2021/11/22
短期・日払バイト

倉庫内作業が女性におすすめできる9つの理由!仕事内容もご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

女性倉庫内作業に興味があり、働いてみたいけれど、「女性でも体力的な面で働けるのか不安」「働いてみてキツかったらどうしよう」といった不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、倉庫内作業が女性に向いている理由を9つに分け、それぞれご紹介します。性別関係なく行える仕事内容や、雇用形態・働き方も解説するので、これから倉庫内作業で働きたい女性も安心して取り組めるようになるはずです。倉庫内作業に向いている人の特徴までご紹介するので、働く上での不安はなくなるでしょう。倉庫内作業のコツをしっかりと押さえて、楽しく働きましょう!

倉庫内作業を女性におすすすめしたい9つの理由

男性が働いているイメージが強い物流倉庫内作業や工場勤務ですが、実は女性にもおすすめの仕事内容です。また倉庫や工場の作業内容によっては、女性作業員が多い職場も。

倉庫内作業は女性に嬉しいメリットが豊富で、一般作業員だけでなくゆくゆくは正社員として管理者を目指すことも夢ではありません。

本項目では女性におすすめしたい倉庫内作業のメリットを9つご紹介します。

理由①:重い荷物を持つ必要はない

「倉庫」と聞くと「重い荷物が多いのでは」と不安を感じますよね。

しかしアパレルや食品等の軽い商品を扱う倉庫の場合、重い荷物はなく安心して働けます。

また就業先の取扱商品が重い荷物であったとしても、女性は力仕事の必要ない作業に割り振ってもらえます。したがって「倉庫内作業=力仕事」と不安を感じる必要はありません。

理由②:初心者でも覚えやすい

倉庫内作業は求人にも記載がありますが「初心者歓迎」の仕事内容です。

作業内容はマニュアルを読めば誰にでもできる簡単な仕事ばかりで、仕事にブランクがある方や今まで専業主婦として家庭に入っていた方でも安心してスタートできます。

また単純作業が多いことから、淡々と仕事を進められることができ、毎日安心して作業を進められます。

理由③:自由にシフトを組みやすい

倉庫内作業は多くの方が同じ仕事に取り組むスタイルのため、シフトの自由が利きやすいです。

「子供が小さいから5時間だけ」「学校の行事があるからこの日は平日だけど休みたい」と自分のスケジュールに合わせてシフトを組むことが可能です。

理由④:運動不足解消でダイエット効果がある

倉庫内作業は多くが立ち仕事で、さらにピッキングの場合は商品を集めて歩き回るため良い運動になります。

「最近太ってきた」「運動していないから不健康」と感じる方は、わざわざジムに行かずとも仕事を通してダイエットや健康促進が図れますので非常に効率的でしょう。

理由⑤:髪型や服装が自由

倉庫内作業は非接客業のため、服装や髪型が自由の場合が多いです。

「仕事をしていてもおしゃれはしたい」「髪色やネイルはこだわりがある」と働く際に「服装や髪型」が譲れない条件の場合、倉庫内作業は融通が利き非常におすすめです。

しかし働く際に適していない服装は事故や怪我の原因になりますので、あくまで「働く服装」は意識しておきましょう。その他、勤務先によって、規定がある場合もありますので、あらかじめ確認をしておくことをお勧めします。

