2023/11/08
お仕事内容

ピッキングバイトとは|きついって本当?仕事内容や口コミなど徹底解説

この記事を読むのに必要な時間は約 23 分です。

ピッキングバイトは作業自体はシンプルで未経験でも始めやすく、人気の高いバイト。しかし、中には「きつい」というイメージをお持ちの方もいるようです。

興味はあっても、本当にきついのか、自分にもできるのか不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ピッキングバイトの仕事内容ときつい点、魅力、おすすめな人の特徴などを具体的にご紹介します。

実際にピッキングバイトを経験した口コミも合わせてご紹介するので、バイト選びの参考にしてみてください。

ピッキングバイトの仕事内容とは

ピッキングの大まかな仕事内容は、伝票やリストなどに従って指示された商品を倉庫からピックアップすることです。

倉庫に保管されている商品は、ピッキングしやすいようにカテゴリーごとに分けられており、その中からオーダー管理者が集荷商品の指示を出します。

作業場に集められた商品のバーコードを読み取り、オーダーとの照会と目視で確認の二重チェックを行います。

本来ならピッキングの仕事はこれで終了なのですが、現場によっては商品に不具合がないかを確かめたり、ダンボールに詰める梱包作業が含まれている場合もあるので、求人票をしっかりチェックしておきましょう。

また、現場によっては「終業時間までに集める商品の数」が決まっていたりなど、ノルマが課されています。繁忙期には倉庫内を何度も走り回るという状況も珍しくありません。

ピッキングのアルバイトは大きく分けて以下の2種類があります。

・摘み取り方式

・種まき方式

それぞれの仕事内容について詳しく見ていきましょう。

摘み取り方式

上述したように、ピッキングとは、インターネットで注文された商品を保管されている倉庫などから集める仕事です。

摘み取り方式はオーダーピッキングとも呼ばれる作業方法で、個人向けの出荷に対して用いられる、注文ごとに商品を集める方法です。

そのため、出荷商品が日によってまちまちであり、注文の多い日には相当な数の商品を集めなければいけませんが、少ない日は驚くほど仕事が楽になります。

作業員が倉庫を走り回って商品を集めるため、軽作業としては体力を必要とする仕事と言えるでしょう。

台車を用いて商品を集めることもありますが、基本的には手作業なので重い荷物を運ぶことも少なくありません。

種まき方式

摘み取り方式との大きな違いは、同時に複数の注文に対応することです。

個人ではなく企業相手のオーダー対応なので、取り扱う商品数は段違いに多く、商品納品用カートに乗せていきます。

摘み取り方式では注文ごとに1つずつの商品をピックアップするため、保管先と作業場までの移動が多いですが、種まき方式は一気に商品を集めるので移動が省かれており、作業を効率良く進めることが可能です。

体力をそれほど必要としないのもメリットの1つとなります。スタッフ同士の連携が重要となるので、コミュニケーションが必要不可欠です。

効率は良いのですが、作業の進行状況が分かりづらく、追加発注があった場合に現場に戸惑いが出るのも難点と言えます。

ピッキングバイトの時給はどれくらい?給料相場をご紹介

ピッキングバイトの平均時給は1,000円ほどで、東京では時給1,100円〜1,200円の求人も珍しくありません。

夜勤の場合はさらに時給が高くなるので、高時給バイトで効率的に稼ぎたい方にもおすすめです。

短時間の勤務も可能ですが、1日8時間などの長時間勤務もできるため、まとまった収入を得られるでしょう。

ピッキングの仕事を探す

ピッキングバイトの時給・給料の相場

求人ボックス給料ナビによると、ピッキングバイトの平均時給は派遣社員で約1,264円。アルバイト・パートでは1,096円程度の相場になっているようです。

アルバイト・パートでも、東京では時給1,100円〜1,200円の求人も珍しくありません。夜勤の場合はさらに時給が高くなるので、高時給バイトで効率的に稼ぎたい方にもおすすめです。

短時間の勤務も可能ですが、1日8時間などの長時間勤務もできるため、まとまった収入を得られるでしょう。

ピッキングバイトってきつい?その理由とは

ピッキングのきつさは現場によって異なりますが、よく挙げられるのは以下のような点です。

  • 荷物が重い
  • 立ちっぱなしできつい
  • 責任が重くてプレッシャーになる
  • 食品関係はスピード重視
  • 繁忙期は特に忙しい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

