2023/12/10
検品

検品バイトってなにするの?きついって本当?仕事内容や評判を解説

この記事を読むのに必要な時間は約 25 分です。

黙々と倉庫や工場で作業を行うイメージのある検品バイト。経験者の中には「人生で一番楽だった」と言う人もいれば、「人生で一番時間が過ぎるのが遅かった」とため息を漏らす人もいます。

そのため、興味はありつつも、自分に向いているかどうか不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、検品バイトの仕事内容や評判、向いている人をまとめました。検品バイトを始めようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

検品バイトの仕事内容

検品は基本的に、商品の中に不用品や欠陥品が含まれていないかをチェックする仕事です。検品方法は職場や取り扱っている商品によってさまざまで、商品に傷がないかなどを簡単にチェックすれば良いというところもあれば、重さを測ったり動作を確かめたりなどを詳しくチェックするところもあります。

検品バイトには、大きく分けて「製造系」と「物流系」の2種類があります。それぞれの種類ごとにどのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

製造系

製造系の検品バイトは、メーカーの工場でこれから出荷する製品の品質をチェックする作業です。ペットボトル飲料から書籍、ネジなど、検品する対象はさまざまで、取り扱う商品によって調べる箇所が異なってきます。

ベルトコンベアから流れてくるペットボトルに細かい異物が混入していないか目視で確認したり、書籍になるとダンボールに大量に積まれた本に印刷ミスがないかを1ページずつチェックしたりします。

また、ネジでは形のおかしいものがないか、大きさは統一されているか、目立つ傷が付いていないかを確認するなど、取り扱う商品によって検品方法が異なるので、応募する際は注意してください。

物流系

物流系の検品バイトでは、伝票と内容が一致しているか、製品名や数量、ロットなどを確認します。伝票と内容を確認するだけと思われるかもしれませんが、検品の段階で破損品が見つかることも珍しくありません。また、製造の段階で検品のような作業が発生するケースもあるので、仕事内容はしっかりと確認しましょう。

大手企業の商品を取り扱うことも少なくないため、出荷後のクレームにつながらないように、手際良く丁寧に検品するのが大切です。

 

検品バイトはきついって本当?その理由とは

検品バイトは、「きつい」という声をよく耳にします。その理由のほとんどは、検品作業そのものの特徴が影響しています。

・単純作業で飽きる

・体力的にきつい

・集中力が続かなくてきつい

・コミュニケーションがなさすぎる

検品バイトがきついといわれる要因やデメリットについて、詳しく確認していきましょう。

単純作業で飽きる

例えば、工場で製造される製品の検品の場合、確認すべき個所や状態はマニュアルで決められており、1つ1つの製品を繰り返し検品します。長い時間、同じ作業を繰り返す作業は、人によっては苦痛に感じることもあるでしょう。単調な作業のため、飽きてしまうという点は、検品バイトがきついといわれる理由の1つです。

体力的にきつい

工場のライン上で検品をする場合は、立ったまま、流れ作業で検品を行います。順番に流れてくる製品を1つ1つ目視する作業をほぼ同じ場所に立って行うとなれば、確かに体力的にきついという声が挙げられるのも確かです。

また、目で見て確認をするわけですから目の疲労を感じることもあるでしょう。集中して検品作業をしなければ不具合を見落とす可能性もありますから、集中し続けることも重要です。作業時間中は立ったままであったり、座っての作業であっても同じ姿勢を維持する必要があり、さらに集中力も必要ですから、必ずしも楽な仕事とはいえません。このような点も、検品バイトがきついといわれる要因の1つです。

集中力が続かなくてきつい

先の項目でも少し触れましたが、集中力を維持するのは、そうたやすいことではないでしょう。一定時間ごとに休憩できますが、作業が始まれば一定時間は集中力を持続させなければなりません。集中が途切れてしまえば、不良品を見落とすこととなります。不良品が出荷されてしまってはいずれクレームとして報告され、トラブルにもつながることも。

集中力を保つために自分で目標設定をして働くなどの工夫をしている方も多いですが、集中力を保つのが苦手な方にはきつく感じるでしょう。

コミュニケーションがなさすぎる

検品作業は、単調で単純な作業が大半を占めます。しかし、集中力を必要とするため、他のバイトと会話をしながら作業はできません。そのため、作業中に他者とコミュニケーションを取ることは、ほとんどないともいえるでしょう。

さらに、職場によっては「検品バイト」としての雇用でも、付随する業務として箱詰めや片付けなどの業務も発生する職場もあるようです。単純で誰でもできる作業ではあるものの、責任が重く、時給が見合わないとの声もありました。

