2023/09/06
仕分け

ヤマト運輸の仕分けバイトはきつい?口コミや評判をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

ヤマト運輸の仕分けバイトの求人は募集されていることが多くあります。

そのため、仕事がきつくてすぐに辞めてしまう人が多いのではないかと考える人はいるのではないでしょうか。

この記事では、ヤマト運輸の仕分けバイトがきついといわれている原因や主な仕事内容、メリットなどを解説します。

ヤマト運輸の仕分けバイトを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

ヤマト運輸の仕分けバイトがきついと言われる原因

ヤマト運輸の仕分けバイトは比較的メジャーな仕事ですが、きついといわれることは少なくありません。

ここでは、ヤマト運輸の仕分けバイトの何がきついといわれる原因となっているかを具体的に解説します。

早起きがつらい

ヤマト運輸には早朝勤務がありますが、その場合はいつもと違う時間帯での起床となります。

そのため、早起きがきついと感じてしまうかもしれません。

もともと早朝勤務の経験があれば苦にならないかもしれませんが、はじめての早朝勤務だと体に負担がかかり、人によっては体調を崩してしまうこともあります。

そのため、ヤマト運輸の仕分けバイトで働く場合は勤務開始までに体を慣らしておくことや、早朝の時間帯は避けて応募するといった工夫が必要です。

身体的につらい

仕分け作業は肉体労働であり、立ちっぱなしで作業したり、重い荷物を運んだりしなければなりません。

また、時間内に作業を終わらせないといけないため、スピード感も求められます。

そのため、筋肉痛や腰痛などに悩まされる人が多く、無理をして続けると本格的に体を壊してしまう可能性があります。

仕事に慣れるまで自身の体が耐えられるのかどうかを一度考えたほうが良いかもしれません。

精神的にきつい

仕分けでは、地域別に分けるために荷物をベルトコンベアに流す作業があります。

単純作業であるため、長い時間続けていると退屈に感じてしまうかもしれません。

また、時間内に終わらせることが必要であり、仕分けが遅れてしまうとベルトコンベアを止めなければならなくなり、ほかの人や配達の人に迷惑がかかってしまう可能性があります。

