2019/06/09
お仕事内容

事務バイトとは?仕事内容や時給について解説

バイトをしたいけど、肉体労働や屋外での仕事は苦手!という人はいませんか?

それなら事務バイトをおすすめしますよ!

オフィスワークですから天候や季節に左右されず、バリバリ働ける!しかも未経験者や学生だってOK。

週1から働けるような会社もありますから、事務バイトを始めてみてはいかがでしょうか。

事務のアルバイトとは?

オフィスワークの代表格である事務。短期での募集もあり、初心者でも歓迎される職種ではありますが、ある程度のスキルがあれば将来的に正社員登用の可能性も高くなります。

必要なスキルは、パソコンのタイピング、マイクロソフトの基本操作、電話対応やメールを送る際のビジネスマナーなどがあげられるでしょう。

現場によって任される仕事が大きく異なり、英語など語学力を求められる会社もあります。

自分のスキル次第で仕事の幅が決まるバイトと言ってもいいでしょう。

事務のアルバイトの仕事内容

「書類作成」

企画書、請求書、領収書などの書類を作成します。会社によってフォーマットが決まっていますから、それほど高度な技術が使えなくても大丈夫!

ただし、エクセルやワードの基本操作ができなければちょっと厳しいかも。仕事をしながら作り方と覚えることも可能ですから、募集要項を確認して求人に応募しましょう。

「来客対応」

いわゆる受付の業務も事務員の業務に含まれます。たくさんの部署に分かれている会社であれば、訪問客のお目当ての人に取次ぎの作業がありますが、特に難しいことではありません。

重要視されるのは、対応する時のマナーです。

派遣や短期社員であっても「会社の顔」として見られます。きちんとした言葉遣いや、相手に好印象を抱かせる礼儀作法を心がける必要があります。

「データ整理」

不要なデータを廃棄し、必要なデータをわかりやすく保管する。これも事務員の仕事です。

ちなみに「データ入力」の仕事もこれに分類されることが多く、紙媒体の顧客情報などをパソコンに移行します。

データ整理と言っても、医療事務や銀行事務など、専門的なスキルや知識や経験を求められることもあります。

事務のアルバイトのメリット・デメリット

事務のアルバイトのメリット

意外に時給が高く、待遇がいいのも事務バイトの特徴です。

昼食を支給している会社もたくさんあり、ウォーターサーバーを利用できる職場では仕事中の飲食代が浮いちゃいます。

求人欄に「昼食支給」「ウォーターサーバー有り」と記載がありますから、見逃さないでください!