検品バイトの評判・口コミ

検品バイトのきつい点やデメリットについてご紹介しましたが、ここからは実際に検品バイトをした方の口コミを見ていきましょう。

良い口コミと悪い口コミの両方をご紹介するので、参考にしてみてください。

良い口コミ 

20代男性 夜勤募集が結構あるから、短い期間でもかなり稼げますよ。 日勤は時給が1,000円で夜勤になると1,250円と跳ね上がります! 僕が働いたのは夏休み期間だけですけど、たくさんシフトを入れて25万稼ぐことができました。 おかげで生活費はしばらく困らなかったし、ちょっとだけ贅沢もできました。 研修期間がないから、夜勤に入ればいきなり1,250円で働けますよ。 複雑な作業は一切なく、同じことを繰り返すだけです。 短い時間でガッツリ稼ぎたい人!マジでおすすめですから!

30代男性 転職のつなぎとしてやっていたバイトです。 一番いいのは自分でシフトが決められることですよね。「この日は人手が足りないから入ってくれないか?」と言われることはありましたけど、基本的には自己申告。 仕事内容も単純で、覚えることも少ないです。 だから、次の仕事を探しながら負担なく働くことができました。 本業としてやっていくのはキツいかと思いますけど、休み期間だけ働いている大学生も多かったし、日中働いている主婦の方も結構いましたよ。

20代女性 これまでにやったバイトの中でも一・二を争うほど楽でした。 自宅から遠方の現場でしたが、駅前に集合して送迎バスで現場までいきます。 派遣会社に登録していましたから、いろんな商品の検品を経験しました。 特に印象に残っているのが「ネジ」です。 ベルトコンベアから、パケ袋に入っているネジが流れてくるんです。 大きさが異なっていたり、傷が付いているネジを袋の中からはけて、ダンボールに詰め込んでいくだけ。 全くと言っていいほど他の作業員との会話は無いし、自分のペースで働けるから楽でした。 仕事終わりに声をかけてくる人がいて、ちょっとウザかったけど時給の割には簡単な仕事で楽しかったです!

悪い口コミ

次に、検品バイトの悪い評判・口コミを紹介していきます。検品バイトへの応募を検討している人は、参考にしてみてください。 

30代女性 私がやったアルバイトは書籍の検品です。 某芸能人が初めて小説を執筆すると話題になっていて、たまたまその検品に当たったんです。 1ページ1ページ、誤字や脱字がないかをチェックしていくんです。 そうすると最後の最後に誤字が見つかって、すべて上から正しい文字を貼り付けて修正するという作業が加わったんです。 非常に細かい仕事で、本当に辛かったのを覚えています。 ミスをすれば本自体がダメになってしまいますし、話題になっていることもあって量も多いんです! 自分は細かい作業に向いていると思ったんですけど、間違いでした…。 とりあえず二度とやりたくないというのが素直な感想です。

20代女性 お局さんみたいな人がめっちゃウザいんです! 現場ですごく偉そうに振る舞っているし、「仕事歴が長いから何なの?」って言いたくなりますね。 不安だから友達と応募して採用されたんですけど、髪型がどうのとか、服装がどうのとか初日からいろんなことでケチをつけられました。 休憩中も「学生は楽でいいね」とか嫌味を言ってくるんです。 何にイラついてるのかは知らないけど、こっちにぶつけてくるのはやめてほしい。 お金が必要だったから、1週間は頑張って働きましたけど、自分の目標額を達成したらすぐに辞めました。 仕事内容が云々ではなく、あの人が離職率を上げているんだと思います。

20代男性 こんなに時間が長く感じるバイトはないでしょ? 同じことの繰り返しで、マジでつまらないですよ。眠いし、腹減るし、周りに会話できる人なんて全くいないし…。本当に辛い。 作業が始まって1時間すると、もう飽きちゃいます。 早く終わらないかな~と思いながら時計を見ると、10分も経っていない。 時計を見ないように作業に打ち込むけど、気になってどうしても見てしまう…。そうするとやっぱり5分しか経ってない。 永遠に感じますよ!永遠。 別に作業に集中していないわけじゃないですよ。でも、手を動かしていれば勝手に作業は進んでしまうから、妙に気が散るんですよね。 自分の経験的にはおすすめしません。

職場によっては「検品バイト」としての雇用でも、付随する業務として箱詰めや片付けなどの業務も発生する職場もあるようです。単純で誰でもできる作業ではあるものの、責任が重く、時給が見合わないとの声もありました。

