率的にお金を稼げます。

在宅ワーク

パソコンスキルやタイピングスキルに自身がある方は、クラウドソーシングサービスを活用して在宅ワークがおすすめです。

プログラマーやWEBライター等、スキマ時間を活用して自宅で働けます。

さらにパソコンスキルに自身がない方でも、オークションの出品代行やモニター募集等スマホだけで働ける仕事も豊富です。

軽作業(バックヤード)

軽作業は物流倉庫の仕分けやピッキングの他、スーパーやドラッグストアの品出し作業を指します。

仕事内容は「誰にでもできる内容」と求人にもある通り、未経験者でもすぐに慣れます。

また軽作業は非接客の仕事が多いため、本業で接客業務に疲れを感じる方がセカンドワークとして選択する傾向にあります。

コンビニ

コンビニの夜間勤務はセカンドワークとして大人気の仕事です。

業務内容が多いコンビニ勤務ですが、 夜間はお客様が少なく仕事内容も清掃や品出しのみですからゆったりと勤務可能です。

また本業終わりに数時間だけ勤務可能ですので、業務内容勤務時間ともにセカンドワークとしてベストな選択です。

サービス業

本業が非接客の製造業や建築業の場合、セカンドワークとしてサービス業を選択する方が多いです。

非接客の仕事をしているとなかなか人と関わる機会がありませんので「副業で人と関わる仕事がしたい」と考える人がサービス業に携わる傾向があります。

講師

本業での経験や知識を活かし、専門分野の講師をセカンドワークとして行う方がいます。

例えば本業でシステムエンジニアをしている方が休日を活用して、パソコンに不慣れな方や高齢者に対してパソコン講師としてパソコン操作を教える方法があります。

アパレル販売

自身でアパレルのネットショップを始める方が増えています。

経営の知識やネット技術がなくとも、スマホだけでスタートできるため服が好きな方であれば誰でも気軽にスタートできます。

ハンドメイド販売

手先が器用な方や、小物作りが趣味の方はハンドメイド商品をフリマサイトで販売するセカンドワークが良いでしょう。

フリマサイトではハンドメイドのスマホケースやアクセサリー、服も販売されています。

またハンドメイド専門のフリマサイトも多くありますので、興味がある方はぜひ一度チェックしてみましょう。

日雇い・単発バイト

日雇いや単発でのアルバイトは「今すぐお金が欲しい」と考える方にとって最適なセカンドワークです。

日雇いの仕事内容はライブやイベントスタッフの他、工場や倉庫での軽作業があります。

特に土日が休みの方の場合は、イベントスタッフとして単発で働くと効率的にがっつり稼げます。

投資

投資は古くから副業として代表的ですが、ある程度の資金と知識がなければ難しい選択肢でしょう。

最近ではポイントや少額からスタートできる投資も多くありますが、やはり基本的な知識がない場合は収入として安定は難しいです。

アフィリエイト

アフィリエイトは SNS の運営の中で、企業の広告を貼り付けたり商品を紹介することで収入が得られるシステムを指します。

収入を得るためにはブログや SNS の閲覧数アップが欠かせませんが、自分の考えや好きなものを発信しながらお金を得られるため、コツコツと続ける方が多いです。

セカンドワークの注意点

セカンドワークの必要性や種類について解説しました。

またメリットを知ったことで「本業を続けながら、自分の将来を考えて始めてみようかな」と意識した方もいるでしょう。

しかしセカンドワークを始めるには、あらかじめ知っておきたい注意点もいくつか存在します。

今からご紹介する2つの注意点をしっかりと認識しておきましょう。

正社員であれば会社が負担してくれる社会保険料や、複数の仕事のスケジュール管理の難しさ等、セカンドワークならではの注意点を解説します。

保険などの手続きは自分でする必要がある

本業で社会保険等に加入している場合は該当しませんが、フリーター等非正規でセカンドワークを行う場合は保険の手続きは自分で行う必要があります。

正社員の場合、社会保険料は会社が半分負担してくれるため月々の保険料支払いは少なく済みますが、自身で国民年金保険料や国民健康保険料を支払う場合は全額負担となります。

決して安価ではありませんから、収入を把握した上で支払いシミュレーションが大切です。

年間所得が103万円超えだと所得税が発生する

本業でフルタイム勤務している方はご存知と思いますが、年収103万円を超えると税金の支払いが発生します。

税金は給料をもらった際の「所得税」はもちろんですが、所得に入らない業務委託等で受け取る報酬が当てはまる「雑所得」も該当しますので、セカンドワークを本業の会社に話していない場合はバレる可能性があります。

また年収100万円を超えると、年末調整の際に住民税を介してセカンドワークがバレる心配もありますから、こっそりセカンドワークを行う際は注意が必要です。

スケジュール管理は自分で行う

仕事を2つ以上する際はスケジュール管理が難しく、ダブルブッキングの可能性が出てきます。

またスケジュール管理はできていても自分の体力以上に働いてしまうと、体を壊す心配もあります。

セカンドワークをする際には、紙面のスケジュール管理の他、自分の体と相談して無理のない働き方を目指しましょう。

まとめ:セカンドワークに挑戦して生活を楽しく豊かにしよう

今回の記事ではセカンドワークの必要性やセカンドワークを通して得られるメリットについてご紹介しました。

セカンドワークは収入アップだけでなく、あなたが将来新たなキャリアを形成するためのステップとしても活用できます。

本業の仕事を長く続けるのはもちろん大切ですが、先が見えない現代だからこそ、リスク分散を兼ねてセカンドワークの選択肢もおすすめです。

セカンドワークを通して、あなたの生きがいややりがいのある仕事が見つかれば幸いです。

ダブルワークについて詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

副業について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

関連記事

春休みバイトのおすすめ8選。稼げるお仕事をご紹介

春休み!大学生なら長期休暇に入る時期ですね。 新生活が始まりますから、いろんな職種で求人が増えるシーズンでもあります。 休暇を利用してバイトを始めようと考えている人や、人材の需要が高まっている春休みに稼ぎたいと考えている

派遣社員が取れる有給休暇の日数は?取得するコツや注意点も解説

派遣社員として働いていて、有給休暇を取りたいけれど、「有給休暇を取れる日数が分からない」「日数が多いと周りに迷惑に思われそう」といった不安や疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、派遣社員が有給休暇を取得できる

大学生におすすめの登録制バイト5選

授業が忙しい、ゼミのレポート提出期限が迫っている、サークル活動も充実させたい…。 意外に忙しいのが大学生。 でもアルバイトをしないことには、遊ぶお金もないし、欲しいものだって買えませんよね。それでも学業と両立できないんじゃ意味がありませ

学生に人気な日払いバイト9選。サクッと稼げる人気バイトをご紹介

「学校に通いながら日払いバイトがやりたい」 「日払いバイトってどんな仕事があるんだろう」 と考えている方。 日払いバイトの種類や特徴がわかれば、応募する前に仕事のイメージがしやすいですよね。 自分の期待してい

ピッキングの志望動機の書き方3選!未経験でも受かるポイントや例文を徹底解説

巣ごもり需要や通販サイトの拡大により、ピッキングの需要が高まってきています。バイトや新たな仕事先にピッキングや倉庫作業を検討している人も多いのではないでしょうか。 しかし、未経験の場合「履歴書の志望動機の書き方や、何を書けば良いのか