理由⑥:体力に自信がない方でもOK

倉庫内作業にはピッキングのように運動になる作業のほか、ハンコ押しや検品等その場で行う立ち仕事もあります。

立っている必要はありますが、動き回ることが少ないため「体力に自信がない」と不安を感じる方でも安心して働けますよ。

理由⑦:きつい接客がないのでクレームの心配がない

倉庫内作業は接客の必要がない仕事のため、飲食店のようなクレーム対応はありません。

仕事内容にクレーム対応が含まれると精神的に辛いですよね。

「接客がつらくて倉庫作業に転職したら快適」と感想を述べる方もいる程、倉庫内作業は対人関係を気にするシーンが少ないです。

理由⑧:派遣会社によって週払いや日払いもできる

倉庫内作業は業務内容のメリットはもちろん、給料体系にもメリットがあります。

派遣会社に登録して倉庫内作業の仕事をする場合、条件が合えば週払いや日払いの給料支払いを依頼できます。

「早めにお金が必要」と焦る方は、1ヶ月待たずともお金をもらえる週払いや、日払い形式のある派遣会社を通して倉庫内作業に応募しましょう。

理由⑨:扶養控除内で仕事ができる

倉庫内作業はシフトが自由に組める利点から、主婦の方が扶養控除内で働くことが可能です。

扶養を外れると社会保険の支払いや税金の発生等、働く以上にお金が出ていくケースもありますので、扶養控除内で効率的に勤務できる強みはぜひとも活用したいものです。

倉庫内作業の仕事内容とは?

女性におすすめしたい倉庫内作業のメリットについて解説したことで「意外に良いかも」と思っていただけたのではないでしょうか。

本項目では倉庫内作業の具体的業務について解説します。
倉庫内作業は「軽作業」とも呼ばれ、誰でも簡単に覚えられる仕事が豊富です。

倉庫内作業は一般的に、顧客から注文が入った商品を倉庫から持ってきて検品・梱包等を済ませ、発送するまでを指します。

発送までの各作業内容について細かく見ていきましょう。

梱包

倉庫内作業の中で女性が圧倒的に多い業務です。

検品が終わった商品を安全に運ぶために梱包材やダンボールを使って梱包する作業を指します。

お客様が安心して受け取れる丁寧な仕事が求められます。

仕分け

仕分けは2種類に分類されます。

1つは倉庫内に入荷した商品をジャンルごとに仕分けして倉庫に収納する業務。
もう1つは検品や梱包が済んだ商品を発送元ごとに仕分けする作業です。

就業先によってどちらの担当になるかは異なりますが、作業内容としてはほとんど同じです。

ピッキング

ピッキングは軽作業の代表的な仕事です。

オーダーリストを参考に、発注があった商品を倉庫内から集めてくる作業です。
商品集めの際は歩いて移動することから、ある程度の体力を求められますが運動好きな方にはぴったりでしょう。

検品

ピッキング担当者が集めてきた商品に傷や不備がないかを確認する作業を検品といいます。

検品を確実に行わないとクレームや事故につながりますので、確実な仕事ぶりを求められます。

しかしマニュアルがあったり、先輩が基準を教えてくれるため、必要以上に緊張する必要はありませんよ。

ハンコ押し

ハンコ押しは商品や商品とともに発送するDMのハンコ押しの他、商品に貼るバーコドや成分表等のシール貼りと兼任する場合が多い傾向にあります。

倉庫内作業の中でもっとも体力を必要としない仕事である反面、少しでもハンコが曲がってしまった場合はやり直しを命じられますので、丁寧な作業を求められます。

リスト確認

リスト確認は、ピッキングをする際に使うオーダー表があっているかを確認する作業を指します。

通常は他の業務と兼任する場合が多いですが、リスト確認を怠ると発送にかかわる全ての作業が進まなくなったり、ミスが発生したりするため、正確なチェックを求められます。

倉庫内作業の主な雇用形態と働き方

倉庫内作業の各ポジションについて解説したことから「ここで働いてみたい」「こんな仕事がしたい」とだんだんイメージが湧いてきたかと思います。

本項目ではさらに倉庫内勤務の雇用形態や求人について解説しますので、働き始めはもちろん将来を見据え、働き方をイメージしてみましょう。

正社員

倉庫内作業は明日バイトや派遣での雇用形態が多いイメージですが、正社員での募集も稀に見かけます。またアルバイトとして実績を積んだ上で正社員への登用も珍しいことではありません。

正社員の場合、軽作業だけでなく倉庫内や人の管理が業務内容に加わりますが、やりがいを感じることができたり、昇給や賞与を受けることが可能です。

「働くからには上を目指したい」と前向きに考えている方は、ぜひ正社員を目指しましょう。

派遣/パート/アルバイト

育児や学業の合間に働きたい方は派遣社員やパート・アルバイトをおすすめします。

派遣やアルバイトの場合、仕事内容は難しくないため仕事のストレスが少なく、家事育児や学業との両立が可能です。

参考までに「最初はアルバイトだったけど、子供が独立したから正社員で」と将来的にキャリアアップを目指すことも可能です。

倉庫内作業に向いてる人は?