検品バイトのメリット

良い口コミからもわかるように、検品バイトにはさまざまなメリットも存在します。

  • 集中して働ける
  • 体力に自信がなくても働ける
  • 初心者でも働きやすい

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

集中して働ける

検品バイトの主なメリットは、1人で黙々と集中して作業できることです。人と関わるのが苦手な人、淡々と作業をするのが好き、ルーティンワークがな人は働きやすいバイトといえるでしょう。

検品作業を続けている人は同じように黙々と作業したい、人と関わるのがあまり得意でない

ことが多いため、働く環境も楽だという声も多く見られます。他者とのコミュニケーションを多く必要としない点もメリットです。 誰かに邪魔をされることなく、黙々と仕事がしたいという方はぜひ挑戦してみてください。

体力に自信がなくても働ける

同じ軽作業バイトでも、仕分けやピッキングの場合は重い荷物を持ち運んだり、広い倉庫内を走り回ったりすることもあります。

しかし、検品バイトでは体力仕事がないので、体力に自信がない人や女性でも働きやすいでしょう。

シフトの調整がしやすく、主婦や学生でも無理なく働けるのも検品バイトのメリットとして挙げられます。

初心者でも働きやすい

口コミからもわかるように、検品バイトは作業自体が単純で楽な点から、初心者でも働きやすいです。アルバイトが初めての高校生にもおすすめできます。

検品する商品などが変更にならなければ、新しい作業やイレギュラーな作業を行う必要もありません。

また、検品する物が自分の好きなものであると、負担感よりも楽しさが勝り、飽きずに作業できるという声も見られました。何を検品する職場なのかを事前に確認できれば、理想の職場にもなるでしょう。

検品バイトに向いている人の特徴

どんな仕事にもいえることですが、仕事には向いている人と、向いていない人がいます。

それでは、検品バイトをするにあたって向いている人には以下のような特徴があります。

・自由なファッションで働きたい人

・1人で黙々と働きたい人

・マニュアル通りに働きたい人

・体力がある人

検品バイトでは単純作業を長時間続けるため、飽きてしまう可能性があります。黙々と作業をするのが得意な人は良いですが、単純作業が苦手な人にはあまりおすすめできません。 

また、集中力が必要になる仕事なので、集中力が続かない人にも難しい仕事といえます。作業中に集中力を切らすことができないため、体力面のみならず、精神的な負担も相応にかかることが口コミからもわかりますね。 職場によってはこまめに休憩を取らせてくれるところもあるので、集中力に自信がない人はそういった職場を探してみると良いでしょう。

自由なファッションで働きたい人

検品作業は倉庫や工場、配送センターなどで行われる作業です。裏方の作業のためどのようなファッションでも働くことが可能です。

服装、髪型、髪色、ひげなど、一部のバイトでは制限がかかる要素が検品バイトにはありません。

しかし、工場や倉庫、配送センターによっては作業着を用意している職場もあります。仕事中は着替えることが必要ですが、自分のファッションを優先したい方にはおすすめの職種でしょう。

1人で黙々と働きたい人

他社とのコミュニケーションが苦手という方は多くいらっしゃいます。可能な限り他者とのコミュニケーションは避けたい……という方でも、検品バイトは可能です。作業そのものが黙々と集中して行う作業なので、コミュニケーションの必要性は低いです。

接客など、お客様と直接やりとりや対応が苦手で1人で黙々と働きたい人には、検品バイトは向いているといえるでしょう。

マニュアル通りに働きたい人

自分自身で判断をしたり、イレギュラーなことに対応したりする必要がないのも、検品作業の特徴です。マニュアルによって定められた項目をしっかり理解しておけば、困ることはないでしょう。また、検品バイトでのマニュアルは、覚えるのが難しいものではないので、未経験者でも始めやすいです。

体力がある人

検品バイトは、立ちっぱなし、座りっぱなしの状態が続くので、それなりに体力が必要です。作業中は集中力を維持し続けなければなりませんし、同じものを見続けて不具合を見つけるため目も酷使することとなります。

このように、単純な作業に見えても検品バイトは意外に体力を使うものなのです。したがって、決して力持ちである必要はありませんが、体力がある方は検品作業に向いているでしょう。

検品バイトを始めるのにおすすめの派遣会社

検品バイトを始める際におすすめの派遣会社を一覧にしました。

それぞれの派遣会社には得意分野と呼ばれる業種があります。今回は、その派遣会社の中から検品バイトの求人実績の多い派遣会社をご紹介します。

派遣会社名運営会社得意分野
テイケイワークステイケイワークス株式会社軽作業・物流
テクノサービス株式会社インターワークス工場・製造業
ウィルオブ株式会社ウィルオブ・ワーク販売・介護
テンプスタッフパーソナルテンプスタッフ株式会社事務・販売
工場ワークス株式会社インターワークス工場・製造業

