2023/06/01
コールセンター

コールセンターバイトの仕事内容とは?口コミやメリット・デメリットを解説

この記事を読むのに必要な時間は約 25 分です。

コールセンターというと、名前の通り電話対応をすることが主な仕事内容となります。
しかし、コールセンターの仕事内容にはアウトバウンドとインバウンドの2種類があるんです。
種類によって仕事内容も異なるので、自分に合った業務に就くことでストレスなく仕事を続けることができるでしょう。
この記事では、コールセンターの仕事内容を中心に、口コミやメリット・デメリットなどをご紹介します。
コールセンターで働き始めようかお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

コールセンターバイトの仕事内容とは?楽すぎって本当?

コールセンターバイトの評判を見てみると、「楽すぎる!」という声もある反面、「クレーム対応が多くてきつい……」という声があることも事実です。
しかし、クレーム対応のみがコールセンターの仕事ではありません。

上述したように、コールセンターの仕事は、「アウトバウンド」と「インバウンド」の2種類に分類されます。まずは、この2つの仕事内容について詳しく見ていきましょう。

アウトバウンド(発信)の種類と仕事内容

「アウトバウンド」は、お客さまへ電話を「発信」する業務です。

たとえば、自社のサービスや製品についての営業電話をかける、アンケート調査を行うといったものが主な仕事内容となっています。

アウトバウンドの中でも業務を2種類に分類することができるので、それぞれの仕事内容について詳しく見ていきましょう。

・テレフォンアポインター

・テレマーケティング

テレフォンアポインター(テレアポ)の仕事内容

テレフォンアポインターは、アウトバウンドの大半を占める業務です。言葉の通り、お客さまに対して電話をかけてさまざまなアポイントを取るという仕事内容となっています。

その詳細は自社の製品やサービスの紹介から始まり、場合によっては契約を取ることもあるでしょう。

簡単にいえば、いわゆる営業電話をする業務というわけです。テレフォンアポインターの業務は、企業の売り上げを左右する重要な側面も持っています。

テレマーケティング(テレマ)の仕事内容

テレマーケティングとは、商品の満足度調査や市場調査をする業務です。

すでに商品を購入されているお客さま、提供するサービスを利用されているお客さまに対して電話をかけ、満足度や不安を感じる点がないかなどの聞き取り調査をするという仕事内容となります。テレマーケティングで得られた情報は今後の商品開発や提供サービスにいかされるため、企業にとっては、こちらもなくてはならない仕事です。

インバウンド(受信)の種類と仕事内容

インバウンドは、お客さまからの電話を「受信」する業務です。

主に、通販の注文受付、製品やサービスの問い合わせ対応やクレーム対応が仕事内容となります。

こちらも業務を3つに分類できますので、仕事内容について詳しく見ていきましょう。

・テレフォンオペレーター(テレオペ)

・カスタマーサポート

・テクニカルサポート

テレフォンオペレーター(テレオペ)の仕事内容

テレフォンオペレーターは、自社の商品やサービス加入の注文を受ける仕事が中心です。同時にそれに付随する問い合わせにも対応をすることもあるでしょう。場合によっては担当部署への取次ぎを行い、お客さまの疑問を解決する手助けを行います。

通販番組のコールセンターの対応といえばイメージしやすいかもしれませんね。

カスタマーサポートの仕事内容

カスタマーサポートは、自社の商品やサービスに対する問い合わせを受ける業務です。問い合わせされる内容は多岐にわたり、商品やサービスに関する直接的な問い合わせから始まり、商品到着までの期間の問い合わせ、送料に関する問い合わせ、返品やクーリングオフに関する問い合わせ、クレーム対応などがあります。そのため、商品に対する知識をはじめとして多くの知識が必要となるでしょう。

受け答えが丁寧でなければ企業のイメージを損なってしまう可能性も生じるため、責任感の必要な業務となります。

テクニカルサポートの仕事内容

テクニカルサポートは、高度な技能や知識を必要とする問い合わせを受ける業務です。

多くの場合は、お客さまの困りごとの詳細を確認し、適切な部署への引継ぎを行う業務となります。問い合わせ内容によってはオペレーターが対応する場合も想定できますから、ある程度の商品に関する専門的な知識も必要になるでしょう。

コールセンターバイトの口コミから見る仕事内容

コールセンターの仕事を始めようかとお考えの方は、実際にコールセンターで働いている方の経験談が気になりますよね。

そこでここからは、上記でご紹介したテレフォンアポインター、テレマーケティング、テレフォンオペレーター(テレオペ)、カスタマーサポート、テクニカルサポートそれぞれで実際に業務経験のある方の口コミを集めてみました。