荷物が重い

ものすごく楽な現場もありますが、重さ20kgもあるドックフードを抱えて運んだり、一升瓶を何本も運んだりなど、重い荷物を運ぶような現場では体力的にかなりキツいでしょう。

女性でも関係なく男性と同じ作業を指示される現場も多く、翌日には筋肉痛で全く動けない……なんて方もいるようです。体力に自信がない方は、特に職場選びを慎重に行うことをおすすめします。

なお、アパレル系のピッキングの場合は、商品の種類が多いうえにサイズの選択もあることから「商品の把握に時間がかかる」という問題があります。
さらに豊富な種類の衣料品から自分が必要なものをピックアップするために倉庫内を歩き回らなければならないため、体力を消費します。

アパレルに興味があり、アパレル系ピックアップ業務がやりたいと思っている場合は、こちらの記事もぜひご覧ください。

アパレル業界の軽作業・製造バイトとは?

立ちっぱなしできつい

ピッキングの仕事は常に立ちっぱなしで行います。立ち仕事である以上、やはり体力的にきついのは仕方がない点でしょう。

今までコールセンターでデスクワークをしていた方など、立ち仕事に慣れていない方は特にきついと感じることが多いです。休み時間にストレッチをする、疲れにくい靴を用意するなど対処しましょう。

責任が重くてプレッシャーになる

ピッキングは単純作業ではありますが、1つのミスで全ての作業がストップするという事態も考えられます。

そうなると当然現場の管理者から叱責されてしまうでしょう。

初心者でも始められますが、単純作業であるが故にミスが怖いという点はデメリットです。

気を抜かずに集中することが求められます。

食品関係はスピード重視

食品を扱うピッキングの場合は、スピード感が必要になります。その点がきついと感じる方もいるようです。

食品は多くが冷蔵や冷凍での保管。冷蔵倉庫・冷凍倉庫から商品を持ってきて検品発送までをスムーズに行わなければ、品質の低下や腐敗につながります。

マイペースに仕事ができると評判のピッキング業務ですが、食品関係の場合はスピード感が求められることを認識しておきましょう。

繁忙期は特に忙しい

ピッキングで取り扱う商品によっては、「繁忙期」が発生する場合があります。

例えばお中元やお歳暮などになる商品を多く扱う際は繁忙期があり、仕事量も増えるでしょう。

仕事量が増えることで人は殺伐とし、些細なことでいざこざが発生することもあるかもしれません。

忙しく周りがピリピリしても自分は平常心を保ち、黙々と仕事を続ける気持ちを大切にしてくださいね。

きついだけじゃない!ピッキングバイトの魅力・メリット

ここまではピッキングバイトのきついといわれる点についてご紹介してきました。仕事ですから楽で簡単なことばかりでないことは確かです。しかし、魅力もたくさんあり、向いている人には天職になることも。

  • コミュニケーションが苦手な人でも安心
  • 夜勤帯のシフトならガッツリ稼げる
  • 体を動かせる
  • 単純作業で特にスキルはいらない
  • 指示通り作業すればミスは生じにくい

慣れてコツを知ればゲーム感覚で働けるここからは、不安なあなたにピッキングの魅力・メリットを解説します。

コミュニケーションが苦手な人でも安心

ピッキングバイトは単純作業がほとんどです。

基本的には一人で黙々とする作業になるため、同僚や上司とコミュニケーションを取る必要があまりありません。

もちろん最低限の挨拶などは必要ですが、コミュニケーションが苦手な人でも安心して働けるのではないでしょうか。

夜勤帯のシフトならガッツリ稼げる

ピッキングバイトの就業場所は大規模な倉庫になることが多く、24時間稼働しているため比較的柔軟にシフトが組めます。

夜勤帯のシフトの募集も多く、夜勤だと時給も高いのでガッツリ稼ぎたい人にはぴったりです。夜勤の時給は1,300円〜ととても高く、夜勤に抵抗を感じない方であればおすすめですよ。

お中元やお歳暮シーズンなどの繁忙期は短期での募集も多いため、短期間で効率よく働けます。

体を動かせる

重い荷物を運ぶことも多いピッキングバイト。

体力仕事は「きつい」と言われる要因にもなりますが、体を動かせるので運動不足の解消につながります。

「頭を使うより体を動かして働きたい」という人におすすめです。

単純作業で特にスキルはいらない

倉庫内作業は、ピッキングを含めてほとんどの業務が単純作業です。したがって、スキルは必要なく、初心者でも始めやすい仕事となっています。

注文や指示に対して、習った通りに黙々と作業していけば何も問題は起こりません。

接客業の場合はお客さんに合わせて臨機応変に対応しなければならない大変さがありますが、ピッキングの場合は、ある程度自分のペースで仕事を進めていけるというメリットがあります。