テイケイワークス東京

引用:テイケイワークス東京

テイケイワークス東京は、東京・神奈川・千葉・茨城・埼玉・関西エリアの一部に事業所を持つ派遣会社です。軽作業の求人数が非常に多いという特徴を持っています。

登録説明会に応募をして、登録を済ませると仕事を紹介してもらえるという流れです。また、登録説明会には免許証などの身分を証明できる書類のみを持参すればよく、履歴書なども必要ありません。

働くシフトは自由に決められますが、希望する日時に必ず就労できるとは限りません。また、給与は日払い、翌日払いの選択も可能な派遣会社です。

テイケイワークス東京については以下の記事でも詳しく解説しているのでご覧ください。

テイケイワークス東京で日払いバイトを体験!評判・口コミと実体験をご紹介

テイケイワークス東京の登録会場と登録方法を紹介。事前準備についても解説

テクノサービス「働くナビ」

引用:テクノサービス「働くナビ」

テクノサービスは、全国に64の事業所を展開する派遣会社です。特に工場や製造業の求人数が多いという特徴を持っています。

インターネットで仮登録を行うことができ、仮登録後に登録会に参加し、身分証明書を提示すれば登録が完了となります。

また、仕事を斡旋、アドバイスしてくれる担当者がつき、スムーズに就労へと進むことができます。給与は月末締めの翌25日払いですが、お財布応援制度があり、給与の前払いも可能です。

ウィルオブ(旧セントメディア)

引用:ウィルオブ

ウィルオブは販売職の求人が最も強い派遣会社ですが、徐々に業種を拡大している現実があります。こちらも全国に事業所展開をしている派遣会社なので、住んでいる場所や働きたい場所に合わせて利用できますよ。

ウィルオブは、派遣先にウィルオブのスタッフが常駐しているところも多くあり、何か問題が生じた場合には非常に安心できる環境があります。派遣先に派遣元の社員がいる環境は他の派遣会社には見られません。

定着率が高い派遣会社なので、長く働きたい方におすすめの派遣会社です。

テンプスタッフ

引用:テンプスタッフ

テンプスタッフは全国区で知名度も高い派遣会社です。派遣業界では最大級の求人数を扱っている会社なので、さまざまな業種の求人があります。テンプスタッフの得意分野は事務職、販売員の派遣ですが、大きな派遣会社なので検品バイトの求人も数多く扱っています。また、産前産後休業や育休の制度も充実しているので、特に女性におすすめの派遣会社といえるでしょう。

登録はホームページから予約の上、登録をする流れになっており、求人もテンプスタッフのサイトから簡単に検索できます。

工場ワークス

引用:工場ワークス

工場ワークスは、その名の通り工場や製造業に強みを持った派遣会社です。全国区の派遣会社なのでどの地域にお住まいでも利用することが可能です。

こちらもホームページから会員登録が行えます。会員登録を済ませればおすすめの求人をメールで送付してくれるので、仕事探しの手間を省くことが可能です。

また、現在(2023年12月現在)、工場ワークスを利用して仕事が決まった方全員に10,000円の祝い金がプレゼントされるキャンペーンも実施中です。仕事が決まるだけで報酬がもらえるなんて嬉しい限りですね。

 
 

【検品バイト】よくある質問

ここからは、検品バイトについてよく聞かれる質問をいくつか取り上げ、解説していきます。これから検品バイトをしてみようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。あなたの疑問がすぐに解決されるかもしれません。

検品バイトは高校生でもできる?

もちろん高校生でも検品バイトを行うことができます。

工場のような職場では、毎日検品を行う必要があります。しかし、倉庫や配送センターのような職場では、入荷した際や出荷のタイミングで検品が必要になることも。このような場合は、短期や1日といった形でアルバイトの人員が募集されます。

学校があるからあまり働けない、土日しか空いている時間がないといった場合でも、応募することが可能です。

また、シフト制を取っているところもあるため、学校が終わった時間から働ける工場もありますよ。

検品バイトは在宅でもできる?

検品バイトには、在宅で行えるものもあります。在宅で行う場合は、検品が必要な商品が自宅に送付され、検品が済んだらその結果を記した書類を作成し、商品を送り返すという方式です。この場合は、袋詰めなどの内職も同時に行うことが多くなっています。

しかし、在宅での検品バイトは輸送コストがかかるため、小物の検品が中心となっており、求人数もあまり募集は多くないです。

在宅で仕事をしたいと検討している方は、以下の記事もぜひご覧ください。

おすすめの在宅副業5選!口コミや注意点と合わせて解説

検品作業のコツは?