テレフォンアポインター(テレアポ)の口コミ

まずはテレフォンアポインター(テレアポ)の口コミを見てみましょう。

「こちらから商品を販売するためにどんどん電話をして受注をとっていくのではありますが、基本的にはほとんど断られることが多いです。電話をさせてもらっても、こちらの話を聞いてくれるというのもなかなかおらず、ぶっきらぼうに切る意図もいれば、文句を言われるようなこともありました。優しい言葉で断っていただける方もいますが、受注までできるかとなると、本当に一握りといったところ。受注までは遠く険しい感じがあるのですが、受注が取れた時は本当にうれしいと思えるような達成感があります。」

仕事内容的には至ってシンプルですが、お客さんに合わせて話し方を変化させたり、商品のいいところを必死にPRしたりと何かと忙しい仕事です。

聞く力と提案力、判断力が必要となりますが、働くために必要なスキルを必然的に身に着けられる魅力のある仕事ともいえるでしょう。

テレマーケティング(テレマ)の口コミ

次はテレマーケティング(テレマ)の口コミです。

「テレマの仕事は、相手の趣味とかいつも話している内容、家族構成といったところも把握することによって、より多くの製品を買ってもらえるような営業努力が必要だと感じました。

しかし、そのような営業努力をしても新しい商品を買ってもらえるかと言われるとそうでもありません。今ある状態で満足している方も多いですから、既存の方にさらなる満足を与えて購入まで行くのは結構骨が折れますね。ノルマ達成もあるので、そこを意識しながらやっているとやや精神的につらく感じることもあります。

直接顔を合わせない分時間はかからないですが、電話だけで商談を進めるのはいろいろなテクニックや商品内容以外の知識も必要になる仕事だと思います。」

テレマーケティングの仕事は既存の顧客の方を相手にする仕事なので、基本的にはなじみの方との信頼関係を大事にすることが求められます。

テレフォンオペレーター(テレオペ)の口コミ

次はテレフォンオペレーター(テレオペ)の口コミです。

「テレオペは基本的には商品の受注、解約の注文を受ける電話をやっていくものであり、サービス内容の問い合わせもありますが、基本としてはマニュアルに従った内容で業務を処理することがほとんどです。

多くの人の中で電話を取ってとにかく機械的に処理を進めていくというのがほとんどですね。

派遣バイトでさまざまな会社のテレオペ業務を行いましたが、トイレ休憩に入りやすいところもありましたし、休息も十分に取りやすいところもありました。

中にはちょっと面倒くさいクレーマーの方の対応もありましたが、うちの部署ではそういった場合は他の部署につなぐ仕組みでしたのでかなり楽でしたね。

時間にも融通が利きやすいところでしたので、子供の送り迎えの時間に合わせて仕事もしやすく、女性の仕事復帰の現場としてもいいところだと思います。」

カスタマーサポートの口コミ

カスタマーサポートの口コミについても見てみましょう。

「私はこの仕事が結構好きですし、4年程度たった今でもこの仕事が大好きで続けているくらいです。お客さんにはいろいろな人がいますが人の話を聞くのは大好きであり、悩んでいる人やお話を聞いてほしい人などいろいろな人に対応しながら話すことが大好きです。

時折ちょっと困ったお客さんや、細かい部分の説明を聞かされるようなこと、長時間話をされる方などいます。しかし、そこまで変な人には当たりませんし、場合によっては別の部署に回すようにもなっているので、そこまでストレスは感じていません。

研修で徹底的にビジネスマナーを学んだので、仕事の際にも礼儀作法やマナーについてはほとんど問題なくこなせており、サポートの充実さにも満足しています。」

テクニカルサポートの口コミ

最後に、テクニカルサポートの口コミです。

「カスタマーサポートと同じようなことをしている部分もありますが、もっと専門的なところも聞かれるようなこともあるため、専門知識を詰め込んで対応しなければならないというのが結構きついです。

出来れば、IT関連などの知識が事前にあるといいのですが、そういうわけにもいかず、わからないと同僚や上司にアドバイスを求めないといけないことも。

仕事が遅くなる分管理している人から注意を受けることもありますが、これもこの仕事ですので仕方がないかなと思いつつ、うまく処理できたときには結構達成感もある仕事です。

お客様からのうれしそうな声を聴くたびに仕事のやりがいも感じますし、前向きにもなりますね。」

アウトバウンドに向いてる人・不向きな人の特徴

アウトバウンド業務の内容は、いわゆる営業となります。したがって、営業に向いているか向いていないかという側面で判断をしがちです。しかし、コールセンターの場合は人と直接対面するわけではないため、一般的な営業職とは異なります。