指示通り作業すればミスは生じにくい

ピッキング作業は現場のリーダーの指示に従って進行します。

指示をよく聞き、言われた通りに作業を進めていけばミスをすることはないでしょう。

作業自体は難しくありませんから、商品の品番や宛名などをしっかりと確認すれば大きなミスにはなりませんよ。指示をよく聞き、もし分からないことがあれば、すぐに聞いて解決するようにしましょう。

慣れてコツを知ればゲーム感覚で働ける

ピッキング作業は、最初は倉庫内のどこに何があるか分からず、流れがつかめず大変と感じることもあるかもしれません。しかし、ある程度回数をこなすとコツが掴めてきます。

コツを掴んで自分なりに効率のいい方法を身につけると、まるで探し物をするゲームをやっているような感覚になることも。

こういった面から、「楽しいじゃん」「接客業に比べたら楽すぎ」と感じる経験者も多いです。

ピッキングの仕事を探す

ピッキングバイト経験者の口コミをご紹介

ここまでは、ピッキングバイトがきついと言われる理由や魅力について解説しました。では、実際に働いている人はどのように思っているのでしょうか。

ここからは、ピッキングバイトをやってよかったと思っている人と、ピッキングバイトがきついと思っている人の両方の意見をご紹介するので、参考にしてみてください。

良い口コミ

20代男性

働く日を自由に選べるからダブルワークにいいですよね。

メインのバイトは平日に入れて、週末やシフトが少ない時にピッキングをやってました。

僕の働いていた現場では、ベルトコンベアから流れてくる商品をダンボールに詰めるだけ。

翌日、疲れが残っていることもないし、接客がない分、ストレスがたまることも少ないですね。

効率良く稼ぐことができるから、1か月の収入の三分の一はピッキングで稼いでいました。

30代女性

ダイエットにいいかも(笑)。

仕事を楽しむことも大事かなと思って、万歩計をつけていました。

1週間で3キロ痩せて、1日の最高が3万歩!お金をもらいながらダイエットできるなんてとても良いと思いませんか?

どうやったら効率良く仕事ができるかって皆で考えて、ピックアップとバーコードの読み取り係に分けてやることもありました。

その時も痩せたいから、私はピックアップ係(笑)。

楽しみながら仕事をするって意味ではおすすめです。

20代男性

今までの人生で一番楽なバイトでした!

オーダー管理者から伝票を受け取って商品を集めるだけ。倉庫がかなり広かったので、迷うことがありましたけど、慣れると全く問題ありません。

色んな場所を歩き回るから相当歩きますけど、別にキツいとは感じませんでした。

しかもその現場はノルマなし!

ダラダラしていたら注意はされますけど、基本的には自分のペースで仕事ができますしね。

複雑な仕事は一切なし。誰でも始められるし、かなりいい仕事だと思います。

口コミを見ると、シフトの融通が利きやすいので効率的に稼げる、ピッキング作業は歩き回るため、ただ立ちっぱなしの仕事よりも意外と疲れない、運動になるのでダイエットに良い、仕事内容が簡単で楽という意見が多いようです。