検品作業は、単調であるにもかかわらず高い集中を要求される仕事です。単調な作業のため飽きてしまうという声が多いため、飽きずに作業をするための工夫を行いましょう。

短い時間で簡単なストレッチをしたり、自分で目標を設定したり、プロの社員さんにアドバイスを聞いてみるのもいいでしょう。

もう1つは、立ちっぱなしや座りっぱなしの状態が続くことに対する対策です。作業によっては商品の入った段ボールを開梱したり、段ボールを片づけたりと、検品とは異なる業務も発生します。これらの作業をうまく使いながら、体を動かすタイミングを作るのも1つのコツです。

検品のコツについては以下の記事でも詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。「検品作業をミスなく進めるやり方とは?コツを押さえて効率化しよう

効率的に行うには?

効率的に進めるというと、「早く進めたほうが良い」と思いがちですが、検品バイトではまず、速さよりもミスをしないことが大切です。

検品作業でミスをしたままお客様に商品が届くと、企業へのクレームやイメージ損失につながりかねません。 そのため、最初は基本に忠実に、確実に手順をこなしていくようにしましょう。ミスをすると大幅な時間ロスにつながるので、効率化のためには「ミスをしない」ことが欠かせません。

基本的な流れをミスなく行えるようになったら、そこからスピードアップを目指すようにしてください。しかし、慣れていけば自然にスピードも早くなっていくので、焦る必要はないでしょう。

ミスをしないためには?

検品作業でミスをしないためには、チェックシートを用意する、確認の手順を決めておくなどの方法が有効です。

チェックシートには、確認すべき項目をまとめて記載しておいて、しっかりとその項目が確認できているかをチェックシートを見ながら行います。多少時間はかかりますが、慣れるまではミスをしないためにチェックシートを活用すると良いでしょう。

 また、確認の手順を決めておくと、確認漏れが起こりにくいです。毎回バラバラの順番に確認していると、どこをチェックしたのか分からなくなってしまいます。どの順番で確認するのかを決めてルーティン化すると、ミスなく効率的に進められるでしょう。

バイトから正社員になることは可能?

検品作業はバイトで募集されていることが多いですが、実際に働いてみたら自分に合っている、正社員になりたいという方もいるでしょう。

バイトから正社員になることはもちろん可能です。バイトを続けていれば社員さんから声をかけられることもありますし、経験があれば正社員としても採用されやすいでしょう。

まとめ

今回は、検品バイトの仕事内容や魅力、評判、向いている人をご紹介しました。

「きつい」という声も多い検品バイトは、確かに同じ作業の繰り返しです。飽きっぽい性格の方にとってはきつく感じるかもしれません。しかし、時給が比較的高く、シフトも自由なので、時間を有効活用したい学生や主婦にはぴったりのアルバイトです。

初心者でも安心なので、やってみると意外とハマるかもしれません。コツコツと作業するのが得意な人や人と話すのが苦手な人は、ぜひ挑戦してみてください。

 

執筆者

baito-note編集部

baito-noteでは、単発・短期バイトに関するお役立ち情報を幅広く発信します。
バイト探しのコツや職種・業務内容ごとの案件情報、おすすめの派遣会社まで、編集部が徹底的にリサーチ。お仕事探しに悩む皆さまに有益な情報をお届けしていきます。

関連記事

カタログ・パンフレットの検品・配達のバイトとは?体験談、向いている人の特徴

「短時間でできるアルバイトをしたい」「体力に自信がないので、力仕事はできない」「短時間で稼ぎたい!」と考えている方は、軽作業のバイトをしてみませんか? 軽作業というと、倉庫内でのピッキングや仕分けなどをイメージする方が多いか

検品バイトはきつい?経験談から見るメリット・デメリット

軽作業バイトの中には、仕分け、梱包、ピッキングなど、さまざまな種類があります。 検品バイトは軽作業の中でも人気が高いですが、中には「きつい」という声もあるようです。 この記事では、検品バイトはきついのか?という疑問から

採用される検品バイトの志望動機の書き方は?例文と合わせて紹介

軽作業ワークの中でも人気の高い検品バイトは、さまざまな商品に不具合がないのかを調べ、出荷に備える業務です。少し難しく感じるかもしれませんが、マニュアル通りにこなせば未経験者でも働けます。 今回は、そんな検品バイトで働きたいという方のた

検品作業をミスなく進めるやり方とは?コツを押さえて効率化しよう

検品作業を始めることになったけれど、「ミスなく行えるか不安」「時間内に終わらなかったらどうしよう」といった不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、検品作業を効率化するコツと、ミスを減らすためのコツをご紹介