そのため、現場ではピリピリした空気になることは珍しくなく、プレッシャーに感じる場合もあります。

単純作業が退屈に感じて苦手な人や、緊張感に耐えられない人は向いてないかもしれません。

人間関係がきつい

勤務場所によっては人間関係も悩みの種になる可能性があり、先輩や社員の人柄によっては厳しく怒られることがあります。

どの職場でも同じようなことはありますが、肉体労働の現場は体育会系な側面がある場合も少なくないため、より威圧感を感じてしまうかもしれません。

また、勤務している人の年齢もさまざまであり、上下関係の難しさがあります。

ヤマト運輸の仕分けバイトは、そういった環境である可能性があるため、あらかじめ考慮しておきましょう。

埃っぽさが気になる

衛生面での環境がきついと感じる人も少なくありません。

ヤマト運輸の仕分けバイトは広い敷地内で作業することが多く、なかには掃除が行き届いてない部分もあります。

そのような現場で人が慌ただしく動いていると溜まった埃が舞ってしまい、空気に敏感な人は苦に感じてしまう可能性があります。

また、さまざまな荷物に触れるため、手が汚れやすいという悩みもあります。

病気を気にするほどではありませんが、マスクや手袋などの対策が必要になるかもしれません。

ヘルメットの着用義務がある

仕分けの現場では、荷物を高くまで積んだりフォークリフトが敷地内を走り回ったりしています。

そのため、怪我のリスクがほかの職種より高く、怪我防止のヘルメット着用義務があります。

しかし、夏の暑い日などは頭に熱がこもってしまい、蒸れて不快に感じてしまうことは少なくありません。

そのほかにも、頭が痛くなってしまうことや、毎回ヘルメットや安全靴の着用を面倒に感じてしまうといった声が多くあります。

ヤマト運輸の仕分けバイトの仕事内容とは

仕分けバイトの仕事内容は勤務場所によって変わります。

勤務場所は、主に「ベース」「センター」「倉庫」の3つです。

下記にて、具体的な違いについて解説します。

ベース(大型物流拠点)での仕分け

全国から集ってきた荷物を、エリアごとに仕分けるのがベースです。

基本的な仕事は、荷物をエリア別に分けるためにベルトコンベアに流す作業を行います。

自動で流れてくる荷物に対応しなくていけないため、それなりのスピード感が求められます。

そのほかにも、ボックス分けされた荷物を輸送用売社に乗せて配送トラックに積み込む作業もあり、ボックスには多くの荷物が積んであるため、腕力が必要不可欠です。

このように求められるスキルや能力が多く、勤務場所のなかではベースは非常にきついともいわれてます。

センターでの仕分け

ベースから運ばれてきた荷物を、より細かく仕分けるのがセンターです。

ここではベルトコンベアは使われておらず、ボックスに入っている荷物を手作業で地域ごとに分けていきます。

作業場がベースよりも狭いため、スペースの確保がなかなか難しいかもしれません。

そのほかにも、配達ドライバーの指示通りに荷物をトラックに積む作業もあります。

ドライバーは配達順をあらかじめ決めていることが多いため、指示通りに積むことが肝心です。

倉庫内での仕分け・軽作業

倉庫内ではさまざまな作業を担当することになります。

検品や梱包の作業を行い、フォークリフトを利用した荷物の移動も行います。

単調作業が比較的少ないため、退屈を感じにくいかもしれませんが、その分対応力が問われます。

フォークリフトなどの資格を持っている人は重宝される可能性があり、スキルアップや経験につながるため、成長を実感しやすいでしょう。

ヤマト運輸の仕分けバイトのメリット

ヤマト運輸の仕分けバイトはきつくつらい面がありますが、その分メリットも多くあります。

ここでは、ヤマト運輸の仕分けバイトにおける主なメリットを5つご紹介します。

きついだけというイメージが変わるかも知れない可能性があるため、ぜひ参考にしてみてください。

高時給で稼げる

ヤマト運輸の仕分けバイトは時給が高く設定されています。

仕分けバイトはほかの職種と違い、深夜や早朝の勤務が多く、その分の手当が時給に上乗せされています。

そのため、生活リズムが合致さえすれば比較的簡単にお金を稼ぐことが可能です。

また、お中元やお歳暮が盛んな繁忙期には、さらに時給が上乗せされることもあります。

この時期はバイトの募集も増える傾向にあるため、稼ぎたいという場合は狙ってみると良いかもしれません。

社員割引がきく

宅配便を社員割引で通常よりもおトクに送れるというメリットもあります。

バイトとして勤務しはじめると社員番号を割り当てられ、その社員番号を使用すると宅配便を安く送ることが可能です。

ただし、勤務場所によっては正社員にしか適用されない場合や、本人以外の家族などの利用はできない場合があります。

気になる場合は、応募時や面接の段階で聞いてみるのと良いでしょう。

短期で働ける

短期間で働けるというのも大きなメリットの1つです。

上述したようにヤマトには繁忙期があり、忙しい時期のみだけ求人募集するということも多くあります。