倉庫内作業の特徴や雇用形態について解説しましたが、自分が働くイメージはできたでしょうか。

最後に本項目では「倉庫内作業に向いているタイプ」をご紹介しますので、自分に倉庫内作業が適しているか確認してみましょう。

「派遣スタッフで効率的に働きたい」「1人で楽に黙々と働きたい」と考えている方、ぜひ倉庫内作業を始めてみましょう。

短期間で収入が欲しい人

倉庫内作業はシフトの自由度が高いだけでなく、時給が1,000円以上の求人が多く効率的に稼ぐことが可能です。

「今月はお金が足りないから短期バイトで働きたい」と考える方にとって、倉庫内作業はピッタリです。育児や学業等のスケジュールにあわせてしっかり稼ぐことができますよ。

コツコツ作業が得意な人

倉庫内作業は「モクモク・コツコツ」がポイントです。

1つの作業をコツコツと積み重ねていく仕事ですから、マルチタスクよりも「一点集中型」の作業が好きな方は適しているでしょう。

一方で単純作業が苦手だったり、様々な仕事を一度にこなしたいと考える方の場合は、実際に働き始めた時に「向いてない」と感じるでしょう。

まとめ:倉庫内作業は女性も働きやすい仕事なのでチャレンジしてみよう

今回の記事では倉庫内作業が女性でも勤務可能な仕事であるということについて解説しました。

倉庫内作業は男性が多い作業場だと思われがちですが、梱包や検品など力のいらない仕事の場合女性の方が多い職場です。

また自分の生活スタイルに合わせて働き方を決められることから、主婦や学生にとってぴったりな働き方であるとご紹介しました。

倉庫内作業は作業内容を選べば女性でも安心して快適に働くことができる仕事です。

今回ご紹介した倉庫内作業の特徴を踏まえて「向いているな」と感じた場合、ぜひ倉庫内作業に挑戦してみましょう。

倉庫内作業について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

女性の工場勤務について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

関連記事

シングルマザーが働きやすい派遣の仕事おすすめランキングTOP5

シングルマザーで派遣の仕事をしたいと思っているけれど、 「子育てと両立できるのか不安」 「生活が困窮したらどうしよう」 といった大きな不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、シングルマザー向けの派遣の仕事をラン

日払いバイトの口コミを公開。日払いバイトを始める前にこれを読もう

急にお金が必要になった時、日払いバイトは非常に便利ですよね。 明日すぐにでもお金が欲しい!と思った時にはとても強い味方です。 しかし!「日払いバイト」とは言っても、給料をその日にもらえるわけじゃありません! 「もらえるはずのお金が

東京の軽作業バイト会社のおすすめ7選!選ぶコツや仕事内容も解説

簡単で初心者でも始められる軽作業バイト。その上、時給が1,000円超えるものが多いといったメリットがあります。 軽作業とひとまとめに言っても、さまざまな仕事があるのはご存知ですよね。例えば、引っ越し業務(運搬・搬入)、ポスティング、検

時給1000円以上!?埼玉の軽作業バイト会社のおすすめ7選!

埼玉の最低賃金はご存知でしょうか? 答えは871円。もしかしてこの賃金以下で働いている人がいたりしませんか? 1,000円以上の時給で募集しているアルバイトも珍しくなく、特に”軽作業ワーク”と呼ばれるアルバイトは1,000円を超える会

派遣のスキルチェックの内容とは?結果が悪いとどうなる?

派遣の登録会でスキルチェックがあると聞いたけど、「どんな問題が出題されるのかな」「結果が悪くて派遣に登録できなかったらどうしよう」と悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、派遣の登録会で実施されるスキルチェックの目