コールセンターのアウトバウンド業務に向いている人は、

・気配りができる

・気持ちの切り替えがうまい

という特徴が挙げられます。

アウトバウンド業務はお客さまの事情を察して、お客さまの立場に立って提案できる気配りを必要とします。また、その気配りが成果につながりやすいです。

その一方で、理不尽な受け答えをされることもある仕事のため、気持ちを切り替える力も非常に重要になります。

反対に、メンタル的に弱くて失敗を気にしてしまいがちであったり、ノルマ達成にプレッシャーを感じたり、いろいろと上司から文句を言われるのが苦手な場合は、アウトバウンドには向いていないかもしれません。

インバウンドに向いてる人・不向きな人の特徴

インバウンド業務は、お客さまからの電話を受ける仕事です。したがって、「話を聞く力」が非常に重要となるでしょう。

コールセンターのインバウンド業務に向いている人は、

・傾聴力がある

・デスクワークが苦ではない

という特徴が挙げられます。

コールセンターですから、やはり聞く力がないと続けるのは難しいでしょう。お客さまに寄り添って話を聞くことのできる「傾聴力」がある人は成果につながりやすいですし、仕事を続けやすいです。ときにはマニュアル通りに聞くだけではなく、相手の動きに合わせて臨機応変に動く能力があるのなら、より完璧に仕事をこなせるでしょう。

また、コールセンターの仕事は動きが少なく座りっぱなしで働くことが多いため、デスクワークが好き・自分に合っているという方にも向いている仕事といえます。

反対に、あまり人の話に関心がなかったり、相手の感情に寄り添うようなことが苦手であったりする場合は向いていないかもしれません。

コールセンターバイトのメリット

仕事内容や口コミについて詳しくわかったところで、コールセンターバイトのメリットについてご紹介します。

あとで詳しく述べますが、コールセンターで働くと、さまざまなスキルを身に着けることができます。また、働くうえでいろいろな制約を受けにくいという面もあり、他の仕事にはなかなかないメリットも多いです。

・ビジネスマナーが身に付く

・服装や髪型の制限がゆるめ

・オフィスで快適に働ける

それぞれのメリットを確認してみましょう。

ビジネスマナーが身に付く

電話越しで相手に不快感を与えないように物事を伝えるには、声のトーンや話し方、正しい言葉遣いが大切です。

コールセンターでは研修制度が整っていることも多く、敬語や電話対応マナー、トークスキルなどといった、基本的なビジネススキルを身に着けられるようになります。

就職前に身につけておくと就職活動に有利に働くこともあり、これから社会人になる学生にもおすすめのバイトです。

服装や髪型の制限がゆるめ

コールセンターは電話越しで話をする仕事なので、服装や髪型の制限がゆるめというのも一つのメリットです。

出勤する際は私服、オフィスカジュアルといった会社が多いでしょう。

また、髪型についても同様に制限がありませんので、堅苦しい姿をすること自体が苦手だという人にとってもおすすめの仕事です。

オフィスで快適に働ける

コールセンターというのは、基本的にビルの中などの一室で座りながら電話を掛けたり受けたりするような仕事です。

オフィス内は空調がしっかりと効いている空間であり、工事現場などのように暑い中でも寒い中でも働かないといけないという場面もなく、常に快適な空間で仕事を続けることができます。

コールセンターバイトのデメリット

さまざまなメリットがある一方で、コールセンターバイトにはデメリットも存在します。

デメリットについても見ていきましょう。

覚えることが多くて大変

商品の説明や分からないことにすぐ対応するためには、さまざまな情報を覚えていないとコールセンターの人員としては成り立ちません。

トラブルをおこさないためにも、細かいマニュアルや商品情報を詳しく覚える必要があります。

初心者にとっては受け答えなどを一から覚えなければならないため、覚える量が多くて大変という声も多く見られました。最初のうちは上手く受け答えできず苦労する場面もあるかもしれません。

クレーム対応がきつい

コールセンターというと、クレーム対応というイメージが強い方も多いでしょう。

コールセンターといってもクレーム対応をする部署ばかりではありませんが、やはりデメリットとしてあげられるのはクレーム対応のきつさでした。

クレーム対応の場合は、相手が既に怒っている状態で電話をかけてくることもあり、冷静に話をしようとしても、なかなかうまくいきません。

中には理不尽な暴言や誹謗中傷を浴びせられることもありますし、そういうクレーム処理が続くと精神的にきついという声は多いです。

仕事の責任が重い

アウトバウンド、インバウンドの両方に言えることですが、コールセンターの仕事では、働く企業の会社の一員として受け答えしないといけません。

バイトだから自分の責任は小さいと思っていても、自分の対応次第で会社そのものへの信頼を失うことにもつながります。

コールセンターのバイトで身に付くスキルとは

コールセンターの仕事は、お客さまの話を聞くことから始まります。お客さまの困りごとや考えを把握したうえで、対応策を提案し、解決へと導かなければなりません。このように、コールセンターの仕事はたくさんのスキルが必要となります。