特にお中元の時期などは学生の夏休みとマッチしているため、その時期だけ働きたいという場合は良いかもしれません。

そのほかにも、3月は引っ越しシーズンであるため、この時期の求人募集も多くなります。

この時期に働いておけば4月からの新生活に備えてお金を稼いでおくことができるでしょう。

また、シフトにも柔軟に対応してもらえるため、自分の都合で働くこともできます。

体力がつく

体力をつけたいと考えている人には仕分けバイトはおすすめです。

肉体労働であるため、疲れるというデメリットはありますが、いい換えれば体力がつくというメリットになり得ます。

また、重い荷物を運ぶ機会が多いため、お金を稼ぎながら全身を鍛えることもでき、ダイエット効果も期待できます。

ただし、無理は禁物であり、怪我しないように気をつけましょう。

髪色が自由

自由な髪色で働けるのも嬉しいポイントです。

仕分けバイトは接客する必要がなく、ヘルメットを被ってしまうため、黒髪で働く必要がありません。

そのため、派手な髪色で働いている人も多く、ファッションにこだわりがある人にとっては向いている職場といえるでしょう。

ただし、服装に関しては安全靴を履くことやヘルメット着用などの制限があるため、あらかじめ理解しておいたほうが良いかもしれません。

ヤマト運輸の仕分けバイト|経験者の口コミ・評判

経験者のリアルな口コミを知ることで現状や特徴を知ることができ、自分に合っているかどうかを判断することができます。

ここでは、ヤマト運輸の仕分けバイト経験者の良い口コミと悪い口コミの両方をご紹介します。

良い口コミ

  • 大学生なので授業前の3時間だけバイトしています。作業が終わらないときでも帰らせてくれるので助かっています。(19歳・学生)
  • 女性ですが気持ちよく働かせていただいています。重い荷物のときは複数人で運ぶようになっているので心配は要りません。(35歳・主婦)
  • 自営業なので仕事がないときに働いています。時間に融通が利くので助かっています。(45歳・自営業)

良い口コミを見てみると、男性女性関係なくさまざまな年齢層が活躍していることが伺えます。

また、「時間に融通利く」や「スキマ時間に働ける」といった時間に言及する人が多くいました。

悪い口コミ

  • 仕事のあとは体中が痛くなる。慣れないうちは歩くのも辛いくらいの腰痛がありました。(37歳・フリーター)
  • 夏場なのに屋外で働かされるため、非常にきついです。日焼けや熱中症の対策は忘れずに行う必要があります。(25歳・主婦)
  • 単純作業で私語も厳禁だから精神的にきつく感じました。もう少し刺激がほしいと感じたのが本音です。(21歳・学生)

悪い口コミとしては、体力的にきついと感じている人が多いようです。

また、単純作業が多いため、退屈をしないような工夫も必要かもしれません。

ヤマト運輸の仕分けバイトのよくある質問

ヤマト運輸の仕分けバイトは、きついイメージを持たれている仕事であるため、不安点や疑問点は多いかもしれません。

体力的な問題はもちろんのこと、「男性が多い現場ではないのか」「高校生でも働けるのか」なども懸念点の1つです。

ここでは、そのような懸念点を抱える人からのよくある質問をご紹介します。

「ヤマト運輸でバイトしようと考えているけど一歩踏み出せない」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

ヤマト運輸の仕分けバイトは女性、主婦でもできる?

体力的にきついと感じる部分はあるかもしれませんが、女性や主婦の方も多く活躍しています。

女性の進出で共働きの家庭が増えた昨今、仕分けバイトの現場にも女性や主婦の方が増えてきています。

上述したように短時間勤務もあるため、朝のちょっとした時間にバイトを行い、そのあとは子どもを保育園に送り届けるというスタイルの人もいます。

重い荷物の場合は近くの人に協力を求めることができ、また、単調な作業が多いため、未経験の人でも安心して働くことが可能です。

ヤマト運輸の仕分けバイトは高校生でもできる?

高校生でも働くことはできますが、時間帯や校則により制限があります。

高校生の場合、5時〜22時の間の労働は法律で禁止です。

また、校則によってバイトが禁じられている場合もあります。

そのため、高校生の場合は時間や校則に縛られてしまい、自由に働くことはできないといえます。

ただし、3月や12月といった繁忙期であれば深夜や早朝でなくても時給に手当がつくため、高校生でも稼ぐことができるでしょう。

ヤマト運輸の仕分けバイトに落ちる原因は?

仕分けバイトは比較的受かりやすいといわれていますが、落ちてしまう場合もあります。

募集の条件と合致していれば落ちることはそれほど多くはありませんが、あまりにも面接の態度が悪かったり、清潔感がなかったりした場合は採用してもらえない可能性があります。

そのほかにも、体力的な面に関する質問で不安の残る回答をした場合も落とされてしまうかもしれません。

面接の際は、清潔な服装で礼儀正しく臨むことで採用してもらえる可能性があがるでしょう。

ヤマト運輸の仕分けバイトをする際の服装は?

