2021/09/12
短期・日払バイト

ダブルワーク希望の履歴書の書き方は?職歴の例文や志望動機も紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

ダブルワークで働き始めることを決めたけれど、「履歴書をどう書けば良いのか分からない」「そもそもダブルワークって履歴書に書くもの?」といった疑問をお持ちのかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、ダブルワークを履歴書に書く際のコツと、後悔しない履歴書を作成するコツをご紹介します。

ダブルワーク初心者が悩みやすいポイントを踏まえて丁寧に解説するので、これから履歴書を準備するかたも安心して書けるようになるはずです。

ダブルワークの履歴書を書く前に確認することや、好ましい志望動機、書く際のポイントまでご紹介するので、ダブルワークの履歴書を提出する時の不安はなくなるでしょう。

履歴書作成のコツをしっかりと押さえて、安心して面接に挑みましょう!

ダブルワーク希望を履歴書に書いた方が良い理由

アルバイトであれ社員であれ、ダブルワークを経歴書に書かずに隠そうとすると経歴詐称に当たる可能性があります。

また、掛け持ちをしているどちらの企業にも迷惑をかけてしまう可能性を常に秘めることになるため、隠してダブルワークを行うのは絶対にやめましょう。

ここでは、これらの理由のほかに、しっかりとダブルワークを伝えることによってどのようなメリットがあるのかを記載していきます。

融通が利きやすい

ダブルワークを隠しながら就業した場合、当事者は常にその事を隠し切るための行動を取らなければならなくなります。社会人ですから、時には想定外の事が起こり予定が大幅に狂う事があります。

ダブルワークであることを履歴書に書かないでいた場合には、当然、相談もできずどちらからも板挟みに遭い、結局辛くなるのは自分です。

これに対して、予めダブルワークである事を伝えていた場合には、どちらの企業からも理解を得る事ができ、隠す必要もないため働きやすくなります。

確定申告が堂々とできる

企業の中には、ダブルワークを始めとした副業を禁止しているところもあります。この中で年末調整や確定申告をしようとした場合、どちらの企業でもバレることになります。

年末調整や源泉徴収、確定申告などの観点から、ダブルワークを最後まで隠し切ることはかなり難しいですし、途中でバレると厄介なことになりかねないため、黙っていることは基本的に避けましう。

やる気を伝えることができる

意味もなく自分の貴重な時間を削り、ダブルワークをする人は少ないと思います。やはり、ダブルワークをするということは、何かしらの理由があってのことである場合が多いため、その理由をしっかりと伝えることによって応募先に熱意を伝えることができます。

もちろん、ダブルワークをすることによってどちらかの勤務が疎かになるようなことはないということはしっかりと伝えましょう。

履歴書へのダブルワーク職歴の書き方

アルバイトであれ社員であれ、ダブルワークの職歴はしっかりと履歴書や経歴書に記載しましょう。ここでは、具体的な記載方法についてご説明していきます。

職歴の書き方①現在既に働いている

新たな職に応募する際、現在既に働いている場合には、しっかりと在職中である事を記載しましょう。具体的には

 ○○年○月 ××社 入社(雇用形態も記載する)
 ○□年□月 ××社 在職中

 というように、現在働いていて、さらにダブルワークとして応募先に入社したいという事を明確に伝えるようにしましょう。

職歴の書き方②書く内容が多い場合

①のようにダブルワークである事を記載する中で、例えば会社の数が多いなど書く内容が多い場合には、見やすさを重視しましょう。例えば一定期間で5社で勤務していた場合には

 ○○年○月 ××社 5社で勤務(雇用形態も記載する)

というように、1社ずつ書いてしまうと明らかに見づらくなってしまう場合にはまとめて記載することも可能です。もちろん、ここに関して面接官から質問がくることが多いので、しっかりと答えられるように準備しておきましょう。

職歴の書き方③昼間は会社勤めで夜はバイト

①と同様、ここでは昼間は正社員として働いているので下記のような記載方法で構いません。

 ○○年○月 ××社 入社(正社員として)
 ○□年□月 ××社 在職中

しっかりと正社員であることがわかれば問題ありません。正社員であることを隠したとしても、保険などでバレるため虚偽の記載はやめましょう。

職歴の書き方④過去のダブルワーク経験

過去のダブルワーク職歴を記載する際は、2通りの記載方法があります。それは、働いていた会社ごとに記載するパターンと、時系列順で記載するパターンです。

時系列があまりにも複雑に絡み合い、見る側がすぐにわからないであろうと予測できる場合には、会社ごとに記載しましょう。記載方法は①から③のような形で問題ありません。

ダブルワークの履歴書を書く前に注意すべきこと

ダブルワークの履歴書を書く前に注意点があります。ここではその注意点に関して3点記載していきます。

副業バイトをすると必ず会社にバレる

2社以上の会社で働くと、基本的には必ずバレると思ってください。なぜかというと、会社の雇用保険は同時に2社以上で加入できず、この段階でどちらかの会社にバレることになるからです。

続いて、年末調整あるいは確定申告で収入や税金の金額が合わなくなることから、さらにどちらかの会社にバレるという仕組みになっています。

会社の規則によっては副業を届け出る

在籍している会社が運良くダブルワークやその他の副業を許可している場合においても、申請や届出を提出しなければならない場合があります。

ここで規則に反して隠れるような形でダブルワークをしてしまうと、最悪クビになることさえあるため、会社の規則をしっかりと確認した上で従うようにしましょう。

会社が副業を許可しているか確認する

上記の通り、会社によっては運良くダブルワークを許可しているところもありますが、禁止している会社も多々あります。

禁止されている場合は潔く諦めるようにしましょう。雇用保険や年末調整、確定申告などは、詳細な手続きを踏めばバレずに行うことも不可能ではありませんが、会社にバレた場合居場所を失う可能性があります。