ここからは、コールセンターで働くことで身につけることのできるスキルについて詳しくご紹介します。

・コミュニケーションスキル

・敬語・電話対応などのビジネスマナー

・判断力

・精神力

これらのスキルはコールセンターだけでなく他の仕事でも応用できるものばかりのため、転職にいかすこともできるでしょう。

コミュニケーションスキル

コールセンターの業務は、電話でコミュニケーションをとりながら販売や問い合わせ対応などを行うことになります。

まずはお客さまのお話を伺ってニーズを把握し、問題を解決するための提案を行うことになるため、必然的にコミュニケーション力が育成されるでしょう。

敬語・電話対応などのビジネスマナー

コールセンターの仕事は電話で受け答えをするのが主な仕事内容です。したがって、電話の受け答えのビジネスマナーは当たり前のように習得することができます。

コールセンターの仕事は業務マニュアルが用意されていることが多いため、敬語の使い方や電話対応などの正しいビジネスマナーの習得が可能です。

正しいビジネスマナーは、コールセンター以外の仕事に就く際にもいかすことのできる大切なスキルです。

判断力

お客さまの困りごとや質問に対してお答えする場合には、解決策を提案する場面もあるでしょう。提案する内容を即座に判断する必要があるため、おのずと判断力を身につけることができるのです。

さらに、問い合わせ内容によってはどの部署へ引き継ぎを行うべきなのかといった判断が必要になることもあるでしょう。このように、テレフォンアポインターの業務は判断をする場面が多く存在します。お客さまを待たせることなく短い時間で適切な対応を選択する判断力が必要となるのです。

精神力

口コミの紹介でも触れましたが、コールセンターにはクレームの電話も入ってきます。中には理不尽な問い合わせや、失礼な対応をされることも決して珍しくありません。したがって、切り替える力が必要であることは確かですが、それと同時に精神力は相応に鍛えられることになるでしょう。

ただ打たれ強くなるわけではなく、併せて切り替える力も身に着けられる可能性を秘めていますから人としての成長も期待できるのではないでしょうか。このような力を身につけることができるという側面は、コールセンターの魅力の1つなのかもしれません。

コールセンターで働くなら派遣会社の利用がおすすめ

ここまでは、コールセンターの仕事内容や、コールセンターの仕事をすることで身に付くスキルについてご紹介しました。

コールセンターで働きたいと思ったら、派遣会社を利用してみましょう。派遣会社の利用をおすすめする大きな理由は、求人数が多いことです。

今回ご紹介してきたように、コールセンターの仕事はアウトバウンド業務とインバウンド業務があり、それぞれ仕事内容は異なります。企業によって求められるスキルも異なるでしょう。そのため、数多い求人の中から自分に合うコールセンターの仕事を見つけることが重要です。

派遣会社を利用すると、数多い求人があるため選択肢が大きく広がりますし、自分のスキルや希望にあった会社を見つけることができます。自分に合わないと判断した場合には、他の仕事を紹介してもらうことも可能です。

コールセンターで働きたい時におすすめの派遣会社

最後に、コールセンターで働きたい時におすすめの派遣会社を4社ご紹介します。

派遣会社は数多くあり、それぞれに得意分野と呼ばれる業種があります。今回ご紹介する派遣会社はコールセンター業務の求人を数多く持つ派遣会社なので、仕事探しの参考にしてみてくださいね。

派遣会社名運営会社得意分野
テイケイワークス東京テイケイワークス東京株式会社軽作業・物流
アデコアデコ株式会社事務・IT
パソナ株式会社パソナ事務・介護
スタッフサービス株式会社スタッフサービス介護・事務