そこまで厳しい制限はありませんが、ある程度の制限があります。

安全靴やヘルメットの着用が義務づけられており、特にヘルメットはどの現場でも着用しなければなりません。

安全靴に関しては場所によって異なる場合がありますが、車輪のついたボックスに足を轢かれてしまっては一大事です。

大怪我の原因になってしまう可能性があるため、安全靴は履いたほうが無難といえます。

安全靴とヘルメットの2つは会社から支給されますが、手袋は自分で用意する必要があります。

ただし、手袋は手袋自動販売機があるため、社内で購入することが可能です。

そのほかにも、動きやすい服装という条件もあり、スカートなどは避けたほうが良いでしょう。

服装についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

働く前に研修はある?

仕分けバイトの場合は事前研修はなく、採用後すぐ実践というのが基本的な形になります。

これは、長期間の勤務でも短期間の勤務でも変わらず、最初は先輩に教わりながら作業を進めます。

また、すぐに実践という形を取っているため、研修期間による時給の変動も基本的にはありません。

ただし、場所によって変わってしまう可能性もあるため、事前に募集要項をよく読んでおきましょう。

ヤマト運輸の仕分けバイトの年齢層は?

働いている人の年齢は、時期や場所によってさまざまです。

たとえば、学生が夏休みに入る時期や現場が大学の近くの場合だと若い人が多くなる傾向にあります。

学生が一時的に在籍したり授業前に働いたりというケースが多く、短時間勤務もあるため、特定の年齢層が多いというよりも老若男女問わず幅広く働いています。

きついイメージのあるバイトですが、小さいものを仕分ける作業もあるため、ご高齢の方も活躍しています。

仕分けバイトならテイケイワークス

仕分けバイトを探しているなら、「テイケイワークス東京」がおすすめです。

テイケイワークス東京は物流の仕事を中心にしている派遣会社であり、簡単な業務から請け負っているため、複雑な仕事はありません。

仕事の紹介や現場までの送迎、給与の日払いなどのサービスも整っているため、時間やお金が必要な人にとっては利用がしやすいでしょう。

また、登録すると初勤務時に特別手当をもらえます。

定期的に登録説明会が行われているので、興味がある方はぜひ参加してみてください。

まとめ

ヤマト運輸の仕分けバイトはきつくつらい面がありますが、高時給や時間に融通が利くといった多くのメリットがあります。

また、以前と比べると職場環境は改善されており、女性や高齢者の方でも活躍することができるでしょう。

ヤマト運輸の仕分けバイトに興味があるという人は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

 
仕分けバイトについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もぜひご覧ください。


執筆者

baito-note編集部

baito-noteでは、単発・短期バイトに関するお役立ち情報を幅広く発信します。
バイト探しのコツや職種・業務内容ごとの案件情報、おすすめの派遣会社まで、編集部が徹底的にリサーチ。お仕事探しに悩む皆さまに有益な情報をお届けしていきます。

関連記事

仕分け作業とは?応募前に知っておきたい5つのメリットデメリット

年々需要が増している仕分け作業の求人。シフトが柔軟に組めて時給も悪くないため、応募を検討したことがある人も多いのではないでしょうか? しかし、口コミではネガティブな意見も見かけるから不安という方もいると思います。仕分けバイトは、その

仕分けバイトの服装は自由?男女別の作業に適した服装とは

そこで今回は、服装や髪型、ネイルなどの身だしなみや、働き方の自由度が高いといわれる「仕分けバイト」についてご紹介していきたいと思います。 バイトを始めるうえで、自由な服装、髪型で働きたいと思う方は多いのではないでしょうか。

仕分けバイトはきつい?仕事内容やメリット・デメリットを徹底解説

軽作業バイトとして人気の高い仕分けのバイト。初心者でも始めやすいお仕事ですが、「仕分けバイトってきついの?」「仕分けのアルバイトに応募したいけど評判はどうなんだろう」とお悩みの方もいるかもしれません。 本記事では、これから仕分けのア

郵便局の仕分けバイトはきつい?口コミや志望動機の例文も紹介

仕分けのバイトはさまざまな種類があり、そのなかでも身近に感じられるのは郵便局の仕分けバイトです。 自宅のポストに投函されている郵便物は、郵便局で仕分けスタッフが仕分けして手元に届くようにしてくれていますが、自分に合う仕事なの