先ほど、専門的な知識や経験が必要と書きましたが、一般的な事務バイトは単純作業です。

パソコンの資料作りや来客対応でほぼ1日が終わりますから、複雑な仕事を任されることはないでしょう。

残業がなく、土日は必ず休めるのもプライベートを重視したい人にとってはありがたいですね。

たとえフルタイムで働くにしても9時~17時と時間帯が決められていますから、ダブルワークで働くのもそれほど無茶な仕事ではありません。

事務のアルバイトのデメリット

仕事内容の幅が広く、制限なく業務が舞い込みますから忙しいことは間違いありません。

例えば、書類を作成していると電話が鳴り、電話の対応が終わって書類作りに戻ろうとしても、来客がある…そんな状況で四苦八苦することも少なくありません。

事務バイトに「ノルマ」はありませんが、任された仕事をその日のうちに終わらせることができないと、モヤモヤしたまま帰宅することになるかも。

また、社員同士の人間関係が良好ではない職場に派遣されると、派閥争いに巻き込まれる可能性があります。

社員同士の距離が近かったり、人間関係を無視して働くことができないだけに、仕事以外で悩まされることが多いのがデメリット。

働く時間を完全に固定されているため、シフトの自由度が低く簡単に勤務日が変更できないのも難点と言えますね。

事務のアルバイトの時給と勤務時間

時給

1,000円〜1,400円。

勤務時間

6~8時間。

事務のアルバイトの口コミ

良い口コミ

20代女性

雑貨屋の事務という珍しい仕事をしていました。

仕事内容はネット注文の受け付けや、問い合わせの対応だったんで、それほど忙しいわけではなく、だいたい週2回で溜まっている注文やメールにまとめて返事をするんです。

付帯作業としてラッピング、発送業務もありましたけど、気分転換になってよかったと思います。

時給+売り上げの歩合で働いていたので、結構稼げました。

事務バイト=オフィスワークというイメージだったので、こんな仕事もあるのかって感じでしたね。

30代女性
従業員の補佐が事務バイトの役割といった感じです。

言い方は悪いかもしれませんが、それほど責任感の伴う仕事ではありませんから、学生でも務まるんだろうと思います。

私の場合は学習塾の事務として働いていたんですが、塾長以外の講師はみなさんアルバイト。

彼らの給与明細を作成したり、時には採点業務や授業前に使用するプリントの印刷作業、入塾希望者の受付、参考書の発注などを行っていました。

勤務時間は13時~17時と比較的短く、家庭と両立するのにすごく助かる仕事でした。

時々困るのは、私を先生と勘違いして生徒が質問してくることでしたね(笑)。

そんな時はすぐ近くにいる講師を呼んで、対応してもらいました。次第に生徒たちも私が先生じゃないと気がついてくれたようですけど。

若い人が中心になって働いている職場でしたから、活気があって毎日が新鮮でしたよ。

生徒が合格した時には自分のことのように嬉しかったですね。

20代女性
経験上、仕事は楽だと思います。

出社して清掃から始まり、メール対応や電話対応、書類の発送を行うために郵便局へ行くなどの仕事としていればあっという間に午前中の業務は終了となります。

会社が営業を主体としていましたから、午後からは来客と電話が極端に減るんですね。

そうなると、黙々とデータ入力の作業。この時間帯は、私を含めてほとんどがバイトの事務員ばかりになりますから、ちょくちょく世間話をしながら仕事をするって感じです。

パソコンも、専門的な知識がなければできないような内容ではありませんから、割と簡単だと思います。

正社員として働くことができない学生や主婦もたくさんいて、私も出産してから社会復帰した最初の仕事が事務でした。

そんなに探さなくても週1とか週3で働けるような会社も多いので、気軽に始めることができると思います。

悪い口コミ

40代女性

すっごく雰囲気の悪い会社で働いたことがあります。

一見、皆仲がいいんです。でも、陰で悪口を言い合っているような会社で、気まづい雰囲気に耐えられませんでした。

ずっと「我関せず」を貫いてきましたけど…電話をかけた、かけてないで口論になりました。私じゃなくて社員同士なんですけどね。

取次をしたのは私だったので、最終的には私がどっちの味方なのかみたいな話になりました。

今思えば、子供っぽい争いでばかばかしいんですけど、あの時はヒヤヒヤして仕事どころじゃありませんでしたね。

事務バイトは会社の雰囲気で働きやすさが決まります。

30代女性

通常の事務だとプレッシャーのかかる仕事はありません。でも経理となると話は全く別…。

1つでも数字を間違えると大変なことになりますから、常にパソコンとにらめっこをしなければいけません。

毎日毎日数字を追っていると、目が疲れてくるし、決算時期になると嫌でも残業をすることになります。

正直、経理事務はバイトでやるにしては責任の重さが給料と比例していません。

1度社員さんが数字の間違った売り上げの数字を上げてきて、そのまま入力した私のせいにされたことがありました。

後から書類が出てきて、私のミスでないことはわかってもらえましたが、数字を間違えた社員さんから完全に逆恨みされました。

「お前がちゃんと確認しないからだろ!」と怒鳴りたくなる気持ちを抑え、再び数字ばかりを打ち込む日々。

集中している時に限って電話がかかってきたりするので、ストレスが溜まります。

20代女性

仕事の波が激しくて、暇な時は何をやっていいのかわからないし、指示をしてくれる人もいない。

一度台風があった時に午前中は自宅待機、午後から出勤ってケースがあったんですけど、とにかく暇でした。

台風だからもちろん来客なんてありませんし、いつも取次を行うメールや電話だって、社員さんは外に出ないから自分で対応をしていました。

通常だと外回りに出る社員さんのために、請求書などを発行して持たせる仕事があるんですが、当然これもなし。

一体何をやっていいのかわからなかったし、なぜにこんな日まで私を出勤させたのか意味不明でした。

何とか仕事をやっているふりをしていましたけど、かなり辛かったです。もう1人事務バイトの子もいましたけど、彼女はひたすら終わったデータ入力の仕事を見直すという、力技で乗り切っていました。

事務のアルバイトはどういう人におすすめ?

1.安定志向のある人

事務バイトはシフトの自由度がない反面、毎月稼げる給料が計算できる仕事です。

短期間と言っても3か月~半年以上働ける職場も多く、仕事のスキルが上がってくれば、他の職場で働くことも可能でしょう。

電子カルテを取り扱う医療事務では特にその傾向が強く、長期間仕事を続けたい人には非常におすすめできる仕事になります。

2.社会人としてのマナーを身につけたい人

事務バイトはたくさんの書類を取り扱います。

その際に、いろいろと面倒なルールがありますが…それを覚えるだけで勉強になるでしょう。

例えば営業系の会社で働くと、社印や個人印の押し方まで様々なルールがあります。

建築系なら公共工事入札の際のルール、医療系なら見積もりの出し方など。

対面のマナーだけではなく、書類上の知識が身につくのも事務バイトの利点です。

3.単純作業・数字の打ち込みが苦にならない人

デスクワークである事務バイトは、来客や電話対応を除き、データ入力などの単純作業を任される傾向が強いことを覚えておきましょう。

座りっぱなしで作業を行うので、集中力が途切れがち。そんな時にきちんと仕事ができる人に事務バイトは向いています。

関連記事

箱詰めバイトの評判って?始める前に知りたい仕分けバイトの口コミ

気軽に始められて、短期間でも長期間でも働ける便利な仕事、「軽作業ワーク」。 男性が働くイメージが強いものの、女性も活躍できるのがこの仕事の特徴! 注目を集めている軽作業ワークですが、メインの仕事は「仕分け・検品・梱包・ピ

【根暗必見】一人でできる!人間関係に悩まない仕事・バイト9選

        対人恐怖症とまでは行かなくても、人見知りやコミュニケーションがうまく取れない人はいますよね。 接客業をやってみたがうまくいかなかった…。 会話の雰囲気が

大人気!コールセンターのアルバイトとお仕事内容についてご紹介!

コールセンターのアルバイトって働きやすいのかな?   と気になっているあなた。コールセンターの仕事は、    お給料は悪くなさそう  キレイな職場で働けそう  スキルが身につきそう &n

シール貼りバイトの口コミ。体験談もご紹介

人気の軽作業バイトにはどんなものがあるでしょうか。 働きたい時に働ける「倉庫内作業」時給がダントツに高い「イベントスタッフ」そして、今注目されているのが「シール貼り」です。 なぜそんなにシール貼りのバイトが注目されている

工場バイトの志望動機って?どうすれば受かる?

工場バイトをするのに志望動機がいるの?って考えている人いませんか。 もしくは「稼ぎたいから」「自宅から近いから」などの適当な理由で、面接を受けようと思っていませんか。 それ、絶対ダメ! 短期間のバイトにしても、面接