テイケイワークス東京

運営会社テイケイワークス東京株式会社
得意な職種軽作業、物流関係

テイケイワークス東京は、東京・神奈川・千葉・茨城・埼玉・関西エリアの一部に事業所を持つ派遣会社です。

軽作業の求人が多いですが、コールセンターの求人も取り扱っています。

ウェブサイトから仮登録を行い、登録会に参加をすることで登録が完了し、仕事を紹介してもらえるようになります。まずは、家から近い支店の登録会に行ってみましょう。

働いた後に支店に行けば、その日のうちに給料を日払いで受け取ることができるのも魅力の1つの派遣会社です。

アデコ

運営会社アデコ株式会社
得意な職種オフィスワーク・事務、軽作業、金融、営業・販売、医療・介護関連

アデコは外資系企業の子会社であるアデコ株式会社が運営する派遣会社です。

全国に約190カ所の事業所をもつ大手の派遣会社で、特に東京を中心とした埼玉・千葉・神奈川の求人数は非常に多いものとなっています。

最大の特徴は無期雇用型の派遣を行っている点。1つの会社で長く働きたい方には特におすすめの派遣会社といえます。派遣の場合の多くが有期契約の雇用となりますが、アデコを利用すればその点の悩みは解消されるでしょう。

求人は事務職、IT関連、接客販売が多く、コールセンターの求人も多い派遣会社です。

パソナ

運営会社株式会社パソナ
得意な職種事務・オフィスワーク系、クリエイティブ職、外国語事務・貿易事務営業・販売・接客・他

パソナは全国展開をする大手派遣会社の1つで、事務系の求人を中心に、IT関連、介護、医療といった分野の求人の多い派遣会社です。

子育てや介護との両立をして働きたい、趣味の活動と両立して働きたいなどのニーズに応えられる求人を提供しています。

事務系の求人が多いため、必然的にコールセンター業務の求人も多くなっています。

スタッフサービス

運営会社株式会社スタッフサービス
得意な職種事務などオフィスワーク系、営業・販売、クリエイティブ系

スタッフサービスは、全国に約160カ所もの事業所を持つ大手の派遣会社です。特に介護分野の求人数の多さは目を引く派遣会社となっています。

スタッフサービスを利用されている方の多くは長期にわたって働いている方が多く、研修制度も充実しているという特徴があります。介護分野に次いでは事務、製造、物流といった分野の求人が多く、もちろんコールセンターの求人も多いです。

まとめ

今回は、コールセンターの仕事内容について詳しく解説しました。

コールセンターというとクレーム対応のイメージを持っている方が多いようですが、アウトバウンドやインバウンドの中でも、さまざまな業務に分類されることがわかったと思います。

コールセンターの仕事は大変な面ももちろんありますが、違う業種への転職の強みにもなるさまざまなスキルを身につけることができます。就職活動にいかしたい大学生の方にもおすすめの仕事ですよ。

この記事を参考に、仕事内容をよく理解し、自分に合った仕事を見つけてみてくださいね。

執筆者

baito-note編集部

baito-noteでは、単発・短期バイトに関するお役立ち情報を幅広く発信します。
バイト探しのコツや職種・業務内容ごとの案件情報、おすすめの派遣会社まで、編集部が徹底的にリサーチ。お仕事探しに悩む皆さまに有益な情報をお届けしていきます。

関連記事

神奈川のコールセンターバイトの探し方|おすすめ派遣会社や求人内容をご紹介

神奈川県の横浜市や厚木市を始めとした場所では、コールセンターバイトの求人情報が数多くあります。 1日だけの短期バイトや、長期でできるバイトなど、期間を選べる勤務先も多いため、どのように選べばいいのかわからないという方もいるのではないでしょ

コールセンターバイトが大学生におすすめの理由とは?メリットや口コミ評判をご紹介

時給が高くて服装も自由!学生にとってはこれ以上にありがたいアルバイトはないんじゃないでしょうか。 しかし、時給が高いぶん仕事がハードなのかと不安に思う方もいるようです。そこで今回は、大学生におすすめのコールセンターバイトについて、おすす

コールセンターのバイトはきつい?仕事内容や体験談をまとめて紹介

コールセンターバイトについて「綺麗なオフィスで快適に働けそう」「クレーム対応が大変そう」「仕事がきついっていう噂があるらしい」など、さまざまなイメージを持っている方がいると思います。 しかし、そういったイメージだけで応募すると、「実際

コールセンターが不向きな人とは?向いてる人との違いや改善点

コールセンターの仕事は未経験からでも始められて、時給も高いことが多く、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。 中には「きついイメージがあるけど本当?」「未経験者でも本当にできる仕事内容?」など、さまざまな疑問がありな

コールセンターバイトの「面接」について解説。押さえたいポイントをご紹介

短期間でも働けて時給が高いため人気のあるコールセンターのバイト。 求人数も多いから、面接で落ちることなんてないんじゃないか?と考えてしまいますが、実際がどうなんでしょう。 コールセンターの面接でよくある質問や、採用されるポイントをま