スケジュールの合間合間で効率的に稼ぎたい、働きながら運動不足を解消したい、単純作業で簡単な仕事をしたいという方には向いているでしょう。

仕事中は必要なこと以外は会話をすることもないため、人間関係が面倒、会話や接客は疲れる……という方は、一人で黙々とできる快適な仕事です。

悪い口コミ

20代男性

仕事自体は別にキツいとは思いませんが、環境が悪くてあんまりいい印象がありません。

現場には社員の方や派遣バイトに、通常のアルバイトの人たちが集まって作業していて、特に社員の人の態度が最悪でした。

指示をするのはその人なんですけど、人によってあからさまに態度を変えてきて、僕が入ってきた時はものすごく偉そうに指示してきました。

年末で繁忙期なこともあり、倉庫内はかなりのパニック状態。

少しでもミスをしたら出荷が間に合わないという状況にもかかわらず、指示した後は休憩タイムに入る社員。

結局上の人が出てきて、しぶしぶ社員の人も作業を手伝うようになりましたけど、作業中はずっと悪口ばかり。

当たった現場がたまたま最悪だったんだと思い込みたいけど、もう一回やるかと言われてもやりませんね。

30代男性

医療系の商品を取り扱っている現場で働いていました。

20kg以上ある一斗缶ばかりが保管されていて、それを出荷地点まで運ばないといけません。

これが重くて、めちゃくちゃキツかったです。

延々と商品を運ばなければならず、仕事が終わる頃には腰と腕が全く言うことを聞かない感じ。

時給の割に合わないと思いましたし、働いているフリをしてサボっている人もいたりして、働いているのがバカバカしくなりました。

20代女性

名指しで批判されたりして結構辛かったです。

すごく広い倉庫で作業を行っているため、館内放送みたいな形で指示が出ることもあるんです。

それと同じようにサボっていると注意もされます。

私は真面目に働いていたのに、一緒にチームで働いている人がサボるとしわ寄せがこっちにまで来ます。

チームとして注意されるのはまだ納得できますが、名指しで注意を受けるのは納得いかなかったです。

ピッキングバイトの悪い意見としては、社員の対応が良くなかった、繁忙期でかなり忙しかった、荷物が重くて運ぶのが大変だったなどの意見が挙げられていました。これらは働く環境によるものも多いので、職場選びはしっかりと行いましょう。

ピッキングバイトが向いている人の特徴

ピッキングバイトのメリットやデメリットについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。それでもまだ不安に感じる方に向けて、ここからはピッキングバイトが向いている人の特徴についてご紹介したいと思います。

  • 効率良く稼ぎたい人
  • コミュニケーションが苦手な人
  • 転職期間や就職活動期間につなぎの仕事をしたい人

それぞれの特徴が自分に当てはまるかどうか確認してみてください。

効率良く稼ぎたい人

ピッキングバイトは時給が高くシフトの融通が効くため、効率良く稼ぎたいと思っている人におすすめです。

上記でもご紹介しましたが、夜勤は特に時給がアップするので、掛け持ちにピッキングバイトを選ぶ人も多くなっています。

また、ピッキングバイトは給料が当日に支払われることも多いです。気軽に働けてすぐにお金が受け取れるため、急にお金が必要になったという方にもおすすめのバイトとなっています。

コミュニケーションが苦手な人

ピッキングバイトは通常のアルバイトに比べると1人で黙々と作業をするシチュエーションが多く、コミュニケーションが苦手な人にも向いているでしょう。

今まで接客業をしていた方なら、あまりの楽さに驚くのではないでしょうか。お客さんを気にかけたり、商品の説明をすることは体力を使うものです。その点、ピッキングバイトなら1人で黙々と作業をするだけ。単発バイトの人も多いので、人間関係に悩むことも少ないでしょう。

転職期間や就職活動期間につなぎの仕事をしたい人

新しくバイトを探すのは、履歴書の作成や面接をしたりと手間がかかります。合格しても、希望のシフトに入れてもらえずにたくさん働けない……ということもあり得るでしょう。

しかし、ピッキングバイトなら派遣会社に登録さえしておけば、履歴書や面接なしですぐに働くことができます。

短期でも長期間でも働くことができるため、転職期間や就職活動期間につなぎの仕事として多くの人に選ばれていますよ。

ピッキングの仕事を探す

ピッキングバイトのQ&A

最後に、ピッキングバイトに関するよくある質問を解説します。

疑問点や不安をなくし、明るい気持ちでピッキングバイトを始めましょう。

ピッキングバイトの服装は?

ピッキングバイトは私服OKで、髪型や服装自由の職場が多い傾向にあります。

しかし、ごくまれに作業服を支給される場合もあるので、掲載されている求人や面接で確認しておきましょう。

また、「服装自由」だからと言って、どんな服装でも良いというわけではありません。あくまで仕事を意識した服装を心がけてください。動きやすいパンツや清潔感のあるシャツを着用すると良いでしょう。

ピッキングバイトの服装についてはこちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

【季節別】ピッキング作業の服装の4つのポイントとは?NGファッションも紹介

年齢層は?大学生は多い?

ピッキングバイトをしている方の年齢層は、大学生の他、主婦や年配の方など、とても幅広いです。

ピッキングバイトはシフトの融通が利きやすい、時給が高い、作業内容が単純といった理由から、大学生からも人気のバイトです。

特に夏休みや冬休みは、ピッキングバイトの繁忙期と重なって学生向けの求人が増えるため、学生が多い職場で働きたい場合は、時期を見定めて応募すると良いでしょう。

ピッキングバイトは女性におすすめできる?