禁止されているのにダブルワークを行う場合には、それ相応の覚悟を持って臨むようにしましょう。

ダブルワークの履歴書で好印象を与える志望動機

ダブルワークの意思を伝えるとマイナスの印象を与えてしまうと思われがちですが、実際には必ずしもそうとは限りません。

ここでは、ダブルワークの意思を伝えた上で好印象になるためのコツについて記載していきます。

ダブルワークで経験を積みたい

これは言い方の問題です。ダブルワークをする上で会社にメリットとなる点を見つけて、自分がダブルワークで経験を積むことによってどのようにプラスに作用するのかを伝えることができれば、悪印象を与えることはありません。

過去の経験を活かして働きたい

こちらはどのような言い回しでも応用の利くものです。自分がどのような経験やスキルを持っているのか、そしてそれをどのようにダブルワークに活かすことができるのか。

面接官に「なるほどそれならばメリットがあるな!」と思わせられる内容を作り上げましょう。

働いてスキルを身につけたい

この文言には注意点があります。それは、あくまで自分よがりのメリットとならないことです。仕事は個人の経験やスキルを身につけるために行うものではありません。会社が期待している成果を出すために行うものです。

働いてスキルを身につけることによって、どのように仕事に良い作用をもたらすのか。結局のところ、どのようなアピールを自分がしようと、最終的にはこのポイントをどう伝えることができるかが重要です。

生活費や学費のため仕事を増やしたい

こちらは実はかなり好印象を与えることができます。経済的な理由でダブルワークをするということは、自分の生活に強い責任を持っている状態であると言えます。

つまり、中途半端に逃げ出すことなく、一所懸命仕事をしてくれるだろうという一種の安心感を与えることができます。

これは既婚者にも言えることで、家族を守らねばならないという責任感を企業が感じる事ができれば、それが中途半端なことはしないだろうという安心感に繋がります。

学生でも同様で、学費のためにたくさん働かなければならないという状況は、同様の安心感を与えることができます。

なお派遣会社に登録する際の志望動機についてもっと知りたい方は、以下をチェックしてみてください。

ダブルワーク中の履歴書を書く際のポイント

ダブルワーク中に履歴書を書く際に、嘘を書いたり隠し事をしたりしてはいけないことはこれまでに記載してきました。

ここでは、ダブルワーク中の履歴書の書き方のコツについて記載していきます。

副業と本業の時間的なバランスを説明する

これは応募先の企業が最も知りたいと思える情報の1つです。「ダブルワークをするのはいいけど、この人はどのような時間配分でそれぞれ働くつもりなんだろう?」というのは当然思われます。

そのため、必ず自分の1日、あるいは1週間の中で、どのような時間配分でどのように働こうとしているのかを具体的に記載するようにしましょう。

シフトに入れる曜日と時間帯を示す

これは履歴書に記載欄が付いていることもありますが、上記と同様の理由で、いつ、どのくらい働くことができるのかを明確に記載するようにしましょう。

自己アピールで得意なことを説明

自己アピールは合否を左右する超重要事項です。履歴書によりますが、「自己PR」や「本人希望記入欄」という項目があるはずなので、そこに自分の強みを記載しましょう。

ここでも重要なのは、強みをアピールするだけではなく、その強みが会社にとってどのように良い効果をもたらすのか。

あくまで相手目線で「採用するとどのようなメリットがあるのか」を伝えられるような記載方法にしましょう。

まとめ:Wワークをしている場合は履歴書にダブルワーク希望と明記しよう

ダブルワークを隠して働くと、様々なことに気を使いながら仕事に臨まなければならなくなるため、無駄なストレスを抱え込むことになってしまいます。

無理に嘘を書いてまでダブルワークを嫌う企業に応募するのではなく、あくまで自分の状況を伝えた上でも快く受け入れてくれるような企業に応募しましょう。そうすることで気持ちよく働けるようになります。

本記事を参考にして、気持ちのよいダブルワーク環境を目指していきましょう。

関連記事

【知っておきたい】正社員雇用につながる日払いバイト5選!

  学生のアルバイトやダブルワークとしても人気な日払いバイト 日払いバイトが人気な理由は何でしょう?   皆さんも、以下のような理由を思いつくのではないでしょうか。  

派遣の副業おすすめ5選!派遣社員が副業を始める際の注意点も解説

派遣社員として働いている方の中で、「副業がしたい!」「できそうな副業ないかな?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、派遣社員が副業をする前に確認するべきことやおすすめの副業を紹介していきます。副業する際の税務

単発バイトの探し方やおすすめ求人サイトを解説|人気の職種も紹介

単発バイトを探すことになったけれど、 「どうやってバイトを探せば良いのか分からない」 「どこの会社に登録するべきなのか」 このような不安や疑問をお持ちのかたもいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、より良い単発バイトを探す

握手会の剥がしバイトは大変?応募方法や仕事内容・魅力を徹底解説

  剥がしのバイトに応募してみたいけど、「どこで応募するのか分からない」「剥がしの仕事は大変なのだろうか」このような疑問や不安をお持ちのかたもいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、剥がしのバイトに応募する方法と、剥がしが

【春休み】短期バイトのおすすめ6選と3つの選び方

学生に人気のある定番のバイトから、短期でも中長期的でもさまざまなバイトの求人が出てくる春。 新生活のスタートとして新しい仕事を始めてみるのはいかがでしょうか。 がっつり稼げるバイトから、スケジュールの調整が楽なバイトまで、春に始めら