ピッキングは女性も安心して働ける仕事です。

特に女性の場合、ピッキング現場でも重いものを持つ機会があまりない部署に配属されたり、女性が多い部署に配置されたりなどの配慮をしてもらえるため、

「体力に自信がないから」と悩む方でも心配ありません。シフトも自由で、自分の体力と相談して自分のペースで無理なく働けます。どうしても体力仕事が不安な場合は、面接で力仕事があまりない作業場を希望している旨を伝えておくと良いでしょう。

ピッキングバイトは高校生でもできる?

ピッキングバイトが高校生でもできるかは、登録する派遣会社の規則によって異なります。

ピッキングバイトは派遣会社に登録して仕事を紹介してもらうのが一般的です。そのため、まずは派遣会社に登録をする必要があります。

高校生の場合、派遣会社によっては登録を断られるケースもあるので、派遣会社に直接高校生でも登録可能かどうかを確認しておきましょう。また、派遣会社は高校生の登録がOKでも、高校生不可となっている求人がある場合もあります。応募する際には、「高校生可」と記載にある求人を探す、もしくは紹介してもらうようにしてください。

勤務時間はどれくらい?短時間でも大丈夫?

ピッキングバイトは、1日8時間の長時間勤務から1日4時間の短時間勤務まで、勤務時間を自由に選べます。シフトの組み方は職場によっても多少異なるので、短時間で働きたい方は、求人票や面接で確認してみてください。

単発で働くことはできる?

ピッキングバイトは、単発・1日からOKの求人も多数存在します。自分の働きたいタイミングに合わせて仕事をしたい、さまざまな職場で経験したい、シフトに捉われたくないといった方は、単発で働ける職場を選ぶと良いでしょう。

日払いは可能?

ピッキングバイトは、日払いに対応している会社も多いです。

当日現金払い、翌日銀行振込など、対応方法は会社によって異なるので、希望がある場合は事前に確認しておきましょう。

まとめ

今回は、ピッキングバイトの仕事内容ときつい点、魅力、おすすめな人、実際の口コミをご紹介しました。

イメージどおり「きつい」という声もあれば、「人生で一番楽なバイトだった」なんて声もあります。

自分のスケジュールに合わせて柔軟に働けて、さらに時給も高いピッキングバイトは、仕事内容が合う人にとっては最高のバイトになるでしょう。

運動不足の解消にもぴったりなので、興味がある方は思い切って一度経験してみませんか?

ピッキングの仕事を探す

執筆者

baito-note編集部

baito-noteでは、単発・短期バイトに関するお役立ち情報を幅広く発信します。
バイト探しのコツや職種・業務内容ごとの案件情報、おすすめの派遣会社まで、編集部が徹底的にリサーチ。お仕事探しに悩む皆さまに有益な情報をお届けしていきます。

関連記事

【失敗はつきもの?】派遣アルバイトの失敗談とみんなの解決方法は?

「派遣バイトで失敗してしまった…」という経験はありませんか? 「失敗して上司に怒られた」「お客さんに笑われて恥ずかしい思いをした」「周りに迷惑をかけてしまった…」 こんなとき、落ち込んで「もうバイトにいきたくない」と考えてしまうこともあ

コールセンターバイトが大学生におすすめの理由とは?メリットや口コミ評判をご紹介

時給が高くて服装も自由!学生にとってはこれ以上にありがたいアルバイトはないんじゃないでしょうか。 しかし、時給が高いぶん仕事がハードなのかと不安に思う方もいるようです。そこで今回は、大学生におすすめのコールセンターバイトについて、おすす

ピッキングに向いてない5つの性格!向いている人やミスを減らすコツもご紹介

ピッキングはリストに載った商品を集める仕事です。一見簡単そうで、向いてない人はいなさそうですが、ピッキングは倉庫内を歩き回るだけの仕事ではありません。 ピッキングは、物の場所を把握し臨機応変に移動する必要もあり、頭を使うことも多いの

女性の工場バイトについて徹底解説!仕事内容や実際の口コミをご紹介

工場バイト=男性というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、今では女性もたくさん活躍しています。 その理由としては、体力がそれほど重視されていない、細かい作業や丁寧な作業が求められることもあるという点が挙げられます

チラシ配りのバイトはきつい?仕事内容や時給・体験談を紹介

街でチラシ配りのアルバイトを見かけて、「手軽にできそうだけど、実際どうなんだろう?」と思っている方は、意外と多いのではないでしょうか。 チラシ配りというアルバイトは、時給が高く制約が少ない仕事です。しかし、経験者の声を聞くと